« 一昨日は「母電話」で昨日は「父電話」か・・と思ったら今日は「母電話」 | Main | ギョーザは食後のおやつです »

懐かしのNHKドラマ

Abj_001 十年ぶりくらいにシーフードカレーを作りました。

久々にポテトサラダも(あまりマヨネーズが好きではないので作らない)。

カレーはやっぱり、スパイスだけで作るやつが好きですね~♪

でも、実は私は唐辛子が苦手で唐辛子が入っていると鼻水と涙が止まらなくなります。

なのでチリは殆ど入れません。

他の香辛料は全然平気なのに・・・・唐辛子は本当に駄目だ。

粒マスタードなんて、アレだけ舐めていいくらい好きだし、わさびも大好きなのにな~(でも、わさびだけ舐めたりはしない・・・・)。

*****

昔のNHKのドラマは面白かったですね。

もっとも最近の「ハゲタカ」は痺れるほど面白かったようで、後で評判を聞いて

「見ればよかったーーーっ!!」

と後悔しました。

NHKのドラマと言えば「朝ドラ」と「大河」が看板ですが我が家で見ていたのは土曜ドラマと銀河テレビ小説でした。

よく覚えているのは土曜ドラマ(確か)だと、

山崎努 主演の「価格破壊」

ジョージ・チャキリス 主演の「日本の面影」

佐藤慶 主演の「玉と砕けず」

銀河テレビ小説(確か)だと、

小林薫 主演の「青春戯画集」

川谷拓三 主演の「月なきみそらの天坊一座」

ってとこですね。

「価格破壊」は流通機構の常識を打ち破るべく戦った男の話(タイトルのまんまですけどね)で毎週燃えて見ました。(山崎努のエネルギッシュな演技が見物)

「日本の面影」は、小泉八雲ことラフカディオ・ハーンの物語で放送日が楽しみで楽しみで仕方なかったですね。最終回がきた時の寂しさたるや・・・もぉ(泣)。ジョージ・チャキリス(ウエストサイド・ストーリーで有名)が主演というのも凄かったけど、他の出演者も小林薫や壇ふみ、柴田恭平など豪華でした。ジョージ・チャキリスの「へるんさん言葉」が今も耳に残ってます。(日本語難しいのにしっかり勉強したんですね。役者魂に感服!)

「玉と砕けず」は闘う家長こと森鴎外の物語。鴎外、再婚後の話でしたね。軍医であり小説家であり、良き家庭人だった鴎外。佐藤慶は本当に良い役者さんですね。でも、ついつい彼を見ると「柳生烈堂!!」などと思ってしまう不埒な私(佐藤慶は三代目:柳生烈堂だった)。

「青春戯画集」は若き日本画家の話で、派手で人あしらいの上手い友人(加賀丈史)の代わりに絵を描き続けた青年を小林薫が演じていました。自分は描いていないのに、どんどん画家として名声を得てゆきそのジレンマから身を持ち崩してゆく加賀丈史。一方の小林薫は友人の影にならないと絵が描けなくなっていくという・・・まぁ、暗いといえば暗い話なんですけどね(笑)。面白かった。樋口可南子も出てたっけ。「日本画って素敵」と子供心に思いました。

「月なきみそらの天坊一座」は、戦後直後の本当に心温まる良い話でしたね。井上ひさしの原作も読んでいて原作のほうも大好きでした。「面白くて、哀しくて、暖かい」大好きな話。井上ひさしの小説は「吉里吉里人」なども読んだけど、私はこの「月なきみそらの天坊一座」や「モッキンポット師の後始末」といった小説のほうが好きです。川谷拓三が好演していてとても良かった。

小中高とこんなドラマを見ていたせいか(あと、時代劇か)、とんとトレンディ・ドラマには縁がなかったですね。

当時の若人としては如何なものかと思いますが・・・・

いつかNHKさん、再放送しないかな?(特に「日本の面影」)

|

« 一昨日は「母電話」で昨日は「父電話」か・・と思ったら今日は「母電話」 | Main | ギョーザは食後のおやつです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 一昨日は「母電話」で昨日は「父電話」か・・と思ったら今日は「母電話」 | Main | ギョーザは食後のおやつです »