« レビューは明日か・・・ | Main | WWE日本公演。 »

LAコンフィデンシャル~真実そして、それぞれの正義~

LAコンフィデンシャル

闇に浮かぶ、一台の車。
ブロンドの美しい女。

天使の街、ロサンゼルス。
光が強ければ強いほど、闇は深く濃くなっていく街。

始まりはダウンタウンのカフェで起きた6人の男女の惨殺事件だった。
その中のひとりは免職されたばかりの刑事。
スミス警部の指揮のもとで捜索が始まる。

バド・ホワイト: 粗野で直情的だが決して単細胞ではない。そして、女に暴力をふるう男を許せない刑事。
ジャック・ビンセンズ: 人気刑事ドラマのテクニカルアドバイザーを務め、裏ではタブロイド誌の記者と結託し、逮捕劇をスクープさせ、裏金を取る汚職刑事。
エド・エクスリー: 殉職した父を持ち、不正を犯した同僚を売ってでも出世しようとする野心家の刑事。
3人はそれぞれのやり方で事件の深層へと迫っていく。
だが、決して馴れ合いはしない。
むしろ、互いに反発しライバル心を剥き出し己が正義を貫こうとする。
そう、正義のあり方はひとつではないのだ。

売春組織、誤認逮捕、ヘロインを巡る争い、少しづつ真実が闇の中から浮かび上がってくる。
そして、一人の美しい女・・・

フィルムノワールでは、ありきたりのものが、独自の輝きを放つのは、一癖も二癖もあるキャラクターと、二転三転するストーリーのためか。
最初に持った印象が、裏切られていく心地よさ。
そして、クライマックスへとなだれ込み、見事なラストシーンへ・・・

エンディングが流れる頃、小さくため息をついた。

俳優達の素晴らしい演技。よく練れた脚本。
極上のフルコースのような映画でした。

**************

映画館でも、家でも何度も観た映画ですが本当に面白い。
何度観ても満足してしまいます。
こういう男臭い映画、大好きです。
ネタバレしてしまうと申し訳ないので、あんまり色々と言えないのが残念ですが。
刑事達のやりとりなんて、高村薫の「マークスの山」みたいで面白い。
ラストも思わずニヤリとしてしまいました。
「君はそういう男だものね」と・・・・
この時、売出し中のラッセル・クロウとガイ・ピアーズも良い演技ですよね。
ケビン・スペイシー、ダニー・デビートも素晴らしいし、
紅一点のキム・ベーシンガーも素敵!
いかにもファム・ファタールって感じでゾクゾクしましたよ。

男臭い映画が好きな方にお勧めです。
NHK衛星で3月9日で放送されます。


|

« レビューは明日か・・・ | Main | WWE日本公演。 »

映画のレビュー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79912/3127307

Listed below are links to weblogs that reference LAコンフィデンシャル~真実そして、それぞれの正義~:

» ラッセル・クロウ アップップ できました [事象の地平とニュートリノ Event Horizon]
 こんな大切な人 後回しにするなんて  最高の俳優だと思います 忘れられない名作が ズラリ  うつむきがちに やぶにらみ 本当の目の形が分からない ... [Read More]

Tracked on March 03, 2005 at 09:07 PM

« レビューは明日か・・・ | Main | WWE日本公演。 »