« 女子には泣かされそうになる(別の意味で母にも・・) | Main | 次の世代も! »

今年も面白かった!

Jスポでフィギュアスケート世界選手権の生放送を見ました。

途中からですが。

南里選手、初めての世界選手権を糧に次に繋げていくんでしょうね。「月光」(SPだけど)も素敵でした。

さて、

最終グループ、

ベルネル選手。

私は高橋選手、ベルネル選手が今回の本命だと思っていたので、あまりにもミスが多くて絶句しました。

う~ん、残念。でも、次があるさ。

さて、次のウィアー選手の美しい演技に唸り、彼が暫定1位で納得。凄く凄く良かった。強くなった。

そして高橋選手の演技を見て

「ちょっと力んじゃったかな?」

と・・・・。

いや、本当にこの世界選手権(グランプリファイナルでも)で表彰台の真ん中に立てると思っていたので残念でした。

でも、仕方ない。今季、高橋選手は頑張ったし次のシーズンはこれをバネにしてもっと成長していくのだろうと思います。難しいね、世界と戦うのは。

次のランビエル選手。

「・・・・こんなフラメンコはちょっと・・・・」

ノッている時の彼の演技は多少ミスがあったとしても、引き込まれるような魅力があるのに全くその魅力を感じませんでした。(入り込んで滑るのはいいけど、エキシの“ロミオとジュリエット”は私はかなり見ていられない恥ずかしさがあります。お尻がモゾモゾするんですよね~)

体の調子が悪いのか?なにかアクシデントがあったのか?

当然、点数も出ず高橋選手よりも下の順位に。残念。

さて、ジュベール選手。

正直、今季の彼は病気をしてグランプリ・シリーズも途中欠場して、ヨーロッパ選手権の時のあまりにも痩せていたので

「今回、表彰台に乗れるかどうか?」

と危ぶんでいました。

が、(痩せてはいるが)伸び伸びと滑り4回転も決めてきたのでビックリ。

これは、ジュベール選手が金メダルか?連覇出来る?

と思いました。

当然、この時点でジュベール選手が暫定1位。2位:ウィアー選手。3位:高橋選手。

そして最後のバトル選手。

彼は本当に美しいスケートをする選手でスピン、ステップも文句なし。

ただ、不安はジャンプで失敗をすることと4回転ジャンプを武器として持っていないこと。

曲は「アララトの聖母」。

バトル選手は素人目で見ても分かる本当に美しいスケーティングで、氷の上を滑って行きます。

問題のジャンプもなんなく決めてきました。

プログラムの終盤でふと

「このままノーミスで滑れば4回転を持っていなくてもバトル選手が優勝するかも」

と思いました。

そして、演技が終了しました。

本当に素晴らしく美しい演技でしたしバトル選手にとっても会心の演技だったのでしょう、バトル選手も本当に嬉しそうでした。

我々も本当に美しい「アララトの聖母」が見れて嬉しかった。ありがとう。あまりも素敵だったので小さく拍手してしまいました(←夜中なのでね)。

さて、勝負の行方ですが本当にジュベール選手かバトル選手か分からない・・・・(この時点で高橋選手の表彰台は消えたと確信した・・・残念だけど)

バトル選手の得点が出た時、「これは高い!」と思いました。

画面が切り替わって不安そうなジュベール選手が写っています。

そして、バトル選手が優勝しました。

思わずまた小さく拍手。

バトル選手、本当におめでとう!ジュベール選手、銀だったけど素晴らしい演技でした、ありがとう、そしておめでとう。ウィアー選手も美しい演技でした、素敵でした。そして、高橋選手は4位だったけど、今季は本当に強くなったなと感心しました。世界選手権で表彰台の真ん中に立っている姿が見たかったけど、それは次のお楽しみですね。本当にお疲れ様でした、ありがとう。

いや~、今回もおおいに楽しませていただいた世界選手権でした。

面白かった!!

女子もこんな感じで見たかったのですが、母に思い切りネタバレをされて出来ませんでした。

本当にもぉ!!

でも、まぁ浅田選手のFSの3Aでの転倒を生で見てたら、心臓に悪かったかもしれないので「良し!」としておこう・・・・

って、出来るか!母め!!

それはともかく、選手の皆さん本当にお疲れ様でした、そして本当にありがとう。

****

ちなみに、ツレは

「あの転倒の後にしっかり立ち直って演技をしてくる真央ちゃんが一番、強くて漢だと思った」

と言っていました。

うん、確かに・・・・・

・・・・次も世界選手権の話をします。長くてすいません・・・・

|

« 女子には泣かされそうになる(別の意味で母にも・・) | Main | 次の世代も! »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 女子には泣かされそうになる(別の意味で母にも・・) | Main | 次の世代も! »