« September 2006 | Main | November 2006 »

壮絶な試合

昨日、深夜に 丸藤 VS KENTA を見ました。

凄かった・・・・。

そのうえなんというか・・・・本当にヒヤヒヤしました。

丸藤がリング下にいるKENTAにケブラーダを放ち、鉄柵に自分の首を打ちつけた時は

「首・・・折れた・・・・?」

と思いましたね。KENTAも出血してたけどさ・・・・

そのケブラーダの後も壮絶な試合を続ける二人。

KENTAは丸藤より先にヘビーのベルトを獲りたいと語っていたのに丸藤に先を越され、相当に口惜しかっただろうし、丸藤は1月のKENTAとの一騎打ちで負けた雪辱を晴らしたい。

常に闘志剥き出しのKENTAだけど今回は完全に限界を振り切った戦いぶりだし、丸藤も完全に「勝ちに行く」姿勢でした。

お互いに自分の限界以上を引き出し、その上で相手を叩き潰す戦い。

面白いというより、

物凄い試合でした。

本当に息を詰めて見ました。

丸藤もKENTAもまだ20代半ば。

末恐ろしいというか・・・あんな事をしていつまで体が持つかな?

う~ん、いつもここ一番のNOAHの試合を見ていると、結構心配ですね~。

昨晩は深夜にかなり根を詰めて見ていたので今日はすっかり疲れちゃいました。(大馬鹿野郎

もう、目が潰れそうです。

あぁ、デスノートが・・・もぉ火曜日だよ~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

勝手にプロレス強化の日

Nk 爽やかなこの好青年は誰でしょう???(答えはこの後!!)

女友達にプロレスを見る人がいないのがチョット寂しいです(泣)。

ん~。

たまにはこう「この間の杉浦さんの試合がさぁ~」って熱く語りたい時も・・・・

ん~。

「結構、面白いよ~!」と言うと

「プロレスって血がでるでしょう??」と言われます。

ん~、どっちかって言うとプライドとかのほうが流血が多いと思うんだけどね~。(大日本プロレスはデスマッチなのでこれは別。頑張ってるのわかるけど、大日は私も見れない・・・・申し訳ないけど・・・)私だって流血は嫌い。やっぱりブラッシーとかブッチャーとかタイガー・ジェット・シンのイメージ???(古っ!!)

あとアレだなぁ~、きっとビジュアル・イメージがアンコ型、筒型なんだろうなぁ~。

敬遠されるのって・・・・。

やっぱり、ブッチャー(またか)とか長州力とか小力(これは違う)とかのイメージ???

いや~、プロレスラーだって素敵な人はいるぞっ!!(別に長州さんが素敵ではないとかそういうコトではないけど・・・まぁ、年齢がね・・・)

冒頭のKENTAなんていかがでございましょう?どだっ?(でも、私は杉浦さんが一番好きだ~!!)

という事で、今日は勝手にプロレス強化の日にさせていただきます。

硬派な諸君は「イケメン(この言葉嫌いだ~。やっぱ男前だよね~。使うとしたらさ)で、女子を誘うとは!!」とお怒りになるかもしれませんが、女子と子供が見ないと先が無いような気がするので。

それより著作権云々を言われそう・・・。別にお金は取ってないし、プロレスの格好良さを知って貰いたいんですよ。写真の件は勘弁して頂きたい。もっとも私のブログじゃ、たいして貢献できないですね見る人も少ないから・・・

*****

Ed9c6250 KENTAの魅力は彼のファイトスタイルにあると思う。

相手が強ければ強いほどガムシャラに立ち向かっていく負けん気の強さ。

相手が誰であれリングに立てば一歩も引かない心の強さ。

小柄な体にはかなりのダメージを受けているだろうが(もっともプロのスポーツ選手はどこかしら体を痛めているだろうけど)、常に死力を尽くして戦っている。

KENTAの試合を見ていると「こんな事をしていると長く続けられないかもな」とふと思う。けれど「全身全霊をかけた熱い試合をお客さんに見てもらいたい」と言った趣旨のKENTAのインタビューを目にしたりすると、このまま頑張って欲しいなとも思う。だからこそ少しでも沢山の人に試合を見てもらいたいと願う。でも、相当キツイだろうね。もうKENTAの下の歯はボロボロだ。スポーツ選手にとって歯は大切なのにね。

Maruken1a そのKENTAと10月29日にGHCヘビー級のベルトを懸けて戦うのが、現・チャンピオンの丸藤正道。(写真右)

彼はKENTAとはまた違った魅力のレスラー。

リングの上で想像もつかない動き、華麗な飛び技を駆使する、まさに天才。(凄いよ丸藤!!)

プロレスをあまり見ない人が見ても丸藤の試合は面白いのではないかと思う。

彼が試合をする度にいつも「まだ他に引き出しがあるだろう?」と感じてしまう。本当に底知れない、わくわくするようなプロレスを見せてくれる。

丸藤のプロレスは楽しい。

全身全霊を込めて死に物狂いで試合に臨むKENTAといつも底が見えないプロレスを見せる丸藤。

今年1月に行なった二人の試合は本当に素晴らしいものだった。

29日に行なうこの二人の試合は当日の深夜、日テレで放送されるはずなので要チェック!!(関東ではですが・・・)

プロレスが苦手な人こそ見て欲しい!!と心底思います。

*****

まぁ、今回はNOAHの丸藤・KENTAを取り上げたんですが、他にも素晴らしい選手がいます。

例えば

「ミスター新日本」の金本。気迫漲る彼の試合は大人の男女の胸を熱くさせます。アニキっ!カッコイイ!!

全日本プロレスの近藤(ドラゲーに居た頃から良い選手だったけど)とカズ・ハヤシの試合も本当に素晴らしかった!!まさに最高峰の試合と言っても過言ではありません。テレビの前で何度、唸ったことか!!

ん~、他にも沢山いるけど最後に大切なあの人を・・・

Takasugi プロレス界の「杉さま」こと、杉浦貴さん。(写真見てオッサン謂わんでください)

キャバクラ大好きキャラの杉浦さんだけど、本当に強くて素敵なんですよ。

試合前、高山さんに「夜は・・・(キャバクラは)一緒に・・・」なんてお茶目なことを言ったりしながら、試合後のインタビューで「凄い歓声でしたね」と言われると「アレは僕が弱いから・・・」と悔しそうに肩で息をしながら語る杉浦さん。

やっぱり志が高いね。「一試合、一試合、目標をもって試合をしているから」と言う杉浦さんは素敵だ!

誕生日に娘さんから沢山チュウをしてもらう杉浦さん、素敵だ。

いつか武道館のメインで素晴らしい試合をして頂きたい!相手は丸藤がいいかな?私は全日の近藤との試合も見たいな!!

と、いうわけで本日は「勝手にプロレス強化の日」にさせていただきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

THE HEART OF ROCK & ROLL

「学生の頃に聞いていた音楽は胸を熱くさせるなぁ~」とつくづく思います。

中学に入ったばかりの頃は丁度、MTVが流行っておりました。

今や「びっくり人間」みたいになってしまったマイケル・ジャクソンもあの頃は本当に格好良かった

私が彼を初めて見たのはポール・マッカートニーと歌った「SAY SAY SAY」(HGではありません)のプロモーションビデオでした。(後で仲たがいしたけどね)確かNHKの「海外ウィークリー」という番組だったと思う。

彼の「スリラー」のプロモーションビデオを電気屋で流すと人だかりが出来たものです。(その後、同じ現象を見たのは「だんご三兄弟」のプロモだった)

エンターティナーとして彼は超一流だったと思います。今、全盛期の頃のマイケルを見てもやっぱり凄いと思うもの。

彼のライバル(!?)だった、プリンスだって良かった。

「サイン・オブ・タイムス」のライブビデオを見ると必要以上に妖しく不気味でエロく素敵♪

背が低いものだから、いつもヒールの高い靴を履いてるのが泣ける。

歌い方がベチョベチョしていて、悪友共とよく彼の「キス」という曲の中の「ちゅば・ちゅば・ちゅば」を真似てお腹を抱えて笑ったもんです。(バカだ)

いや~、紫の殿下(プリンス)はいいよ。

ホール&オーツ、ビリー・ジョエル、スティービー・ワンダー、カルチャー・クラブ、REOスピードワゴン、デュラン・デュラン、ジェネシス、マドンナ、ティアーズ・フォー・ティアーズ、ユーリーズミックス、ブライアン・アダムス、インエクセス、スクリッティ・ポリティ、ZZトップ、ポリスなどいくらでも名前が出てくる出てくる。

80年代から90年代は洋楽ばかり聴いておりました。今でもこの頃の曲がかかると一緒に歌えます。もっともかなり怪しい英語だけど・・・。

土曜の夜はこっそり夜更かしをして「ベストヒットUSA」を見て、その後に古い映画(「追想」とか「モロッコ」などをやっていたんですよ。懐かしい・・・)を見て大満足して眠りについたものです。

その中で特にお気に入りだったのが「ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース」

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主題歌「パワー・オブ・ラブ」が一番有名だと思います。

最初に聞いたのは「ハート・オブ・ロックン・ロール」で「わぁ~、好きコレ♪」と思いました。

前奏の鼓動のような音から始まる痺れるようなサウンド・・・ヒューイ・ルイスの心地よいだみ声。

本当にドキドキしたものです。(今、聞いてもだけどね)

で、必死にラジオから彼らの曲を録音したりお金を溜めてアルバムを買いました。

見た目はアメリカのオジサンって感じの彼らだけど抜群のチームワークで歌うアカペラも素敵♪

なんでこんなに好きなのかって思っていたんですが、インタビューを読んで彼らの歌が「生活の為に働かなきゃならないごくごく普通の人達を歌ったもの」だからかも。

現に特に好きなの曲は「ワーキン・フォー・ア・リヴィン」や「シンプル・アズ・ザット」、「カップル・ディズ・オフ」だし・・・・(「頭にくるほど金は早く出て行く」というフレーズに泣く高校生でしたよ。私は・・・)

家族を持ち、犯罪に係わることもなく、仕事をしてそして死んでいく人々。そんな人達を歌い、そんな人達の為に歌う歌。

私にとって彼らの曲は馴染みのラーメン屋で食べるラーメンみたいなもので食べ終わったら「あー、美味しかった♪明日もがんばるぞっ!!」なんて思わせてくれる。

ライブもビデオで見たけど本当に格好良くて、派手では無いけどドンドン胸の鼓動が高まるようなステージ。チームワークもバッチリで、アカペラも素敵♪ヒューイの猛烈なハーモニカもクリスの情熱的なギターもシャイなショーンのキーボードも笑顔一杯のビルのドラムもお茶目なマリオのベースもジョニーの素敵なサックも・・・・もぉ最高!!

今ではメンバーが少し変わってしまったらしいけど(泣)、オリジナルのメンバーでタワー・オブ・パワーのホーンセクションも一緒であまり大きくない会場で生のステージが見れたらどんなに良いだろう・・・

叶わない夢ですけどね。でも、

Doin' It All For Everyman

そんな彼らの曲は今も胸を熱くします。

ハート・オブ・ロックン・ロールは今も生きている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

たまにはハンバーグ

Syo1 いつも写ってるアヒルさんマグカップは二十年以上使い続けています。

本当にもう決して手放せないなぁ~♪

ハンバーグは滅多と作りません。

焼いてる時に油が散って後の掃除が面倒だから。(結構、油飛ぶんだよね)

でも、まぁ久しぶりに作りました。

私のハンバーグの中には予め炒めたタマネギとニンジンが必ず入っているんですが、他の人のはどうなんだろう?気が向いたらゴマとかインゲンとかシイタケも入れちゃうんですよね。それって邪道??

で、ハンバーグを食べながら映画「HERO」の話をしていたんですがそこから、私の持ってる三略は面白いよとか、荀子の思想は法家だよね、とか安土城の天守閣には孔子の絵が描かれていたらしいよなどとダラダラと話しているうちに

「中国って凄いよねぇ~」

という結論に。

そこから、「日本の文学だって凄いさ」という話になり、「枕草子」や「源氏物語」が書かれた頃にはまだシェイクスピアだって影も形も無かったものね。ダンテの「神曲」だってもっともっと後だ。(確か・・・)

「う~ん、日本って凄いよね~」

という結論に。

あんまりハンバーグを食べながらする話ではなかったのでした。

しかし、「源氏物語」って結構凄い話ですよね。

紫式部ってリアリストなんだなって思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一日の最後は・・・・

昨日は仕事が終わってから2箇所ほどギャラリーを覘いてきました。

先ずは表参道ヒルズのGallery80。

表参道ヒルズは初めて入ったけどお目当てのギャラリーだけを見ました。(ヒルズ様に私は相応しくないのだった)

ハガキを呉れた方は先日のグループ展の時に隣でグループ展をしていた人です

とても綺麗なパステル画で素敵でした♪

それにしても表参道の目抜き通りのギャラリーだなんて凄いですね~。

で、お次はお馴染み銀座の月光荘画室Ⅱへ。

毎年この時期に個展をされてる画家さんなんですが今年は私たちのグループ展にも来てくれました。

丁度、私は当番ではなかったのでお会いできなかったんですが、丁寧にメッセージを残して下さったので本当意嬉しかったですね~

展覧会のお誘いは余程の事が無い限り多少無理しても行くことにしています。

色々な人の絵を見るのは楽しいし、なによりハガキを送った相手がちゃんと来てくれると凄く嬉しいですから。

会えなくてもノートにハガキを送った相手の名前を見つけると本当に有り難い気持ちになります。(絵が下手なのでお礼状を送るのも気が引けていたけど、今年はちゃんと送ります。)

月光荘を覘くと件の画家さんがにこやかに迎えてくださったので、私もすっかり嬉しくなりました。

「相手も私と同じ気持ちなんだなぁ~。やっぱり来て本当に良かった♪」

そう思える事はなかなか幸せなことです。(単純なんでしょうが・・・)

暫くの間、画家さんとお話をして楽しく過ごさせていただきました。

グループ展に来てくれたお礼も直接言えましたしね。

月光荘を出る時はすっかり楽しい気分でした。

「じゃぁ、また来年お会いしましょう」

そんなやり取りをするお付き合いも良いものです。

それはともかく、結構高齢の方なのにお酒を飲んでいて私にまでウィスキーを勧めるのは参りました。

お酒は苦手なんですけど・・・へっ!?アルコールが40度!!キツイ、キツイ。いやぁ~結構移動してるし(職場→表参道→銀座)、これから一時間かけて帰ってからご飯作るんですけど・・・うわぁ~、注いでるし~。

、まぁ結局飲んでしまったんですけど・・・・(泣)。負けた・・・

ちょっと厳しかったです・・・・。

で、ようやく帰宅して食事を作ろうとしたら母から電話・・・。

仕事・移動・お酒でヘロヘロになっているところを狙ったかのような長電話(二時間・・・・)!!

結局、いつもの犬話(まぁ、これは楽しい)と愚痴(出来るなら口を捻ってやりたい)を話すだけ話して

「あーっ!!電話代が高くつく切るよっ!!」と電話を切る母・・・・

許さんっ!!

全てを終え布団に入ると

「最後の最後(母の電話)で頑張ったな。疲れたな・・・明日も仕事だ・・・頑張ったぞ、私」

と、あっという間に眠りに落ちたのでした。

・・・・今日も疲れが・・・若くないから疲れるんですよね母の長電話・・・・

ホント、許さんっ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »