« のだめカンタービレLesson14 | Main | いやはや »

アモーレス・ペロス~神は人間がたてた計画を見て笑う~

ひとつの自動車事故が引き起こした痛み。

ひとつは義理の姉を愛した青年に

ひとつは愛を略奪した美しい女に

ひとつは信念の為に家族を捨てた男に

彼等は事故の一瞬だけ出会いそして二度と会うことは無かった。

*****

誰もが身を裂かれるような思いで愛を慰めを乞う。

それは獣の愛。

メキシコ・シティの青空の下でギラギラと輝くナイフの刃のような獣の愛。

*****

映画が終わると大きなため息が出た。

見ている間ずっと息を詰めていたようだ。

手にしていたハンカチはグシャグシャに捻られていた、無意識にやってしまったらしい。

これを見たひとはどう思うのだろうか?

辛い?悲しい?やるせない?涙が出た?

私は、もう何もかも幸福も不幸もない、いっさいをうけとめていくしかない、と思った。

ひとは一人で立ち自分の上を過ぎていくいっさいのことをうけとめていくしかない、ただそれだけだと思った。

ただそう思った。

*****

イニャリトゥ監督はこれが初監督作品だったらしいと知り、ちょっと驚いた覚えがあります。

交通事故を軸に3つの話を上手く描いていく手腕はお見事としかいいようがありません。

こういう構成をしたいと思ってもなかなか難しいでしょうね。

とにかく上映中キリキリと胸を痛めながら映画館の椅子に座っていました。

なかなかきつい映画でしたが、全く予備知識なしで見て本当に良かったです。

闘犬のシーンはかなりショックでしたが、撮影で動物を傷つけていないとのこと。

素晴らしい映画ですが、ナーバスな時などに見るのは少しきついかもしれませんね。

私も映画館で一度見たきりですね。

「アモーレス・ペロス」を見た俳優達がこぞって監督の映画に出演したがったというのは良く分かる気がします。

興味のある方は是非。

|

« のだめカンタービレLesson14 | Main | いやはや »

映画のレビュー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79912/14928304

Listed below are links to weblogs that reference アモーレス・ペロス~神は人間がたてた計画を見て笑う~:

« のだめカンタービレLesson14 | Main | いやはや »