« May 2005 | Main | July 2005 »

明日から、松山。

明日から、松山に行きます。

帰ってくるのが、日曜日になりますね。

今の私の心配は、甥っ子達にほっぺにチューしてもらえるかどうかだったりして・・・(切羽詰ってるのに、心配事ってこれですか?)

一年ぶりに会う甥っ子は、可愛くなってる!楽しみ!!へへへ!

********

昨日、大のさんの個展に行って感想を書いたら・・・・

なんと!ご本人からコメントを頂いて驚きました。って、リンクをつけたら、私のブログも分かっちゃうんだ!!そーだよね~。(無知である・・・)

恥ずかしいーっ!アホな事ばかり書いてるのにっ!!

でも、コメントを頂いた事は

正直嬉しい。

これをご覧になってる方、良かったら日々道草もご覧になって下さい。素敵な絵が沢山あります。

で、7月4日まで銀座で個展をされています。是非、実物をご覧になってください。お勧めです。

******

しかし、明日から留守にするので「攻殻」のレビューは来週ですな。

それもそうなんだけど、自分達のグループ展は大丈夫なのか?

なんだかなぁ~。

ま、とりあえず明日から暫く古希のお祝いで松山へドロンです。(でも、最初「古希」って聞いたとき、「コキって食べれるの?あぁ、そっちの古希ね」って感じでした。自分にとっては、死語に近いんだな。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

個展

今日は個展に行きました。

毎年、彼女の個展をとても楽しみにしています。

本当に素敵な絵を描く方です。

「こういう人を絵描きさんって言うんだなぁ~」と思う。

今日、お邪魔して曽我蕭白の図録(これが本当に素敵なんだ)を見せて頂いたり、色々とお話させてもらいました。

勿論、今回の絵も素晴らしい!特に、「雨の動物園」が素敵で、素敵で・・・

この方は「日々道草」というブログをされているので、絵に興味のあるかたは是非、ご覧になって下さい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

お湯が出た!

台所で蛇口をひねると、お湯が出ました・・・

給湯器のボタン押してないのに。

まぁ、ガス代使わずにお湯が使えて油汚れもスイスイ落ちます。

その代わり、部屋は暑いけど・・・・。

クーラーも扇風機も無く過ごす日本の夏。生来のケチゆえ、図らずもエコ・ライフを送っています。

しかし、暑いものは暑い・・・・・

クーラー入れたいなぁ・・・・。

******

図々しくも、グループ展の告知をさせていただきました。

にしても、イラストが出来てないです。

今週、別の用事で忙しいのでヤバイ、ヤバイ。(週末は松山へ、ドロン!)

その為ブログの更新も、飛び飛びになっております。

本当は、映画のレビューもやりたいんですが、とりあえずグループ展が終わるまでお預けです。

でも、今日は「攻殻」見るぞ!(って、良いわけ?)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Six Fleursのお知らせ

友人達とグループ展をやることになりました。

場所は、銀座の月光荘画室Ⅱで、7月11日(月)~7月17日(日)までやっております。

詳細と地図は下記のとおりです。

gtenn3

私も人様のお目汚しになるような、拙いイラストなどを描いて恥ずかしながら、参加しております。

もし、近くに寄ることがあり、「覘いてもいいかな?」と思われたらお立ち寄りください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

残念・・・・

昨日、ドラゴンゲートの試合結果を見て、残念に思いました。

横須賀享選手がTAKAみちのく選手に負けちゃった・・・・

あーっ!残念。本当に。

彼は杉浦さんと同じくらい好きなレスラーで、ドラゲーの選手の中では一番贔屓にしてる選手なので。

横須賀選手は、喋りの達者な人が多いドラゲーの中でMCは少ないし、派手派手でもないけれど、試合が上手で、技の引き出しも多く、良いレスラーだと思います。

私が唸ったのは、ドラゴン・キッド選手のウルトラ・ウラカン・ラナをいつも綺麗に受けきっている姿でした。その姿を見てから、ずっと横須賀選手を応援しておりました。

ルード(悪玉)からテクニコ(善玉)に変わってからは、ちょっとシャイな感じで地味ながら良い試合を見せてくれて、彼の試合を一番楽しみにしております。

前回、CIMA選手の持つシングルのベルトに挑戦した時も、残念ながら敗れてしまい、「次こそは!」と内心思っていたので今回、TAKAみちのく選手に敗れて、ベルトに挑戦出来なかったのは実に残念。

あ~、神戸ワールドでベルトを巻いてる横須賀選手を見たかったよ。(って、当日行けないし見れないけど、気持ちだよ。気持ち。うん)

でも、「いぶし銀」と呼ばれる横須賀選手がベルトを巻くのを首を長くして待つのも良いかも。

待てば待つほど、ベルトを巻いたときに嬉しいですからね。

きっと、あのオープン・ザ・ドリーム・ゲートのベルト、似合うよ!

がんばれ!横須賀享!!

(応援も良いが・・・・こら、イラスト描け!私。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まったくもって・・・色気が無いんだ

先ほど、友人から電話がありまして・・・・

「絵(私の場合はイラスト)進んでいます?」と聞かれ、真っ青に・・・・

進んでいませんとも、勿論。(駄目です)

しかし毎年、同じコト話しています。(駄目過ぎです)

あと、2週間くらいしかないのに・・・未だだよ~。いつもに増して駄目かも。

*****

「譲歩」というものは、大切なものだと思います。

「譲歩」の無い関係というものは、恐らくギスギスしたものになるでしょう。(多分)

「譲歩」することは「自分達の主張を否定する」こととは違うと思う。

「譲歩」とは、相手の立場や主張を重んじて、そっと道を譲る行為だからです。

それは人間の持つ豊かな知性がなくては出来ない。

誰だって、自分達の主張を通したい。(私も例外ではない)

けれど、「自分達の意見」に囚われすぎると、豊かな関係や豊かな知性を失ってしまいます。(お互いに)

どっかの偉い人も、自分もやっぱり「譲歩する能力」を大事にしないと、色気がなくなってしまいます。

色気は豊かな知性がなくては、宿らないものだから。(媚とは違うんだよ。媚とは・・・)

*****

TVのニュース見ながら、「あー、あ。色気が無いなぁ。ゴルバチョフは色気があった気がしますが・・・」などどトリ頭を振って、呟く私に勿論、色気は無い。(痛切きわまる真実です)

「譲歩」が嫌なら、「妥協」ってのもありますね。

エゴイズムに徹した者同士の間では、それも一つの手段でしょうね。

あー、「妥協」も無理!?ナルホド・・・・

本当に色気が無いなぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

豚キム丼~手抜きでもガッチリ食べるぞ!~

いよいよ、差し迫ってきたので今更ながら慌ててイラスト描いてます。(やっつけ仕事ですか??)

こんな時は手抜きご飯だ~!!

って、思うんですが一度、極度の貧血で死にかけた(血が無くなると死ぬんだと身をもって知りました・・・)事があるので、そうは言ってもちゃんと食べないと・・・・

という訳で、「豚キム丼」です。

kimudon

作り方はやはり簡単。

豚細切れを、フライパンで炒めて、ニラを投入。それから、キムチをも入れて、炒めます。

程よく、炒めたところで醤油、みりんを入れてお好みの味に整えます。香り付けにゴマ油を少々入ます。

それをホカホカご飯にのせて、半熟のポーチドエッグをのせて、ゴマを振りかけて出来上がり!

ボリュームもあり、簡単でガッツリ食べれるドンブリ。

味の決め手は、みりんです。で、最後の半熟ポーチドエッグかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なかなか進まず・・・

グループ展まで、一ヶ月も無いことに気づき、結構あせってます。

マズイなぁ~、大丈夫か?私・・・・。

一緒にやる友人がDMを送ってくれるので、それが届いたらこのブログにUPしようかと思ってます。

ただ、6月・7月となんやかやとあるんですが、まぁ、なんとか。うん、がんばります。ヘタクソなイラストですが・・・・(いや、なんとか見れるヤツを描こうとは・・ムニャムニャ・・・・・)

あー、昨日のバジリスクが総集編でちょっとガッカリ。

しかも、怒涛の「おじさん祭り」。楽しくな~い!綺麗どころ出せ~っ!くのいち達は美人揃いなのに、なぜに大奥の女性陣は、どうしてあんなに怖い顔なんだ~!おじさんの方がマシ。

まぁ、渋い声が好きなんで結構、楽しみました。

なんてことしてるから、描けないんですな。

グループ展が終わったら、NOHAの東京ドーム大会があるんだから、がんばろう。うん。

あー、楽しみだなぁ~。特に天龍さんと小川さんの試合。見るぞー!TVで。(チッケト高いからなぁ)頼みますよ日テレさん。

という訳で、頑張ろう!(って、意識が低すぎるよ。いいんかい!それで)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

他愛のない話

今日は帰りに、映画を見ようと思ったのですが開始時間に遅れたため見損ねてしまいました・・・残念。

「バス174」というブラジルのドキュメンタリー映画です。なんと、2週間の期間限定なんですよ。で、明日で終了と・・・明日は行けないし、結局見れないんだな。(「ブリジット」も2週間で終わった・・・最近、多いなぁ)

今日はこの映画のレビューをするつもりだったんですが・・・・トホホ。

でも、きっと暗いレビューになっていたハズ。内容が内容だし・・・

とは言え本当に残念!「シティ・オブ・ゴット」を見損ねた時のように残念です。(これも本当に口惜しい!!)

******

今回の「攻殻」を見ていて、「きっとボーマはウィルスに感染して『個別の11人』になって、でもって・・・」とアホな妄想を抱いていたのですが、そんな事にはならなかったですね。考えてみたら、9課の連中がそんなヘマするはずないんですが・・・馬鹿だなぁ~私。「ワクチンはウィルスに感染しないと作れない」といわれ、「ゲッ」って表情を浮かべたトグサに笑いながら共感しましたよ。普通、嫌だよね~。気持ち解るよ。

******

南米がらみで、もう一つ。

北斗晶のインタビューで「メキシコの空港を出て15分で、殴られて死んでる人を見た」と書いてあり、「僕もそういうの見ましたよ~」なんて続いておりましたが、やっぱりハードな国なんですね。

外国に行くことが、お手軽になった昨今だけど、ある程度の覚悟は必要だと思います。

フランスに旅行(初めての海外)に行くときも母に「危険な事がないように十分気をつけるし、用心深いほうだから大丈夫だと思うけど、万が一ってこともあるからね。飛行機なんかが落ちたら、ガッチリお金もらいなよ」と言って、「オーバーだったかなぁ」と思ったんですが・・・・

帰りのシャルル・ド・ゴール空港で、結構な音の爆発音と地響きがして、銃を持った重装備の警官隊が現れた時は、ビックリいたしました。「これから点検するので、しばらくお待ちください」って言われたのが、我々が乗る飛行機なんだから・・・・。あれまぁ・・・。

結局、何事もなかったようで(でも、あの爆発音はなんだったんだ??未だに謎)かなり出発が遅れながらも無事に帰ってこれました。おかげで香港での乗り換え時間がほとんど無かったんですが、まぁ、あまりオーバーな事言ったわけではなかったカモと思いました。

あんまり用心しても、楽しくないけど、でも、最低限の覚悟と用心は必要かもしれませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

有吉佐和子は可愛い女性~身がわり~

「複合汚染」、「恍惚の人」、「華岡青洲の妻」、「紀ノ川」などなど、数々の名作を生み出してきた有吉佐和子。

高校生の時に「複合汚染」を読んだのが最初ですが、どの作品も素晴らしく面白いものでした。

ですから、私のイメージでは有吉佐和子という人はただただ「素晴らしい文学作品を遺した大作家」というものでした。

ところが、彼女の娘さんである有吉玉青の「身がわり」というエッセイを読んで、思いがけない彼女の魅力に触れることができ、「本当に立派で、可愛い女性だったんだ」と微笑ましく思いました。

何事にも一途で、感情表現が激しく良くも悪くもあけすけで、誠実で、純な人。そして、生来のか弱い体を酷使し、命を削り、素晴らしい作品を描いた人・・・・

ただ「こんな母を持ったら娘もたいへん」と思う。しかも大作家なのだから。

ちなみに私の母も(おつむの出来はともかく)性格が、有吉佐和子と似ているので、なんとなく玉青さんの気持ちは解ります。(ちなみに、一人娘であるところも一緒・・・)私は母を「可愛い」とは思いませんが。(そう本人に言ったら、むくれていた・・・やめれ、小娘じゃないんだからさ・・・)

それはともかく、娘さんがここに書いたエピソードは愛しく哀しく可笑しい。(映画「赤い靴」を観た時の話など、鼻がツンとしてしまった)

本当に有吉佐和子は、立派で一途で可愛い女性です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ル・ブルターニュ

先日、友人に誘われ久々に表参道のル・ブルターニュに行ってきました。

ここは、ガレットのお店で道玄坂にもあります。

クレープと言っても、チーズやトマト、ハムなどが入った「食事としてのクレープ」で、なかなか美味しい。

一枚、頼むとお腹一杯になります。(ランチ・セットはスープやサラダが付いていたりします。)

勿論、ガレットも美味しいのだけれど私の一番のお目当ては「シードル!!

普段、気分が悪くなるのでお酒はほとんど飲まないんですが、ここのシードルだけは別。

お昼だろうが、ガレットと一緒に必ず頼みます。気分も悪くならないし、

実に美味しい~

3年ぶりくらいの、(本当にたまにしか行かない・・)ガレットとシードルは実に美味しかったです。(財布は、痛んだけど・・トホホ)

お勧めのお店です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

杉浦さん、おめでとう!

先週の土曜から今週の月曜日にかけて、風邪をひいてしまいました。

日曜など昼間もグーグー寝ておりましたが、深夜に「そういえば今日はNOHAのGHCタッグ戦をやるはず・・・」と思い出し熱があるにもかかわらずTVをつけて、その試合を観戦しました。

イケメン・コンビの丸藤&KENTA VS 金丸&杉浦(アンチ・イケメン組)の試合で、私の大好きな杉浦さんがイケメン・チャンピオン組に挑戦するわけですから、見逃すわけには参りません!

この4人の試合ですから、一進一退の素晴らしい試合で本当に良い仕事をしておりますねぇ~などと、呟いておりました。

KENTA選手がピンチの時など彼のファンらしき女性が口に手をあてオロオロしてる様子は、いじらしくもありましたが、「ケケケっ!チャンス!!」と杉浦さんファンの私は大喜びでありました。(意地悪・・・)

とは言え、なかなか決着がつかない素晴らしい試合が続き、さすがに「どっちが勝ってもいいよなぁ~」と思い始めたところで、杉浦さんが雪崩式オリンピック予選スラムでKENTA選手からフォールを奪った時は思わず

「杉浦さん!おめでとう!!」と布団の中で呟いてしまいました。(深夜だから、大きい声は出せません)

「これで我慢してたキャバクラに行ける!!」と言う、杉浦さんと金丸選手の腰に輝くベルト。

眩しいぜ!!杉浦さんお手製の「GHCベルト(紙製のグローバル・オナード・キャバクラ・ベルト)」まで輝いてるぜ!!思う存分、キャバクラに行って来てね!!

と、良い気分で眠りにつくことが出来ました。(大馬鹿野郎です)

おめでとう!杉浦さん!!

キヨスクで売っている今週号の「週刊プロレス」の表紙が杉浦さん&金丸くんではなく蝶野選手だった・・・

表紙にしてあげてよね!もぉっ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

動物ドキュメンタリー映画

子供の頃、我が家にはテレビが一つしかなく父親がチャンネル権を持っていました。

その為、小学校3年くらいには子供番組はあんまり見せてもらえず、スポーツ、時代劇、NHKそして動物ドキュメンタリーばかりTVで見ておりました。(アニメと言えば「日本むかし話」だけ、あと夕方の再放送アニメくらいでしたね。相撲の時期は見れないけど)

当時は民放でも「野生の王国」や「素晴らしい世界旅行」など放映していて、野球や相撲は嫌な私もこれらは割りと好きでちゃんと見ておりました。

優れた動物ドキュメンタリーは、子供が見ても面白いものです。

今年の夏皇帝ペンギンという映画が公開されるとのこと。フランスって、動物ドキュメンタリー映画が割と多いですね。

ヨチヨチと可愛らしく歩くペンギン達が、命懸けで過酷な環境の中で子育てする姿はなんのかんの言っても胸が熱くなるものです。卵が凍えないように足の上に乗せて、ずっと踵だけで立っている姿や-40度の嵐の中、円陣をくみ交代で嵐をやり過ごす姿とか。

シャチなどに食べられてしまうシーンも多分あるでしょうが、そういったことも含めてきちんと見てみたいものです。

なによりも過酷な環境の中で、野生動物を撮ったスッタッフの皆さんに脱帽です。(全員凍傷にかかったらしい)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ようやく見ました。

ようやく、「ディファカップ」などを見ました。

地上波で放送したのを、録画してようやく鑑賞。

予想通り、丸藤&KENTAのイケメン・タッグの優勝。いやぁ~、面白かった。

丸藤&KENTAって、爽やかな顔してながら結構、えげつない攻めとかしますよね。特に丸藤選手は見るからに嬉々としてやっている・・・鈴木みのる選手と気が合う筈だわ。

この二人の試合は外れが無いから楽しいです。

で、続けざまに撮ったNOAHの放送も面白かったですね。

ヨネ選手、力皇選手を押しのけ天龍選手に奇襲をかけたKENTA選手。

思わず「うぉっ!出たっ!!」と呟いちゃいましたよ。

6人タッグにもかかわらず、やたら天龍選手に突っかかるKENTA選手。

さすがに怒った天龍選手は、なんとKENTA選手にテーブルを投げつけていた・・・(いつもは椅子なんだけどなぁ~)

投げつけたテーブルを後で元に戻してる天龍選手を見て実況が「さすが天龍!紳士です!」と言ってましたが、紳士は椅子もテーブルも投げんでしょう。普通・・・・

あぁ~、楽しかった。こんな事してるから、やるべき事が進まないんですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

誰だと思う?

「巌窟王占い」ってのがあったので、面白半分にやってみました。

結果は「あなたはフランツ・デピネーです」

「えっ!?ヤダ!!わたしゃぁ、畳の上で死にたいんだよ。」と思いました。大体、あんなに良い人間ではないし、第一同性愛の気はありません。やだなぁ、もう。(いくら男脳が70%だったとしてもね)

メルセデスとかユージェニーとかエデとか贅沢は言わないけどさぁ~。アリとかボーシャンあたりでお願いします。(幸せになりたいんですよ。私。)

学生の頃、友達が「源氏物語に出てくる人で自分に似てると思うのは誰だと思う?」と聞いてきた事がありました。

えーっ!!あれに出てくる女性は皆、お姫さんじゃん。誰と言われましても・・・・

考え込む私を尻目に彼女は「私は紫の上かなぁ~?いや、やっぱり朧月夜の君だと思う。(あ~、右大臣の姫な)」と、とっとと結論を出しておりました。

「で、すいちゃんは?」

「・・・・惟光・・・・」

「って誰??」

「光源氏に仕えてる乳兄弟。ほれ、夕顔に文を持っていったりしてるじゃん」

「あーっ!あの下男!そんなのいたよね~」

それでも、贅沢な選択だと思うんですが。

確か、惟光って五位の朝臣だし・・・・

(注)私のいい加減な「源氏物語」の記憶と知識で載せているので間違いがあったらすいません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »