« February 2008 | Main | April 2008 »

晩い春の憂鬱な空の下~♪

「僕らは静かに消えていく」って、やっぱりいいですね。

淡くゆれてる陽だまりの中で

昼下がりのやわらかな風に

束の間の夢をみていた日

か・・・・。

束の間の夢を見ている時にいつも“その終わり”を考えてしまうけど。

あらゆるものは移り変わるし、私もボロ布のように擦り切れて消えていくのだろうな~と思いますね。

色即是空 それが世の常なんでしょう。(諸行無常でもいいよ)

春は心躍る(冷え性なんで暖かいと嬉しい)と同時に、変っていく消えていくものを思う季節なんでしょうかね。

と同時に

「あー、明日から色々と物価があがる~!くそー!!」

と思います。あ~、生活に疲れて擦り切れて消えていくんだろうな~(泣)。

さて、

土曜日に友人のグループ展に行ってきました。

テーマは

「テーブル・アート」

ということで、なかなか可愛らしくて良かったです。

友人には会えませんでしたが行って良かった♪

明日から4月・・・早いな~。

| | Comments (0)

引き続き

また、サイボーグ009の話ですが(笑)。

第3期平成版の009を全話を見ていました。

まぁ、いい歳してどうだろうと思いましたが・・・・ね。

でも、面白かったですね。

こう色々と古臭い感じはあったけど(酷い作画の回も多かったけど)、楽しみました。

それぞれのサイボーグのエピソードなどは切なくて良かったです。

でも、特に印象に残ったのは「まぼろしの犬」ですね。

「とことん!石ノ森章太郎」の視聴者からのFAXで

「ジョーが初恋の人でした」(あら、まぁ、うふふ)

とありましたが、う~ん、それは分かる気がします。(私の「初恋」は生まれて初めて映画館で見た「タワーリング・インフェルノ」のポール・ニューマンだったけど・・・って当時、小学校にあがる前だったのに、どんだけオジサン好きなんでしょう・・・でも、格好良かった♪

確かに、やさしくて強くて男らしくて・・・なにより、どこか淋しそうで・・・でも、いつも「人の心」を信じているところがあって・・・

それは心惹かれるでしょうね。

特に第2期のOPで涙を流すシーンが象徴的だったなと思います。

勿論、第2期の井上009も好きだけど第3期の櫻井009も好きでした。

櫻井009は井上009よりも、もっと哀しげで淋しそうで。(だから「まぼろしの犬」の話が余計に辛くなる)

井上009の時は

「まぁ、君にはフランソワーズがいるじゃないか」

と思っていたのですが、

櫻井009はどんなに003が心を寄せても、どうしようも無く哀しく淋しい感じがあって良かったなと思います(後期エンディングの静かに瞳を閉じる009のカットは好きだったな)。

うん、良かったですよ。

でも、私が平成版で一番気に入っていたのは004なんですけどね(笑)。

ところで平成版のラストは「地上より永遠に」で終わって欲しかったですね。

「神々との戦い」は物語が完結した状態で見たかったかな。

第2期、第3期両方見れて面白かったです。

| | Comments (0)

やっぱり燃える

「サイボーグ009」の第二期のOP。

夢見て走る死の荒野~♪

の涙がキラリも良かった。

あの前奏を聴くと当時(でも私が見ていたのは夕方にやっていた再放送。しかも相撲が始まると見せてもらえないのだった・・・・)を思い出しますね~。

やっぱり燃える

しかし、今回NHKが放送した回は

恥ずかしかった・・・・・

愛、愛・・・・言いすぎですよ~。

いや~、子供の時これを見たときもやっぱり恥ずかしくて、恥ずかしくて炬燵に頭を突っ込んだり出したりして挙動不審になりました。親に「バカじゃないの!」って怒られました。

今もメロドラマは苦手ですけどね。

恥ずかしいんだよ~!!

それにしてもフランソワーズ、可愛いわ♪

当時やっていたアニメで一番ルックスが可愛いと思っていました。

ただ、ジョーといるとメロメロな女の子になるのだけが残念でしたね。友人はチームで戦っているのに、「ラブラブになってはいかん!!他のメンバーに悪いだろう!!」とお怒りでしたが・・・(ちょっとくらい勘弁してあげてもいいじゃん・・・でも、もう少し凛々しくお願いしたかった・・・恥ずかしいし)

ストーリーも好きだったけど、特に嬉しかったのは

コスチュームが格好良かったことですね(笑)

子供心にも「真っ赤じゃ目立って実用的じゃないな」と思いましたが

あの赤い戦闘服に風にたなびく長いマフラー、黒いブーツ姿が凄く好きでした。

女の子の003もちゃん皆とお揃いでソコが特に良かった!

私はタツノコのやたらピッチリした全身タイツ系の服が当時から嫌だったし(お尻の形とかが出すぎで最悪と思った)、女の子が戦うのにミニスカ(パンツが見えることもあり)を穿いてるのがどうにもこうにも腹立たしくて仕方なかったのでこれは嬉しかったですね。

00ナンバーの戦闘服は体のラインが必要以上に出なくて良いですね。

まぁ、子供の頃から「服のシワ」が好きだっただけかもしれませんが・・・・(全身タイツは本当に嫌いだーーー!)

ま、それはともかく久々に見た「誰がために・・・」の流れるOPには燃えました。

私にとっての009はやっぱりコレですね。

満足

「003、スカート姿だったのに下に戦闘服着てたの????」

とか

「こら~!オリンピック選手はどーなった?!」

とかは言いっこ無しで(笑)。

| | Comments (0)

実に悔しいが

KENTAってやっぱり

かっこええなぁ~、ええなぁ~、ええなぁ~(エコー)

と思いました。今週の週プロの表紙を見て・・・

私は誰よりも杉浦さんが好きだけど、KENTAはやっぱり格好良いと思います。

ぐぞーーっ!悔しいな~、ホント!

凄く良いレスラーであることも事実だし。

数年前までは、まだまだ少年の面影を残していたけど最近は「男の顔」になってきましたね(杉浦さんなんてデビューした頃からあんな感じだったけど・・・・そこがいい♪)。

さて、

友人が貸してくれた清水玲子の「秘密」をとりあえず2巻まで読みました。

これが予想外(・・・・失礼)に面白い。

確かに死んだ(←殺されたあるいは殺した)人間の脳に残った記憶を見れたら事件の真相がかなり明らかになるでしょうね。

たとえ脳が記憶している映像が主観的であったとしても。

それにしても4話は違反だな~と思いました。あれは違反ですよ。

青木が口にした「ふたり」という台詞がやさしくて悲しくて。

人の心にどんな化け物が棲んでいても、それでもやさしさと愛情にあふれた世界があると信じられることが切なく・・・やっぱり哀しい。

4話にはやられましたね。

あぁ、3話のラストもやれましたが。

とりあえず、ここで漫画はやめて4月の深夜アニメを見ようかと思います。

アニメのほうだったら、あの清水玲子の華美な絵も押さえ気味になると思いますし。

物語に文句は無いのですが

なんで男性なのにこんなに華奢で細いのか?

とか

ちょっと!そこ必要以上にいかがわしい!ダメだ!

とか

まぁ、そんな気持ちになります。私は。赤面しそう。

あと、やっぱりグロかった・・・・・。人体の不思議展。

これを三池崇が映画化したら物凄いことになりそうです。

以前、三池崇の「殺し屋1」の予告を見たのですが、

「うわ~、これは痛い!痛い!痛い!見れない!」

と思ったので。

アニメのほうは深夜枠とは言え大丈夫なんでしょうかね・・・・。

*****

昨日の日記を読むとなんのかんの言って私はやっぱり結構「ズバット!」が好きなんですね。

友よ見てくれ唸るムチ♪(ズバット、OP)

「・・・あんた、SMの女王じゃあるまいし・・・」

なんて突っ込みながら見るのは楽しかったです。

| | Comments (0)

気が抜ける~

事情(たいした事情ではないけど)があって昨日は「とことん!石ノ森章太郎」録画して見ました。

昨日の私的メインは「怪傑ズバット!」だったのですが、いつ見ても気が抜ける~。

数年前に事情(勿論、たいした事情ではない)があり「怪傑ズバット!」をほぼ毎日見ていたのですが・・・・

最初のうちは宮内洋のこれ以上無いくらいのキザな演技に開いた口が塞がらない状態だったのですが、慣れというものは恐ろしいもので段々平気になってきました。

まぁ、子供の頃やたらと時代劇を見ていた(←親がね。チャンネル権は親のものだったので)せいか、「ズバット!」の紋切り型のストーリーもそれほど抵抗がなかったせいかもしれません。

それどころか、最初はかなり嫌々見ていたのが結構楽しくなったりして・・・・脳内麻薬でも出ていたのでしょうか?(知人に物凄いズバット!ファンがいて洗脳された可能性もある・・・コワ~っ)

とにかく、必要以上にキザな宮内洋の演技奇妙奇天烈な「日本で一番対決!」と突っ込みどころ満載の斜め上行く展開(いや、斜め下か??)は楽しめました。

嫌な事があったりした時には

「あぁ、こんな人達だって一生懸命生きているんだな~」

と生きる勇気が湧いてきたりして・・・・って、もっとも人によってはつくづくウンザリすることもあるでしょうが。

毎回、食事をしながらとか週プロを読みながら見るといった感じで笑って見ていました。

さて、久々の「ズバット!」ですが見ていて

「あぁ~やっぱり~気が抜ける~」

と思いました。

突っ込むところしか無いという凄まじさ。

ただ、

「NHKぬかったな!」

と思ったのは最終回なので「ズバット!」で一番の見せ場である

「珍妙な対決シーン」が無いことでした!!

これはイカン!!

珍妙対決があってこそのズバット!なのに!!

私個人としては見ていて茶碗を下に落としてしまった

「大工対決!!」

が見たかったですね~。衝撃でしたよ、アレ(なんで用心棒の得意技が大工なんだってぇ~の!なぜ私立探偵がムチでカナヅチを使ったりして家を建てられるんだってぇ~の!!)。残念。

最終回を丸々見せるより、あの「珍妙対決」を色々と見せてくれたら良かったのに。

ま、いいか。

それにしても、宮内洋のありえないキザな格好つけも凄かったけど(テンガロンハットと紅白の服装もアレだけど)、死んだ親友の飛鳥の

チロ~リア~ン♪な格好も凄かったですね。

「科学者なのかっ!!本当に!!」

と思いましたね。スイス人でもあんな格好しないと思う。

あと、墓に

「天才科学者」

って入れるのもどうかと思う。チロリアンのくせに!

久々に見た「怪傑ズバット!」はやっぱり気が抜けました。

ま、そこがいいところなんでしょう・・・・・きっと。

| | Comments (0)

次の世代も!

今季、私が録画しているフィギュアスケートの大会で繰り返し見ていたのはP・チャン選手と小塚選手のプログラムでした。

二人共、素人目から見てもスケーティングが美しく見ていて非常に気持ち良く、大好きだからです。

以前に何度もブログに書きましたが、基本が出来ているスケートは本当に美しい(バトル選手もこのタイプですよね)。

P・チャン選手の鮮やかな足元、小塚選手のグンとスピードの出る美しいスケーティングは何度見てもいいものです。

さて、今回の世界選手権で高橋選手の初優勝と同じくらい気になっていたのが、小塚選手の成績でした。

小塚選手は初めての世界選手権。しかも日本男子の枠を3つ取るために良い成績を残さなくてはいけない。

かなり厳しい状況だなと思いました。

SP、小塚選手はカナダのP・チャン選手の後に滑るといった、まぁ見る側からすると

「おおっ♪美しいスケーティングを続けざまに見れる♪眼福、眼福♪」

と言う感じだったのですが

niftyのインタビューを読むと

「歯がガタガタする程、緊張している」

とあります。

「大丈夫かい?でも、最終グループのあのメンバーの中で滑るから無理は無いよね。」

と、他人事ながら心配しつつ見ている(甥っ子を心配するオバの気持ち)と予想以上に良い滑り!

で、8位。(P・チャン選手は7位)

おしっ!

そして、FS。

小塚選手の前に滑るP・チャン選手を見ました。

ミスはあったものの、やっぱり将来がとても楽しみな選手ですね。

スケーティング、美しい。惚れ惚れ。表現力もあるよ!

そして、小塚選手。

「最初のコンビネーションが(また)スッポ抜けたっ!!アチャー!」

と思っていると次に

3A+3Tのコンビネーション。

「んっ?!3Aはシングルじゃないのかな?」

と考えていたら田村さん(Jスポの解説)が

「気が強いですね~」

と一言。

おおっ!では、やっぱりさっきスッポ抜けたのをこれで取り戻してきたんだ!偉い!

結局、ジャンプで2度転倒があったものの最終的に8位と健闘!!

勿論、来年の世界選手権の日本男子の3枠も確保出来ました。

いや~、良かった!良かった!

P・チャン選手、キャリエール選手、ボロノフ選手(ロシアは2枠確保!)といったこれからの選手達も健闘して、来年も楽しみですね~。

女子はジャン選手や長洲選手もあがってくるだろうし。

みんな怪我とかしないで良い演技が出来ますように。

今年の世界選手権は佐藤コーチの教え子さん達が、がんばったな~と思います。

男子、女子シングル共に最終滑走者の演技がノーミスってのも良かった!

中野選手の演技にも本当に感動しましたよ。

そういえば、ランビエル選手はコーチを変えるって話が出ているようですね。

そうなると、あのおじいちゃんコーチとサロメさん(コリオグラファー)とのキスクラが見れなくなるのか~。なんだか寂しいな。(で、新しいコーチとしてオーサー氏の名前が挙がっているらしい)

孫(最近では息子)を見守るおじいちゃんって感じでホノボノと見ていたのに。

佐藤コーチと教え子さん達のキスクラも好きなんですよね(やっぱりホノボノ)。

あと、キスクラと言えばウィアー選手のキスクラではペトレンコさんがいるので、嬉しくてしかないですね~。

へへへ。

| | Comments (0)

今年も面白かった!

Jスポでフィギュアスケート世界選手権の生放送を見ました。

途中からですが。

南里選手、初めての世界選手権を糧に次に繋げていくんでしょうね。「月光」(SPだけど)も素敵でした。

さて、

最終グループ、

ベルネル選手。

私は高橋選手、ベルネル選手が今回の本命だと思っていたので、あまりにもミスが多くて絶句しました。

う~ん、残念。でも、次があるさ。

さて、次のウィアー選手の美しい演技に唸り、彼が暫定1位で納得。凄く凄く良かった。強くなった。

そして高橋選手の演技を見て

「ちょっと力んじゃったかな?」

と・・・・。

いや、本当にこの世界選手権(グランプリファイナルでも)で表彰台の真ん中に立てると思っていたので残念でした。

でも、仕方ない。今季、高橋選手は頑張ったし次のシーズンはこれをバネにしてもっと成長していくのだろうと思います。難しいね、世界と戦うのは。

次のランビエル選手。

「・・・・こんなフラメンコはちょっと・・・・」

ノッている時の彼の演技は多少ミスがあったとしても、引き込まれるような魅力があるのに全くその魅力を感じませんでした。(入り込んで滑るのはいいけど、エキシの“ロミオとジュリエット”は私はかなり見ていられない恥ずかしさがあります。お尻がモゾモゾするんですよね~)

体の調子が悪いのか?なにかアクシデントがあったのか?

当然、点数も出ず高橋選手よりも下の順位に。残念。

さて、ジュベール選手。

正直、今季の彼は病気をしてグランプリ・シリーズも途中欠場して、ヨーロッパ選手権の時のあまりにも痩せていたので

「今回、表彰台に乗れるかどうか?」

と危ぶんでいました。

が、(痩せてはいるが)伸び伸びと滑り4回転も決めてきたのでビックリ。

これは、ジュベール選手が金メダルか?連覇出来る?

と思いました。

当然、この時点でジュベール選手が暫定1位。2位:ウィアー選手。3位:高橋選手。

そして最後のバトル選手。

彼は本当に美しいスケートをする選手でスピン、ステップも文句なし。

ただ、不安はジャンプで失敗をすることと4回転ジャンプを武器として持っていないこと。

曲は「アララトの聖母」。

バトル選手は素人目で見ても分かる本当に美しいスケーティングで、氷の上を滑って行きます。

問題のジャンプもなんなく決めてきました。

プログラムの終盤でふと

「このままノーミスで滑れば4回転を持っていなくてもバトル選手が優勝するかも」

と思いました。

そして、演技が終了しました。

本当に素晴らしく美しい演技でしたしバトル選手にとっても会心の演技だったのでしょう、バトル選手も本当に嬉しそうでした。

我々も本当に美しい「アララトの聖母」が見れて嬉しかった。ありがとう。あまりも素敵だったので小さく拍手してしまいました(←夜中なのでね)。

さて、勝負の行方ですが本当にジュベール選手かバトル選手か分からない・・・・(この時点で高橋選手の表彰台は消えたと確信した・・・残念だけど)

バトル選手の得点が出た時、「これは高い!」と思いました。

画面が切り替わって不安そうなジュベール選手が写っています。

そして、バトル選手が優勝しました。

思わずまた小さく拍手。

バトル選手、本当におめでとう!ジュベール選手、銀だったけど素晴らしい演技でした、ありがとう、そしておめでとう。ウィアー選手も美しい演技でした、素敵でした。そして、高橋選手は4位だったけど、今季は本当に強くなったなと感心しました。世界選手権で表彰台の真ん中に立っている姿が見たかったけど、それは次のお楽しみですね。本当にお疲れ様でした、ありがとう。

いや~、今回もおおいに楽しませていただいた世界選手権でした。

面白かった!!

女子もこんな感じで見たかったのですが、母に思い切りネタバレをされて出来ませんでした。

本当にもぉ!!

でも、まぁ浅田選手のFSの3Aでの転倒を生で見てたら、心臓に悪かったかもしれないので「良し!」としておこう・・・・

って、出来るか!母め!!

それはともかく、選手の皆さん本当にお疲れ様でした、そして本当にありがとう。

****

ちなみに、ツレは

「あの転倒の後にしっかり立ち直って演技をしてくる真央ちゃんが一番、強くて漢だと思った」

と言っていました。

うん、確かに・・・・・

・・・・次も世界選手権の話をします。長くてすいません・・・・

| | Comments (0)

女子には泣かされそうになる(別の意味で母にも・・)

昨日、墓場鬼太郎を深夜リアルタイムで見てそのまま女子レスリングを見ました。

浜口選手、吉田選手が北京行きを決めたので嬉しかったです。

寝不足になったけど、本当に良かった。(「見届けないで寝れるかっ!」って気持ち)

色々と不安のある北京五輪だけど、ボイコットはしてはダメだ。

本当にダメだ。

次のオリンピックで種目から外されるソフトボール

「オリンピックに出れるならお嫁にいけなくてもいい」

と言った選手達

本当に今度が最後の五輪です。

勿論、彼女達だけじゃありません。

どの競技も代表も4年に一度の五輪を目指しているんですから。

*****

昨日Jスポで録画した世界フィギュア選手権の女子FSを見ようと、ネットも夕刊もキヨスクも見ないようにして家に帰った途端、固定電話の呼び出し音が・・・

電話に出ると開口一番に

「ねぇ、真央ちゃんが優勝したのよ!!」

と母。

・・・・・やられた・・・・・

もう聞いてしまったから仕方ない。でも、あのキヨスクまで見ないようにした私の努力はなんだったのだろう??母よ嫌がらせか??

と思いました(泣)。

で、母の口から女子の結果を聞き、犬話と愚痴を聞いてから女子FSを見ました。

本当は録画したJスポのほうを見るつもりだったのですが、なんとなくやさぐれた気持ちになりフジの放送のほうを見ました。(Jスポは後でゆっくり見よう)

安藤選手・・・・これは辛いな・・・でも、めげずに怪我を治してまた次のシーズンに素晴らしい演技を見せてほしいですね。

上位グループの選手は皆やっぱり素敵でした。

コストナー選手のお手つきは残念だったけど、あのスピードとダイナミックな演技は本当に素晴らしい。この衣装可愛い♪

キム選手は本当に頑張ったし美しい演技でした。SPが残念だったけど。

浅田選手が最初の3Aで転倒したとき(母から聞いてはいたが・・・)ビックリしました。あの転倒からよく立て直してきたなと感心しました。本当に心が強い。立派です。優勝おめでとうございます。

そして一番感動したのは最終滑走の中野選手の演技でした。

ノーミスの素晴らしい演技!!

最後のドーナツスピンのところで鳥肌が立ちました。

惜しくも台には届かなかったけど、本当に素晴らしかった!

自分の出せる力を全て出し切ったと胸を張って言える中野選手は本当に素敵です。

みなさんお疲れ様です。

おかげで楽しかった♪

そうだ、がんばった中野選手にご褒美としてジャンク・スポーツから

「玉木宏とデート企画♪」

くらいプレゼントしてあげたらいいのに。いつも出演してくれてるんだし。是非!

それにしても、昨日今日と女子には泣かされそうになりましたね~。

あっ、別の意味で母にも泣かされましたが・・・(怒)。

| | Comments (2)

墓場鬼太郎は面白かった♪

夜~は墓場で運 動 会♪

をここでやっているのかーーーっ!

などと思った「墓場鬼太郎」の最終回。

いや、もう本当に最後まで面白かったです。

非常に満足!!

OPに出てきた可愛いシルエットのアレは鳥だったのかー!!

OP見るたびに

「アレはいつ出るんだ?いつ出るんだ?」

と楽しみにしていたので最終回で見れて満足。

あの世に行った三人は楽しそうですね~。

あの世の水木は結構楽しそうだけど、現世に行った水木はキュウキュウと働かなくちゃならないハメに・・・・

あの世に行った水木の尻拭いをさせられるとは不憫な(笑)。

過保護な親父さんと別れてねずみ男と肩を並べて歩く銭ゲバ鬼太郎が素敵♪

現世は結構退屈しないけど、銭がなきゃ困るからね。

アンパンだって買えやしません。アンパンマンが顔をくれるなら別だけど。(子供心にアレは怖かった・・・・)

「お金を稼ぐことがいけないことでしょうか?いけないことでしょうか?」

と、この台詞を鬼太郎とねずみ男に鷲津と並んで言っていただきたい。次の機会(続編)があれば。

いや、最後まで墓場鬼太郎は面白かったです。

来週から寂しくなるな~(泣)。

それにしても、墓場鬼太郎を是非ティム・バートンに見てほしいですね(笑)。

きっと気に入るのではないかと。

| | Comments (0)

寿命を延ばす

と言うわけで、Jスポで世界フィギュア選手権:女子SPを見ました。

いや~♪女の子はいいね♪可愛いね♪綺麗だね♪

衣装だって変なの着てることないしね♪(男子は時々ね・・・・「ぎゃっ!」ってなることが・・・)

安藤選手はチョット惜しかったけど(ま、明日は伸び伸びと滑って欲しい)、中野選手は素晴らしかったし、浅田選手も良い出来だったと思います。素敵だ!

キム選手は転倒したのが残念だったけど演技は素敵だったし、マイヤー選手は優雅な滑りだったし、コストナー選手は惚れ惚れする演技でしたし(スタイル良いな~)、コルピ選手は相変わらず魅力的だったし(衣装がメチャ可愛い♪似合ってる♪)、ロシェット選手はやっぱり格好良かった!

あぁ、良いもの見ました。

明日のFSも凄く楽しみ♪

選手の皆さん明日も素晴らしい演技が出来るといいですね。

あぁっ!!そうだ、「墓場鬼太郎」もう最終回ですよ!!

寂しいよ~

それにしても、Jスポの放送だと「マオちゃんプロモーション・ビデオ」とか、怪しい煽り文句とか無くサクサク進んでいいな~♪

| | Comments (0)

「プオタ」への道は険しいや(笑)

と言うものの別に「プオタ(プロレスおたく)」になろうと思っているわけではありませんが(笑)。

ついでに言うと「スケオタ(スケートおたく)」でもありません。

私なんてまだまだお尻に殻をつけたヒヨッコですら無く、卵の殻からクチバシを少しだけ出したヒヨッコですから。

昨日の日記で訂正ですが、「えべ太郎」とウッカリ書いてしまいまいしたが正しくは「菊タロー」でした・・・・本当に失礼しました。

訂正いたします。反省してます。

どうしても私の中では菊タローはいまだに「えべっさん」なんですよ。

だからついついあんな事になってしまいました。今は、「えべっさん」でも「えべタロー」でもなくて「菊タロー」なんですよね・・・・。

絶対「プオタ」にはなれないや・・・・。

*****

さて、私はプロレスを見ていると騒がしいです。

試合で良い蹴りが入ったりすると蹴られた選手の気持ちになって

「ゴフッ!」とか「オフッ!」とか「ゲフッ!」とか呟いてしまいます。(特に丸藤のトラース・キックは良い音がするんだよね~「オフッ!」って言いたくなっちゃうよ)

特に杉浦さんの試合は特に騒がしい・・・

杉浦さんは大きな試合の入場時に必ず緊張しているからかアクビを何回もするのですが、テレビで見ている私もついつい杉浦さんに合わせてあくびをします。

ハッキリ言って相当不細工だと思う。

そのうえ、試合中は興奮してテレビを見ながら部屋をウロウロします。

とにかくジッとしていられない(笑)。

まぁ、杉浦さんの試合だけなんですが・・・・と思っていたら

最近、「墓場鬼太郎」を見ているときも同じことをしていることに気付きました(笑)。

OPの「モノノケダンス」が始まると体を揺すり始め、テレビを見ながらウロウロ、ウロウロ・・・・

これじゃぁ、まるで不審者ですよ。

まぁ、コレは「楽しい♪」と思ったときの私の癖で、例えば好きな絵を見たときとか、わくわくする映画を見たときとかにはジッとしていられなくなります。

外では気をつけているんですが、家だと無意識に出てしまうようですね。

傍から見ると相当鬱陶しいようです。

人がいる時は自重しよう・・・家でも・・・・

ガキンチョじゃないんだから・・・(恥)。

| | Comments (0)

春の海ひねもすのたりのたりかな

与謝蕪村だったかな?

春ですね~。ぼわ~としています。

Abn 今日のご飯。

煮物は作るのも食べるのも好きだけど、サトイモの皮を剥くのが苦手・・・面倒だ~

*****

さて、昨日は録画していた「NOAH中継」を見ました♪

もう、本当に

丸藤ーーーーっ!!スゴーっ!!

の一言でしたね。

週プロで読んでいたけど、やっぱり映像で見るのとは全然違うっ!!

空中で体勢をかえて「不知火・改」にもっていくなんて・・・・

思わず

「うぉっ!!」

と呟いてしまいました。

あの「対KENTA戦」での場外へのノータッチ・ロープ越えミサイルキックも度肝を抜かれたけど、今回もビックリ。

こういう試合を見るとプロレスを見てて良かったなって思います。

だから「野蛮、怖い」とか「どうせヤラセ」なんて事を言われると寂しいですね。

ちゃんと見ても無いのにね。

ま、いいさ。

そうそう、SEMの試合の放送もあって菊タローの「三沢汗ワイパー」には笑いました。

可愛いぜっ♪

実況の

「あぁ、コピーされてしまうっっ!!」

って・・・・(笑)。

中嶋くん(15歳のデビューから見てるからつい“くん”がついてしまう)とKENTAも面白かったですね。

ん~、良い蹴りしてますね、中嶋くん。

KENTAの大きな試合ももっと見たいな。小川さんとの因縁は立ち消え??

タッグ・リーグは豪華ですね~。どのチームもハズレ無し!

勿論、一番の注目は丸藤&杉浦さんチームですよ!

特に「対 三沢&小川」「対 秋山&力皇」「対 佐々木健介&中嶋」が楽しみ♪

ぶふふふ♪

| | Comments (0)

子供の全裸はいいけど、大人はイカン!

昨日のブログを読み返して母との喧嘩の原因が

「空腹」

だった事がなんだか虚しい・・・・

私はお腹が減ったらただ弱るだけなんですけどね。

大体、お腹が空いてるのに怒ったら更にお腹が減るじゃないか!

もともと持っているパワーの違いでしょうかね・・・・ふぅ。

パワフルと言えば知人の息子さんは幼児だけどパワフルらしくてお父さんの故郷(マチュピチュがあるところらしいが)に連れて行ったら、すっかりそちらに馴染んで日本に戻ってからも、いきなり道端で全裸になったり、バナナの皮を道に捨てたりしたらしいですね。

その度にお母さんが

「外でチンチン出さないっ!!(家の中ではいいのか?)」

「バナナは土に戻らないんだから、皮をポイ捨てないっ!(殿もコケるしね)」

と叱っているそうです。

まぁ、あちらは子供は裸でもOKらしいし、道は舗装されていないですからね。

それにしても、半分ラティーノだからか保育園でも手を焼くくらいやたらパワフルらしいです。

ワンパクでもいい逞しく育って欲しい

さて、今日は杉浦さん(と丸藤)の試合を見て寝ます。

そういえば杉浦さんも、ディファの中を全裸で歩き回ってディファの職員さん(女性)に怒鳴りつけられたらしいですね(笑)。

そりゃ、ダメですよ。私がその人でも怒鳴りますね。

私と歳がたいして違わないのに全裸で歩いちゃダメですよ(笑)。

| | Comments (0)

とにかく食べる

昨日は友人と会いました。

表参道でちょっと贅沢なお昼。

天気も良くて、楽しかったです。

ついつい、シルバーのアクセサリーを買いそうになりましたよ。

店員のお兄さんの爽やかな対応と暖かな気候のせいか、財布の紐に手をかけるところでした(笑)。

いかん、いかん(笑)

家に帰り夕飯を準備。

久々の「しゃぶしゃぶ」です。

準備はかなり楽だけど、タレを三種類(ゴマ、そばつゆ、ポン酢&大根おろし)用意するのがチョット面倒。ポン酢以外は手作りです。

Abl_002 これで二人分って多いだろうか?

この後、おやつにワッフルを食べて大満足でした。お昼も相当量を食べているのにね。

で、今日は一日休養日(?)だったのですが、

たまに行く中華屋さんで早めの夕食をとりました。

味噌ラーメンとギョーザ(なんだかオッサンが頼みそうなメニューだ)。

ここは結構量が多いので(ギョーザも大きめ)、注文をした時オバちゃんに

「そんなに食べるの?!」

って表情をされたのですが、勿論完食。

そういえば、先週もラーメンとギョーザを食べた記憶が・・・・・

どうも人気のあるお店のようで外に行列が出来ていました。

で、帰宅してから今度は大福、パン、ヨーグルトをお腹に入れました。

よく食べるのはたぶん母ゆずりですね。

母は小柄でそう太っていないのですが(でも二の腕とお腹はチョット出ている・・・)

私より食べる

お正月に母と喧嘩した理由が母の

「あなたの家にいるとお腹いっぱいにならない!!ひもじい!」

と言う一言でしたからね(笑)。

ちなみにちゃんと食べさせていたはずなんですが・・・大食いすぎるよ!

私も結構食べるほうですが・・・母には負ける。

これだけ食べているんだから、体脂肪15%以上になってほしいのですが・・・・・

| | Comments (0)

シラミ風呂は嫌だな(笑)

お話の中では3年経ったのかな?

めでたく鬼太郎復活。

それにしても、この鬼太郎は惚れっぽい(笑)。

しかも目玉の親父さん、鬼太郎の意中の女性を

「つまらん女」

呼ばわりしてますよ。

なんのかんの言って最強なのは親父さんですね。

今回も面白かった鬼太郎。

笑った♪

千里眼、わざわざチベットからやって来て・・・・これですか(笑)。

いや、あまり期待はしていませんでしたが(「墓場鬼太郎」だしね)。

一番、可笑しかったのはしっかりとお化け社会に馴染んでいる水木一家でした。

あぁ、毎週楽しい♪

*****

新聞にライサチェック選手が世界フィギュアを欠場するとでていました。

怪我ですか・・・・。

凄く残念です。

骨折とかじゃなかったみたいだけど。早く元気になってほしいですね。

彼の気迫のこもった演技は本当に格好良いので。

でも、この時期に怪我って本当に辛いですね。

| | Comments (0)

雨が降るたびに春は深まる

まぁ、雨はいいんですけど明日は出来たら晴れてほしいです。

外出するので。

というわけで、今日のうちに拭き掃除を終わらせようとミュージックステーションを流し見ながら床を拭いていたら、山崎まさよしが出演していました。

好き嫌いがハッキリと別れる声でしょうけど、やっぱり私は好きな声ですね。

掃除の手を止めてちょっと聞いちゃいました。

そういえば日曜日、出かける前に身支度をしている時もタモリさんの番組に出ているを見ましたね。

新曲を出したので、販促活動の真っ最中なんですね。

この人のインタビューを何かで読んだり、見たりしたことがあるけど(何年も前)、気取ってなくて結構面白かった印象があります。

確かススキノのソー○の話(笑)で

「最初6人で待っていたんですよ。SMAP(当時は6人だった)と同じ6人。で、一人呼ばれるごとに、フィンガー5になり、フォーリーブスになり、アルフィー(ここらへんの記憶はちょっと曖昧)になり、とうとう狩人になり最後にオレが呼ばれて・・・・」

などとインタビューで語っているのを読んで

「あんなメランコリックな曲を作って女性ファンとか多そうなのに、そんな事を赤裸々に話していいのだろうか?面白いけど♪」

と、笑った覚えがあります。

「犬好き?」

と聞かれて

「好きよ、ふつうに付き合うよ」

と答えていたのも印象的でしたね。

犬と「ふつうに付き合う」ってなんだか気持ちよい表現だなと思いました。

他の話はすっかり忘れたけど、「○ープの話」と「ふつうに付き合う」というのは印象に残っています。

久々に姿を拝見しましたがやっぱり歳を取ったな~と思いました。

勿論、人のことは言えません。

私もどんどんオバハンになっています。

そう、眠くて眠くて仕方なくて「墓場鬼太郎」をリアルタイムで見れないくらいに・・・・(「巌窟王」をリアルタイムで見ていた頃の体力が無い・・・・)

と言うわけで、これから録画した鬼太郎を見てから寝ます。

ぐう。

| | Comments (0)

検索ワードを見て

私のこんなブログにもちゃんと毎日アクセスがあって(多くはないけど)、なかにはブックマークしてくれている奇特な方達もいらっしゃって嬉しい限りです。本当にありがとうございます。

*****

時々、アクセス解析を見てみたりするんですが

「塩鍋 レシピ 作り方」

で検索してこられる方が多いですね。

あのレシピで満足してもらえたでしょうか・・・・・。

あとは、スケート関係が結構多いですね。アイスショーや大きな大会があった時に集中してアクセスがあります。

実は「塩鍋」の次に多い検索ワードはなぜだろう

「サリーちゃんのパパ」

・・・・・みんなそんなにサリーちゃんのパパについて知りたいのか?

それなのにサリーちゃんのパパの話が一切出てこないので申し訳ないです・・・私の髪型の話なんですよね・・・・結局。(日によってパパになったり天龍源一郎になったりするのだ!伸びてくると大泉洋・・・)

で、最も燃えて書いているはずの「プロレス」について検索してこられる方は実に少ないんですよね・・・・・。仕方ないか・・・・(涙)。カモン、杉浦さんのファン!

実はブログを始めた時に「映画のレビューをやりたい」と思っていたんですね。

最近は映画館に行く機会も以前より少なくなり、全然映画のレビューを中心にしたブログでは無いのが悲しいところ・・・・(あぁ、「明日への遺言」が見たい)

最近の映画もいいけど私は1930年代~60年代(ニューシネマが出てくる前くらいの)アメリカ映画が好きなので、その時代の映画のレビューもしたいですね。

学生時代に結構見たのですが、細かいとこは忘れてるので(鳥頭だから)もう一度レンタルでもして見直さないといけないのもレビュー出来ない一因。

ウチの近所のビデオ屋に「美女と教授」とか「いちごブロンド」とか「堕ちた偶像」とかがあるのかも疑問ですしね。(あぁ、でも「オペラハット」とかなら今すぐにでもレビューできそうだ)

で、その最も力を入れたかった「映画のレビュー」で割りとアクセスが多いのが「グッドナイト&グットラック」だったりして(次に多いのが「フレンチな幸せのみつけかた」)

これは実に嬉しい!!

この映画、本当に好きですしレビューするのも楽しかったので。しかもやや短いレビューだったし(笑)。ついついダラダラ書いてしまうんですよね・・・反省。

こういった誠実で硬派な映画をたくさん見たいな~。モノクロの画面も美しかったし・・・・やっぱり白黒の画像って大好きだ・・・・・

「のだめ」を最後にアニメのレビューをしていないのですが(しかも1話からレビューしたのは「のだめ」のみという不誠実さ・・・あぁ・・・)、半年の間に週一でレビューは辛いです・・・・

特に「攻殻~」は厳しかったですね。溜まって・・・・

面白いし大好きなんですが(あい・らぶ・タチコマ♪)、本当に溜まる、溜まる。

アニメのレビューは本放送の第一話から見ないと難しいです・・・(そのうえ一度に一作品しかレビュー出来ない)。

結局、「巌窟王」も3話から見始めて後からケーブルで1、2話を見ました。

「蟲師」は一話から見ていたら全話レビューしたかも。そうそう、「蟲」って私のイメージでは動物でも植物でもない「粘菌」みたいなものですね。

「墓場鬼太郎」は珍しく1話から見ていますが、週一のレビューは今は(も?)厳しいのでしていません。毎週書いているのはただの“感想”です。

そうそう、先週の鬼太郎の“感想”でつい「ぼっとんトイレ」と書いてしまったんですが、「○壺」と言う言葉を書くのに躊躇してしまったんです。

で、つい口当たりの良い「トイレ」って言葉にしてしまいました(笑)。まぁ、自分でも今更なにを恥らうことがあるのか?・・・と思いますが(笑)。なんとなく・・・(笑)。

「もぐりのレビュー屋」どころか「レビュー屋」でさえ無いので勘弁して下さい(笑)。

「墓場鬼太郎」で訪問してくださる方も結構多いですね。こんな“感想”で申し訳ないです。

あぁでも、今晩も鬼太郎を見なくちゃ♪

| | Comments (0)

基礎が出来ているって素晴らしい

JapanOpenの出演者もそろそろ決まっただろうと思い公式HPを見ました。

まぁ、とっくの昔に決まっていたのかもしれませんが・・・。

相変わらずの鈍亀。

日本からは高橋選手、安藤選手、浅田真央選手、本田さん。

米国からはライサチェック選手、マイズナー選手、長洲未来選手、エルドリッジさん。

欧州からはランビエル選手、マイヤー選手、ヤグディンさんに他一名(女子選手)。

で、ゲストが荒川静香さんです。

おぉっ、豪華なメンバーだ!

生で滑っている姿を拝見したことの無いスケーターさんがたくさんいるので嬉しい限りです。

というか海外勢は長洲選手、ランビエル選手(なんだかよく日本に来るな~)以外は初めてお目にかかる皆さんなので凄く楽しみ♪

欧州の残り一枠がコストナー選手かコルピ選手が来てくれるといいな~。目の保養が出来て私の寿命も延びるぜっ♪

全くの素人目線なんですが去年、初めてアイスショーを見てつくづく思ったのは

スケーティングが美しい選手はテレビで見るより生のほうがずっと良い

ということでした。

小塚選手は前から正統派だなと思っていましたが、実際拝見するとテレビなどで見るよりずっと滑らかで切れのいいスケートだとビックリしました(これで表現力がついてジャンプがもっと跳べるようになったら・・・と思わずにはいられない)。

バトル選手も同様でスケーティングがあまりにも素晴らしいので思わず「おぉっ!!」と唸ってしまいました。

ペトレンコさんのスケーティングもそう。本気で惚れた・・・・。

基礎が出来ているというのはここまで違うものなのかと改めて感心しました。

足の動きに無駄が無いですね。

出来たらまた小塚選手、バトル選手、ペトレンコさんの滑りをこの目で見てみたい。

で、足元が美しいといったらカナダのナショナル・チャンピオンのP・チャン選手も。きっと素晴らしいだろうなと思います。

というわけでJapanOpenで最も楽しみなのはエルドリッジさんです。

勿論、他の皆さんの滑りも楽しみですよ♪

| | Comments (0)

結局は(笑)

ほぼ毎月、立ち読みしていた(本屋さん、すいません・・・でも、たまには買うこともあったし)雑誌、「TAITLE」が来月から休刊になるそうです。

寂しい・・・・

結構、好きだったのに。

毎月見る雑誌がまたまた減ってしまいました。

あとは、時々見る「pen」と特集によって見る「サライ」(最近はすっかり美食雑誌になってしまったが、創刊当時は面白い特集をよくやっていた)と毎月見る「CUT」(写真とデザインが良い)を残すのみと言った感じですね。

ファッション誌は、たまに「装苑」を見るくらいですね。

特に「ニキータ」とかは表紙を見ただけで、私とは縁の無い世界だと思いました。

艶女じゃ無いし

ツレが「“AERA”は読まないの?」と聞いてきたので

「あれは私の中では“日経Woman”と同じなんだよね(ツレはここでなぜか吹き出したのですが)。どうせなら“ナショジオ”が読みたいよ、同じ“日経”でもね」

と答えると、ツレは妙に納得していました。

「ナショジオ」を読みたくても書店(ウチの近所では)に無いのが残念。

特集によっては買うのに・・・・

まぁ、今のところ一番ちゃんと読んでいる雑誌は結局「週間プロレス」なんですけどね(笑)。

| | Comments (0)

夢とはシュールなシロモノ

私は見た夢を結構、覚えているのですが大抵

ヘンテコな夢

が多いです。

時々、自分でも「どこかオカシイのでは??」と思うことが・・・・

綺麗な夢を見るときはいいんですよ。(ちなみに私の夢は総天然色です)

純白のアール・デコの建物が、半分海に沈んでいて潮が引くとその建物の全貌が現れる夢とか(海はアドリア海のように美しかった)

アール・ヌーボの装飾が施されている、巨大な吹き抜けを持つ建物(図書館だった)を歩き回る夢とか

ミケランジェロの天地創造が足元に広がり鐘が鳴り響く中、天地創造の絵の上を歩くとその先に小さな木戸があり、その木戸を屈んでくぐると目の前にフランスのナンシーにあるガレの庭に行き着く(その木戸って“どこでもドア”なのか?)夢とか

夜なのに大きな虹が空にかかり(夢ならではですな)、その横で花火が上がり、色とりどりの極楽鳥やハチドリが飛びまわっているといった夢とか・・・・

そういった夢を見た時は

「あぁ、なんで目が覚めるんだ~、ずっと寝ていたい・・・・(って、そりゃ死んじゃうぞ)」

と思ったり、後で思い出しては

「あぁ、綺麗だったな・・・・」

とウットリ出来るのですが、今朝見た夢は実にヘンテコでした。

家の窓から外を見ると四方を山に囲まれていて(今、済んでいる家から見た景色とは全く違う)、なぜかその山は紅葉しているのですが、所々桜や梅や桃の花が咲いていると言った、全く四季を無視した景色。そこまでなら、まぁいいのですが・・・おかしな事にその山の一つに

100世帯くらいのマンションの大きさの巨大なタウン○ージが山に寄りかかるように存在していたことです・・・・・

その巨大なタウ○ページは、なぜかボロボロで苔が生えていました。

いや、苔では無く低い樹木だったかもしれません。

夢の中で巨大なタウン○ージを見ながら私は

「あーあ、あんなモノを不法投棄するなんて・・・どう処理するんだろう・・・」

などとボンヤリ考えていました。

まるでよく見かける光景を目にしたかのように・・・・

そこで目が覚めたのですが、さすがにいい歳をしてこんな夢を見る自分にウンザリしてしまいました。

なぜ、巨大なタウ○ページ???(確かに間違いなくタウン○ージだった・・・・)

自分で自分が分からない・・・・ボケているのか・・・・他にもヘンテコな夢を見るし・・・・大丈夫か私・・・・不安だ・・・・

と、今朝はシュールな気分で通勤電車に乗りました。

やでやで・・・

夢とはシュールなシロモノですね。

いや、そんな夢を見る私自身がシュールなだけかも・・・・

| | Comments (0)

たまにはこんな休日も悪くない

昨日は久々に、焼肉を食べました♪

週に4、5回は魚だし、他の日は豚肉か鶏肉なので久々に食べる牛は痺れるほど美味しかったです。

Abe_002 こんなのとか・・・・

Yokohama2007sp_002 こんなの・・・・

そりゃ~魚のほうが体にいいけど、たまには肉(牛)も食べたい。

で、今日は朝ごはんを食べてから、とある所へ散策に行きました。

まず、昼ごはん前に塩生クリームたっぷりの苺パンケーキをカフェで食べました。

かなり甘くなったところで、路地裏散策。

飲み屋、ラーメン屋が軒を連ねる路地裏に気になるお店を発見!

フランス料理店なんですが

「ふらんす小料理屋」などと銘打ってるところがいいじゃないですか♪(気取ったところは好かん)

メニューを眺めながら

「今度はここに入ってみるか・・・へへへっ♪」

と、ニヤリ。

昼食の時間だけど、パンケーキの後に洋食は避けたい!

と言うわけで、お昼ご飯はラーメンとギョーザを食べました。

まるで、オッサンですね(いや、ギョーザ大好物なんですよ)。

で、またブラブラ散策をして家に戻り、

「四大陸フィギュア」のエキシを見て、昼寝というか夕寝・・・・(牛になれ~♪)

で、晩御飯は軽く稲庭うどんで締めました。

今日は随分、食べたな~。

体脂肪が少しは上がったでしょうか?

さっき計ったら、15%以下だったのですが、2,3日後に大食いの効果が出るかも。

ま、こんな休日もたまには良いですね。

| | Comments (0)

遠い日の花火さえ無い(笑)

「鷲津役(大森南朋のこと)の人って新人俳優?」

とツレが聞いてきました。(って、一緒に見たのが1ヶ月以上前なんだから、もっと早く聞くものでは・・・)

「いや、違うよ。映画とかドラマとか結構出てるよ。確か。」

と言うと

「どんなの?」

と、また質問。

ツレはあまり映画には詳しくないうえにミッチーと武田真治、唐沢寿明と山崎まさよしが同一人物だと思っている人(“黒人俳優はみんなエディ・マーフィ”だと思う我が父と同じレベルか・・・・)なので、無駄と思いつつ

「う~ん、私は見てないけど“ヴァイブレーター”とか“殺し屋1”とかに出てたと思うよ」

と答えると案の定

「???」

って表情をしました。やっぱりな・・・

「あぁ、CMだと分かるかな?ガン保険のCM(犬が可愛かったな♪)とか今、流れてるやつだと“UR賃貸”のお父さん役だよ」

と言っても

「???」

となっておりました。

「今度、“UR賃貸”のCMが流れたら教えるよ」

と面倒くさいのでここで話は打ち切りました。

その後、ふと

「大森南朋って確か、もっと前にもCMに出てた気がするな・・・・」

と思い、スカスカな記憶を辿ってみると

アレだよな・・・確かサントリーの「恋は遠い日の花火ではない」ってやつ・・・・

などと思い出しました。(私のいい加減な記憶なので間違っていたらすいません)

「課長(だか、部長の)背中を見ていたいんです♪」

と、世のお父様方を夢見心地にさせたCMの田中裕子バージョンのほう。

ひとつは浅野忠信が出てて、これは友人(大人の女性)に好評でした。

こっちは世の大人の女性を夢見心地にさせたのかな?

で、もうひとつの田中裕子の自転車のパンクを直してあげる青年の役だったはず・・・たぶん。

「ジュリーというものがありながら~!田中裕子ダメだよ~!(笑)」

などと思って見てたな・・・

と、ここで思い出すことが。

そういえば私も京都でスクーターでコケた爺ちゃんを助けおこしたことがあったな(助けてもらうほうでは無いのが・・・笑)・・・・・

あの爺ちゃん、息が酒臭かったから飲酒運転だったんだよね。「念のため救急車呼びましょう」と言ったら、しがみついて「頼むから呼ばないくれ」と懇願されたな。挙句、立ち去ろうとしたらいつまでも大声で「ありがとー」と言って手を振るし(←酔っ払いだから)、恥ずかしくて仕方なかったよ。やっぱり、救急車を呼んで飲酒運転を咎めてもらうべきだった。私も甘かったよ、今度あんなことがあったら容赦なく警察と救急車を呼んでやる!!

と、つらつらと考えていたらフト虚しくなりました。

友人がトキメキを覚えたCM(浅野忠信のほうだが)で、こんな事しか思い出せないなんて・・・・

遠い日の花火さえ無い私って(笑)・・・・

ま、そんなもんです。構わん。

さて、めでたくUR賃貸のCMが流れたのでツレに見せると

「違う!鷲津じゃない!!」

と騒いでおりました。まぁ、確かに雰囲気が全然違うからね。これは大森さんの演技力なんでしょう(この人って目つきが役柄によってガラッと変るイメージがある)。

でも、「のだめ」のミッチーを見て「武田真治だっ!!」と言い放ち、

サロンパスのCMを見て

「ほら、山崎まさよしだよ(だ・か・ら、唐沢寿明だと言ってるのだが!!何度も・・・・)」

と教えてくれるツレには呆れますよ・・・・

やでやで。

| | Comments (0)

ある意味ヒヤヒヤ

「ジョニー、政治家の血なんてきっとドロドロだぞーーーーっ!!」

というわけで、今回の墓場鬼太郎は可笑しかったです。

まぁ、ドロドロ血液を吸うのは結構ですけど

オッサンとオッサンのキスを見るのはイヤじゃーーーっ!!

と、思っていたら首相もさすがに途中で吸血鬼だと気付いて回避していました。

ホッ

それにしても、どこからどう見ても不細・・・もとい、不気味な人物相手にキスする気満々で鼻息を荒くしている首相を見て失笑。

で、一難去ってまた一難。

「お前の尻から血を吸ってやる!!」

これまたビジュアル的に見たくないと思っていたら

ねずみ男のオナラで回避。

オナラはイヤだけど、お尻から吸血シーンはもっとイヤだったのでこれまた

ホッ

ちょっとヒヤヒヤしましたよ(笑)。

ジョニー(吸血鬼)はギターの名手ってことですが、彼のビジュアルのせいかギターを弾いている姿が

三味線をベンベンしているようにしか見えませんでした。

あと、喫茶店(店名が“一流”だって・・・笑)でベンベンとギター弾いたら迷惑ですよ。

今回も目玉の親父さんの息子愛(?)に感心しました。

死んだと思ったねずみ男が親父さんを“ぼっとんトイレ”に捨てるところは酷いと思ったけど、これは感覚的に

死んだ金魚を水洗トイレで流す感覚

なんでしょうかね?

でも、私はトイレに金魚などを流したことは無いですね。

やっぱり土に還してやらないとね。

| | Comments (0)

本屋に行くと「すぐにでも確信にふれたい♪」

うっかり四大陸フギュア選手権・男子シングルを見る(録画)するのを忘れてしまいました・・・・

でも、まぁリピート放送があるからいいや。明日の女子シングルは忘れないようにしよう。

スケートだけじゃなくて、日曜のプロレス(NOAH)も見損ねてしまったんですよ。

しかも、丸藤&杉浦組 VS ブリスコ兄弟組の試合はとても良い試合だったらしいですね(週プロ情報)。

う~ん、G+の「独占NOAH情報」の放送まで待たなくてはいけないのでしょうか?

見たい・・・・

週プロを読むと、試合の最後でああいった技を咄嗟に出してくる丸藤って今更ながら

凄い

の一言ですね。

確かに天才だ。

あぁ、見たい。

まぁ、さすがに私にも仕事だの生活だのがあるので、ドップリと趣味に浸るわけにはいかないし、よっぽど気をつけないと見たいと思っていたもの忘れてしまいます(って、こっちは老化か??)。

あぁ、そうだAmazonで「ハゲタカ」と「江戸むらさき特急」とCDを注文しなくちゃ・・・思い出した

本来、本は本屋で散々吟味して買うのですが今回はネットで注文します。

アナログな人間なので、手にとってみないと嫌なんです。古臭いけど。

ブラウジングしながら読みたい本を探すのは、私にとって利点が多いのですが一つだけ問題があってそれは

吟味している最中に半分くらいその場で本を読んでしまうことです

「あ~、もう半分以上読んじゃったよ~。別の日に来て残り読んだら無料で済むかも~」

と思うことがたびたび・・・・。

まぁ、さすがに本屋さんに悪いのでそういった本は買いますが・・・・

「ハゲタカ」も本屋に並んでるので、うっかり手にとってしまいそうですが手にとってしまったら最後、きっとその場で3分の1くらい読んでしまうでしょう・・・・危険だ。購入するまで待たなきゃ駄目です。

長々と本屋さんに居座っていません(本屋に悪いから)、長くて30分か40分くらいです。あっ、でも長いか(笑)・・・・

というわけで今回はAmazonで本を買うことにしました。「江戸~」は本屋さんになかったし♪ついでに、中古CDを安く買うってのも悪くないですしね。

おっ、そうだ今日は墓場鬼太郎の日ですね。

スケートを忘れてもこれは忘れないんですよね。不思議だ。

| | Comments (0)

若くて可愛いっていいなぁ~

いつも行くスーパーのレジにとても感じの良い店員さんがいます。

若く、可愛らしい彼女は手際も良く、こちらが照れてしまうくらい素敵な笑顔で対応してくれます。

まっ、眩しいぜっ!

思わず、照れて直視できなくなるくらい可愛らしい。

男だったら惚れてるかもしれませんね~(笑)。

まぁ、私は男性では無いし女性が恋愛対象ではないので(母には「男前じゃない男性が好きでウンザリ」と言われるが・・・杉浦さんのことかっ??)、惚れやしませんが(笑)。

でも、若くて可愛いってのはいいな~と思います。

なんというか、ホクホクした気持ちになりますね。

「あぁ~、私も年取ったな~」

と思うのはこんな時ですね(笑)。

いや、若くて可愛いっていいな、ホントに(笑)。

| | Comments (0)

“贅沢武藤”は父にそっくり

ハゲになってからの武藤さんはウチの父にソックリです。

週プロなどに武藤さんが出てると思わず

「よっ!パパ、久しぶり♪」

と声をかけてしまいますね。

本当に怖いくらい似てるわ~(笑)。

中身は「じゃりん子チエ」のテツ。見た目は武藤さんって・・・・なんだかな~(笑)。

さて、先日のNOAH武道館大会では、森嶋がベルトを奪取。

良かったですね。おめでとうございます。

あのバックドロップはキツイだろうな~

バックドロップと言えば、全日の諏訪魔のバックドロップも良いですね。

諏訪魔も頑張ってほしいです(結構、好き)。

力皇も元気そうだし、良かった。

丸藤&杉浦組は勿論、絶好調みたいだし♪

最近の杉浦さんを見てると

「負ける気がしねーぜっ!!」(by 「木更津キャッツアイ」のぶっさん)

って感じですね~♪

あぁ、でも怪我だけはしないでほしいです。全裸で歩いてもいいからさ(もう、全裸には慣れたよ)。

で、秋山&力皇組とか三沢&小川組と防衛戦をしてほしいですね。

見たい~!!

ふぅ~(チト興奮してしまった・・・)

新日はかなり若手が頑張っていますね。

中邑、棚橋、後藤の複数スター制でこのまま行くのかな?

中邑は無事、ベルトを統一したし(統一ばかりしてるイメージだな・・・)後藤は大化けしたなと思いますし、最近の棚橋は好きですよ。

ナルシスト・キャラの「オレオレ、タナ」は良いです。

でも、あの「U30ベルト」はなんだったんだと?(って何処に行ったんだ???)

あと、近藤と金本のアニキの試合が見たいですね(近藤選手のプロレスは凄く良いと思います)。

それからアニキと言えば、本当にKENTAと試合してほいしいな~。

近藤選手とは試合出来そうなんでいいけど、KENTAは無理そう・・・・。

どっちも凄く良い試合になると思いますけどね・・・

NOAHさん、頼みますよ。

| | Comments (0)

お酒は飲まないけど、チーザは美味い♪ゴールは遠い・・・

私はお酒は飲まないんですが(酒粕で作る甘酒は別)、酒のつまみは大好きです。

ミックスナッツ、サキイカ、チーズ・・・・最近は“チーザ”にハマっています。

一度、気に入るとそればかり食べてしまうので危険。

酒のつまみ以外だったら、ドライフルーツも大好きで、気が付けば

一袋全部食べてしまいます(きっと凄いカロリーだ)

特にドライマンゴーと干しあんずは最も危険な食べ物です。(ちなみに、漂白しているやつは薬臭くてゲーっとなるので、無漂白のやつじゃないと食べない)

勿論、ナッツもサキイカも気が付くと一袋食べてしまうのはザラなので要注意。

それにしても、酒のさかなは喉が渇きますね~。

でも、お酒は飲まないけど。

*****

ようやくドラマ版「のだめカンタービレ」を最終回まで見ました。

面白かった~!

ドラマはあまり(というか殆ど)見ないんですが、ネッ友のになになさんがこのドラマのレビューをされてて、そのレビューがとても良かったので、本放送の途中から見るようになりました。

で、凄く面白いのでビックリ!!最初から見れば良かった・・・・と後悔していたので、お正月の一挙放送は実にありがたかったです(フィギュアの放送はアレだけどね・・・)♪

いや、本当に楽しかった。見て良かったです。

「のだめ」の面白さを教えてくれたになになさんにも感謝しています。彼女のレビューが無かったらきっと見なかったと思いますから(フジの月9ドラマは全く見ないし)。

あとは、「木更津キャッツアイ」の再放送をもう一度だけ深夜枠でいいからやってくれないかな~。

大好きなんですよね。

おバカ(←勿論、誉めてる)で可愛い連中ばかり。

でも、映画版は見てないんですけどね(いや、ドラマで完結してるって思ってるから・・・)。

「のだめ」も「キャッツ」も出てくる人達が全員、憎めなくて大好きなんですよ。

あ~、また(いや、また、また、またくらいか?)再放送してくれたら今度こそDVDに入れられるのに!!

ちなみに「のだめ」と「ハゲタカ」はDVDに焼いているので問題なし♪

そうそう、「のだめ」のヨーロッパ編はまだ見てないんですよね。早く見たいな~。

次のゴールもまだ先です・・・・。

| | Comments (0)

気持ち悪い

バブルの頃、好景気を伝えるニュースを見ながら

「気持ち悪い」

と思った。

恥ずかしい話、私は経済に疎い(勿論、経済に限らず色々と知らないことが多く恥ずかしいが)。「ハゲタカ」を見てても「へぇ~」と思うことが多く恥ずかしかった。

だから、経済に対する深い知識は無い。せいぜい、小中学校で教わった知識くらいしか無い。(まぁ、それすらもかなり怪しいのだが)

私自身が考える経済は基本的に「生態系」だ。

草(商品や金)に対して草食獣(消費者)がいる。どちらが増えすぎてもバランスを崩し、その生態系は壊れてしまう。自分でも単純だなと思うが私にとって「経済=生態系」だ。

だから、物が溢れ金をもてあまして浮かれている様子はひたすら気持ち悪かった。なにかがおかしいと思った。

異常な好景気はバランスを崩した生態系にしか見えなかった。

その頃の日本は「輸出大国」で、欧米先進国から「輸出過剰なんだから、こっち(欧米先進国)のことを考えて輸入を増やせ」などとイチャモンをつけられていた(日本車を燃やしたりして鬱憤を晴らすなんてこともしていたな米国は・・・お笑いである)。しかも貿易の決済はドル建てで、輸出する日本だけが円高の損を被っていた。それは、自分たちこそが“先進国”で“日本”を“異人種の国”と考える欧米の傲慢さからきたものだと思う。

下々の者である私たちは「だったら『日本製』よりも、もっと良い製品を作って出直して来い」と新聞に向かってアッカンベーとやっていたが、日本は欧米先進国に胸を張って「自国の製品の優秀さ」や「売り出すための努力」を教えることも「あと、買う買わないはあなた方の判断次第」だいうことも言わなかったようである。

しなかったから「内需の拡大」を要求された。けれど、物が充分にあるのに内需の拡大なんてしようがない。

金が充分ある日本で、企業は自前の金を持ち、銀行は仕事を増やすために低金利のバーゲンセールをしていた。とんでもない話である。

そこへ、必要の無い「内需拡大」である。

過剰な餌はゴミの山となり、「不景気」というツケがバブルの後に残された。

日本の好景気が終わった時は

「仕方ない、それまで日本人は充分に傲慢で、色々な問題を丸投げしてきて言うべき事を言わなかったのだから」

と思った。

けれど、首が回らなくなるほど溜まったツケを一体どうやって払っていくのだろうか?

今も、まだそのツケを払いきってはいないと思うし、あれから我々は何を変えてきたのだろうかと疑問に思う。

あるIT企業の某社長が表舞台に出てきた時に、マスメディアは彼を「時代の寵児」としてもてはやした。

新しく生まれた「上流階級」(セレブでもいいのかな)みたいな扱いで、テレビ番組にも出演させていた。(正直、私には“成金”にしか見えなかったが)

が、彼の矛先が自分たちテレビ局に向くと慌てふためき、彼が逮捕されるやいなや鬼の首をとったような騒ぎだった。

バブルが弾けてから随分と経つのにまだこんな茶番劇を演じているのかと思った。いつものことだけれど。

新しいランドマークが次から次に建ち、今や六本木ヒルズも静かなものらしい(私は映画館と美術館しか行かないから分からないけど)。

相変わらずのスクラップ&ビルドで、豊かさを追求することを選んだ我々はあたりまえのように「消費の為の消費」を続けている。

“豊かさを追求することだけがゴール”なのか。

世界中の高級食品やブランド品を所狭しと並べていながら、「農薬入りギョーザ」で慌てふためく矛盾。

もう、バブルのツケを払い切ったのだろうか?そしてあれから、何を変えられたのだろうか?

単純な私にとって経済は相変わらず生態系であって、やっぱり今もバランスが崩れているようで「気持ち悪い」と思っている。

「気持ち悪い」ならなんとか変えたいものだけれど、「気持ち悪い」と思っているのが私だけなのかもしれない。

でも、相変わらず気持ち悪くて仕方が無い・・・・

| | Comments (0)

日本のハンドくんは怖い・・・・

鬼太郎の手が怖い・・・

「アダムス・ファミリー」のハンドくんは可愛かったのに・・・

あの動きが怖いのか・・・・本当に「生き物」って感じで・・・

ひっ~

と思ってしまいました。怖いよ~。

それでも、何気に笑わせるのが墓場鬼太郎ワールドです。

「日本では廊下を立って歩いちゃ駄目なの?」

いや、アレは腰が抜けてるだけです(笑)

あと、いくらアメリカ製とは言え

あのやたら大きいネズミ捕りはなんなんでしょう?

恐怖と笑いが程よくミックスされていますね。

しかし、今回はなかなか怖かった・・・本当に。

*****

ネット友のになになさんが「花田少年史」を見て感想を書いてくれていたのがとても嬉しかったです。

「本当に泣けます♪」

と言う映画の宣伝のCMを見るたびに私は

「あぁ、そう(ムカっ!)」

と思ってしまう嫌な奴ですが、

「花田少年史」の場合は素直な気持ちで見ていました。

もう、私のつまんない意地(「泣かそうとしてもそうはいかないぜっ!」とか)なんかどうでもいいや。

ユキや花さんの嬉しそうな笑顔や壮太の母さんの「桂ちゃんに惚れたのよ」と言葉に顔を赤らめる桂ちゃんを見てると素直な気持ちになります。

「本当に良かったね」と。

EDを聞きながら、暖かな幸せな気持ちで布団に潜り込んだものです。

一路は結構うるさくて、あまりにも騒がしい時には音量を絞ったりしたけど・・・ね。(あと犬に爆竹は許さんぞ!!)

でも、一路も他のみんなも大好きですよ。今でも。

スッタフやキャストの皆さんに本当に感謝しています。

笑って泣いて、いつも幸せな気持ちになれました。

本当に火曜日の夜が待ち遠しかったです。

本当にありがとう。

楽しかったよ。

| | Comments (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »