« 巌窟王レビュー補足 | Main | 髪を切る。 »

昨日と今日の新聞を読んで~戦争を知らない子供だけれど~

昨日、今日の新聞には、東京大空襲と「韓流の前後」についての記事がありました。
この2つは無関係ではないと思うので、ちょっと雑談を。

私は、戦争を知りません。
恥ずかしいけれど、少ない知識としての戦争しか知りません。

ただ、絶対に戦争は許せない。
どんなことがあってもです。

広島、長崎で被爆した方。大空襲を生き延びた方。沖縄戦で肉親を失った方。
地獄を味わった方々の気持ちを本当に理解できないけれど。

かき集めの知識でも、この理不尽な大量虐殺はなによりも許してはならないことだと解ります。
どの国で起ころうとも。

声を限りに群集の中に消えていったポーレットは映画の中だけの話じゃない。
戦火の中に、何百何千のポーレットはいるでしょう。
人の命を救うために医者になり、国の為という大義名分の名のもとに
満州で人体実験に参加した人。
戦後その罪深さに、睡眠薬なしで眠れなくなったそうです。
「ウチナーグーチまで戦にやられてしまったのか?」しぼり出すような沖縄の人の声。
あの原爆資料館での、身の竦む恐怖。
おそらく生きながら、焔に放り込まれたかのような大空襲。
なにをどれだけ並べても、戦争を表現しきれないと思います。

そして、近代史を知らない私達。

「お前ら、日本のガキは何も知らんやろ!!」
この突き刺さるような言葉。

初め、井筒監督は正直苦手でした。
けれど、その発言は乱暴なだけではなかった。

「こんなん、いうたら人殺しの映画やないか!」
「笑い事ちゃうよ!戦争に大儀もクソもあるかい!」
「昔、日本が朝鮮や中国の人にどんな酷い事したか教えとるんか!」
「ゆとり教育なんて言うてないで、ちゃんと歴史教えんかい!!」
(私は京都に5年以上、住んでいましたが関東の出身なので関西弁は怪しいです)
こういった井筒監督の言葉を聞き、私は「パッチギ」を見たいと思いました。

私の通っていた高校は受験勉強なんてほったらかしでした。
そのかわり、平和教育、戦争、近代史、同和教育、人権問題などなど、
そんなことばかりしてる学校でした。
だから、かつての日本がどんな惨い事を近隣の国にしていたかも多少知ってはいます。
戦争の惨さも。
でも、それは(ちょっと汚い言葉を使います)クソみたいなモンだと思います。
恥ずかしいけど、まだまだ知らないことだらけです。

ただ、知らないより知っているほうが良いのは確かです。
知ろうとしなければならないと思うのです。
「何も知らんやろ!!」といわれても、返す言葉が見つからなくても
その言葉の重さは理解できるでしょうから。
そして、少しはより良く生きれるでしょうから。

戦争で本当にたくさんの日本人が殺されました。
日本人もたくさんの人を殺し、踏みにじってきました。
「これだけ殺したから、このくらい殺されても当然だ」ということは
絶対に無い!
奪った命の代わりはないのだから。

出来る限り、真実に近い歴史の教育を。
自分の頭でより良く生きれる術を。
無知で、良い人間ではない私でさえ、
心の底から恐ろしい戦争は嫌なのです。


|

« 巌窟王レビュー補足 | Main | 髪を切る。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79912/3259689

Listed below are links to weblogs that reference 昨日と今日の新聞を読んで~戦争を知らない子供だけれど~:

« 巌窟王レビュー補足 | Main | 髪を切る。 »