« グロッキー(あっ、死語かな?) | Main | 父のくれた工具 »

のだめカンタービレLesson19

人は誰しもその人が本来持つ資質を伸ばす権利がある。

友人でも恋人でも親でさえ、決してその権利を侵害してはいけない。

会場に響く割れんばかりの拍手と賞賛の声は、千秋が指揮するライジング・スター・オーケストラのもの。

その喝采の中で一人、子供のように涙を流し膝を抱えるのだめ。

千秋はもっともっと広い世界へ飛び立たなくていけない。

「千秋先輩の傍にいたい」

その思いは純粋でも、千秋の未来を阻んでしまってはそれは子供っぽいエゴになってしまう。

ねんねののだめも、それに気付いた。

「自分の望みよりも相手のことを思い遣る」それが大人への足がかり。

傍にいたい・・・そう願うなら今度は自分の足で先に進んで行こうね・・・・のだめ。

大丈夫、きっときっと出来るからね。

*****

「今日は先輩にプレゼントがあるんです」

それは、のだめが千秋に送った最高の贈り物だった。

のだめの催眠術でひも解かれていく千秋の過去。

12歳の時に遭遇した飛行機の胴体着陸事故で亡くなった人が一人だけいたのだ。

「音楽好きのおじいさん。ビエラ先生のコンサートのパンフレットを持っていた。奥さんにまた来年も行こうって・・・」

自分の先生のファンだという音楽好きのおじいさんがおばあさんに音楽のことを語る仲睦まじい様子を見て少年だった千秋は本当に誇らしく嬉しかったに違いない。

たとえ言葉を交わさなくても、「音楽で繋がっている」そのこともとても嬉しかったはずだ。(私の場合は「プロレスで繋がっている」見知らぬ、プロレス者ってことになるのか???・・・・・ん~、でも確かに嬉しいかも)

なのに悲劇は起こってしまった

千秋の目の前を転がっていくおじいさんの薬の瓶・・・・・

「取ることが出来なかった・・・僕だけが知っていたのに・・・・」

・・・また行こう ウィーンへ 二人で一緒に・・・

おじいさんがおばあさんと交わした叶えることの出来なかった約束。

その言葉が、事故が起きる直前までのおじいさんの楽しそうな姿が、手を伸ばしても届かなかった薬の瓶が・・・

千秋のまだ幼い心を押しつぶしたのだ。

自分のせいだと・・・・

涙を流す千秋にのだめが優しく語り掛ける。

「先輩のせいじゃないですよ・・・・もう、いいんですよ・・・大丈夫・・・・」

誰にもどうすることも出来なかったことなのに、その自責の念は千秋の心からその時の記憶を失わせるほど辛いものだった。

心の深いところにいつまでも刺さっている自分では抜くことの出来ない棘。

だから、誰かに言って欲しかった

「あなたのせいじゃない」と「大丈夫だから」と

催眠術から目覚めた千秋の前にもう、のだめはいない

「神様が呼んでいるから行かなきゃ」

選ばれたほんの一握りの人間だけに手を差し伸べる芸術の神。

その神様が千秋をのだめを呼んでいる。きっと。

悲劇から希望と救済へ・・・謳え、歓喜の歌を

あの空を飛んで、もっともっと広い世界へ

*****

ハリセンの家でコンクールの特訓合宿を行なうのだめ。

一位をとるつもりののだめに空いた口が塞がらないハリセンだけど、のだめは本気だ。

千秋の傍にいたいなら、ちゃんと同じ舞台に立たなくてはいけないからね。

そんなのだめの様子を北海道土産を背負って、心配そうに覗き見ている千秋。(のだめの睡眠術のせいとは言え、いくらなんでも買いすぎだろう??)

「無茶だ、あいつはコンクール向きの奏者じゃない」

コンクールは楽譜に忠実に弾かなくてはならないからね。どんなに素晴らしくても即興の演奏はNGだから。

でも、前とは違う。

千秋のお母さんの携帯に写ったのだめの顔は浮かない表情だったけど、勇気を出して歩き始めたんだから。

*****

「再演?!」

ライジング・スター・オーケストラの評判は上々で再演の声がかかっている。

「結構、儲かっちゃったからね、やらなきゃ」

って商売上手だな峰パパ。

いっそのこと、千秋や清良や菊池くんのブロマイドも売ったらどうだろう?写真集とかさ。(鏡夜センパイみたいに)

喜ぶ峰にチョット複雑そうな清良。

黒木くん(以前も思ったけど、黒木くんの家って純和風だよね、武士だから?)も菊池くんも再演には異議の無い様子。

・・・・それにしても、菊池くんだよ。

3つ又かけた女の子達の修羅場の真ん中で、よくまぁ平然としてられるな。いっそ清々しいくらいだよ(←勿論、嫌味で言ってるんですよ)。

それ、「会議中」じゃなくて「協議中」なんじゃないか?

こーゆー男子はサッサと見限る割り切って付き合うしかないと思うけどね。

私はこんなタイプの男性に固執する気持ちが分からないから、こんな男のために女同士で喧嘩するのって不毛で時間の無駄だと思うけど。

まっ、いいか。

|

« グロッキー(あっ、死語かな?) | Main | 父のくれた工具 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79912/15303802

Listed below are links to weblogs that reference のだめカンタービレLesson19:

» アニメ・のだめカンタービレ〜第19話・千秋のトラウマ! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
アニメ・のだめカンタービレですが、いよいよ大詰めといった感じです。千秋は音楽的才能があっても飛行機に乗れない為留学できないのですが、その理由もやっと分かるわけです。R☆Sオーケストラは盛況の内に終りますが、何故かのだめは一人客席で落ち込みます。(アニメ・のだめカンタービレ、第19話感想、以下に続きます)... [Read More]

Tracked on June 09, 2007 at 12:29 AM

« グロッキー(あっ、死語かな?) | Main | 父のくれた工具 »