« January 2008 | Main | March 2008 »

出費は続くよどこまでも

もうすぐ3月ですが、この時期は出費が多いですね。

特に今年は、結婚式(しかも大分だ!)に甥っ子の入園祝いがあります。(去年は甥っ子の初節句の祝いがWであったし、来年はまた、また、また入園祝いがWであります、そうだ来年は入学祝いもあるのだ)

こんなに出費が多いのに、スケートのチケットを買うなんて・・・

と自分でも思ったのですが、まぁサボテン(私)にもたまには水が必要なんですよ(笑)。そういえば、JOの出演者ってそろそろ決まったのかな?欧州代表はジュベール選手かベルネル選手に来て欲しいな~。で、北米はP・チャン選手でお願いします♪

Amazonで「ハゲタカ」と「江戸むらさき特急」(本屋で探したけど無かったので)を3月にまとめて買おうと思っているのですが、ちゃんと娯楽費の中に収まるかな・・・・

先日、「ユリイカ」を買ったら1300円して「あぁ、700円ならいいのに」とセコイことを考えたのですが、この手の雑誌は結構高いですね。大昔に買った「国文学」も1000円ぐらいした覚えがあります。

ま、これも必要な「水」ってことで(笑)。

光熱費などはなるだけコストカットしてますから。

さて、今宵も「墓場鬼太郎」を見ながら寝ることにいたします。

これも、サボテンには必要なんですよ♪

| | Comments (0)

どっちがハゲタカ?

ツレが

「YOUTUBEで『ハゲタカ』を検索してみて、面白いものが見れるから」

と言うので、検索しました。

ツレが言っていたのは

NHKのCM(「ハゲタカ」のパロディ版)だったのですが

確かに面白い。

ハゲタカ ファンドに狙われるNHK。

「次のターゲットは?」(トホホ顔の中延さん)

「NHK、公共放送局だ」(いつも不機嫌そうな鷲津、“公共放送局”って言い難いよね)

で、ヘリの音と鋭い猛禽類の鳴き声と重々しい音楽が流れます。(1、2話を見ている時、この音楽を聞くとドキドキしましたね。どんなクライマックスになるのかと楽しみでしたよ・・・う~ん、もう一押しだったな)

ここらへんでチョット笑ってしまいましたが、

鷲津が不機嫌そうにドーモくんを手にしてる姿が可笑しい。

もっと可笑しいのは中延さんの

「グー、チョコ、ランタン・・・」

と言う呟きでした。

まぁ、私が中延さんが好きってだけなんですけどね(笑)。

和むな~、中延さん。

「NHKを買い叩け!!」

というなかなか遊び心のあるCMでした。

一度、ご覧あれ

さて、ツレに「面白かったよ、ありがとう」と礼を言うと

「ところで(ハゲタカの)原作買ったら、貸して」

と言ってきました。

「まったく、ハゲタカだな~」

と返してしまいましたが、よくよく考えると私もツレが買ってきた雑誌や本を読み漁っています。

ま、ここはギブ&テイクでいきましょうか。

| | Comments (0)

フランス人だからって・・・・あんまりだ

昨晩、ふと世界卓球を見ました。

ほんのチョットだけ・・・・・

日本 VS フランス です。

選手の名前の前についている変な文句(あだな?)に絶句しました。

日本の選手の

「卓球台風」

も、まぁ「如何なものかな~」と思ったのですが、

フランスの選手の

「速攻トレビアン」

ってのはなんですかっ???

素早い攻撃が持ち味の選手なんでしょうが、別に

「トレビアン」

を、何故つけるっ???

深夜だっていうのに笑い死にしそうになりました。

他の選手も気になったけど(どんなあだ名ついてるか)、次の日の仕事に差し支えるのでやめました(睡眠は出来るだけ取らないと)。

テレ東よ、お前もか・・・って気分でしたね。

プロレスとかだと、「NOAHの重戦車(杉浦さんだ・・まぁ、重そうだが・・・・)」「選ばれし神の子(中邑真輔)」とか「野人(中西さんね)」とか「黒い呪術師(ブッチャー♪)」とかあって、まぁこちらも

「プロレスだし♪」

と笑っていられるけど(なんでもアリがプロレスなんだよ~!!)、

スケートの

「情熱のステップ王子」だの「カナダの貴公子」だの「四回転サイボーグ」だの「美の追求者」だのと言われると笑顔も引き攣り、挙句

「姉の魅力にマイッチング(舞にかけたんだな~)♪」

と、ギャグをやれらたりしたら、布団被って寝ようかと思いますよ。

まぁ、それに比べたら

「速攻トレビアン」

は笑えるだけいいかもしれません。

でも、真の卓球ファンにとってはウンザリかも・・・・

う~ん、やっぱり「トレビアン」はあんまりな気が・・・・・

| | Comments (0)

本当にヘビィ・ローテーションだ・・・

このところのずっと山崎まさよしを聞いているのですが、「YO!」と「HO!」を返却しに行った時、まだ聞いたことが無いアルバムがあったので、また借りました(今月の娯楽費の範囲なので)。

「アンジェラ」と「十六夜」が格好良いな~♪彼のこんなダークな感じの曲好きなんですよね、凄く。

「ビー玉望遠鏡」は、男のスケベ心恋心、丸出しですね~。が、確かに細いうなじは良い♪大学生の頃、同級生の男子と学食で「シャルロット・ゲンズブールの首がたまらん」という話で盛り上がったことを思い出しました(なんか、オッサンの会話みたいだ)。

「シャルロットの首に吸いつきたい♪」

などと、男子が不埒なことをぬかすので

「なんと恐れ多い・・・、が、気持ちは分かる!え~いっ!吸いついちゃえ~♪わはは♪」

なんて、言ってましたね(本当にオヤジだ・・・・)。

細いうなじに 我を忘れそう

忘れろ!忘れろ!青春だ♪って感じですね。

それはさておき、

先週の金曜日の深夜に久々に「SRS」を見ました。

で、本当に珍しいことに面白かったです。

「にてんのかっ!!」

と言う、格闘関係の物マネでしたがメチャクチャ面白かった♪

時々マニアック過ぎてついていけないところもありましたが(でも、審査員の関根さんはバカ受けだった)、何年かぶりにSRSを面白いって思いましたね。

あんまり面白いから、慌てて録画したけど前半のヒクソンの「火の呼吸」とかが録れなかったのが凄く残念!

プロレスでも「にてんのかっ!!」をやってほしいけど、たぶん無理ですね。(「リングの魂」復活しないかな~)

来週は「にてんのかっ!!」の決勝戦なんで絶対に録ります!!楽しみ♪

翌日、NHKにチャンネルを変えるとなぜか

須藤元気が写っていました。

「あ~、須藤元気だったらNHKも好きそう。でも、山本KIDは出さないよね」

と納得。

それは「徹子の部屋」に爆笑問題をゲストに呼ぶことはあっても、ダウンタウンを呼ぶことはないと思うのと同じですね。

でも、NHKにKIDが出演して、「徹子の部屋」にダウンタウンがゲストで出ていたら

「それは違う」

と思うでしょうね(笑)。きっと。

| | Comments (0)

間違いが多い(恥)

いくら一日にネットを使う時間を制限しているとは言え、間違った格助詞を使うなんてお恥ずかしい・・・・。

訂正しておきました(恥)。

私がネットを使う時間は一日に1時間前後(勿論、延長することはありますが)くらいなので、ブログを書くのも“殴り書き”って感じです。

で、UPしてから

「ギャー!誤字脱字がーーーっ!!」

となるわけです・・・お恥ずかしい。

しかし、違う格助詞を使っていたのに気付いた時はさすがに自分でも情けなかったです(泣)。(上書きしたときに残ってたんだな・・・)

推敲は大切です。(と言っても、時間が無い)

昨日から18時間くらい寝てました。

体調が悪いからと言っても寝すぎですね。体が痛い・・・・。

起きてから、恒例の週一の掃除。

掃除機は毎日かけているとは言え、拭き掃除は週一ですからね。

床も風呂もトイレも台所もピカピカ!!

部屋には山崎まさよしの声が流れてインスタントだけどコーヒーも美味しい♪

花簪の鉢植えも元気そうだ♪

満足、満足。

*****

さて、「墓場鬼太郎」は相変わらず面白い。

水木さん、もう帰ってこないのかな?ニセ鬼太郎もアッサリいなくなっちゃったし・・・・。

それにしても、別に狼人間である必要なんてないんじゃないかな?

「狼にネズミにガマ・・・世も末だな・・・」

って鬼太郎、君には言われたくないよ~。

来週も楽しみです。けけけ・・・

*****

JOの出場メンバーもボチボチ決まってきたようですね。

楽しみですね。長洲選手も来てくれそうだし♪

直前になって出場選手が変ることはよくあるけど、なんにしても楽しみです。

友人達も楽しんでくれると嬉しいのですが。

*****

ハゲタカをネット調べてみたら、どうも原作とドラマは違うようですね。

原作のほうが断然、面白そう。

ん~、ドラマもとても面白かったけど、もっとキツイ話でも良かったなと思っていたので原作のほうを読んでみようかなと思いました。

ドラマを見た後にツレと話したんですが、

「テレビ用って感じかな?」

と言った意見になりました。

大体、最終話で鷲津が飯島に渡したお金だって政治家への裏献金なんだろうけど、そこらへんもボカしてますしね。

やっぱり、原作を読んでみよう。

ところで、「ハゲタカ占い」などというのがあったのでやってみたら

「アラン」になってしまいました・・・・。

「あなたは大人の冷静さと子供の無邪気さを持っています」

・・・・そうですか(笑)。

でも、たぶん、違います(笑)

実は「加藤さん(レンズ磨きます♪)」か「中延さん」が良かったんですよね~。

特に中延さんが好きなんですよ。

最後までずっと鷲津と行動を共にして、誠実そうだし休日は「城廻り」とかしてそうで(ドラゴン藤波か?)♪

希望どうりにはいかないものですね~。

あ、でもあんまり誠実な人間じゃないや、私は。

| | Comments (0)

ちょっと見てみようかな?

清水玲子の「秘密」が4月にアニメ化されるらしいですね。

これは評価の高いマンガらしいし、日テレの深夜枠のアニメは外れが少ないからチョット興味があります。

私は最近まで「LALA」などを読んでいたので勿論、清水玲子のマンガも結構読んでいました。

「ミルキーウェイ」や「竜の眠る星」は面白く読んだけど、「月の子」や「輝夜姫」はどうも消化不良な感じがして(特に「輝夜姫」はそう)最近、全く興味を持てなくなっていました。(あと正直言って、あの華麗すぎる絵も苦手だ)

アイデアや設定は凄く面白いと思いますし(産卵の為に人魚が宇宙から地球にやって来るとか、各国要人のスペアの為にクローンを作って離島でそのクローンを育ててるとか)、「少女漫画でここまでやるか!」と思えるグロテスクさも、ある意味凄いとは思います。(絵が華麗だから余計怖い・・・・「綺麗は汚い・・汚いは綺麗・・・」)

でも、長期連載になるとどうも「着地点」を考えずに描いてるようで、せっかくのアイデアや設定が生かしきれてないような気がして勿体無いなと思っていました。

「ミルキーウェイ」や「竜の眠る星」といった“ジャックとエレナ シリーズ”はそういった事が無かったのに・・・

「秘密」は単行本があちこちで売り切れたと聞きますから、やっぱり相当面白いのでしょうか?

ちょっと、見てみたい気がしますね、4月からのアニメ。

ちなみに、清水玲子の描く話はかなりキツイですね。

“ジャックとエレナ シリーズ”の「22XX」は特に辛かった。

“食べる”という行為の“残酷さ”と“神聖さ”を思わずにはいられなかったです。

デパ地下などに行くと“食べることの本質”に対して我々が無頓着になってるんじゃないかと疑わずにはいられません。

“食の安全”も大切だけど、“食べる”といった行為がどういう意味を持つことなのかを子供には学んで欲しいと思います。

*****

ちなみに、全く関係ないことですが私は3ヶ月ほど点滴と流動食だけで過ごしていたことがあるので、好き嫌い言っているのを見ると「一度、恐怖の“焼き魚スープ”を飲んでみるがいい」などと思ってしまいますね(笑)。

いや~、看護婦さんが「ご飯ですよ♪」と言ってガラスコップを6、7個乗せたお盆を持ってくる姿を見て切なくなったものです。

で、飲めないとすぐさま「点滴」でしたからね~。

点滴打ちすぎて、腕がボロボロでしたよ。しかも新米先生が点滴するから(大学病院だったため)、何度も失敗するし液漏れが酷いし、皮膚が黄色くなりました(笑)。

月に一回、「献立」を貰うのですがメニューが全部「てんぷら・スープ」「焼き魚・スープ」などの「とにかくオカズをミキサーにかけました♪」と言ったものなので、最初の一日分を見ただけで「もう結構・・・・」という気分に(笑)。

しかも、「てんぷら・スープ」なんて微妙に「あっ、エビ?これはピーマン?ちょっと衣?」と味が分かるのが切ない。「焼き魚・スープ」はね、とにかく“匂い”がキツイ。あと、魚油(オレンジ色だ!)と身が分離しているビジュアルが・・・もう・・・・(泣)。

「美味しいな~」と思えるのが、パン粥とか牛乳とかお粥をミキサーにかけたものくらいでしたね(笑)。

固形物を食べるありがたさを実感した3ヶ月間でしたね。

って、なんでこんな話になってるんだ??

さて、録画していた「墓場鬼太郎」を後で見よう!!

| | Comments (0)

時期が悪い・・・

4月20日に、埼玉スーパーアリナーで開催されることになっている「ジャパン・オープン」に行く予定です。

友人が二人ほど「行きたい!」と言ってくれたので(プロレスだとこうはいくまい・・・泣)、とりあえずチケットを確保しました。

ま、プレリザーブだからあまり席については期待していませんが・・・・

一人でも見るのもいいけど、友人が一緒ってのも楽しいし、嬉しいな♪コンペもエキシも両方見るし♪まだ、出演者が決まってないけど、北米代表だったら長州選手が来てくれるといいな♪欧州代表には是非、ベルネル選手を♪(でも、ジュベール選手も見たい~)で、日本代表はもう誰が出てくれても嬉しい♪

と、ウキウキする私の気持ちが一瞬にして凍りつく情報を目にしました・・・・

「シカゴ and ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース 来日公演!」

・・・・・・えっ??マジで??いつ、いつ??「東京国際フォーラム」で4月20日??はいっ??マジで??チケットは1万3千円??高いっ!!・・・・・・

酷いよっ!!なんで、このタイミングしかもシカゴと一緒にライブやるの?(おかげでチケット代が高いじゃないか!!)しかも、行けそうな国際フォーラムがよりによって20日だなんて・・・

一度は行きたいヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのライブ、あの本当に格好良いヒューイ・ルイスのハーモニカ・プレイもダミ声もザ・ニュースのお茶目なおやじ達のやっぱり格好良いノリノリの演奏も、チャーミングなアカペラも・・・・聞きたかった・・・・泣。

勿論、JOのチケットを取る前、友人と約束する前だったら迷うことなくヒューイ達のライブを選んでいたと思います。

ま、仕方ない、縁が無いんだ・・・・。

横浜のほうのライブなら行けないことも無いんですが、さすがにスケートとライブを1ヶ月の間に行ってしまうのは如何なものかと思います。いくら自分で稼いだお金とはいえ“遊びの上限”を決めていないといけません。贅沢を言ったらキリがないですからね。

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースに行けないのは残念だけど、JOは楽しみです!

当日は、大好きな Workin For A Livin を聞きながら(壊れないから未だにMDプレーヤーだ)、埼玉スーパーアリーナへ行きます。

でも、ヒューイ達いつかまた来ておくれ・・今度は行けるときにね(泣)。

| | Comments (0)

「セレブ」って言葉は不思議

「セレブ」という言葉は聴くたびにいつも不思議でしかたないんですが、「お金持ちで、それなりの地位を手にした人達」のことみたいですね。

テレビで安易に「セレブ、セレブ」を連発されているのを見ていると

「じゃぁ、さ、『その地位』を維持するための自覚や義務などをちゃんと『セレブ』の人達は要求されているのかな?」

と思います。

「地位(『ステータス』でもいいけど)」がある人なら、それを維持する自覚やなんらかの社会的な義務ってのが必要とされるものだと私は思いますが・・・・

そうったものを必要としない場合は「セレブレティ」では無く単なる「成金」じゃないかなと・・・・(別に「成金」が悪いわけじゃないですよ、お金があるっていいよね。私もお金は欲しい。新しい掃除機欲しいし。)

あと、「セレブ・ブーム」ってのも謎の言葉だと思いますが・・・・

「セレブ」って流行り物だったのか?!

そう簡単に誰でもなれるのか??

と、ビックリ。

たまに変なメルマガが来て

「これで貴女もセレブになれる?!(疑問符が付いているところが笑える)」

とか言う歌い文句がついてたりします。

それを見るたび

「別に『セレブ』になんかならんでええよ。色々と『義務』やらなんやらがついてきて面倒そうだし。『成金』ならいいけどね♪」

と思います。

そういえば近頃、あまり「成金」って言葉は使われなくなりましたね、気のせいかな?

*****

以前、私のブログを見た友人が

「なんか黒いというか、普段のすいさんのイメージとは違う。『B面』って感じ」

と言っていましたが、

別に普段と同じつもりだし、どちらかと言えばかなり「押えている」つもりですけど。

まぁ、彼女には黒くみえたのでしょう(笑)。

人は誰しも「白」と「黒」がゴチャ混ぜになっているものだとマイケル・ジャクソンも歌っているからいいじゃないか♪(←勿論、大嘘)

ところで、あの曲のタイトルを見て全世界の人は「マイケルの自分自身に対する問いかけか?!」と思ったはず・・・

| | Comments (0)

私もアンダルシアに憧れてますよ

現在のBGMはひたすら「YO!」と「HO!」です。

薔薇を口にくわえたりしないけど、私もアンダルシアには一度行ってみたいですね。

馬を見に(笑)。

「走る宝石」と呼ばれるアンダルシアンを見てみたい。

昔、「アニマ」という雑誌があってよく立ち読みしたのですが(高校生が買うには高かった)、アンダルシアンの特集があった時に嬉しくて買ったことがあります。

まぁ、ウチの母がビリビリに破って捨てたという悲しい(笑)オチがつくのですが(笑)。しかも、セッセッと描いたアンダルシアンのデッサンも破り捨ててくれましたね(笑)。つまらん事まで思い出してしまった(笑)。

その「アニマ」に出ていた、赤い大地を砂埃をたてて走るアンダルシアンの写真を見て、「行って見たいな~」と思いました。

勿論、グラナダにも行ってみたいですよ!

メトロでランデブーはしなくていいけど(笑)。

今晩夢の中で行けるといいな、アンダルシアに。

と言うわけで眠いので寝ます。

| | Comments (0)

謎?

ご飯を作っている時も、今も山崎まさよしのカバーアルバムの曲が流れています。

なかなか良い気分で、気持ちいい

山崎まさよしが好きと言ってもアルバムとか全部持ってるわけでは無いんですよね。全部曲を知ってるわけでもないし、ネットで検索も殆どしません・・・・って、あんまり好きではないみたいですね。

勿論、ライブにも行った事は無いし(でも、あの声は生で一度聴きたいものです)新しいアルバムなども、偶然立ち寄ったCD屋さんで見かけて「へぇ~、新しいアルバム出したんだ~」と気付いたら発売されてもう半年以上経っていたなんてことはザラ。

しかも、一度レンタルしてから、ブック・オ○やレンタル店の中古売り場を探して買うといったシブチンぶりです。(何処にもなかったら渋々定価で買うけど・・・・)

清く正しいファンからすると、ぶん殴ってやりたくなるようなヌルさだと思います。

THE BOOMも大好きですが、こちらも全く同じ。

音楽だけでは無くて、他の趣味も大抵そんな感じです。

意外と。

フィギュアスケートにしても、好きな選手の成績が悪かったり、引退をほのめかしたりしても、「選手としてのピークが過ぎたかな~。競技で姿が見れないのは残念だけど、ま、仕方ないよね。大体、ショーのほうが好きそうだしな」と思うだけです。

それはさておき

かつて「エヴァンゲリオン」がブームになった時、派遣先(この頃、派遣社員だった)でも結構な話題になっていました。

私は全然、見ていなかったのですが「そんなに凄いのなら一度見てみるか」と思っていました。

その頃、テレ東で「エヴァンゲリオン」のまとめて再放送があり録画して見ました。

物語は謎に満ちていて面白いし、発想も斬新で楽しかったのですが・・・・私が一番、不思議だったのは

「なんで皆“他人への幻想の中”で生きているの?」

ということでした。

14歳の少年少女なら分かるけど、どうして皆そうなんだろう?と。

賢くない私の印象は

「この作品の登場人物は“他者への幻想”という孤独の中で生きてる」

でした。そして「独りは嫌だ」と喚いているように見えました。

う~ん、私は人は例え結婚していても子供がいてもどんなに近しい相手がいても「孤独」なものだし、「独りで立つもの」だと思っているから別に「独り」でもいいじゃないか。「ヤマアラシのジレンマ」と言うけれど、別のコミュニケーションのとり方だってあるんじゃないかな?「相手が分からない」という事実を丸々抱え込むというのは駄目なのかな?別に理解できなくても付き合い方を考えればいいと思うけど。

と、非常に単純に思ったのでした。

その頃の私には全く共感できないキャラクターばかりでした。今、見直したらもっと別の感じ方をするかもしれませんね。

「こんなに共感できないなんて、やっぱり頭が悪いか感覚がズレてるのかもしれない」とチョット不安。

「エヴァンゲリオン」は謎です。

| | Comments (0)

シビレル~♪

ふと、「久々にCDでも借りるか~」とレンタル屋に行きました。

山崎まさよしの「COVER ALL YO!」と「COVER ALL HO!」があり、借りました。

山崎まさよしはとても好きなアーティストなので。

両方ともカバー・アルバムなんですが、「YO!」のほうは洋楽のカバー(カヴァーのほうがいいのかな?)で「HO!」は邦楽のカバーです。

早速、「YO!」のほうを聴いてみました。

1曲目の「Englishman In New York」で完全にノックアウト。

やられた・・・・

これ、イヤホン付けて聴いたら完全に腰砕けです(私は山崎まさよしの声が物凄く好きなので)。う~ん、スティングの声で聴くより山崎まさよしの声のほうが心地良い。

2曲目「Superstition」

聴く前に「この曲は山崎まさよしと凄く合うだろうな」と思ったんですが、いや~案の定バッチリでした。ギターを打楽器のように弾く(←あくまでも私のイメージなので正しいかはわかりません)彼にはピッタリの曲。

格好良い!!

「Your Song」も良いし、どうかな?と思っていた「True Colors」も物凄く素敵でした。胸が熱くなりましたよ。

次の「Respect」は知らない曲なんですが(音楽にも詳しくないもので)、メチャクチャ格好良い!!ブルーズ・プラザーズのサントラ聴きたくなっちゃった♪(後で聴こう♪)

「Raindrops Keep Fallin' On My Head」も「Daydream Believer」も大好きな曲でドキドキ。

最後の「All My Loving」まで心から楽しみました。

う~ん、しびれるアルバムですね。

で「HO!」。

「Sweet Memories」って・・・今更ですが、良い曲ですね(笑)。80年代の頃は気付かなかった(笑)。なぜだろう??(笑)。でも、私にはSweet Memoriesなんて無いな(笑)。

「月」と「大きな玉ねぎの下で」には泣けました(特に“君のための席がつめたい”ってフレーズは泣ける・・・青春ですね・・・あぁ、このテの青春も私には無関係でした)。山崎まさよしの声にピッタリですね。

「アンダルシアに憧れて」・・・・・これを選んだんだ・・・・やるね。シビレます。「トニー駄目じゃん!」などと思いますね~(と言うか、どこの国の話じゃ??スガッタリーとかさ・・・米国?マフィアだよね、設定は?)。おかげでメトロ(ここら辺はおフランス)でランデブー出来なくなってしまったよ(笑)。しかし、この曲長い

「M」や「あなたに会えてよかった」などは、全くイメージが変りますね。これはこれで良いです。

「さらば恋人」(確かにデトロイト風だ)を聴いて、

「やっぱ、日本歌謡は筒美京平だな~」

と思いました。

うん、「HO!」も素敵でした。

やっぱり、山崎まさよしの声はいいな~♪

「Wonderful World」(サム・クック)とか「I Won't Last A Day Without You」(カーペンターズ)とか、「Do You Believe In Love」(ヒューイ・ルイス・アンド・ザ・ニュース)とか「More Than Words」(エクストリーム)とか「Bomber Girl」(近藤房之助&織田哲郎)とかを山崎まさよしの声で聴きたいですね。

「YO!」も「HO!」も当分、私のヘビー・ローテーションになりそうです。(FM802を思い出しますね)

シビレル~♪

ん~、このCD買いたいな・・・・・(が、シブチンなので暫く聴いてから考えよう・・・・)

| | Comments (0)

日本贔屓

四大陸フィギュア、女子フリーを見ました。

浅田選手の演技、素晴らしかったですね!

優勝、おめでとうございます。

2位のロシェット選手も素敵でした。良かった。それにしても、惚れ惚れするような筋肉です♪艶やかな笑顔も素敵。

3位の安藤選手はチョット残念でしたが本当に強くなりましたね。以前は失敗するとそれを最後まで引き摺ってしまうところがあったけど、今は失敗しても立て直して滑ることが出来る!立派だと思いました。本当に。

村主さんは10位で残念な結果でしたが、相変わらず情感のある素敵なスケートでした。

男子は高橋選手のFSだけ放送してくれたのは嬉しかったですね。(Jスポの放送まで待たなくてはならないと思っていたので)

本当に凄い演技でした。素晴らしい!!

以前は彼がジャンプを跳ぶたびに転ぶんじゃないかとハラハラしたものですが、そんな事が嘘みたいに思えます。

見ていて思わず「高っ!!凄い!」と呟いてしまいました。

今回は解説に本田さんがいたけど、彼も素晴らしい4回転を跳ぶ選手でした。

なんというか・・・・感慨深いですね

今回、つくづく思ったんですが良い演技をすればどの選手が優勝しても嬉しいけれど、日本の選手が優勝するのが一番嬉しいようです。

現役の選手ではスイスのランビエル選手が一番好きなスケーターですが、彼がとても良い演技をしたりすると喜びはしますが、日本の選手(浅田選手や高橋選手などなど)が良い演技をした時の嬉しさは別格ですね。

まぁ、好きなスケーターとはいえ彼の演技が始まる前に、ドキドキして気分が悪くなったりとか(大好きな杉浦さんのタイトルマッチの前、ワクワクはしても気分が悪くなったりしたことはない)、成績が良くなかったりすると泣いて心配するとかは無いので、ファンとは言えないのでしょう。グランプリファイナルの時も、高橋選手が優勝して欲しかったですし。(ジャッジの決めた事だから仕方ないけど、素人目からだと高橋選手の演技のほうが良かったと思った)

自分の国の選手が活躍してくれるのは心底嬉しいと思いました。

最後に今季、織田選手の姿を見れないのは寂しいことです。

勿論、彼がしたことは取り返しのつかないことを引き起こす可能性が高いことなので仕方の無いことですが(飲酒運転は絶対駄目だ)、選手生命の短い競技で一年近く試合に出ないことは大きなことだと思います。

昨年の世界選手権でFSの演技を終えたときに織田選手が「今日、小塚くんが見に来ていたから、どうしても(出場枠)3枠、欲しかった」とインタビューで答えていたのを覚えています。

同じ日本の選手の為に、出場枠が3つ欲しいとFSで素晴らしい演技をしてSPの失敗を取り返した織田選手が競技の世界に戻ってくるのを待っています。

| | Comments (0)

おおっ!

四大陸選手権で高橋選手が優勝したようですね!

素晴らしい、おめでとうございます。

優勝もだけど、演技の内容が素晴らしかったらしいですね。

3月の世界選手権が楽しみですね。

本田選手が開いた道のそのまた先を進んでいるのは本当に素晴らしい。

2位のバトル選手もきっと素晴らしいスケーティングだったんでしょうね。(ジャンプはどうだったんでしょうか?)

で、3位の選手の名前が出てないんですよね・・・・ライサチェック選手かな??(せめて3位くらいは名前出してほしい・・・)

小塚選手は8位だったようですね。でも、あの高橋選手だって昔は大きい大会で結果が出せなかったこともあったし、小塚選手は本当に美しいスケーティングとスピン、ステップという武器を持っているのだからまだまだこれからですね。

中庭選手は12位でしたか。残念。でも、彼のFSは素敵なプログラムだと思います。

で、明日は女子ですね~。

安藤選手と浅田選手、2強の戦いになりそうですね。でもカナダのロシェット選手も素晴らしい選手だし、ちょっと分からないかも。

楽しみです。

皆さん、良い演技を!

女子フリーは地上波で放送があるようですね。

| | Comments (0)

あれは結構、違反なタイトルだと思う

近所のレンタルビデオ屋に行きました。

グル~っとアニメコーナーを見て回り、今回も「プラテネス」が無いことを確認(勿論、「リヴァイアス」も「スクライド」も無い)。

人生の宝の一つをご近所のビデオ屋で見つけることは難しいようですね。

キッズ物は充実しているんですけど・・・・

クレヨンしんちゃんの劇場版がたくさんあるな~

と思い、目にしたタイトルを見て懲りもせず声を出して笑ってしまいました。

「クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望」

いや~、このタイトル見るとついつい笑っちゃうんですよね。

ホント、いかんよ。なんか可笑しい。

私にとっては違反なタイトルですよ。

「雲黒斎」(毎回、見ては笑ってしまう私も相当バカなんですけどね)は。

思わず緩んでしまいそうになる口元を引き締め、真面目な表情に戻しながら「海外ドラマ・コーナー」へ移動しました。

「CSI マイアミ」も見たいんですよね。

虫食い状態でしか見てないので・・・・(“ホレイショ座り”と“ホレイショ決め台詞”にシビレるぜ)

が、まだ「のだめカンタービレ」の最終話と「のだめSP」も見ていない事を思い出して、断念。(まだまだ、ゴールは遠い)

「プリズンブレイク2」も見てないんですが、まぁプリズンをブレイクしちゃったから、あまり興味が無いんです。どうやって脱獄するのかが一番の楽しみで、基本的にリンカーンが無罪かどうかなどは二の次だったので(酷いな)。

でも、いつか「子連れ狼」を見たいな、今は無理だけど

と思いながら結局、何も借りずに「ねんねんさいさい毒屋の子~♪(子連れ狼を見ていた人にはわかる)」と鼻歌混じりにビデオ屋を出ました。

*****

そんな事はさておき、

やっぱりな、鬼太郎・・・・

と思った「墓場鬼太郎」。

水神が襲ってきて、水木さんが喰われかけた時点で全視聴者は

「鬼太郎が水木を助けることは無い」

と確信したことでしょう。

勿論、そんな我々の期待を裏切るような真似を鬼太郎がするはずありません。

まぁ、人間(幽霊族)の本性はそうそう簡単に変るものでは無いのでしょう。

今回も、カートゥン(ジャニーズのグループでは無い)な目玉のおやじさんに笑いました。(もっと丁寧に扱いなよ、ネズミ男)

それにしても、水木さんは良い人だったな~。

ニセ鬼太郎まで扶養家族にして、目玉のおやじさんにもコッペパンを一つ食べさせていたんだから、おやじさんは鬼太郎から少し貰えばいいのに・・・意外と大食いですね。

来週も楽しみです。

ところで、水神は借りたお金を何に使ったんでしょうか???(今週の一番の謎はそこだ)

| | Comments (0)

贅沢な話

久々の杉浦さんのインタビュー!!

ありがとう、週プロ!!

嬉しくてゴロゴロと床に転がってしまいましたよ♪

うへぇ~、やっぱり杉浦さんが一番好きだーーっ!!

「今年で38才だけど、27、8才と同じくらい動けますから」

ふっ、格好いいぜっ!杉浦さん!また、また惚れ直したぜっ!!

また、小細工無し真っ向勝負の杉浦さんのプロレスが見れると思うと

心臓がバクバクするぜっ!!

「成長し続ける中年」って・・・・そうか、38才って立派な中年なんですね・・・・そうか、そうか・・・・・(泣)

それにしても、杉浦さんはなぜかいつも

ストリート系ファッション

なんですよね。

丸藤やKENTAなら分かるけど、どっちかって言うと小橋さん世代なのに・・・

いや、いいのだ。

だって、「28才(つもり)」だから!

でもって、やっぱりインタビューで「下ネタ」を爆発させていたようですね(笑)。

掲載されていなかったけど(笑)。

本当に「下ネタ」好きですね~♪ふふふ・・・・

*****

昨日から四大陸選手権が始まっていますが、地上波で放送するのは女子フリーとエキシだけみたいですね。

ま、いつもの事だけど・・・・へっ

とりあえず、Jスポでの放送を待ちます。ありがとうJスポ!!

友人に

「すいさん、フィギュアスケートみたいに夢中になれるものがあっていいね」

と言われたんですが、

いや、どっちかって言うとプロレスのほうが・・・・・好きって言うか・・・ね・・・(だって、プロレス話しても皆、チンプンカンプンなんだもんな~泣)

じゃなくて、夢中に見えるんですね・・・そうか。

確かに、去年は2度もアイスショーに行ったので、かなり贅沢しましたね。

「一度でいいから会場でフィギュアスケートを見てみたいな~」と言っていたのが20年以上前ですね。振り返って手を伸ばしても~、ここからは遠すぎて~♪って感じ・・・・・

その頃は、そんな贅沢は夢のまた夢だと思っていたので、今のフィギュアスケート・バブルには感謝しています。

だって、COIなんて海外に行かないと見れないと思っていましたから(今年もあるかどうか分からないけど)。

AOIなども見たいけど、ヨーロッパに行かなくちゃ見れないし・・・・・。ま、冥土の土産に一度、見てみたいです。本場で。これもまた、物凄い贅沢な話ですね~。

高校の友人などは、子供が生まれてから「外でお茶する時間さえない」って言っていますから。(ようやく「10ぶりに一人だけの時間が取れた♪」と喜びの年賀状が来た・・・そうか子供たちも大きくなったんだな・・・)

が、アイスショーの会場の寒さをネットで調べている時に(冷え性なので、あまり寒いと「死ぬ、死ぬ」となってしまうので)色々なブログだのを見て、世の中には私よりもっとスケートを見に行ってる人がいて、ビックリしました。

いや本当にその熱意と情熱は凄いと思います。(嫌味じゃなくてね)

国内でのショーや世界選手権に足を運び、海外にも行く熱心さには脱帽しました。

本当に熱心なファンというのはそう言った方々ですよ。

私に子供とかいたら(私が偶然見たブログの管理人さんはお子さんがいるようでした・・・)、それだけで気力、体力を使い切ってしまうと思います。スタミナや情熱が無いから(情けない・・・)。

ま、経済的にも無理なんだけど。

でも、本当に贅沢だなと思うことは

行こうと思えばいつでも好きなプロレスの試合を見に行けること

なんですよね。

こんな贅沢ってそうそう無いですよ。

結局、プロレスか・・・・・

あっ、今日は墓場鬼太郎だ!

これも、贅沢ですね。

でも、私が本当に生で見たいのは全盛期の頃の伊藤みどり選手なんですよね。これこそ本当に叶わぬ夢です。

| | Comments (0)

さ、さ、寒い・・・・・

今日は体調を崩し、仕事を休みました。

チッ、行きたかったな。(結構、仕事好き♪)

でも、明日は行くぞーーーっ!!(早く寝よ♪)

さて、今日は本当に寒いですね。布団の中にいても寒さが身に沁みます。

先日、美容師さんが

「寒いと不機嫌になるんですよ~」

と話し始め

「あ~、私もそうなんですよ!!気持ち分かります!!」

と二人で盛り上がりました。

そう、寒いとその寒さに耐えるのに精一杯で他の事は構っていられなくなるのだ!!と言う結論に達しました。

やたら寒い日は生命を維持するために全てを使い切っているいるわけです(←??)。

ですから1月、2月は外をウロウロするような外出は極力避けています。(映画や食事、美術館などは屋内なので問題は無い)

とくにウォータフロント(海、川は寒い・・・死ぬ死ぬ)に出かけた場合は確実に不機嫌になります。

表に出さないようにしていますが・・・

いや~、どれだけ冷え性なんでしょうね。寒さに強い体になりたいと思いますが。

「顔の作りが暑苦しいから寒さに弱いんでしょうね~。1月、2月に比べたら毛穴全開になる夏のほうが好ましいですよ~」

と言ったら、爆笑されました。

なにが可笑しいのやら?

外気が寒いのはまだいいけど、家の中も寒いのがチョット・・・・

まだ暫く辛抱しないといけないですね。

3月になったら寒さもマシになる!たぶん・・・・

でも、3月になっても雪が降ったりするので油断ならないのあった・・・・あれは本当に頭にくる!!

| | Comments (0)

チンパンジーか?ボノボか?

少々残酷な話が出てきますので、そういった話題が苦手でお嫌いな方はこれ以下の文章は読まないで下さい

*****

我が家は毎週、「野生の王国」を見ていた。

丁度、夕飯の時間で夕食を食べながら見ることが多かった。(あまり誉められた習慣では無い)

その日、「野生の王国」ではチンパンジーの生態を放送しており画面に「ショッキングなシーン(だったと思う)が流れますのでご注意下さい」とテロップが出た。

そのショッキングな場面というのは、チンパンジーの群れのリーダーが交代して新しいリーダーが中心になって、前リーダーの子供を殺すといったものだった。しかも、必死に子供を守ろうとする雌から子供を奪い取り殺すだけではなく、その体を引き裂いて食べる場面もあった。それは子供を持つ雌は発情しないので、自分の子孫を残したい新しいリーダーは前リーダーの子供を殺しその後、発情した雌と交尾し子孫を残すために行なわれる行為である。

私は小さな頃から動物ドキュメンタリーを結構見ていたし、同じ子殺しをライオンの群れでもやっているのをテレビで見ていたのでそれ程ショックではなかったけれど、不快な気持ちにはなった。それが本能だと言っても、不快な行動であることは変わりなかった。

母はすっかり気分が悪くなり、それまで「動物の中で一番チンパージーが好き」などと言っていたのに、「チンパンジーは嫌い」と言うようになった。

さて、そのチンパンジーの中にボノボと呼ばれる亜種がいる。

彼等はチンパンジーよりも賢く、穏やかだと言う。

そして争いを好まず、群れの中で争いが起こりそうになると交尾(または交尾の真似)をして争いを回避するのだそうだ。たしかに、セックスは単に生殖行為といっただけでなくコミュニケーションのひとつでもあるから(←双方の同意がある場合に限る)争いを回避するには有効な手段なのだろうと思う。

母は「チンパンジーは嫌いだけど、ボノボは好き。だって人間に近いから」と言った。

それを聞いて「それはどうかな?」と思った。

私は人間は平気で暴力に慣れる攻撃的な性質があると思っている。

普段はそれをコントロールしていても、簡単に暴力を容認することがある。

「集団」になった場合、それは顕著だ。(更に上のほうからの“お許し”があれば何の迷いも無く暴力を振るう)

例えばクラスでいじめがあった場合

一人がいじめられっ子を殴ると、他の連中も次から次に殴るし、殴ってこない連中もその暴力を笑って見ているといったことがある。(勿論、半数くらいどちらもしない人がいるが)

殴られる前までは普通に接していたクラスメートが殴る側、あるいは笑って見ている側になるのを何度も見てきた。

チンパンジーの子殺しを見たときにそれを思い出した。

争いを嫌うボノボより、チンパンジーのほうがより我々に近い

チンパンジーが持つ攻撃性は人の中にもある

私自身、小学生の頃は「殴られる側」だったから絶対に人を殴るような真似はしないけれど、だからと言って自分が攻撃的なものを持っていることは否定しない

「私はあんな人達とは違う。あんな醜悪で下劣な事はしない。」

確かにそう思っている。けれど、もし自分が殴る側、それを見て笑っている側だったら・・・・もしかしたら、暴力を振るう醜悪さに気付かないかもしれない・・・・・

チンパンジーの持つ攻撃性も、集団で人を殴る卑怯な振る舞いも自分自身を映しだしている

「あんな連中とは違う・・・・でも、自分の中にもあんな醜悪なものがあるかもしれない」

そう思うことは悪いことではない。

勿論、自分の醜悪で嫌な化け物のようなものを認めるのは、情けないことだけれど恐ろしいことではない。

自分の持つ醜悪さに向き合えば、それを理性や知性で押さえ込むことが出来るからだ。

自分の中の化け物を理性で縛り、知性で制御出来る化け物の主人は自分しかいない。

むしろ、自分の中の醜悪さに目を背ける鈍感さを身に着けるほうが恐ろしい。

チンパンジーは本能にまかせたままだが、人は攻撃的な本能に理性という鎖をかけることが出来る。

さて、最近はボノボの数が激減していると聞く。

なんでも、相次ぐ内戦により食べ物を得ることが出来なくなった飢えた人達が、ボノボを食べているからだそうだ。

なんて痛ましいことだろう(他に言葉が見つからない)

他の種を滅ぼし、同種を殺し、最後は自らの手足を引き千切るような真似をするようになるのだろうか?

| | Comments (0)

ホッと一息

仕事は楽しいけど休みが多いのも嬉しいですね。

「ちょっと困ったことになったかな?」

と思っていた事もどうにかなりそうで良かった~♪

こうなったら人間ゲンキンなもので「早く4月にならないかな?」と楽しみになってきました。

*****

やっぱり「墓場鬼太郎」は面白い。

でも、やっぱり情け容赦が無いですね。(そこが良いところだけど)

黒いとは言え、ハナを垂らし泣き喚く鬼太郎が哀れでしたし、

地獄に残る決意をした寝子も哀しい。

寝子に手を伸ばしデレデレ照れる鬼太郎を見て

あ~、あんたは「クレヨンしんちゃん」かっ!!

なんて笑って悪かったよ。ごめんね、鬼太郎。

哀しく容赦の無い話ですが、相変わらず小ネタが可笑しい。

今回は目玉のおやじさんが可笑しかったですね。

「うわぁ~、凄い汗」

と思ったら実は泣いていたり(目玉=顔だから、涙が汗に見えちゃって・・・)、

ヤカンに落ちて

「死ぬ~!」

と騒いでいたくせに、あっさり車に轢かれてペラペラのまま何事もなかったかのように歩き出す始末。(車に轢かれたとき「あっ!!おやじさんも死亡か?!」と思ってしまった)

しかも、マッサージしてもらったら元に戻っているし・・・・

あんたは「トムとジェリー」ですか??

それにしても、スカートめくりをする鬼太郎なんてここでしか見れませんね。

たいして悪いことをしていなくても

死んだら皆例外なく地獄行き

です。

生まれた時に誰もが地獄への片道切符を持っているのかもしれません。

だから寝子がニセ鬼太郎に言った言葉に胸が痛くなります。

辛い経験をした鬼太郎、人間社会でどう変わっていくのでしょうか?

次回の予告では、おばちゃん達にボコボコにされていたけど・・・・・

「めし」と書かれた鉢巻をしている鬼太郎が来週も楽しみです。

| | Comments (0)

やたら眠いその理由は?

昨日は眠くて眠くて、結局PCも開かず寝ました。

いや~、寒いと眠くなりますね。

部屋も寒くて寒くて・・・・(死ぬ、死ぬ)

暖かい所は会社とお布団の中だけですよ。

*****

私の仕事はある事の調査なんですが、これがもうやってもやっても減りません。

しかも、なかなか見つからない事が多い。

が、追って探して見つけ出した時の充足感はなかなか良いものです。

「うぉっしゃ~!!やっと見つけたぜっ!!オラ、オラ!!」

という感じです♪

今日も同じ課の女性が

「あ~、これは見つからないかも・・・・」

と言ってきたので

「あっ!これは悪質なんですよ!!こういったのは、何が何でも探し出して地の果てまでも追い詰めたいですね!!

と、握りこぶしを作ったら苦笑いされました。

この時、私の頭の中にはBGMとして「爆勝宣言」が流れていました。

サイテーですね(笑)。

単純な仕事ですけどね。

でも、ま、燃える♪

いつもやたら眠いのは仕事中、テンションが高いからかもしれません。

自分でも正直、如何なものかと思います。

あっ、今日は「墓場鬼太郎」ですね。

見なきゃ♪

| | Comments (0)

ショート・スリーパー、ロング・スリーパー

仕事から帰って来て、小腹が空いたので煎餅3枚を食べ、牛乳をマグカップ一杯飲んだら良い感じでお腹が膨れ、晩御飯を作っているにもかかわらず、すっかり眠くなりました。

ご飯が炊けたら、夕飯を食べて、食後のデザートに甘酒を飲んで寝ます。

今は、コーヒー(ブラック)を飲みながら、板チョコ食べてます。

「食べて、寝る」

本能のままに生きていますね。

*****

さて、人間には「ショート・スリーパー型」と「ロング・スリーパー型」があるそうです。

ま、読んで字の如く「ショート・スリーパー」の人は3、4時間睡眠でバリバリ精力的に仕事が出来る人で行動的で社交的な人らしい。

で、「ロング・スリーパー」の人は睡眠時間が長く(10時間以上)、クリエイティブな人だといことです。

たった2種類しかないのか・・・・何を根拠に・・・・・と思わずにはいられないのですが・・・・

この説によると私は典型的な「ロング・スリーパー」なんですが(仕事してなかったら、12時間くらい寝ているであろう)、水木しげるやアインシュタインが11時間くらい寝ていたらそりゃ「クリエイティブな人♪」になるんでしょうが、私のような人間が長く寝ていたらそれは単なる

ナマケモノの駄目人間

です。

実家にいる頃、寝ている犬で暖を取りながら(寒かったので犬の体に手をかざして温まっていた・・・なんだか凄くビンボーな感じだ)、

「半兵衛~、あんたは一日に15、6時間は寝てるよね~、いいな~いいな~いいな~」

と、呟いていたら盗み聞きしていた母(よく盗み聞きしている・・・油断出来ない)に、

「このナマケモノがっ!!」

どつかれました。

きっと生まれながらのナマケモノなんでしょう。そういえばナマケモノと顔が似ている・・・・スロー・ロリスにも似ている・・・・・

さて、ご飯が炊けたので食べて寝ます。

溶けそうなくらい眠いや・・・・・

| | Comments (0)

なぜ増えないんだ?

別に痩せているわけでもないのに体脂肪が増えないのが不思議です。

体脂肪計が壊れているわけではないんですよね~。

勿論、ダイエットもしていません。(太っても、食べるほうを選ぶ)

食が細いわけでもありません。(かなり食べるほうだ)

実際、かなり足は太いし。(大抵のブーツは履けない・・・泣)

まぁ、上半身は薄っすらアバラが浮いていますが・・・・骨盤は幅広だし。

ハッキリ言って、横に広がっている

ヒラメ体形

とでも申しましょうか・・・・

昨日、体脂肪率を量ったら

13%でした

増えるどころか減っている・・・・・

頭にきますね・・・本当に

女性の皆さん、体脂肪は少ないほうが良いわけではありません

決して

17%より下になってはいけません。

女性ホルモンのバランスが崩れますし・・・・寒いですよ、冷えます

出来たら20%は欲しいです。

それにしても、11時過ぎに夕飯を食べ、あまつさえ食後にエクレアを3個くらい食べたりするのになぜ体脂肪が増えないのでしょうか?

お腹に虫でもいるのか?(げげっ)

こうなったら

「プロレスの次に揚げ物が好き♪」

って、ならなくてはいけないのでしょうか??

やでやで。

しかし、本当に寒いですよ。体脂肪減ると・・・・辛い・・・・(泣)

| | Comments (0)

雪が降る

すっかり雪景色ですね。

明日、ちゃんと電車は動くんでしょうか??(仕事だ!仕事!)

さて、ようやく杉浦さんがリングに復帰するようです!

やった!!待っていたよ~♪

目の怪我だから心配していたんですが、良かった。

復帰祝いに試合を見に行きたいけど、どうせ杉浦さんを見るなら対戦相手が秋山さんとか、森嶋選手相手のほうがいいですね。(あと力皇とか・・・力皇の復帰はいつなんでしょうね。心配。)

久々に血沸き肉踊るプロレスが見たいですね。

今日は一日中、家に引きこもり・・・・これの雪じゃ外に行けないもの。

| | Comments (0)

昭和の黒いマンガ

それにしても鬼太郎が面白いですね。

毎週、鬼太郎の黒さにメロメロ。

しっかり、重井さんを脅してるじゃないですか・・・・黒いよ、鬼太郎。(“命の恩人”ってたいした事してないじゃないか~)

目玉のおやじさんも、弁当にネズミを入れないように・・・・

「とーさんの弁当は恥ずかしい」とか言う問題じゃないですよ(外で食べたほうがいいよ。鬼太郎)、ネズミ弁当は・・・恥ずかしい以前の問題(でも、戦中「鼠が美味い」という噂が流れたらネズミが消えたと横井さんは言っていた・・・やりきれないな・・・でも、ネズミより蛇のほうが美味かったらしい・・・・)。

怨まれ、妬まれ・・・・アッと言う間に寝子さん死亡。

来週も楽しみです。

それにしても、「墓場鬼太郎」を見てると「黒いセールスマン」や「魔太郎が来る!」を思い出しますね。

「黒い~」はともかく、「魔太郎~」は嫌だったな~。

特に、あの赤ん坊が・・・・

私もいじめられっ子だったけど、「魔太郎みたいには絶対になりたくない」と思ったものです。

2、3話ほど読んでゲンナリしました。

それから表紙見るのも嫌になったものです。

「エコエコアザラク」とかは平気だったけど。(“黒井ミサ”って子供心にも「ふざけた名前だな~(笑)」って思ったけど)

「恐怖新聞」は怖くて読めませんでしたね。弱虫だ。

でも、一番怖いと思ったマンガは

山岸涼子の「私の人形は良い人形」ですね。

大人になって、本屋でうっかり立ち読みして正直、本屋で怖くて泣きそうになりました(笑)。

なにが怖いって、「恐怖に震えて怖がってる人の表情」が怖いんですよ。

いや、ホントに。

映画「シャイニング」で、ジャック・ニコルソンに怯える奥さん役の女優さんの表情が怖いのと一緒ですよ。

いや、最近はこういったドロドロしたマンガってあるんでしょうか?

| | Comments (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »