« November 2006 | Main | January 2007 »

大晦日でございます

久々にブログを更新しようとしたら、既に大晦日になっていました。

やでやで、早いものですね。

子供の頃、元旦より大晦日が好きでした。

と云うのも、大晦日の日は親からお年玉を前借り出来たからです。

大晦日の日は前借りしたお年玉で本を買い込み元旦から三日間はコタツに潜り込み、ひたすら本を読みまくるのが恒例行事でした。

元旦にお年玉を貰って本を買いに行っても、その頃の本屋は大抵閉まっている。

で、まだ本屋が開いている大晦日に買いに行くと何時の間にやら決まっていました。

普段のお小遣いでは一度に、7冊8冊の本は買えなかったし、図書館に置いていない本、手元に置いておきたい本、普段は手が出せない高価なハードカバーの本(しかし、コレを一冊でも買ってしまうと、購入できる本の冊数が少なくなってしまう。文庫本を沢山買うか、高めの本に手を出すか・・・葛藤が生じてしまうのでした)を購入出来る

私にとって年に一度の大イヴェントでした。(オーバー)

そしてコタツに潜り込み、枕の横に散々吟味した本を積み上げ、ミカンを数個用意し(コタツに入ると喉が渇くので・・・)、ごろ寝して本に手を伸ばす瞬間は

私にとって最高に幸福な時間でした。(だから、オーバーだって)

ま、ただの寝正月なんですけどね。

ただ、こんな自堕落なことをしていたせいかお正月はたいていミカンの食べ過ぎで胃が悪くなっていたんですが・・・(コタツに潜り込み過ぎ・・・)

今でも大晦日だとワクワクするのはきっとこのせいですね。(ミカンの食べ過ぎはしなくなりましたよ~)

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そういえばクリスマスイブなんですね

昨日、ネットを見ていたら杉浦さんが高岩さんに負けたことを知りました。

まぁ、負けるのは仕方ないにしても心配なのは、

試合後に病院に直行したらしい事です・・・・

心配だ。

試合は見てないんですが、雪崩式の技を4、5発くらったらしい・・・・

そりゃぁ、丈夫な杉浦さんでも堪らないでしょう。

NOAHのマットでやる断崖式だの雪崩式だのの技を見ると本当にハラハラします。(正直、アレは程々にしてほしい)

で今日、NOAHのディファ中継を見ていたらやっぱり杉浦さんは欠場していました・・・・

あぁ・・・。

しかも、3週間絶対安静だそう。

ここは本当にしっかり休んで良くなっていただきたい。

無理せずにね。

しかし、NOAHのジュニアの誰が高岩さんからベルト奪い返すんでしょうね。

金丸くん?KENTA?

高岩さん強いから、当分ベルト戻って来ないんじゃないかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ピアノの森13巻

本屋さんに立ち寄ると「ピアノの森」の13巻がありました。

早速、購入。

やっぱり面白いですね。毎回、新刊が出るのが楽しみですよ。

今回はカイ君のお母さん、レイちゃんも出てくるし。

冴ちゃんの事を「かわいいコだけじゃなくて、いいコなんだ」と言う阿字野先生にすっかり嬉しくなってしまいましたよ。

やっぱり映画化されて来年の7月に公開なんですね~。

見に行こう!

ちょっと心配だったけど、「花田少年史」を監督した小島正幸氏なので期待してしまいますね。

うん、今でもいっちゃんは私の心のオロナミンCですよ!

「花田少年史」のHPを読むとスタッフの皆さんが、この作品をどれだけ大切に作っていたか良く分かります。

声優の皆さんは台本を読んで泣き、リハで泣き、本番で泣いたらしいですね。

うん、私も毎週、毎週、本当に楽しみで大笑いしてボロ泣きしました。

終わってしまうのが哀しくて仕方無かったですね。

だから、同監督が再び一色まことの作品をアニメ化するのは嬉しい。

ちゃんと「花田少年史」を終わらすことの出来なかった監督が(まぁ、色々事情ってもんがあるんでしょう)「ピアノの森」をどんな作品に仕上げていくのか楽しみです。

でもって、「ピアノの森」の続きも楽しみですね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

動物電気

日曜日に動物電気のお芝居を見てきました。

「三女の食欲」

というタイトル。

相変わらず面白かったんですけどオチがうやむやな感じだったのが、ちょっと残念でした。

それにしても、千秋楽だからなのか

全裸

になっていましたね。(男性ね)

男女を問わずヌードが嫌いな私は内心「やでやで」と思ってしまいました。

いつもは脱いでも一応、隠してくれていたんですが・・・・

出血大サービスなんでしょうか。(そんなサービスはいらん!)

お芝居は面白かったです。

お芝居が終わった後、友人夫妻とそのお友達と焼き鳥を食べて帰りました。

*****

最近、映画を見てないですね~。

メジャーな作品だと「まだ、当分やってるだろう。空いた頃に行こう。」なんて思っていると、いつの間にやら終わっている事が多いです。(ナルニア国物語とか・・・色々)

鈍いにも程がありますが・・・・。

来年、「ピアノの森」がアニメ映画されるそうですが、どうなんでしょう?

やっぱり「少年編」をやるんでしょうね。

同じ一色まことの「花田少年史」のアニメが本当に素晴らしかったので、期待出来るかな?

それから、絶対見たいのがイニャリトゥ監督の「バベル」。

彼の「アモーレス・ペロス」も「21グラム」も本当に素晴らしい映画だったので、これも期待大ですね!(繰り返して見たいとは思わないけどね。正直、しんどい)

しかし、デル・トロの映画が全然見れませんね。

「シン・シティ」は見てないんですが(お正月にDVDを借りてこよう)そろそろ、ぶっ飛んだ演技は控えていただいて、普通の演技を見せて欲しいところですね。

ハル・ベリーと共演する予定の作品ではそんなデル・トロが見れたら嬉しい。

大体、出演作の8割くらいで死んでるんですよ。(死にすぎだろう!いくらなんでも!!)

しかも99%殺されて死んでいる。残りは自殺。

事故とか病気で死んだことがない!!

出てきた途端、「うわぁ~、酷い」という風貌だったりしますし。(「プレッジ」では落ち武者かと思った・・・)

ショーン・ペンが彼を

「演技する獣」

と呼んだそうですが、

そろそろ普通のオッサンの役をしてほしいところです。

来年は彼の出演作が見れるでしょうかね。

Blackbook5 友達がデル・トロを見て「小倉久寛に似ている・・」と言っていた。確か似ている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

500円に泣く

私が小学生の頃、ちょっと気の利いた習い事と云えば

スイミングスクールでした。

あまり体が丈夫な性質ではなかったので、母が体を鍛えるために

「スイミングスクールに通わせてあげる」と云ってくれました。

ちょっと小洒落た習い事が出来ると大喜びしたのですが、(塾通いや習い事などしたことがなかった)

突然、母が「スイミングスクールは止めよう。合気道に行きなさい!」と言い出しました。

すっかりスイミングスクールに行くつもりだったので、母になぜ合気道なのかと聞くと最初はノラリクラリといい加減な事を云っていた母ですが、私のしつこさにウンザリしてとうとう

「だって~スイミングスクールは月謝が一万もするけど、合気道だと月謝が500円なのよ~

と白状しました。

・・・そんな事だと思ったよ。ちっ、お金に関しては本当にシビアなんだから・・・・・

そんなこんなで結局、2年間ほど合気道を習うことに。

今となってはどっちが良かったかは謎ですが、

当時は受身の練習で全身筋肉痛になった時や、1月2月の寒い道場で凍えている時など

「あ~あ、本当だったら今頃は温水プールで泳いでた筈なのに・・・」

とチョッピリ切なくなったのでした。

父は「なんだ~、合気道に行ってるのかぁ~。“アイーッって言って木にぶつかるのが合気道だろう~っ」などと、アホなオヤジギャグを言うし・・・。

まぁ、笑わなかったら父がガッカリするので一応、笑うと(子供だって気を使うのである)父は喜んで何度も何度も繰り返すので、さすがに「面白いのは最初の一、二回くらいだから」と言っておきました。

困った父ちゃんですよ。まったく。

で、中学生になったある日

私の部屋にカーテンが無かったので(小学生の頃はあろうが無かろうがまぁ、気にならなかった)母が「可愛いカーテンを買ってあげよう!」と言ってくれました。

そして父と二人でホームセンターへと出掛けました。

数時間後、母はいつもは決して見ることの無いニコニコ顔で帰ってきました。

「お母さん、カーテンは?」

「ん~、カーテンねぇ。カーテンは高かった。」

「・・・・じゃぁ、何も買ってこなかったの??」

「(ニコニコしながら)いや、買ってきたよ」

と母が差し出したものは

でした・・・・

もちろん今のアジア風の洒落た簾ではなくて

冬はさぞかし寒かろうといった文字どうり簾

「・・・簾ですね・・・・(びっくりして思わず敬語になった)」

「うん。いいじゃん。一応、カーテンの代わりにはなるし、安かった!!

「・・・幾ら??」

「500円だった」とニカっと母は笑いました。

その時、そうえいば合気道の月謝も500円だったなと思い出しました。

「あぁ~、また500円か・・・」

後で父に

「今は春だからいいけど、簾だと冬寒いよ~」と訴えると

「どーせ、ボロ家だからなんでもいいだろう」と母と二人ゲラゲラ笑って誤魔化していました。

困った両親ですよ。やでやで。

高校生になったらカーテンにしてくれましたけどね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

しかし、よく潰れてしまいますな

週に一度だけ立ち寄るパン屋さんで一週間分のパンを買うため(冷凍しておく)レジに並んでいると

1月中旬に閉店する

と書かれた張り紙が・・・・

ゲゲゲッ。ショック・・・・

まぁ、チェーン店だから他にもお店はあるにはあるけど・・・・

仕事帰りに途中下車って場所には無いんですよ!!

自由が丘とかでは・・・・。

あぁ、週一の楽しみだったのにな・・・・

また美味しくない食パンを食べなくてはならないのかと思うとガッカリです。

それにしても、私の贔屓のお店はよく潰れます。

京都に住んでいる頃、週一通ったTという洋食屋さんは安くて実に美味しかったけど潰れたし、

同じく京都のちょっと変わった品揃えのGという本屋も潰れた。(私が雪の降る日にそこで鼻血を噴いた後でしたね・・・)

実家の町のお気に入りの喫茶店(カフェでは無い)も更地になった。

銀座の良心的な値段でサービスの良いビストロも潰れてしまった。

三茶の惣菜屋も潰れてた・・・

まだ、あるけどなんだか虚しくなってきたので止めますがそれにしても・・・

よく潰れる。(安く美味しいうえにサービスが良いところばかりなのに・・・何故??)

そのため、お気に入りのお店の前を通るといつも

看板が出てるか心配で心配で・・・・

以前よりお客の入りが少ないと心配で心配で・・・・

時々、

「潰れるな~!!」

と念力を送っております。(それがいけないのか??)

それにしても仕事帰りにパン屋に寄れなくなるとはダメージ大ですね。(泣)

どうしましょう。ホント。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年のベストバウトはやっぱり

今年のプロレス大賞でのベストバウトはやっぱり

丸藤 VS KENTA

でしたね。

1月、10月と最高峰の試合を見せてくれたので勿論、当然の結果なんですが私としては

「KENTA VS 杉浦さん」「近藤修司 VS カズ・ハヤシ」も良かったな。

でも、丸KENで文句なしです。

で、MVPは鈴木みのる。丸藤では無いのか~。

それにしても、みのるは本当にプロレス好きなんでしょうね~。

生き生きしてるもの。(メカマミー相手でも楽しそうだった。ロケット・パーンチ♪)

特に「いじめっ子」してる時とか・・・

先日のNOAHの武道館大会ではKENTAがお相手。

Uの流れを持つ3人組(高山さん、佐野さんがいた)で、KENTAを羽交い絞めにしてボッコボッコにしておりました。

おかげでKENTAと組んでる力皇とヨネが目立たないことに・・・(二人とも、しっかりしろーっ!!)

まぁ、自分より強い相手にガムシャラに突っ掛かっていくのがKENTAの魅力なのでこれはこれでまた良しってとこですが。(って、力皇とヨネ・・・しっかりしろーっ!)

私が、初めて「おっ?!」と思ってKENTAを見たのは確か「KENTA蹴撃七番勝負」の「VS 三沢」の時でした。

ジュニアの選手でまだ若いKENTAが三沢社長に「ワイパー」(三沢社長の癖で、額の汗を人差し指で払う仕草)を目の前でやって挑発していたのには度肝を抜かれましたよ。

社長で大先輩で日本のトップレスラー相手に

「なんて気の強い子なんだっ!!」(私は一回りは年上なんで、“子”と言ってしまいますが)

とビックリ。

そんな気の強いKENTAとみのるのやり取りは面白かったです。

ただ、今回の杉浦さん&金丸くんタッグの試合はいまひとつだったかなぁ~。

論外チーム、いいんですけど。ちょっと合わなかったのかなぁ~。

「誰とでも良い試合がしたい」と言っている杉浦さんだから、試合後にお客さんにひたすら頭下げていたけど。

残念。

でも、高岩さんとのタイトルマッチは期待しております!

がんばれ、杉浦さん!!

で、メインの「三沢 VS 丸藤」のGHCベビーのタイトル戦なんですが、良い試合でしたね。

三沢社長、いつもより動きが良い!

丸藤の不知火・改まで受けてましたよ。

先のヘビーのタイトル戦でKENTAに出したボールシフトも2で返す社長。

丸藤もタイガースープレックスもエメラルドも返したし・・・・

どーする、あとは何を出す?と思ったところで三沢社長なんと

雪崩式エメラルド!!出しました。

そー来るか!?

これで丸藤は無念のスリーカウント。(しかしNOAHだと、いつか場外に雪崩式エメラルドとか出しそうで怖い・・・場外はやめてほしい)

最後は大三沢コール!

欠場中の小橋さん(元気そうでなによりです)を見てても思ったけど

やっぱり、三沢・小橋はNOAHでは絶対なんですね。

それにしても社長、お腹なんとかならないんでしょうか?

個人的に如何なものかと思います。見た目も大事ですからね。

やっぱり格好良い体であってほしい。(杉浦さんはアレでいいんです♪お腹固そうだし♪)

同じ日にやった新日本の棚橋VS中邑は土曜の放送までのお楽しみにしております。

さて、先日ネット検索した時に

「杉様の試合を妊娠中に見ていると胎教に良くないと友人に言われました。杉様みたいな強い子になってなってほしいのに」という書き込みを発見しました。

いいな。それ。

気持ち分かりますよ!!

ヨッシャー、私も妊娠したあかつきには(何時???)

デッカイお腹を抱えてTVの前に仁王立ちになり杉浦さんの試合を見ることにしよう!

腕白でも良い!逞しく育って欲しい。

ですね。これこそ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

子供の頃のアホな妄想

私の母は結構厳しい人でした。

一人っ子なので「我が儘になってはいけない!!」と思ったらしいんですが・・・

とにかく怖かった!!ですね。

まず、物凄いマシンガントークで怒鳴り散らかして次に手が出る。

確かに怒られるような事をする私も悪いんですが・・・それにしても、

母よやり過ぎだろうっ!

学校にドリルを忘れ宿題が出来なかった時は

「そんないい加減な事をするなんてっ!!」

と母は激怒し胸倉を掴むと外に引き摺り出し私をぶっ飛ばしました。(日常茶飯事)

プロレスでチョークスラムをくらっている選手を見ながらツレに

「あれ結構キツイよね~。一瞬、息が止まるよね~。」

と言うとツレは目を剥いて

「やれたのっ!!誰に???」

と言うので

「幼少時に母に」

と答えたところ絶句されました。

といった母の鉄拳教育につくづくウンザリしていた私はよく

「あぁ~、きっと私はこの家の子じゃぁないんだ。

そのうち、エリザベス大叔母が

お父様とお母様が亡くなったばかりに、こんな苦労をして・・・・ずっとずっと探していたのよ。さぁ、おば様が迎えにきましたよ。

と言って来てくれたら嬉しいな。そしたら、

おば様、それでも今までここまで育ててくれたのだから、この人にお礼をしてあげて。

とか言って、恩着せがましく金銭を渡そう。(嫌がらせ。黒い子供だな・・・我ながら・・・)」

などと、想像しておりました。

まぁ、どっからどう見ても日本人の私に何故エリザベス大叔母が迎えに来るのかというと

日本の旧家のお金持ちというとバカな子供の私の中では

犬神家

だったので、そんな祟りだの殺人だのカラスだのスケキヨだのといった横溝な旧家は恐ろしいばかりなので、ここはあまりドロドロしてない洋モノが良かろうと考えた次第なのでした。

Sukekiyo 私の頭の中の日本の旧家。(犬神家の一族1976年バージョン)

もっとも鏡を見れば母との血の繋がりは火を見るより明らかなので単なる妄想だと子供心にも納得しておりましたが。

ちなみに母は感心なことに「人のことを信用しなくなってはいけないから」と犬には一度も手をあげたことはありません

「だって、あんたの教育で失敗しちゃったから♪」などと言っております。やでやで・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

××は風邪ひかないらしいんですが・・・

風邪をひいてしまいました。

普段、風邪をひくと

ガンガン食べて(基本的に食欲は落ちない)ガンガン寝て治す!!

のですが、今回は酷かったので仕事を休んで病院に・・・・。

いつも行く近所の病院なんですが、近いのと診察が早いのが良いところ。

ただ、最初行った時に戸惑ったのが子供の患者が多いため

先生の言葉遣いが赤ちゃん言葉なんですね。

まぁ、女性の先生とかならそう違和感ないんですが

恰幅の良い浅黒い肌の40代の男性の口から

「はいっ!お口をア~ンして♪」

とか

「う~ん♪ふふふ(と含み笑いをして)、喉が腫れてますね~♪」

とフフフと笑いかけられても

言う側(先生)も言われる側(私)も違和感があるような・・・・気が・・・・

でも、診立てもちゃんとしてるし、なんと言っても多少混んでいても待たされないのが良いですね。(体調が悪い時に延々と待たされるのは本当に辛い)

ちなみに男性の患者にもやはり同じ赤ちゃん言葉だそうで(男子はびびってたじろぐらしい・・・)

もう口癖なんでしょうね。

そういえば、待合室は子供達が多いですね。(そして男性患者は殆ど居ない・・・・)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちょっと早いけど自分にプレゼント

昨日は銀座で晩御飯を食べに行きました。

銀座の街はクリスマス一色といった感じですね。

中央通りに面したMIKIMOTOでは毎年クリスマスツリーが飾られているので食事に行く前に一人で見に行くことに。

丁度、六時になったところだったためイルミネーションが音楽に合わせて色を変えている最中。

呆ーっと見ていると、足にツンツンと何かが当たる感じがしたので、ふと足元を見るとポメラニアンが私の足をつついていました。

う~ん、ポメ子(ポメ男かもしれないけど)よ。君もツリーを見に来たのかい?

そっと撫でると真ん丸の目で見上げてきて本当に可愛いこと♪

ラブリィ♪

その後、食事をして有楽町に向かう途中にまたまたツリー発見。

Ae_002_1

「せっかくなんで写真でも撮るか。どれどれ」

なんのツリーかな?と思ってよく見てみるとシャネルのツリーでした。

そういえば香水ビンみたいのがぶら下がっています。

ま、綺麗だしね。いいね。

で、念願だったHDD内蔵DVDレコーダーを購入。

(私にとっては)かなりキツイ出費ですが、

でもこれでようやく山のようなビデオテープから開放されるっ!!

「このテープはドラゲーで、あっちは『水曜どうでしょう』だから・・・ええっとこれかな?あぁコレはNOAHだし、こっちは新日かぁ~。あれは確か『蟲師』だったしな・・・。ひぃ~、どうしよう・・・」

なんて考えなくてもいいんだ!素晴らしい・・・・

というわけで昨晩、初めて撮った番組は「NOAH横浜文化体育館大会SP」なのでした♪

うはははは♪

結局、プロレスかぁ~!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »