« 辞任した日が誕生日 | Main | 絶望してても仕方が無いので »

下北沢でお芝居を見た・・・が、結局なぜか「ズバット」の話に・・・

先週の金曜日、知人夫妻と下北沢でお芝居を見ました。

動物電気の「先輩へのあこがれ」です。

面白かったですね。

ゲラゲラ笑ってしまいました。

まぁ、相変わらずまた舞台で全裸になっていたけど・・・・・

「なんで全裸を見なくちゃいけないのかなぁ~」

男女を問わず全裸を見るのは嫌いなんで・・・・まぁ、上はシャツ下・はビキニ風パンツ姿も嫌ですね。

脱がなくて結構

全裸はともかく面白かったです。

お芝居の後は、知人夫妻と食事をしました。

旦那さんのほうは、「怪傑ズパット」の大ファンなので自然と話題はズバットの話に・・・・

私はその手の話はお付き合いできますが、奥さんはドン引きでした。

まぁ、旦那さんが奥さんのご両親にズバットのビデオを見せていたことがあるらしいので、これは自然な反応かも・・・

私だってダンナが自分の両親にズバットのビデオを見せてあまつさえ熱くズバットについて語られたら困りますしね。

それにしても、面白い旦那さんです。

「怪傑ズバット DVDメモリアルボックス」を今度貸してくれることになりました。

それはあのズバットの「珍妙な対決場面」を抜き出した優れモノらしいです。

ということはあの思わず絶叫しそうになった、「大工対決」が再び見れるということでしょうか?

結構、楽しみだ。

ちなみに、「大工対決」とは、ズバットこと早川健(私立探偵らしい・・・でも、自分がいつもやっつけている暴力団とその用心棒が悪の組織ダッカーだと最終話直前まで知らなかったという間抜けな探偵である。こんな探偵に調査は依頼したくないものだ)と暴力団の用心棒“殺人カーペンター”が大工の腕を競うという奇天烈な対決である。

大体、なんで日本で二番目(日本で一番という称号は全て早川健のものらしい・・・勿論、早川本人の言葉によればだが)の凄腕の大工が暴力団の用心棒なんてしてるんだろう?おとなしく宮大工にでもやればいいものを・・・

この「大工対決」があまりにも凄くて、私は味噌汁をリバースしそうになったことが・・・

毎回、「早川健 VS 用心棒」があり最初の頃はまだマトモな対決だったが(ナイフ投げとか、早撃ちとか)、回を重ねるごとに珍妙な対決になっていった。大工とか、手品とか、バーテンとか・・・・(用心棒なんかやらないで、まっとうな仕事につけそうなものだが・・・)

この珍妙な対決も楽しみですが、あの変なOPが見れるというのもまた楽しみですね。

主題歌のタイトルが「地獄のズバット」ですからね。

子供番組でいきなり地獄ですか・・・・と引いてしまうけれどそれだけではありません。

毎回毎回、主題歌にあわせて流れる映像が

早川の親友・飛鳥が何者かに何発もの銃弾を受けて息絶えるといったシロモノなのです。

子供はトラウマになるんじゃないかな・・・・

地獄が見えたあの日から

オレの体を吹く風は

復讐の風~っ♪

ここまで包帯グルグルの飛鳥が何発もの銃弾を受けて倒れ、まさに息絶えるところに駆けつけた早川が抱きしめるところが映像として流れます。

「飛鳥ーーーっ!!」(早川の絶叫、見てるものは皆ここでともに「飛鳥ー!」と呟きましょう)

・・・とまぁ、こんな感じです。

OPだけでもかなりお腹いっぱいになる「怪傑ズバット」です。

そうそう、早川は基本的に「親友を殺害した犯人に復讐する」といった個人的な理由の為にズバットになっています。「正義の為」ではないんですね~。しかもこれ以上ないくらい自己顕示欲が強いヒーローだし。

まぁ、本当に色々と楽しませてくれる「怪傑ズバット」です。

結局、明かに奥さんがドン引きしているのを尻目に食事の間中「ズバット」について話続けることになってしまいました。

なんだか申し訳なかったです。

今度はもっとまともな話をしたいですね・・・・・。

|

« 辞任した日が誕生日 | Main | 絶望してても仕方が無いので »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79912/16475932

Listed below are links to weblogs that reference 下北沢でお芝居を見た・・・が、結局なぜか「ズバット」の話に・・・:

« 辞任した日が誕生日 | Main | 絶望してても仕方が無いので »