« 私をハンズに連れてって♪ 嫌じゃ! | Main | ジョーンズさんに怒っても貰わないと »

我慢は程ほどに

入院していた時に、とても厳しいと評判の婦長さんに

「あなたは本当に我慢強い」

と誉められたことがあります。

母にいつも

「この根性無し!!」

と怒られてばかりいたので、自分が我慢強いなどと思ったことはありません。

が、一度だけ我慢も程ほどにしなくちゃねと思ったことはあります。

何年か前にポリープが出来て血液が3分の1減った時です。

この時はつくづく

「人間って血液が無くなったら死ぬんだ」

と実感しました。(あたり前だ)

まず、目が霞む、歩けない(数メートルの距離歩くだけで動悸、息切れ、眩暈がする)、耳鳴りが止まない、頭が割れるように痛い、食べ物を食べても臓器が正常に動かず受け付けない・・・・

この状態で一週間過ごしました。(あまつさえ、ラッシュアワーを避けて仕事にも行っていた)

その時、私は「みんなこのくらいの具合の悪さは我慢してるんだろうなぁ~、騒いではみっともない」などと考えていました。(頭の働きもおかしくなっていたのか???)

ポリープを切除した日に担当医に(かなり大きなポリープだったので一週間の間、壊死させてから切った)、

「出血が酷くて貧血気味(っていうか極度の貧血だった)なので、血液検査をして増血剤を下さい」

と訴えただけでした。

と、威圧的な担当医は「そんなものは必要ない」と言い怒りました。

彼は私がポリープを見て脳貧血を起こして気分が悪いのだと思っていたようです。(ポリープ如きを見て気分が悪くなるようなヤワな神経はしていませんが)

「ん~、やっぱりこのくらい我慢するべきことなのか~」

などと思いスゴスゴと待合室に戻ると、たまたま遊びに来ていて付き添ってくれていた母が激怒しました。

母は担当医になにがなんでも血液検査するように直談判しました。

結果、血液が3分の1無くなっていたことが判明。

これには威圧的だった医者も顔色を失いました。

死ぬところだの、入院して輸血しろだの言ってきましたがとりあえず増血剤を打つことに。

処理室の看護士さんには

「よく歩けるわね・・・大丈夫?」

と驚かれたり、

「顔が黄色い黄色い」

と言われ

「黄色人種ですから」

と答えると、

「あまり血を失うと白いのを通り越して黄色くなるのよ!!」

と怒られたり(黄疸ですか???)、

「体全体がこんなに冷たくなって・・・」(死体??)と手で擦って暖めてくれたりしました。

担当医にはウンザリでしたが看護士さんはとても親切でした

結局、10日程毎日増血剤を打つことになりました。

この間、息をするのも辛かったので寝る前に

「明日の朝、目が覚めないかもな」

などと思っていたことも事実です。

まぁ、我慢は程ほどに主張するべき事はしなくてはいけませんね。

こんな馬鹿、そうそういないでしょうけど。

|

« 私をハンズに連れてって♪ 嫌じゃ! | Main | ジョーンズさんに怒っても貰わないと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79912/16266353

Listed below are links to weblogs that reference 我慢は程ほどに:

« 私をハンズに連れてって♪ 嫌じゃ! | Main | ジョーンズさんに怒っても貰わないと »