« September 2007 | Main | November 2007 »

意外と普段着だった

久々にランビエルの公式サイトを覗いたら日本語のサイトになっていました。

何週間か前に

「日本の皆さんにサプライズを用意してます!お楽しみに♪」

などと載っていたのはこれだったんですね。ナルホド。

彼のサイトは確か仏・英・独の3ヶ国語を選べることになっていましたので(独語じゃなくてオランダ語だったかな?)

仏語は辞書を引き引き読まなきゃいけないから面倒だし、

独語なんてもとよりからっきしなので今まで英語で読んでいました。

が、やっぱり日本語のほうが楽ですね。(←当たり前だってぇ~の)

で、ついでに久々にフィギュア関係の記事をネットでくぐってみたら

先日のイタリアでの豪華なショーの記事に行き当たりました。

あぁ、コストナー選手可愛いわ♪荒川さんも素敵だ♪と写真を見てウットリ。

そういや、ランビエル選手は今季のSPをフィギュアの常識を超える衣装で滑るとか言ってたので今回その問題の衣装を着ているはずです。

あの派手派手シマウマ衣装全身猫タイツ(山海塾かと思ったよ)謎のスケキヨマスク(いや、衣装は普通だったけど・・・思わずスケタケさんとかを探してしまったよ)だってある意味常識を超えているだろうと思ったけど

それ以上の衣装ってどんな衣装だろう???

と、すごく期待していたんですが

すっかり肩透かしをくらってしまいました

えっ??チョット変った普段着???

といったものだったので。

ガッカリ・・・・

まぁ、普段着だったらあんまりフィギュアの衣装って感じじゃないけど・・・でも・・・

普段着っぽいのだったら、あの選手もこの選手も着ていると思うけど・・・・

結構、残念に思ってしまいました。

トリノ・オリンピックのシーズンにあのシマウマ衣装を着ていた時は

正気ですか?!byケンコバ

と驚愕したものですが、この頃は普通の衣装だと物足りなくなっていますね。

慣れとは恐ろしいものです・・・・(いや、シマウマ衣装が素敵とは思っていませんが・・・)

ちなみにウチの母はシマウマ衣装を見て

「結構、いいじゃない♪でも、袖のところをもっと工夫しても良かったわね~」

などと言っていました・・・(アレを更に工夫するのか・・・どうやって??)

もしかしてランビエル選手と感性が同じなのか・・・・

だったら一緒にオウムの羽で飛んで行ってしまへっ!!

あっ、母の場合はUFOで飛ぶんでしたね~

| | Comments (0)

「キャラだから」という言い訳

「アレは彼(或いは彼女の)“キャラ”だから」

という言葉をよく耳にしますが、どうもむず痒い感じがします。

“キャラ”という言葉を使って実在しない分身を作り上げ責任を押して付けているような感じです。

もし、実際に「これが私の“キャラ”だから」なんて言い訳されたら

「でも、それは自分自身が作り出したものだろう?」

くらいは言いたくなります。(責任とるなり謝罪するなりしようよ!!)

自分自身を表現するために作り出した“キャラクター”なら、批評から逃れるためのもう一人の別人格といったような使い方をするのはどうかと思うけれど。

完成度の高い“キャラクター”を作り上げればそこには必然的に本人の素顔が浮き上がってくるものだと思います。

自分自身をクリエイトすることにこだわるなら、決して「“キャラ”なんだから」などと言った言い訳をしないほうがいい。

自分自身の価値を下げてしまうことになるでしょうから。

格好悪いよ。

でも、まぁ、なにより問題なのは本人よりも「“キャラ”だから」ということで、アッサリと片付けてしまう周囲の在り方でしょうけどね。

無責任は発言が多いなと思いますが如何なものでしょうか・・・・う~ん。

| | Comments (0)

ようするに通じればいいわけです

以前、派遣の仕事をしていた時にとある外資系の会社で仕事をしたことがあります。

色々なところで仕事をしてきましたが(現場事務というのもあった・・・)

そこはざっくばらんな雰囲気で私が派遣された職場ではかなり良い部類の会社でした。

外資系の会社ですから基本的に皆、英語が話せます。(私とか経理は別)

海外からの電話もよく掛かってきました。

ある日、アメリカの取引先からの電話を取ったので隣の部長に取り次ぎ私は自分の仕事を続けました。

と、なんだか隣の声が気になる・・・

部長は関西出身でコテコテの関西弁を使うのですが、なぜかこの時も

関西弁(というか大阪弁だった)を話しているように聞こえました

「??」

疑問に思った私は思わず仕事の手を休め聞き耳を立てました。

・・・・どう聞いてもイントネーションは大阪弁なんだけど・・・・

さらに集中して聞いてビックリ!

部長は大阪弁のイントネーションで英語を話していたのでした

・・・・ぎょえ~、なんて器用な・・・いやそれよりもアレで相手に通じているのか・・・・

気になった私がパーテションから顔を出して更に聞き耳を立てていると丁度、女性社員さんが私の後ろを通りかかりました

彼女は私の様子を見て全てを察したらしく

「あぁ、部長の英語でしょ?英語、関西弁なんだよね~。いつも。

「相手の方に通じてるんですか?」

「うん、不思議と通じてるみたいだよ。私には部長の英語、聞き辛いけどね。(彼女は帰国子女)いや~ノリかな?やっぱ。」

「はぁ~。(ノリで分かるのか・・・・)」

それから、海外の取引先からの電話を部長に取り次ぐと私の耳はダンボになりました。

部長の英語を聞くたびに

「関西弁のイントネーションだろうがなんだろうが英語って通じればいいんよな~。別にネイティブってわけじゃないんだしさ」

と思ったのでした。

面白かったですね~

*****

スケアメの女子フリーを見ました。

安藤選手、良かったですね。

ミスがあっても大きく崩れることが無くなってきましたね。

体のラインもキレイだ!!

まだ初戦なので充分な成績だと思います。

男子も面白かった。

私は小塚選手とパトリック・チャン選手の滑りも好きなので凄く楽しめました。正統派って感じで。(小塚選手、ジャンプがんばって欲しいですね)

前はハラハラして見ていた高橋選手も安心して見れるようになってきて嬉しいですね。

安藤選手も高橋選手も自信がついてきたのかな。

それにしても、キミー・マイズナー選手は可愛い♪(滑りも上品だしね)

| | Comments (0)

台風一過

で、今日は良いお天気でしたね。

布団も干したし、衣替えもしたし、掃除もしたし

幸せだ!(特に布団干しね♪今日はふかふかお布団で寝れる♪)

Abh_003 ご飯もすすむぞっ!!

食欲万歳!!

でもって丸藤&杉浦組も昨日、GHCヘビー・タッグのベルトを獲ったとのこと♪

めでたいです!!

小橋選手も元気な姿を会場で見せてくれたらしいし、これまためでたい!

残念なのは武道館でライブで見れなかったことですね・・・・(泣)

そういえば金丸くんもGHCジュニアのベルトを獲ったそうで、これも嬉しい♪

彼は地味だけど本当に良いレスラーで実に上手い選手なんで好きなんですよね。

杉浦さんとタッグ組んでた時も見てて楽しかったな~。

彼のムーンサルトは本当に美しく素晴らしい

これは是非ライブで見ていただきたいですね。(びっくりするよ!!)

以前、ディック東郷さんと丸藤が試合をした時にあまりにプロレスが上手くて感動したんですが

金丸くんとディックさんの試合も見てみたいですね。

*****

いよいよGPシリーズも開幕しましたね。

いや~、高橋選手のSPは凄く良かったですね。

クリーンに滑れたし、よく踊れてるな~とビックリ。

南里選手も良かったですね。

思ったより点数が出なかったので残念。

小塚選手の3Aがとても良かったので、残念でした。

次、がんばっていただきたいですね。

カナダのチャン選手はすっかり大人っぽくなりましたね~。

一年見ないとかなり大人になりますね。

滑りも綺麗で凄く良かった。(品があるんですよね~、滑りに)

ライサチェック選手、また黒か・・・・じゃなくて

「ゾロ」は格好良かったです。

あの身長と手足の長さでバランスをとるのはかなり難しいと思うけど

やっぱり滑っていると迫力があっていいですね。

スタイルがいいから、キャンデロロが演じた「ダルタニャン」の衣装みたいなのも似合うと思うけど。

黒じゃなくてね。

今日の夜はスケアメ、男子フリーと女子SPが放送されるので楽しみ♪

昨日はBSで録ったんですが全員放送してくれて嬉しかったです。

解説もアナも良かったし。

心穏やかに見れましたね。(いつもこうだと嬉しいけど)

地上波ではこうはいかないかも・・・・・(TV欄を見て不安がよぎる・・・・)

やっぱりBSで録ろう・・・・

でも、ロシア・フランス・中国の放送はあるんだろうか・・・・不安。

今回もペアもダンスがなかったしな~

多分、放送しないでしょうね。(諦めてますよ、私は)

やっぱり○HKで放映してほしいですね。

さて、明日も仕事がんばろう!

布団もふかふかだし♪

| | Comments (0)

やりたい事は数あれど・・・・

昨日はチョット途中下車をしてあるデパートに行きました。

実はそのデパートにはあまり行きたくはないんですが

私の欲しいモノがあってしかも途中下車できるお店はそのデパートだけなので。

「嫌だな~、あんまり行きたくないな~」

と思ってもモノが無くなってしまったらそのデパートに行くのが一番近い。

それ以外だと渋谷、銀座になってしまうし・・・

しかもお店が駅から遠い・・・

で、そのデパートに久々に行ったんですが

やっぱりどうにも私には居心地が悪い・・・

いや、デパートになにか問題があるわけではないです。

凄く素敵な素晴らしいデパートなんですよ。

が、どうにも私には買い物し難い・・・・あぁ・・・

でも、せっかく(苦手なのを我慢して)来たのだからと思いデパ地下で

「アトリエ・ド・フロマージュ」の「飲むヨーグルト(加糖)」を買いました。(無糖もあるよ!)

Abh_006

これは凄く美味しい!!

とは言うものの滅多と買わないんですけどね・・・2年に1回くらいか・・・

これを飲むと

「贅沢したな~♪」

って思いますね。

さて、苦手なデパートに行ったせいか昨日はヘロヘロに疲れてしまいPCを開く元気もありませんでした。(いくらなんでも疲れすぎだろう!!)

もしかしたら銀座のお店に行くほうが疲れないのかも・・・・

ま、でもヨーグルトが美味しかったからいいや♪

あっ、明日は武道館で丸藤&杉浦さんタッグでタイトルマッチですね~。

あぁ~、行きたかったな・・・・・・・(泣)

あと、「花田少年史」のレビューもしたいんですよね。

私は本当にこの作品が好きなので。

「のだめ」が終わってからはアニメのレビューをしていないので丁度いいといえばいいんですが

何度も見てるとはいえレビューする場合はまた「花田少年史」を見なくちゃいけないし・・・

見るのは楽しいからいいけど

「チョット時間がなぁ~」

と思うのもまた事実。

やりたい事は数あれど・・・・ね

| | Comments (0)

信じられないことばかり言うの~もしかしたらもしかしたらそうなのかしら♪

ガリバーのCMを見るたびに母を思い出します。(あんまり思い出したくないけど・・・・)

母は凄くUFOが好きです

今はまぁ一時期よりはマシになりましたが・・・・。

私が子供の頃は「水曜スペシャル」だかなんだかでよく

「矢追純一が追う!!これがUFOの陰謀だっ!!」

だの

「緊急追跡!NASAと宇宙人との密約!!」

みたいな特番がありました。

この手の特番がある日は朝から母はそわそわして

「今日はUFOを見るんだから早くご飯を食べるのよっ!!」

と宣言する始末。

勿論、UFO特番が始まる前に食事を終え(「早く食べろ!」と急かされた・・・)皿洗いも済ませ

なぜか家族でTVの前にスタンバイすることに・・・(母に強制された・・・・ひとりで見ればいいのに)

「矢追さんはね、UFOの研究をするために日テレを辞めたのよ」

と我々に説明したり(何情報??母情報??)

番組の中で

「時々、地球人が宇宙人にさらわれ『宇宙人の花嫁』にされたりするのだっ!!」

とTVでナレーションが流れると

「素敵!私も花嫁になりたい!!」

などと言って

目をらんらんと輝かせるのでした。

結構、本気っぽいところが怖かったですね。

勿論、「Xファイル」の放送が始まったらすぐさまハマりました。

そのうえ、どうでもいいけど主題歌を歌っていたBzにもハマりました。(母は面食いなので稲葉氏が気に入ったらしい・・・)

正直、そんな母を見ていると

「本当にこの人は宇宙人にインプラントされたんじゃないのか?」

とか

「あぁ、いっそ宇宙人の嫁になってしまえ!!」(←無責任)

などとコッソリ思ったものでした。(さすがに口には出せない・・・怖いから・・・)

先日、母が家に遊びに来た時に

「相変わらずUFO好きなの?」

と訊ねたところ

「以前よりはロマンを感じないね~。でも、宇宙には行ってみたい!」

と言っていました。

あの歳でまだUFOに乗りたいのか・・・・元気だな・・・・

こんな母はよく私に

「お母さんさぁ、みんなに『おもしろい』とか言われたり『可笑しい』って言われたりして、笑われるんだけどバカにされてるのかしら?お母さん、自分のこと凄く平凡でつまらない人間だと思うけど・・・

と相談してきます。しかも本気で・・・・

・・・・・自覚が無いってのは恐ろしいものだなと思いました。

やっぱ宇宙人かも・・・・

ちなみに

「矢追さんをまだ信じてるの?」

と訊ねたところ

「信じるもなにも・・・(笑)。でも、UFOはロマンよね~」

と言っていました。

※恐ろしいことに実話です(笑)。本当にUFO好きなんだなって思いますけどね。う~む。

| | Comments (0)

一瞬、我が目を疑う

京都下宿シリーズです。

*****

今日のような秋晴れのある日。

いつものようにバイトを終えて、下宿に戻ろうとしていました。

「今日も男性下着売り場担当だったよ・・・・。明日こそ婦人洋品か婦人下着売り場を担当したいな。」

と思いながら(男性下着ばかりまかされてゲンナリだった)自転車に乗っていました。

私がバイトしていた洋品店は商店街の中のお店のひとつだったのですが

その商店街の端っこにはお肉屋さんがありました。

私は道を挟んだ向かい側のお肉屋さんに目線をやりいつものように通り過ぎようとしました。

「あれ?お肉屋さんの店先に大きな犬が2頭いる・・・犬っていつもいたっけ?」

目の端に止まったのは、店先にいる大きな茶色と黒の毛むくじゃらの生き物

「ゴールデン?ニューファンドランド?・・・・・犬???」

すでに道の向こう側にあるお肉屋さんから10メートル近く先に進んでいましたが何か気になる。

私は自転車を止めお肉屋さんの店先をマジマジと眺めました。

「犬??・・・・・犬・・・・じゃない?!」

よく見るとそれは犬ではなく

イノシシとツキノワグマでした。

「!!」

勿論、生きたイノシシとクマではありません。

しっかりお腹を裂いて内臓を取り出していました。

・・・商品だったんだ・・・

ちょっと近寄って覗き込んでみたくなりましたが大切な商品でしょうから、やめました。

「きっと料亭とかに出すんだろうな~」

などと思いつつ何度か振り返り、恐怖の下宿へ戻りました。

さて、次の日

そのお肉屋さんの横を通った時、すでにクマもイノシシもいませんでしたがお店には貼り紙がしてあって

「クマ肉、イノシシ肉、シカ肉 入荷しました!」

と書かれていました。

「昨日はシカはいなかったな~」

などと思いました。

| | Comments (0)

嬉しいな~

なかなか良い季節になってきたので、チョットお出かけしようかな?

などと思っています。

先ず、サントリー美術館で公開される

「鳥獣戯画」を見に行く予定です。

これは友人と約束をしているのでほぼ確定ですね。

ついでに晩御飯も食べます♪(肉を食べたい・・・・)

鳥獣戯画のTシャツはウチにありますよ。

本物見るの楽しみですよ~♪

兎、蛙に耳噛まれて楽しそうだよ~♪

昔、画集を眺めながら

「本物を見る機会なんて無いんだろうな~」

とボーっと考えていたことを思えば夢のようですね。

嬉しい

夢のようと言えば

とても恥ずかしい話ですが以前、フランス旅行に行った時にオルセー美術館でとても感動して涙ぐんでしまったことがあります。(ギャー、恥ずかしい)

オルセーに入ってまず目にしたクールベの絵の前と特別展示室のマネの絵の前でチョット。

海外に行くことも、まして本物の名画に囲まれることがあるなんて(しかもゆっくり見ることが出来るなんて)一生ないんじゃないかな?などと思っていたので本当に嬉しかったですね。

クールベの絵を見たときは「あぁ、本当にオルセーに来れたんだ」と思って感無量。

マネの絵に囲まれたときは、ゆっくりと見れる上にマネの黒の美しさに感無量。

どんだけ感動したんでしょうね~。

もっと恥ずかしいのはクールベの時もマネの時もコッソリ目頭を押さえてるところを白人のオバちゃんに目撃され、「まぁ~うふふ♪」と笑顔で頷かれたことですね。(両方とも違うオバちゃんだった)

そういえばフランスではオジちゃんとオバちゃんには優しくされた覚えが・・・・若い男の人には全然だったけど(笑)

それはともかく

若冲も応挙も光琳もオルセーもナンシー派美術館も印刷物やテレビで見ることはあっても本物を見る事はないんじゃないかな?とずっと心の隅で思っていたから、本物を見れるといつも鳥肌が立つくらい嬉しいものです。(フィギュアスケートなどもそう)

夢みたいだなと思いますね。幸せだ。

もしかしたら他に幾つかある望みも叶う日がくるかもしれませんね。もしかしたら。

それから、これも絶対に行くつもりなんですがワタリウム美術館の「クマグスの森展」も楽しみです。

南方熊楠の曼荼羅が見れるみたいですね~。

熊楠は10年以上前の「別冊:太陽」で特集をやっていたんですが、あまりに面白かったので太陽を買いました。今も大切に持っています。

彼の精力的な研究や破天荒な行動力をチョットだけ垣間見ても本当に

てんぎゃん(天狗のこと)だな

と思いますね。

熊楠の仕事をワタリウム美術館で見れるなんて嬉しいです。

なんだか幸せです。(今年はフィギュアも生でみれたしな~。嘘みたいだ・・・・)

ありがたいことです。本当に。

| | Comments (0)

寝れないんだよ、俺たちもうバスで寝れないんだよ!(「水曜どうでしょう」より)

鏡を見て思ってしまうのは

「やっぱり、北海道の星(←大泉洋)だなぁ~」

ですね。

いや、悪くはないんですよ、この髪型。

しかし、どーみてもやっぱり北海道の星。

「それ魅力♪」とか「この駄目人間っ!!」とか「僕のねぇ~、子猫ちゃんたちが満足しないよ~」などの名台詞(「水曜どうでしょう」の)を吐いても違和感がありませんね。

髪型だけでなくスープカレーを愛しているところも一緒かも。

あぁ、でも私のは自家製:汁カレーですね。でも、ルーはサラサラさ!

Abh_001 というわけで「本日の汁カレー」

でも、これは一週間前のお昼。

本当はカレイの煮つけがおかずでした。(あー、肉食べたい・・・・)

ちょっと前まで体調があまり良くなかったため、暫くプールを休んでいましたが先週から通っています。

そのうえ、プールに行き始めてから、ヨガ(といってもストレッチといったほうがいいかも)を止めていたんですが、体が硬くなってしまったため、こちらも再開しました。

サボるとすぐに体に出ますね~。

でもって、ヨガをしたら効果テキメンでした。

肩から背中の鈍痛が消えました。

人間、持っている機能をちゃんと使わないといけませんね~。

いや、ホントに。

あぁ、でも若い頃は深夜バスに耐えれたけど、今は筋トレしても無理でしょうね・・・・。

長時間の飛行機も辛い。

フランス旅行の時に乗ったら、目が覚めたら「ご飯」の繰り返して「もう、目が覚めてもご飯はいらん!!」と思ってしまった・・・。家畜の気持ちが分かりましたよ。

ファーストクラスは違うんでしょうけどね~。

| | Comments (0)

清水宏

清水宏の映画は2本しかみたことがない。

「按摩と女」と「簪」の2本。

この映画は当時住んでいた京都のレンタルビデオで借りて見た。

すっかりこの2本が気に入ったので、他にもないかと探したけれど残念ながら一本も無かった。

成瀬、小津、溝口などはかなり揃っていたけれど。

どちらの作品も他愛のない話なのだが、アッサリとした可笑さがあり情感があり、ほんのりとやさしく、そのくせ見終わった後はしんみりとさせない爽やかさがある。

以前にもブログに書いたと思うが「お天道様には恥ずかしくないように・・・」という言葉は清水宏の映画の台詞にあり、最近はあまり使われなくなった言葉だけれどとても温かな良い表現なので、いつも好んで使わせて頂いている。

清水宏の映画を見ていると、小さく「クスッ」と笑ってしまい、そういったところがどことなくアキ・カウリスマキの映画(とっても好きな監督♪)と同質のもののような気がするが、やはり違う。

こういった映画は海外の監督ではきっと撮れない。

清水宏の映画はとても粋で洒脱なものだ。

絵で例えると「仙厓の描いた絵」に似ている。(実は仙厓さんの絵を初めて見たとき「あっ、清水宏だ」と思った)

こんな映画は今は撮れないだろう。

彼の映画は戦前の日本の情感みたいなものが漂っている。

もっと清水宏の映画を見てみたいと今も思っているのだけれど。

*****

ちなみに以前、職場で「清水宏の『按摩と女』って凄くいい映画ですよ~」と話していたら上司が「AV??」と聞き返してきました・・・・

ま、確かに「AV」みたいなタイトルですけどね。でも、

全然、違うって!!

| | Comments (0)

ちょっとな~

昨日、週刊プロレスを読みながらケーブルで新日本プロレスの放送を見てると

なんと「金本VS杉浦」が放送されました。

慌てて録画。

「ふぅ、なんとか間に合ったか。この試合見たかったんだよね~。

確か秋山さんがG1に出た頃だな。

やっぱり杉浦さんチョビッと若いな。お腹も引っ込んでる。」

と思いつつ、すぐさまTVの前に陣取り正座をして見ました。

もし、私に尻尾がついていたら尻尾は左右に激しく揺れていたことでしょう。

なかなか良い試合で非常に満足しました。

録画も出来たし。

やっぱり金本のアニキが動けるうちに一度、KENTAと試合をして欲しいですね。新日とNOAHは交流を断っているから無理だろうけど・・・でも、是非見たいですね。

ここで寝床に入れば

「杉浦さん、格好いいな♪」(私には杉浦さんが格好よく見えるけど他の人にはそう見えないらしい・・・)

とたいへん幸せな気持ちで眠れたでしょう。

が、再び週プロを開いた私の目に飛び込んできたのは

「10月27日 GHCタッグに丸藤・杉浦組が挑戦!」

という文字。

おぉっ!来たっ!ヤッター!!

んっ??10月27日・・・って用事があるじゃないか!!

うわぁん~!!どうしたって行けないよ~!その日は・・・・

チョット、チョットあまりにも急ですよ~。

行きたいんですよ~、でも無理。ちっ・・・・

非常に哀しい気持ちで寝床に入りました。

うぅ、本当に哀しい。

こうなったら11月11日の新日に行っちゃおうかな・・・

棚橋が持っているIWGP(池袋ウェストゲートパークじゃないよ)に後藤が挑戦するから・・・

あぁ、でもやっぱり杉浦さんが見たいです!(丸藤がパートナーだしな・・・・)

非常に悲しいですね。

うぅっ。

| | Comments (0)

かなり強烈に和洋折衷

月曜の夕飯はポトフでした。

Abg_005_2

Abg_006

ポトフの時はパンを食べるんですが、翌日はお弁当を作るので玄米。

・・・・微妙に合わない・・・・

火曜の夕飯はカツオのたたきでした。

しかし、昨日のポトフが残っている。

仕方ないので、ポトフ&カツオのたたき&白米。

・・・・微妙どころか全然、合わない・・・・

仕方ないので、先にポトフを食べてそれからおもむろに白米(新米だ!)とカツオのたたきを食べました。

う~ん、次はちゃんとした和食を作ろう・・・

ちょっと切ない・・・・

なんだかな~

| | Comments (0)

ペリーヌ物語と赤毛のアン

最近、前田真宏氏のブログを時々覗きに行くのですが

今回の「ペリーヌ物語」の話に頷いてしまいました。

よく分かる気がします。

本当に。

さて、同じ「世界名作劇場」で数年前見てとても感心したのが

「赤毛のアン」

でした。

リアルタイム見たときよりもこの年齢になってから見るほうが面白かったですね。

風変わりで乙女チックなアンに昔は「?」という感じだったのですが

今は完全にマシュウ、マリラの目線で見るので

アンのことは「面白い子だな」と思えるし、アンが立派に成長していく様を見るのも楽しい。

後半のお話になると本当に泣かされっぱなしでした、

恥ずかしいけど・・・・。

マシュウもですが、感情表現が下手で無愛想なマリラがどんなに愛情深い人か分かるし(分別もある人だけど)

二人がどんなにアンを愛しく大切に思っているか痛いほどよくわかるので。

それから私がこのお話で好きなところは

アンは孤児でマシュウとマリラのところへ貰われていったけれど、ちゃんと「アン・シャーリー」として一人のひととして扱われていること、孤児であっても本人もまったく堂々としているところでした。(これは子供の時に本を読んだ時もそう思った)

というのも今はそんなことは無いでしょうが、私が小学生の頃はまぁチョットした偏見みたいなものがありまして

私が結構ひどいイジメにあっていたため、母は保護者会の時に担任に相談したんですが(イジメっ子の保護者の前でその話をしたら、親御さん達が子供に注意するかもと期待していたらしい)その時

「お父さんが本当の(血の繋がった)お父さんじゃないから(いじめられるような)変な子に見えるのかもしれませんね」

と言われたそうです。

まぁ、私が変な子だったとしても「イジメ」というものは絶対許してはいけない行為だと思いますし、担任の発言自体どうかと思いますね。大体、その頃も(今も)父と私の関係は良好なんですから。(どちらかというと揉めたのは母との関係だったし)そんなことも知らないのに随分と勝手なことを言ったものだと呆れます。

これこそ馬鹿げた偏見ですね。

そんな事などがあったので、アンを取り巻く大人たちや環境が非常に好ましく見え

ちゃんとした教育と周囲の大人たちの良識があれば

子供は健全で強い人間に育つ

そう、思えたました。

ひとは現実に向き合い、お天道様に恥ずかしくない生き方をしなくちゃいけない。

ペリーヌを見てもアン見てもそう感じるのでした。

「ペリーヌ物語」も「赤毛のアン」も・・・・とても素晴らしかったなと思います。

| | Comments (0)

チャット初体験など

先週の金曜の夜にチャットを初体験しました。

本当にドキドキしましたね・・・・。

主催者の方のお人柄を反映してとても和やかな雰囲気で素敵でした。

ただ申し訳ないことに初めてチャットに参加したせいか

要領が分からず色々と失礼な事をしでかしてしまったのではないかと不安です。

私自身は会話に参加するより、皆さんのやりとりを見てるのが楽しくて仕方なかったですね。

そのくらい雰囲気が良かったんですよ♪

今思うと参加させていただくより、皆さんのやりとりを拝見してるだけのほうが良かったのかもしれませんが、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

ありがとうございます。

*****

この週末の食事は漬け丼、イワシの照り焼き丼。

って、相変わらずの魚三昧でした。

Abh_003 あぁ、肉が食べたいな。肉が。

健康の為には魚がいいんでしょうけどね~。

それにしても器が相変わらずボロいですね。

どんなモノでもそうなんですけど、本格的に壊れないと新しい物を買う気がしないんです。

長く使ってる物ってボロくても愛着が湧いてしまって。

アヒルさんマグカップも20年以上使ってますね~。

*****

土曜の夜のワープロを見てやっぱり

後藤は本当に良い!

と思いました。

久々に新日に新しい風が吹きそうな予感が・・・

頼むから予感で終わらせないで欲しいですね・・・今度こそ・・・

というわけで、来週のワープロは

天山 VS 後藤

を放送するみたいです。

楽しみ♪

でも、天山さんはすっかり若手の踏み台みたいになっちゃったな・・・・それはそれで悲しい。

*****

先週、見れなかった日米対抗フィギュアも見ました。

シーズンが始まったばかりだから、まぁこんな感じかな。

でも、なかなか面白かったですね。

水津選手の滑りは以前に見たよりずっと素敵でした。

今シーズンは良い結果が残せるといいですね。

今回はエキシビションのほうが楽しく見れました。

私は浅田選手の「別れの曲」で滑るプログラムが大好きです。

衣装も凄く素敵だし♪

モリコロで見たときからずっとまた見たいと思っていたから嬉しかったですね。

あと、長洲未来選手!!

コンペはチョット残念だったけど、エキシでは彼女の持つ魅力が出ていたと思います。

転んでも魅力的でした。

彼女を生で見たとき鳥肌が立ったことを思い出しました。

キャロライン・ジャン選手も素敵でしたね。

あのパールスピンは凄い!!

そろそろグランプリ・シリーズも始まるのでとても楽しみです。

プロレスにフィギュアに・・・・色々と楽しみが・・・・へへへ♪

| | Comments (0)

バタバタ木曜日(ってもう金曜か・・・)

本日は仕事が終わってから銀座へ行きました。

画家の飯沼さんの個展の案内を頂いたので♪

色々とお話が出来て楽しかったですね。

その足でいつもの美容院へ。

くるくるパーマにしたのはいいけど、今かなり髪が伸びてきて

大泉洋

みたいになったので切ってきました。

あぁ、スッキリ。

で、小腹が空いたので美容院の近くにあるパンケーキのお店でパンケーキを食べました。

美味しかった~♪

そして帰宅してから夕飯も、きっちり完食。

食べすぎだってぇ~の。

明日は体脂肪率が上がるか??

*****

それはさておき

ようやく録画していたワープロを見ました。

いいねぇ~、後藤!

パワーもあるし、ワイルドだし、雰囲気もあるし、マイクアピールも悪くない!

邪道さん達にからかわれたり、トンパチな発言をしていたのに・・・・

こんなに立派になるなんて・・・

勝利した後、バサバサに髪を振り乱しコーナーに上がってアピールする後藤を見て

色気が出てきたな~

などと思う日が来るなんて・・・・嘘みたいだ・・・・

中邑、棚橋が抜かれる日も近いかもしれませんね。

いやはや楽しみで仕方ないです。

あと、前々から思っていたんですが新日の金本さんとNOAHのKENTAのシングルを見たいですね。

絶対、手が合うと思うし面白い良い試合になると思います。

ガムシャラに突っ掛かっていくKENTAとそれを受けて嬉しそうにニヤリとする金本のアニキの姿が目に浮かぶ。

アニキがKENTAに「顔面ウォッシュ」なんてしたらきっと女の子の悲鳴があがるに違いありませんね。(結婚しても相変わらず黄色い声援を貰っているKENTAのことだからね)

想像しただけで

燃える!!

本当に見たいカードですね。

金本さんが元気なうちに是非、見たい。

それから、GHCヘビー級タッグのリーグ戦に丸藤&杉浦組が入っていないので

丸藤と杉浦さんは不満のようですがハッキリ言って

私も大不満ですよー!

大体あのリーグ戦のメンバーの中に丸藤&杉浦組が入っていないのを見て

「正気ですか?」(by ケンコバ)

と思いましたよ!!

納得いかん!!なんてことでしょう!!

そうそう、小橋さんの復帰も決まったようですね。

良かった。

お医者さんからOKが出たのでしょうけど、あまり無理しないでいただきたいものです。

くれぐれもね。

*****

今日は職場で同じ課の人に

「すいさん、『24』を見てよ!」

と強く勧められたので録画しています。

う~ん、正直言って「24」より「プリズンブレイク」のほうが好きなんですけどね。(脱獄モノは燃える!でも、もう脱獄しているのに「プリズンブレイク」のままなんだな・・・)

「その時間帯は『プリズンブレイク』見るんで、無理です」

と言ったんですが、帰り際も

「絶対見てよ!!」

と念を押されたので。

土日に見てみるつもりです。

なんだか、バタバタした一日でした。

金曜日の夜も忙しいかも・・・・へへへ。

そろそろ寝ます。

| | Comments (0)

堪忍袋の緒が切れる

前回の続きです

〈額に青筋が浮かぶ・・・そろそろ我慢の限界か・・・〉

かなり寮暮らしにもウンザリしてきた頃、いつも行っている銭湯が一日お休みだと知りました。

他に銭湯を知らないので、

「仕方ない、あの寮の恐ろしい風呂を使うしかない」

と思い、その日はバイトから戻るとすぐに寮の風呂を洗いました。

久々に風呂場に足を踏み入れると案の定

ピンクぬめりでズルズルしていました・・・・(実話ですよ、実話)

・・・よくこんな風呂に入れるよな・・・

と必死で大掃除し終えると、そのまま速攻で大学へ。

さて、帰宅してから風呂場を除くと

トンデモナイ事になっていました

どんな風にトンデモナイ事になっていたかは・・・・言えません。(思い出すと体が痒くなる)

それにしたって、6時間くらい前に掃除したのに

なんでこんな有様になっているんだ??!!

どこまで汚いのが平気なんだ!!??

と、呆れました。

その日は、風呂に入るのを断念しました。

う~~っ。

風呂だけ我慢すれば・・・・ここの寮は安いし・・・でも、嫌になっていました・・・・

辛い・・・・

〈決定打を打たれる・・・君も掃除を手伝いたまへっ!!・・・〉

京都という絶好の観光地に住んでいたので千葉の友人が泊まりにやってきました。

勿論、前もって

「風呂は銭湯」

と言っておきました。

千葉からやってきた友人その1を迎えに行ってそのまま二人で寮に足を踏み入れた時に廊下に

パンツ(女性の下着ね)

が落ちているのを目撃。

「パンツ・・・・」

と絶句する友人を尻目に

「あぁ、たまに落ちてるんだよね。なんで気がつかないんだろう。」

と言ってソレをつまみ、掲示板のところに引っ掛けておきました。

それまで何度かパンツが落ちていることがあったからです。

『友人その1の証言』

パンツをハンカチを拾うが如く拾っていた私の姿を見てシミジミと

「すいさん、一日も早くここを出たほうがいいよ。なんだか動作が自然だった・・・・

*****

友人その1が観光を終えて千葉に戻って暫くしてから友人その2が泊まりに来ました。

彼女は

「すいちゃんが汚い、汚いって言っていたから覚悟して来たけど結構きれいじゃん」

と暢気なことを言っていました。

・・・そりゃ~、私が掃除してるからな・・・

さて、土曜日の夜だったので二人で酒盛りに。(今はお酒は飲みませんが)

彼女は東ドイツに留学していた時の愚痴話をしていたんですが、「リアルあいのり」状態で結構面白い話でしたね。まぁそんな留学は嫌だけですけどね、私は。ドロドロしてて。閉鎖された空間での恋愛って嫌だな。(あっ、でも「あいのり」って見たことないや)

深夜、いい感じで酔っていた彼女がトイレに行くと言って部屋を出て行ったんですが、すっかり酔いのさめた状態で戻ってきて

「すいちゃん、トイレ、トイレ凄い!!」

とうわごとのように呟いています。

・・・酔いが醒めたような顔してるけどやっぱり酔っているのか・・・

と思い部屋のドアを開けてビックリ

廊下がトンデモナイことに・・・

「!!」

トンデモナイものを踏まぬようにしてトイレを覗くとやっぱりそこもトンデモナイことになっていました。(本当にどーしたらああなるんだろうか・・・)

呆然として部屋に戻ると友人その2はなんとまだ空けていなかったワインをコップに注ぎながら私の顔を見てゲラゲラ笑い

「見た?!見た?!ビックリだよね?酔いが醒めたから、飲む~!」

などとトボけた事を言うではないですか。(この酔っ払いめっ!!)

そして

「すいちゃん、アレどうする?」

と聞いてきました。

「どうするも、こうするもないだろう。掃除をする!」

と答えて、トンデモナイものを踏まないように、バケツだの色々と掃除道具一式を用意して掃除をしました。

私が掃除をしている間、友人その2は酒瓶片手にドアの間から様子を伺っていたようです。(時々、声を殺して笑っているのが聞こえてきた。手伝え!!)

掃除を終えて部屋に戻ると、友人その2はトイレに行きました。

「いや~、キレイ、キレイ♪」(←この酔っ払いめっ!!)

「おかげで私はすっかり酔いが醒めたよ」

「いや~、お怒りごもっとも。ま、シラフではいられまい」

『友人その2の証言』

翌日、二日酔いで痛む頭を抱えながら

「いや~、目が据わって表情の消えたすいちゃんを見たとき、あぁ珍しくマジで怒ってるな~と思ったよ。夜中の2時過ぎに無表情で淡々と掃除してる姿を見て、思わず酒がすすんだよ。笑った。それにしてもさ、東ドイツの下宿でカビだらけの冷蔵庫を見た以上の衝撃だったよ~」

*****

一連の出来事ですっかり凹んだ私は実家に電話(その頃は公衆電話だった)をして、これまでのいきさつを話しあの寮から出て行きたいと告げました。

母は

「あぁ、やっぱり。廊下でパンツが落ちてるの見て酷いなと思っていたから。ところで、お金は貯めた?」

「うん、来年の授業料のために貯めてるやつを引越し費用にしていいならね」

「授業料は出してあげるよ~。安いし。(実際、夜学なので授業料は安かった)私も

あんな汚い下宿だと京都に遊びにいけない

と思っていたしね~、いいよ」

・・・・結局、自分の都合か・・・・

とは言うものの、この不潔寮を出て穏やかに過ごせるようになると思うと少し心が晴れやかになりました。

今となっては昔の出来事になってしまった京都の秋の思い出です。

*****

〈私信〉

になになさん、ありがとうございます!

誉めていただいて恐縮です。

あまり健やかな人間ではないんですが、そうありたいとは思ってます。

一応・・・へへへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

堪忍袋の緒が切れかかる

恒例(?)の京都下宿シリーズです

引越し前の下見で目にした廊下に落ちていたパンツ(女子寮だったので勿論、女物のパンツだ)や

にっこり笑顔で押しの強い管理人さん(美しい女性)

当番になっても誰も一切掃除ををしないためズルズルになった風呂

暑さで溶ける壁の塗料

などに、びびってたじろいだ数ヶ月でしたが

風呂は取りあえず銭湯へ、自分の住むフロアーの水周りは取りあえずマメに掃除することによって私の寮生活もなんとかそれなりに快適になっていました。

が、そんな私を嘲笑うかのような出来事が・・・・・

*****

〈これは大した事では無いが・・・騒音は程ほどに・・・〉

ある晩、ノンビリと自室で本を読んでいると

ズバババババーーーっ!!

という物凄い水音が・・・

「なに?なに?」

と思わず身を起こすと次に聞こえてきたのは

「うるさいんだよ!!この馬鹿女がっ!!」

という怒鳴り声・・・・

・・・私?じゃないよね。本を読んでただけだし・・・

と、恐る恐る水音がするほうの窓から下を覗いて見ると

隣家の窓からホースが出ていて、そのホースから大量の水が私の下の部屋の向かって放たれていた・・・・

その時間、おそらく五分くらい。

その五分の間、隣家の住人の怒声は続いた・・・

「毎晩、毎晩、うるさいんだよっ!馬鹿女!!死ねっ!」などなど

・・・どひゃー、静かに暮さないとね・・・っていうか、この学生が問題なのか?それともお隣がおヒスなのか・・・

ちなみに隣家の怒鳴り声は女性のものでした。

〈いい加減にしてほしい・・・手がグーになっちゃうよ・・・〉

さて、バイトと大学生活の合間をぬってセッセとトイレ掃除と台所掃除に励んでいた私でしたが

ある朝、台所兼洗面所に向かうとそこには食事を終て汚れた皿が数枚ほど置いてありました。

・・・食べたらサッサと洗えばいいのに・・・

と思ったけれど、歯磨きと洗顔の邪魔になるので洗い桶に入れておきました。

夜、授業を終え戻ってくるとまだ汚れ皿はそのまま

・・・なんてだらしないんだ・・・

と、いささか呆れたもののそのまま放置。

翌朝、起きてもみるとまだ、あります。

・・・なんなんだ、一体・・・

その夜、授業を終えてから寮に戻るとさの皿には

しっかりゴキブリが集っていたのでした

怒!

すぐさま、洗剤をゴッキーに降り掛け瞬殺

まったく何なんだ一体!!ひとが忙しい合間をぬって別に当番でもないのにトイレ、ガス周り、台所兼洗面、床掃除をしてるのに!気を使って使うならまだしも、汚したい放題しおって!!

さすがに手がグーになりました。

実際、この頃は結構忙しかったんですよ。

昼食を抜いて平日はバイト。バイトが終わり帰宅、家の雑用、早めの夕食を学食でとる。その間、2時間ですぐさま授業。帰宅後、すぐに銭湯で入浴して帰宅後は語学(英語、フランス語、漢文など)の予習。勿論、論文や授業で行なうディスカッションの準備もあったので。

もっとも英語もフランス語も漢文の知識も卒業すると同時に私の脳から消えてしまったけど

腹立たしい気持ちでしたが、ゴッキーに這い回られるのは嫌なので皿を洗いました。

すると翌日、なんと皿は

消えていた・・・・

「!!」

その後、何度か汚れた皿が放置されていることがありました。

「洗うもんかっ!!」

と思うのですが、私が洗うまで放置してある・・・・

結局、汚い状態が嫌なので汚れ皿をあらうハメに。

しかも、私が寮にいない時を狙ったかのように汚れ皿を置き、キレイになったら回収していたのでした。

「私は掃除要員じゃないんだよ・・・。もぉ、ココを出て行きたいな・・・・」

と思うようになってきました。

ちなみに、今同じことをされたら

黙って皿を捨てます!

まだ、あの頃の私は甘かったな~。

つづく・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

窓を開けると

金木犀の香り

良い季節になってきました。

*****

この3連休は千葉の実家に行きました。

母のお喋りを聞き、父の話も聞き・・・まぁ、いつもと変らずですね。

でも、まぁ犬達は可愛かった♪

長い散歩に行ったり、ブラッシングしたりして楽しかった♪

半兵衛はもうおじいちゃん犬なので、私の顔を見ると地味におっとりと喜び

お座りをして背中を押し付けてくるんですが(可愛い奴め♪)

風ちゃんのほうはまだ若犬のせいか

喜びすぎだ!

わかった、もうそんなに飛びつくな

嬉しいからって甘咬みしなくてよろしい

ウレションはしなくていい

とにかく、落ち着け!!

という感じ。

710_2007a 風ちゃん

顔も可愛いし、散歩中に声をかけてくれる人に

「可愛い、可愛い」

と誉められてご満悦。

それはいいけど、もうちょっと落ち着いておくれ・・・・

社交的で明るいし良い子で、可愛い奴だけどね。

ウレションは止めていただきたい。

710_2007b にゃはーっ♪

って表情ですね。

幸せそうでなによりですよ。

710_2007_2 半兵衛

人があまりいないところでは放して散歩できるのお互いに楽。

風ちゃんは放すと調子にのって何処へすっ飛んでいくか分からないけど。

彼は簡単な人の言葉は理解できるので助かります。

「はんちゃん、ちょっと歩くの早いよ」

と声をかけるとゆっくり歩くし

足を洗っている時に

「反対向いて」と言うと反対向きになってくれるし

タオルもお散歩用バックも持ってきてくれる。

ブラッシングをしていると嬉しくて仕方ないのか

ずっと尻尾を振っていました。

が、途中で振るのを止めたので

「はんちゃん、嬉しくないの?」

と聞いたら、またブンブン振り出した・・・・

律儀だな~、ごめん言わなきゃ良かったよ。尻尾振るのも疲れるよね。

散々、犬と遊んで(母の話も散々聞いて・・・・)過ごしました。

| | Comments (0)

トラックバックに関するお知らせ

土曜から、月曜まで実家に帰ります。

泊りがけで実家に帰るのは7、8年ぶりかも。

日帰りで帰るのはチョコチョコあったんですけどね。

可愛い犬達♪に会えるのは楽しみですが、実家に泊まるのは疲れそうですね・・・・ふぅ。

*****

ところで、この数ヶ月トラックバック欄にやたらと怪しげなリンクが貼られて(まぁ、所謂エロサイトですけどね)困っています。

とりあえずコメント欄はそのままで、トラックバックのほうはたいへん申し訳ないんですが受け付けないことにしました。

本当に不埒な輩多くて。

ちゃんと記事に関係のあるものなら残していてもいいんですが、まともなトラックバックも多くのエロサイトに紛れている場合はいちいち確認するのがたいへんなので消してしまっている可能性があります。(確認するたび、エロ画像が出できてウンザリする)

トラックバックはブログの特色だと思っていますが、こうも変なのを貼り付けられたらさすがにウンザリです。

コメント欄は現状のままなので、申し訳ありませんがなにかありましたらこちらへお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おもしろかった♪

今日のアメトークーーーー!

「昭和プロレス芸人」

でした。

お腹抱えて笑いました。

面白かった♪

それにしても、小鉄さんは

ですね。

怖すぎ・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

攻撃~悪の自然史~

最近めっきり「小説」を読むことが減りました。

以前はかなり読んでいたんですけどね。

正直、本屋さんで平積みしているものに手が出ない・・・・

本屋さんでも手を出して読むのは芥川や坂口安吾とかが多いですね。

オバハンなんでしょう。

あまり本も購入しないようになりましたが、家にある本は何度も繰り返し読み返しています。

コンラート・ローレンツの「攻撃~悪の自然史~」もそのひとつ。

ローレンツと言えば「ソロモンの指輪」や「人イヌにあう」なども有名ですよね。

この「攻撃~悪の自然史~」も非常に面白い。

この本は「種を同じくするものどうしの戦いや殺し合いの問題」を主題として論じています。

そして、

「本能」というものは単純なものではなく、多くの衝動の間の複雑なからみあいの結果のあらわれである

などと語られています。

いつも思っていることですし、この著書を読んでも思うことですが

生き物というものは常に進化し生き延びていこうするものですね。

これはなかなお勧めです。

興味ある人は是非。

あぁ、あと「ナショナルジオグラフィック」も面白いですよね。(ナショジオのテレビプログラムもね♪)

大好きだ!

昔、「アニマ」って雑誌があってとても好きだったんですがこれはとうの昔に廃刊になっちゃったんですよね。

悲しかったな~。

ひと以外の生き物を知ることは、ひとを知ることだと思うんですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

たまには振り返ってみますか・・・

昨日あたりから我がチーホリに来て下さるお客さんの数がドッと増えています。

この方達はいつも楽しく拝見させて頂いているになにな様のサイト Parallel Universeさんからのお客さん達です。

覗いて下さってありがとうございます

あと、ヘナチョコなイラストで申し訳ありません

ちょっとご挨拶くらいはしておきたかったので・・・

それにしても、Parallel Universeさんのお客さんは本当にたくさんいらしゃるんだなと感心しました。(もっともカウンターを見てれば一目瞭然なんですが)

それに知性と良識のあるお客さんが多くコメント欄などを拝見するのも楽しかった。

Parallel Universeさんが縮小するのは本当に寂しいことです

*****

私がブログを始めたきっかけは特になかったように思います。

確か

「へぇ、ブログってあるんだ~、どんなもんかやってみるか~」

と言った実にお気楽な動悸だったはず。

タイトルのCheese Holidayもたまたま目に入ったウォレストとグルミットのDVDからとったものですしね。

って、思いっきり盗作じゃないか!!

う~ん・・・・

「まぁ日記なんだから別にいいだろう」

と、気の向くままボチボチと勝手なことばかり書いています。

お客さんも少なく(今回は特別だけど)、それでも少ないながらチョコチョコ来てくれることが嬉しくありがたい。

当初は

「まぁ、すぐにでも閉鎖ってなりそうだな~」

などと思っていたけど、この頃はなんとなくチーホリに愛着が出てきたりして・・・・

チーホリを読んだ友人に

「すいさんってこんな人だったんですね・・・意外でした」とか「すいさんのB面を見た気が・・・」

といわれる事もありますが・・・

別に隠していたわけじゃないですよ!プロレス好きだとか言わなかっただけですから。(大体、女性はプロレスが好きではないしね)

って、どんな人だと思われていたんだろう??

まぁブログだからと言って

言いたい事を全開にしているわけではありません

「日記」だからと言っても(お客さんが少なくても)、一応ウェブ上で公開しているのでそれなりに配慮しているつもりです。

勿論、常に本音で書いていますがブログを目にする人に対して配慮は必要だと考えています。

相手が見えないからこそ、表現(といってもたいしたものではないけどさ)には気を使っているつもりです。

クロサワの「椿三十郎」の中の凄く好きな台詞があります。(一度見たきりですから、そのままの台詞ではありませんが)

「貴方はまるで抜き身の刀ね。ギラギラしている。でもね、良い刀は鞘に納まっているものですよ。」

私も出来たら「鞘に納まっている良い刀」みたいな文章が書けたらいいなと思っています。

ま、無理でしょうけど・・刀ってよりは「木刀」って感じの文章だし。

ちょっと話が脇道にそれたけれど、やっぱり「日記」とは言え不特定多数の読んでくれる人を意識はしています。これでも。

あんまり・・・・こう、なんて言うんでしょう・・・本気で妄想が入ってたり・・・今風に言うと「電波」って感じの文章を読むのも書くのも・・・ね、嫌ですしね。

とりあえず、思いつくまま気の向くままそれでも一応、それなりに配慮を忘れないようにチーホリを続けていこうと。

そうそう、ここに書いてる話題って基本的に自分の中で感情を整理できてる事しか書いてません。

以前に書いた「いじめ」の話も、ちゃんと自分の中で落とし前をつけている(←中学の時に)ので件のいじめっ子に会うことがあっても普通に話せます。

もっとも「いじめ」という行為は絶対許さないけど。

例外として「犬の話」は正直、感情をキチンと整理できていないんですが

「飼っている動物を捨てるな」

と言いたかったんですよ。

あれは本当に嫌で嫌で辛い思い出だったので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いきなり涼しくなりましたね

ひと雨ごとに涼しくなっていくというよりもね

体が冷えるので甘酒を作ちゃいました。

*****

なんと今週のワープロで動いている後藤が見れます!

おおっ!

写真でしか見てないから楽しみ。

動いてるところを見ないとなんとも言えないところがあるので。

でも、コスチュームは袴のほうがずっといいのに。

いまのコスチュームだと中邑と被ってしまう・・・う~ん。

さて丸藤は結局、三沢さんに勝てず・・・・・

まだ世代交代は早いってことか・・・

小橋さんが戻ってくるまで三沢さんがベルトを保持ってことですか・・・・

なんだかチョット不満。

取りあえず丸藤は杉浦さんとのタッグでタッグのベルトでも獲ってくれれば・・ね(勝手なこと言ってるな~)

私も会場で握りこぶしを震わせながら、静かに応援できるってもんです

杉浦さんを♪

いや、スピードとテクニックと閃きの丸藤(パワーもあるよ!)と真っ向勝負、パワーの杉浦さんはいいタッグだと思いますよ。

日本武道館のメインが杉浦さんの試合でそれを生で見れたら

どんなに嬉しかろう・・・・

鼻血体質なので見に行く時は念のためティッシュを通常の三倍持参しよう。

しかし、いつになったらその日がやって来るのだろうか?

いつやってくるか分からないその日の為にほうれん草だのマグロの赤身だのプルーンだのをセッセと食べて血液を増やしておこうと思います。

*****

先日、YOUTUBEで十年以上前のキャンデロロの「ダルタニャン」を見ました。

いや~、いい時代になったもんです。

二度と見れないと思っていたので、嬉しかったですね。

今見ても、あの剣戟ステップはカッコイイ!衣装も好きですね。

男らしいプログラムで好きだったんですよね。

そのうえ、今季のジュベールのSPも見れたんですが・・・

ビックリしました!

ジュベールがなんだか優雅になっている!!(ごめん、でも驚いた)

体操選手のような動きでは無い!!

いや、別にあのシャキシャキした動きは決して嫌いではなかったし、速くて強いスケートもとても好きなのだけど、いまひとつ物足りなさがあったのも事実。

しかし、ジュベール選手は進化している!!

彼のことだからこのSPに4回転も入れてくるだろうし・・・・

これは俄然面白くなってきた!!(燃えるーーーーっ!!)

しかも、衣装も気にならないデザインってのもいいですね。

フィギュアの男子の衣装は

「・・・・・」

という感じのものが多いことは多いけど(まぁ競技が競技だけに仕方ない・・・)

彼のウルトラマンみたいなのとか(荒川さんとお揃い?)、バットマンっぽいのとか(っていうか破れた蝙蝠??)、赤のシースルーとか・・・もうちょっとこうね、なんとかならないのかな~と思っていたけど(あっ、でもマトリックスとか007は似合ってた。でも背中の刺繍は・・・・どうなんだろう?)

今回は悪くないんじゃないでしょうか。

ジュベールのSPを見て俄然、今季のフィギュア男子が楽しみになってきました。

ランビエルのあの密度の濃いSPもコンペでどうなっていくのか楽しみだし(トリプルアクセルは大丈夫?)

ベルナーも前回かなり良かったし、バトル(スケーティングの美しさは素晴らしいものがある)もバンクーバーまで頑張るつもりみたいだし、

勿論、日本の高橋も進化しているはずだし。(あとは、表彰台で日本男子らしくキリッとして欲しいと思うのですが・・・クロサワの「七人の侍」の宮口精二をみて「かつてこれ程まで固く結ばれた口元があっただろうか?」とサムライの格好良さにシビレた日本映画ファンの西洋人がいたとかいないとか・・・その夢を壊してはいけません)

あぁ、小塚選手は4回転にチャレンジするみたいですね。(おおっ!!) 

誰が表彰台に上がってもいいと思うけど、それが誰になるのか楽しみ!!

みんな頑張ってください!!

ちょっと考えただけでもワクワクしてきます。

戦いはもう始まっている!!

って感じで。

うははは。(本当に燃えるな~♪)

まだまだ、心臓をバクバクさせていきますよ!(早死にするぞ・・・私)

あぁ、あと皆さんくれぐれも怪我しないで下さいね。(プロレスでもフィギュアでもなんでもそうだけど)

ラグビー日本代表の大畑の怪我には泣きましたよ~。

不運すぎますよ・・・・

本当に怪我だけはないように気をつけてほしいものです。

いや、ほんと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

駆け込みセーフ

ブログというのは極めて個人的なもの・自己満足のためのものだと思いますが、前回の日記はその最たるものでした。

あぁ、でもなんとか9月中に間に合ったので良かったです。

出来はともかく、こういったイラストを描くのも楽しかったです。

実はリベンジでブルーをもう一度描きかけたんですが・・・・

やっぱり耽美は駄目・・・・

耽美は自分には無いものだなと実感しました。

で、下絵で挫折。

ギンコは描きやすかったですよ~!

似てないし、デッサンも狂ってるし、あくどい表情だけど・・・・(あぁ、私の内面が反映されて~)

筆ペンでザクザク描いたし、早かった。

もっとも実は「蟲師」のマンガは友達から借りてるし、ビデオは友達に渡してあるので資料が殆ど無いまま描いちゃったんで・・・色々と雑で・・・

このイラストを乾かしている間に(←スキャナーにかけるから)調子に乗った私はついつい

フィギュアスケートをする巌窟王ことモンテクリスト伯爵をチラシの裏に描いて遊んでしまいました。なんてハレンチな!!

なんでそんな馬鹿な事をしたかと言うと先日、久々にParallel Universeさんの「巌窟王」レビューを読んでいたら

伯爵の横ぶっ飛びのシーンが書かれていて

「そういや、アレってライサチェックみたいだったな」(彼は横っ飛びをする)

と思ったら、やたら描きたくなったわけです。

でも、ライサチェックの衣装って普段着っぽいので別の人がいいかも・・・さて、じゃ誰のプログラム&衣装にするか?と考え

ラテン系だし、フランス語喋ってるし、黒髪だし

ランビエル選手のフラメンコがいいだろう!(確かランビエル選手のお母さんはラテン系だったような・・・)と、

伯爵にフラメンコ衣装を着せてポーズをとらせたら

意外と似合っている!!・・・・ような・・・・

というのも伯爵の顔の細かい所、すっかり忘れたから(髪とかはしっかり覚えているけど)。

ちょっとペーゼラさんみたいですけどね・・・・髪型のせいか・・・・

結構、楽しかったです。(←ストレス溜まってるのかな?)

でも、ランビエルのファンや巌窟王のファンに殺されるかも・・・・(あのポーズ間抜けっぽいし)調子に乗るのはこれで最後にしましょう。

いや、来年のグループ展に向けて真面目に取り組みます。

ハイ・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »