« March 2008 | Main | May 2008 »

あと一日、頑張れば連休だ

金曜日は、会社が休みですので(ラッキー♪)。

しかし、本当に疲れましたね。

寝る前、もう腰が痛くて痛くて鉄板みたいになりましたよ(笑)。
で、今日は寝不足。
あ~、学生の頃は4時間睡眠、フル活動でも元気だったのに、やっぱり歳ですね(笑)。

GWは予定なし。
家でHDDの整理でもします。
出掛けても、せいぜい食事くらいですか。
まぁ、ウチの母が来なきゃですけど(笑)
来たら、仕事に行くより疲れますね(笑)

昨日はひたすら作業しながら、「ピアノレッスン」のサントラ(マイケル・ナイマン♪)と山崎まさよし(またか・・・)の「ADDRESS」とインエクセスのベストをヘヴィ・ローテーションで聞いていました。「What You Need」を最初聞いたとき「おっ!?」と思ったことを思い出しましたね。メチャクチャ格好良かった・・・・。「Devil Inside」も「Suicide Blonde」も好きですね。物騒なタイトルですけど・・・・マイケル・ハッチェンスは自殺している(オーバードーズじゃなかったよね確か)ので微妙な気持ちですが・・・
趣味が良いか悪いかは別にして、手作業には音楽があったほうがいいです。

録画しておいたコードギアスを見ました。
相変わらずカレン、可愛いなぁ~♪
ルルーシュの行動に「やっぱり」と思っていたのですが、彼の「ボロ雑巾」発言に食べていたバナナを喉に詰まらせそうになってしまいました。
いや、そんな風に思ってるだろうとは思っていたけど、そんなに力入れて云わなくても(笑)
しかも、「ケケケっ♪」と言った感じの黒い表情で(笑)
お腹が捩れてしまったじゃないですか。
いや~、大笑いしてしまいました。
ボロ雑巾発言をしておきながら、いつの間にやら情が移ったりして・・・・
来週も楽しみです。

「精霊の守り人」は本当に面白い。
凄くいい!!
さりげない会話の中に登場人物たちの人となりが垣間見え(それも主要人物だけでない)、それぞれの葛藤や哀しみがよくわかりますね。(忠義者のジンの葛藤も良かったし、弟やその母のことを思い遣る第一皇子も、シュガはきっとチャグムを救う手段をなんとか見つけ出そうとしてるようだし)
あと、ちゃんとご飯を食べているところがいいです(笑)。
生活感があって。(美味しそうだし)
こういうリアリティがあるとホッとするんですよ。
バルサの体つきも、らしくていいですね。
女性らしいけれど、しっかりした骨格に筋肉がついてる感じで。足腰も強そうです。(あんまり華奢だと説得力ないですよね。たとえ映画やアニメでもね)
素晴らしい作画、しっかりと練られた世界観、魅力的な登場人物達。
これからどんな物語が語られていくのだろうかと思うと楽しみで仕方ないです。
録画を失敗しないようにしなくては!!(棚田綺麗だったな~、見とれちゃったよ)

あと、GWに「クライマーズハイ」も見たいんですよね~。
これも「ハゲタカ」と同じで非常に評判が良かったので。
確か佐藤浩市が出ていたはず。
「のだめ」や「木更津キャッツアイ」みたいな作品も好きだけど、やっぱり燃えるのはこういったドラマですね。
映画だと「LAコンフィデンシャル」、「トラフィック」(マイケル・ダグラスのパートはつまらないけど)、「ユージャルサスペクツ」、「フェイク」あたりですか。
問題はうちの近所のレンタル屋にあるかどうかですが・・・・。本当に品揃えが悪いので。

あ~、早く連休にならないかな?
家でボヘーっとしたい、したい。

| | Comments (0)

縁があって良かった♪

ネット友、になになさんのお勧めの「精霊の守り人」を今日ようやく見れました。

「この4月から始まる」と彼女のサイトにあって楽しみにしていたのですが、アホな私は日曜の朝9:00からの放送と勘違いしていて、1,2話を見逃してしまっていたのでした。(別の番組が録画されていた・・・・・アホじゃ)

「縁がないのかな・・・・」と諦めかけていたところ、今まで見損ねていた4話を一挙に放送するとになになさんがご自身のサイトでお知らせをしてくれたので、今度はしっかりと見れました。

面白い!

作画(人物の動き、風景の美しさ・・・・棚田が本当に綺麗だ!精魂込めて米を作ってる感じでいいよね)も、ストーリーも、キャラクターも、世界観(特に生活感があるところがいい)も、文句無し。

これは是非、最後まで見続けなくては!!

楽しみです。

最初、トロガイをじいちゃんだと思っちゃったよ。女性だったんだ~。なんだかナウシカのババサマを思い出しちゃった。あと、トロガイの頭にのってるあの小動物に釘付け・・・

それにしても、NHKは良い仕事してますね。

ドラマも良かったし。格好良い大人の男性のドラマを描かせると抜群だと思っています(芝野の「ホライズンを出し抜きます!」って台詞には本当に燃えたな~)。

ただドラマだと女性の描き方に不満が。キャンキャン言い過ぎですよ(私の友人にあんなキャンキャン言う女性はいないよ)。今回の「精霊の守り人」見てて、アニメのほうがずっと女性の描き方がいいなと思いました。どうせなら海外ドラマの女性を参考にしていただきたい(CSI:マイアミのカリーとか)。

さて、お目当ての作品も見たしご飯を食べたら、作業に没頭しますか。
死んでも今日中に仕上げねば。

*****

私信: 

になになさん、ありがとうございました。おかげで、素敵な作品に出会うことが出来ました。
一言投票所でうっかり途中送信してしまいまして(昼頃の「精霊の守り人」の欄です)、ご迷惑おかけしました。すいません。この場を借りてお詫びします。

 

| | Comments (0)

ツレに「ハゲタカ・ブーム」がやってきた・・・今更?

日曜日はグローバル・タッグ戦の決勝なのにどうしてG+の放送が無いのでしょう!!
思わずテレビの前で「杉浦さん・・・」と呟いてしまいました。悲しい・・・・
しかも日テレのNOAHの録画を失敗しちゃうし・・・(テレ朝が入っていたよ・・・なぜだ??って、まぁ単なるミスだけどさ・・・あぁ・・ガッカリ)
優勝は斉藤さん&スミス組ですね。
良い試合だったのかな?気になる・・・・(久々ですね斉藤さん、スミス選手もおめでとう!!)
斉藤さん&スミス組と丸藤&杉浦組でタイトルマッチになるんでしょうね。楽しみ♪

新日は武藤さんが久々のIWGP奪取!!
中邑・・・・・やっぱり武藤さんに喰われちゃったかな?
ここがキャリアの差&じーにあすの怖さですね。
早く試合が見たい!!(武藤さんの入場は好きだし)

*****

最近、ツレに「ハゲタカ・ブーム」がやってきているようです。(見たの去年の暮れじゃないか・・・・)

なにかと言うと
「腐った○○○(←ツレの会社)を買い叩く!!」
とウルサイ。

イチイチ言わんでも、いっそ半紙に「買い叩く!」と筆で書いて貼っておけばいいのに。

まぁ、色々とあるんでしょう。

そんなツレが「コレ、やってみて」と言ってきたのがネットに出ている

「ハゲタカさんからのラブレター(女性限定)」

でした。(よくこんなの見つけてくるよな~、仕事しなよ)

「まぁ、これも付き合いだから」
と、とりあえずやってみました。

「あ~、中延さん(友人に曰く“無駄に美声のホライズンの番頭さん”・・・これを聞いた時、笑った)あたりで、お願いします」

と思っていると私にラブレターをくれたのは鷲津だった・・・・

恥ずかしいけど正直にいいます、ごめんなさい・・・・結構、嬉しかった・・・いや、本当にすいません。

しかもパソコンの前でコッソリ喜んでいる所をツレに見られるし・・・不覚・・・

「喜んでるの(笑)?」

と言われたので

「ミーハーですよ、そーですよ。でも、このドラマの中でラブレター貰ってもいいなと思う人が少ないじゃないか!柴田恭平はあぶ刑事だし、なにより元気になってねって感じだし(一番の理由はタイプじゃないってことだが)、捻りマフラーさんもまぁ論外だし、島田久作さんは魔人加藤で“帝都は貰った!!”だし、松田龍平は“ご法度”だし、消去法でいったら残りは中延さんか、鷲津でしょう?(サンデー・トイズの息子とかいたけど論外だ)私だって肌は“オイリー”だけど心はカサカサだからチョットばかし潤いが欲しいんだよ!どーせラブレターなんて誰からも貰わんのだから。ほっといてくれ!」

とアホな言い訳をしました。

ツレはオッチャン・ドラマだからと一応、納得していましたが(もっとも一番ツレが納得していたのが“肌はオイリー”のところと“誰からも貰えないラブレター”だったけど・・・・(別にラブレターが欲しいわけじゃないよ!)。

ちなみにラブレターの内容は後ろ向きな感じでしたね(・・・どーせならさぁ~、もっと前向きなの欲しいよな~)。
あと、プレゼントに「手作りのサスペンダー」を送ったとあったのですが・・・気持ちは嬉しいけど芋洗坂係長じゃないんだからサスペンダーは使わんよ、確実に・・・と思いました(笑)。
結構、可笑しい内容でしたね。

まぁ、ツレのおかげで「ハゲタカ」見たくなってきましたね。(現在、友人に貸し出し中)

やっぱり面白いドラマだったなと思います。

身震いがする程、面白かったのは最初の1、2話だったけど(全話、食事しながら見ていて、1、2話の時は何度も食事をする手が止まった。後半になるとスムーズに食事が出来るようになった)、充分だったなと。

必殺技のように経済用語を派手に連発したりとか、芝野の電話をいきなり無言で切る非常に失礼な鷲津とか、サンデートイズの女社長に「私が担保よ!」と言われ(これ聞いたときご飯が口から出そうになった・・・)目を逸らし聞かなかったことにしている鷲津とか(まぁ“熟女王子”なら喜びそうだが)、飯島の関西弁がなんだか怪しかったりとか・・時々、楽しいこともありましたし。

「ちょっと物足りないな~」

と思う終わり方でしたが、あれはあれで良かったと思います。

一度だけ見たので細かいところが間違っているかもしれませんが(最近とみに記憶力が無くなってるし)

本業の旅館をひたすら守っていたらこんなことにはならなかったと西之屋の主人に告げ、
サンデートイズでは社長室にある木製のオモチャを訪問する度に手に取り「この会社の原点は息子の伸彰さんの口に入らない大きさのオモチャからだった」と最後に瑞恵に言い、
まっとうな仕事をしてほしかったと治に語った鷲津の想いは三島製作所のネジを拾った頃から変わる事はなかったのだと思います。

「君はなんの為にこの仕事をしているんだ?」

大木会長のその問いに対する答を鷲津は持っていたから決断をしたのでしょう。

ハゲタカやバナナ野郎と罵られても揺るがないのは、断罪し斬り捨てなければならないものがあるから。

でも、そのためにたくさんの犠牲が出ることになるわけですが、それでも溜まった澱を洗い流さなくてはならない。

結末は良い話ってことであれで良かったけれど、「ハゲタカは最後までハゲタカの遣り方で」と言うのならもっと屍を喰らっている姿を見せてもらえればもっと良かったかもしれません。

死臭にまみれているからこそ、レンズを通して見る空は確かに綺麗で守った価値があるものになるでしょう。

上手くボカしたところがあるけれど、久々に良いドラマでした。

とりあえず、スポンサーのいる民放では出来ないドラマでしょうね。(そういったところこそ鷲津が断罪したいところかもしれませんね)

友人に貸したDVDが戻ってきたら、チョロチョロと楽しもうっと♪

それにしても、早く本と漫画とCDをAmazonで注文したいな~。

来月くらいは出来るだろうか・・・・・。(色々と出費が続くので・・・)

| | Comments (0)

理不尽な夢の中へ行ってみたいと思いませんか~♪(断る!!)

*****

こんな夢を見た。

連休を利用して従姉が遊びに来ると言う。

母は近所の大型温泉施設に従姉を連れて行きたいと言い、私に色々と用事を命じた。

連休中は混むから早めに温泉に行ったほうがいいと私は母に言ったのだが母は

「昼ごはんのすぐ後に風呂に入れるわけない!!」

と激怒。(あぁ~もう・・・・)

すると案の定、温泉は団体客が来て混み始めた。

それを見て母はまたまた激怒。

「なんでみんなこんな所(←余計なお世話)に来るのよ!!」

「いや、自分だってその一員じゃん」と思ったが、私はその言葉を呑み込んだ。どーせ私の言う事なんて聞きゃしないのよ、この人は

挙句、入場チケットが買えなかった母がまたまた激怒して「売り場のお姉さんに事情を聞くからあなたはチケット販売機の会社に問い合わせをしなさい!(どうも販売機が壊れてチケットが買えなかったらしい)」と自分の携帯を私に渡した。

「それって、ここの従業員さんの仕事では・・・」と言いかけたが、その言葉も私は飲み込んだ。頭に血が上っている母が私の言い分など聞かないことが分かっているからだ・・・虚しい・・・

母から渡された携帯を開くと、それはまるでいにしえの合体ロボのような複雑なシロモノで

「こんなんどーやって使えばいいって言うんじゃ~!!」

と言いたかったが、母のほうを見ると売り場のお姉さんと話しながら時折、私を睨んでくる・・・・

・・・・まるで、3人くらい殺ったかのような表情。怖いよ~(泣)・・・・

泣く泣く、なんとか電話をかけようとしていると私の袖を引っ張る人がいる。

見知らぬおばあさんが「チケットを買いたいけど買い方がわからない」と訴えているのだ。

「じゃぁ、私が代わりに買いますよ」と言って、壊れていないほうのチケット販売機にお金を入れていると背中に殺気を感じた・・・・

そっと振り返ると母が

「早く買って、電話しなさいよ!!」

と無言で睨んでいた・・・・

・・・・あぁ、また2人くらい殺ったような表情(さっきのと合わせて5人か)・・・・

と思いながら、無事に買うことの出来たチケットをおばあさんに渡して

「辛いなぁ~」

とフト、思った。

*****

で、目が覚めました。

「夢か~」と分かりホッとしたところでドッと疲れが・・・・・

なんで、休息をとるための睡眠でこんなに疲れなくちゃならないんでしょうね・・・

理不尽だ!!

まぁ、もうすぐゴールデンウィークなのでこれが正夢にならないことを祈ります。(あぁ、怖い・・・顔面体操を実演する母も怖かったな・・・ムンクの絵みたいで・・・・)

それにしても、「合体ロボ風の携帯」以外はやたらリアルな夢でしたね。

クワバラ、クワバラ。

連休中には、正月に録った「のだめ in ヨーロッパ」を見たいものです(見れるかな~泣)。

あとAmazonで、本とCDをまとめて注文したいのですがこれもまだ出来ていません。何ヶ月も前から言っていますね~、これも。
ジャパン・オープンに行っちゃったし、色々と出費がありましたからね(入園祝いとかさ)。

金の無い悲劇(byハゲタカ)・・・なんてね。いや、悲劇じゃなくて喜劇か。

| | Comments (0)

右か左か?・・・どっちでもいいじゃん!

左脳右脳診断をしたのですが、「右脳左脳タイプ」でした。

質問形式でもやってみたけど、やっぱり「左右のバランスが均等」と出ました。

なんでも「感覚で物事を捉え、理論的に説明するタイプ」らしい・・・

本当ですかい?(笑)

ツレも診断をしてみたのですが、こちらは見事に

「右脳右脳タイプ」

に。

ツレは男性だし勉強も仕事も出来ると自負しているため、「絶対に自分は左脳左脳タイプ」だと確信していたようです。で、この結果にショックを受けていました(笑)。

そのうえ私の事を絶対に「右脳右脳タイプ」だと決めつけていたので、私が「右脳左脳タイプ」と知って、これまたショックだったようですね(笑)。(ちなみに私は質問形式の診断では「実にバランスがとれた右脳左脳タイプ」と結果がでたのですが、これもなんだかツレにとっては悔しいらしい・・・変なの)

大体、あまりよく考えないで印象だけで「あいつは右脳右脳だ」と決め付けている時点で理論的ではないと思いますが・・・・そう言ったらキィキィと文句を言っていた・・・やでやで。

まぁ、所詮お遊びなんだしと宥め(面倒くさい人だ)、「右脳右脳タイプ」には天才が多いらしいよと慰めると(本当に面倒な人だ・・・)

「そうだ、自分は凄いかも?!」

と突然元気になりました・・・・

なんて単純なんだ(呆れるよ)

私は右でも左でもなんでもいいんですけどね~。ホント。

| | Comments (0)

ザワザワ、ザワザワ(と言っても「カイジ」ではありません)

「学校へ行こう!」に出演した芋洗坂係長を見て爆笑してしまいました。

いつものBOAも可笑しかったけど、マイケル・ジャクソンのBADは本当に最高でした(笑)。平成生まれの若者には分からないギャグ満載で泣けました。酸素吸引をしてる姿を見て、可笑しいやら悲しいやら・・・・。

あまり無理はしないように。

*****

録画しておいたジャパン・オープンを見ました。(少しだけね)

マイズナー選手の点数が低くて・・・・。
会場でもブーブー言ったのですが。(結構、他のお客さんも「えーーーっ!!」と言っていた)

総合で結局、日本チーム優勝!と言われても喜ぶ気がせずになんだか申し訳無い気持ちでした。

友人も「欧州チームが一番良かったと思う。北米チームも素敵だったのに。変。」と言っていました。ごもっとも

日本人として申し訳ない気持ちでした。(お遊びコンペと言ってしまえばそれまでだが、フェアじゃない、なんだか気持ち悪い)

謎の逆転が無かったら純粋に楽しめたのに。(頑張ってくれたスケーターさん達には何の不満も無い)

あと、あの賞金のパネルは我々には不評でした。

「品が無い、みっともない、安っぽい」

って事で。(なんだか、プロレスの懸賞“勝利者には霧島牛一頭分プレゼント”とか思い出すんだよな~)

夜のガラも本当に素敵だったんですが、K-1みたいな司会(君はリングアナか?)と最後のフィナーレでシンクロ・スケートの皆さんに大きな布を持って滑ってもらったのは良かったけど、その布にデカデカとスポンサーの名前を入れるのは如何なものかと・・・・(相撲の懸賞じゃないんだからさ~。永○園とかな○りの焼き鳥とか連想しちゃうじゃないか)

「品が無い、(スポンサーが何処だか)もう分かったから」

とこれまた我々には不評。

演技、フィナーレの演出、照明などは本当に良かったのに本当に残念。

最後にあのHPもかなり如何なものかと思います。

ところどころ「安さ爆発!!」って雰囲気があるんですよね(泣)

*****

アルバム「ドミノ」を聞きながらチョットした作業をしています。

これは好きなアルバムですね。この間レンタルしてきた「Address」も良かった。(正直、「transition」や「atelier」はアルバムとしてそう好きでは無い。勿論、収録されている曲は好きだけど)

アップテンポな「ドミノ」も「ガムシャラバタフライ」も「ソノラマ」も好きですし。

山崎まさよしのバラードで一番有名なのは「One more time, One more chance」なんでしょうが、これも好きだけど同じバラードなら

胸が締め付けられるような「僕はここにいる」や、やるせなさと淋しさに背筋がスッと伸びるような「Passage」(←これ本当に大好きだ)や、切ないけれど少し暖かい「僕らは静かに消えていく」のほうが好きですね。

アルバム「ドミノ」の中で最も心を騒がすのが「水のない水槽」(上手いタイトルだね)。

あの前奏が流れると、どうにも心がざわめいて仕方ないです。

なんともエロティックな曲だなと思います。

そして淋しい。

とても好きだけど今している作業にはザワザワし過ぎて合わないな(笑)。

というわけで、「BGMはインエクセスのベスト盤とプリンスのベスト盤に変えよう」(←ここらへんに年齢が出るな~)

と思ったらそろそろ寝なくちゃ(笑)。

| | Comments (0)

理想のロボ彼より

私はタチコマが欲しいな~。

一億払って、もこみちロボを買うなら70年ローンで“絶対タチコマ”だな~。

と、“絶対彼氏”をたまたまチラッと見て思いました。

さて、今週のルルーシュを見ました。

相変わらず、常にクライマックス状態で面白いですね。

で、笑ってしまったのが喫茶店(だったかな?)の窓に「Orange」の文字が(笑)。

良質のエンターテイメントは、ただただ楽しみたいので。

と言うわけで、単純に楽しんでいます。(←まぁ、単にバカとも言う)

さて、寝ますか。

| | Comments (0)

生まれて初めて

スタベをしました。

ジャパン・オープンの中野選手に。

いや~、本当に素敵でした!演技が終わった途端、思わず立ち上がってしまいました。

感動しました。(今期は中野さんに感動されられっぱなしだ!浅田選手もだけどね)

*****

日曜日にジャパン・オープンとその後に催されるカーニバル・オン・アイスに行きました。

凄く楽しかった!!

エルドリッジ選手、本田選手のベテランらしい円熟の滑りも良かったし、シュルタイス選手の個性的なプログラムも素敵だったし(ズキューン♪)、迫力のあるライサチェック選手の演技はメチャメチャ格好良かったし(惚れそうになった)、ランビエル選手は坊主になっててビックリだったけど素敵なフラメンコだったし(ただ、頭抱えるスピンの時は頭のせいか“修行で苦しむ坊さん”みたいで可笑しかった)、高橋選手はコケちゃったけどやっぱり素敵でした(でも、キスクラで皆に平謝りって・・・いい人だな~)。

コルピ選手は本当に魅力的なプログラムでクラクラしたし(本当に綺麗だ~♪)、長洲未来選手はとっても可愛らしいし、中野選手は本当に素晴らしくて感動したし(思わずスタベ)、マイヤー選手は6分間練習で足を痛めたみたいだけど美しい素敵な演技で本当に良かったし、マイズナー選手は凄く良い演技で胸が熱くなりましたし(で、本当にメチャクチャ可愛い♪可愛いよ~♪)、浅田選手も目を見張るほど力強く美しい演技で素晴らしかったです(いつでも心は“漢”の真央ちゃん!!格好良いぜ)。

男子の演技と女子の演技の間に荒川さん(女王オーラ、バシバシだ)と東京女子体育大学の皆さんのシンクロ・スケートもあって嬉しかったですね~♪シンクロ綺麗だったな~♪

で、夜のガラはこれまた凄く楽しかったです♪

オープニングもエンディングも素敵でした。(←こればっかりだけど、許していただきたい)

プルシェンコ選手(ちょっとお腹が気になるけど、盛り上げてくれました。素敵だ)や羽生選手(友人が“可愛らしくて少女漫画に出てくる男の子みたい”と言っていました)、小塚選手(足元を見てるだけで、気持ちよくなれるな~♪本当に将来が楽しみです!世界選手権、本当に頑張った!!)も出演して

あぁ~、ガラは楽しいな~♪

と大満足。

ちょっと頑張って高い席で見れて良かった。

で、一番楽しかったのはグランドフィナーレでした。

あれは演出それとも、ライサチェック選手のアドリブかな?

最後は東女のシンクロ・スケートの皆さんと出演者全員が大きな輪になってクルクル回ってくれました。

なんだか、マイムマイムみたいで見ていて凄く楽しかったですよ♪スケータさん達も楽しそうだったし♪

にこやかに滑る出演者の皆さんを見ていると、皆可愛らしく(全員年下なんだよな~、まぁ“佐野稔のバックフリップが・・・”って言っている時点でアレだけどさ・・・)

「みんな頑張ってね♪今日はありがとう♪」

って気分になりました。

いや~、本当に可愛らしい♪

とても暖かく楽しい時間でした。

スケートを生で初めて見た友人達も楽しんでくれたようで良かったです。(チケットが高いから、ちょっと不安だった)

私もお蔭で寿命が延びました。

あ~、幸せだ♪幸せ♪

| | Comments (4)

サッサと寝ます

Abh_003 昨日作った「とりのサッパリ煮」。

これは、なかなか美味しかったです。

簡単だし♪

酸っぱいのがいいね。

Abh_004 で、今日はカサゴです。

ホゴとも言いますね。

アクアパッツアを作ろうかと思ったけど、ご飯に合うのはやっぱり和風ってことで・・・

Abh_005 こんな感じで・・・・

Abh_006 出来上がり♪

さて、明日はお出かけなので今日はもう寝ます。

楽しみだ。ぐう。

| | Comments (0)

お腹すいた

CMで見た「とりのサッパリ煮」が美味しそうだったので自分でも作ってみました。

調味料の比率は適当に自分好みで酢を多めに♪

あ~、お腹空いたな~、早く煮えないかな~

*****

今日は美容院に行って、パーマをかけました。

かなりクルクルだ♪

もう少しで大泉洋というより「犬泉さん」になりそう。

そうなると単なるアフロですよ(笑)

水曜日に「水曜どうでしょう」を久々に見ました。(テレビ神奈川だったか?MXだったか?)

何度も見た「対決列島」です。

とある事情(勿論たいした理由では無い)で「どうでしょう」を散々見てきたけど、一番おもしろかったのはやっぱりこの「対決列島」ですね。

安田さん、本当にダメだ・・・というかダメ過ぎるよ~(笑)

まぁ、来週も再来週も安田さんのダメっぷりが明かになっていくわけですが(牛乳とかスイカね)・・・・

物凄くヌル~イ番組なのに本当に可笑しかったですね。

魔人に日本を占領されたら

「男はパンツ一丁!女は裸だ!」

になるそうで・・・・・しみじみバカだ(笑)

いや、対決列島は最高!!(ヌルイけどね)

で、昨晩は「のらみみ」を見ながら就寝。

本当になんというこも無い話ですが、とりあえず和みます。気持ち良く眠れます。

それにしても、大泉洋って本当に出世しましたね~、安田さんもだけど(NHK大河に出てたらしいし)。

もう、シェフ大泉とかやらないんだろうな~。

安田さんも、もうONちゃんを被らないんだろうな~。

さて、ご飯だ!ご飯!!

煮えたし、ご飯も炊けたぞ♪

| | Comments (0)

私のお気に入り♪

可愛いよ、ジャパネット犬♪
ついついYoutubeで見てしまいますよ。

それにしてもなんであんなにジャパネットが好きなんだろう?
それに社長が出ないとノリが悪いし(笑)
まぁ、確かに社長の喋りが一番
「買っちゃおうかな?」
と思いそうになるけど。(でも、買わない)

「私には社長しかいないのです」
って、飼い主さんがいるだろう!?ジャパネット犬!!

いや、でも、ジャパネット犬、飼い主さんよりジャパネット社長のほうが好きなんじゃなでしょうかね?(笑)
*****

やっぱり井上陽水はいいな~♪
「五月の別れ」好きだ~♪
まだ、四月だけど・・・・
この声も好きだ~♪

というわけで現在のBGMは井上陽水です。

THE BOOM ~風になりたい~♪ と 山崎まさよし ~はかないうたかたの恋ならば~♪(あ~、そんな事思ってみたいものですよ~、へっ)と 井上陽水 ~君によせる愛はジェラシ~♪ と続けざまに聞いていたら

「変な声の男ばかり」(まぁ、確かにそうかもしれないが、でも陽水はいいぞーーーっ!!と、この後にヴァンヘイレンとデフ・レパードが続くのだ!ギュイ~ン♪メチャクチャ・・・・)

と言われました。

そんなツレのヘビィ・ローテションは沢田研二(昔のね)とYMOとボンジョビ(髪がバハバハだった頃のね、フンガフンガ♪って感じの前奏が多かったな~)とプロレス入場曲なんですがね。こっちも人のこと言えないと思いますよ。

おっと、小橋さん、カンシ、中邑の入場曲を今度入れさせて貰おう♪(中邑の曲って定着してきたけど、コールしにくいんだよね~)

最近、棚橋が凄くいい仕事しているな~と思います。

一時期、今ひとつ突き抜けたところが無かったけど今は凄く良いですよ。
あの「チャラさ」は癖になる(笑)。
いや、本当にいいですね~。
エクステを弄りながら悦に入ってる姿がセクスィーに見えてしまいますよ(笑)。

で、ちょっと勢いが無くなったのが後藤。
1・4ドームでのムタ戦ですっかり喰われてしまったのが痛かったですね。
まぁ、まだムタとやるのは早かったですね。
いや、あのムタに喰われないで試合が出来る選手ってそうそういないでしょうが・・・(アンダー・テイカー、ロックさま、ストーン・コールドだったら良さそう・・・見たいなソレ・・・)
入場時の掴みはOKだったんですけどね。

中邑と武藤さんのIWGP戦も結構楽しみです。
あの武藤さん相手に中邑が後藤のように呑まれなきゃいいのですが。(なんせ、あの武藤さんだから)
どんな試合になるのやら。

あと、杉浦さんタッグ・リーグ戦頑張れ!!!!

*****

さて、常にクライマックス状態のコードギアスがとても面白いですね。

本当に楽しみです。

こんなに飛ばしていいんでしょうか♪

う~ん、カレンはやっぱり良いですね。

ただ、バニーちゃんの格好で紅蓮を操縦するのはいいけど、あの下からのアングルはなんだかイカガワシイですよ。いや、目のやり場に困ります(笑)。

私は 校舎の窓ガラスを割って歩く より 校則を守ったうえで『この校則はオカシイ!』と先生に抗議していたほうなのでスザクのやり方は嫌いじゃないです。

勿論、ルルーシュが嫌いなわけじゃないですよ(笑)。

色々な思惑が混ざりあっていくほうが物語が面白くなっていくわけですしね。

登場人物の行動を物語を動かすためだけに都合良く動かす(しかも、その人物の内面を無視したもの)のだったら興醒めもいいところですけど。

勿論、そんな事は無いし、申し分無く面白いです。

もっとも現実の人間の心や行動、それを取り巻く出来事は矛盾し混沌したものが多けれど、それを物語にするなら、終始一貫して混沌としたオチの無いものにしたほうが面白いと思います。

「墓場鬼太郎」はそんな感じだったので、これはこれで成熟したエンターテイメント作品だったなと私は思いました。本当に面白かったな~。

さて、今日は「のらみみ」を見て寝ますか♪

| | Comments (0)

マイケルの事はともかくとして

私が子供の頃、大好きだったのがヒュー・ロフティングの「ドリトル先生シリーズ」です(訳は井伏鱒二。「Pushmi-Pullyu」を「オシツオサレツ」と翻訳したのは本当に素敵♪)。

お話も、ロフティング自身が描いた画も大好きでした。

出来ることなら私もドリトル先生の助手になってあの楽しい家に住み、サーカスやキャラバンについて行きたいと願ったものです。(トミー少年が心底羨ましかった)

それから十年以上の月日が経ったある日、ある新聞記事を目にしました。

そこにはロフティングのドリトル先生シリーズの差別的な表現が問題になっているとありました。

「そんなのあったか?」

と思って読み進めるとどうもドリトル先生の黒人の友人バンボ王子が白い顔に憧れている箇所が問題になっていることが分かりました。

私は横で広告を見ている母にこの事を話しました。

彼女は私と一緒にこのシリーズを読んでいたからです。

この話をすると母は

「はぁっ?!あの本のどこが差別なの?馬鹿みたい!バンボはドリトル先生の友達でインテリでいい奴になってたじゃない!マイケルなんて顔どころか体まで白くしているのに!どうしろって言うのよ!!(←って、チョット論点が違うのだが・・・)」

とお怒りになりました。

マイケルの事はともかく、私も母の言葉はもっともだと思っています。

少なくとも私は子供の頃にあの本を読んでバンボを黒人だからどうだなどと思った覚えはありませんでした。(勉強熱心で良い奴だと思った覚えはある)

私は大学で「図書館学」などを一応勉強していたので

「あぁ~、サンボ問題(これは相当議論したな~)と同じか~」

とウンザリしました。

確かに人を傷つける表現は良いものではありませんが、物語そのものはそっちのけで口当たりの良い表現だけを求めているような気がしてならないのです。

大人がすべき事は、口当たりの良い見てくれの美しいものばかりを子供の周囲に整えてやることでしょうか?

私はドリトル先生の「バンボが白い顔に憧れていたこと」を新聞記事を読むまですっかり忘れていたのですが、別の事はずっと忘れずに覚えていました。

それは、確か「ドリトル先生、月へ行く」(もしかしたら「月から帰る」だったかもしれませんが)で、ブタのガブガブがうじ虫を見た時の話です。

ガブガブはうじ虫を見て「わぁ~、なんてベトベトして厭らしい生き物なんだろう!!」と言います。
うじ虫はそのガブガブの言葉をドリトル先生に虫語に翻訳してもらって怒ります。
「彼は私を見てあんな事を言っていますが、私から見たら彼のほうが厭らしい生き物に見えます。なんてつまらない事を言うのでしょう」と。
それを聞いてドリトル先生は「うじ虫の言う事はもっともな事だ」と答えました。

私はこの話を一度しか読んでいませんが(「ドリトル先生、月へ行く」のあたりはあまり好きではなかった)、この話を忘れたことはありません。

子供だった私はこの話で「自分と違う外見(または考え方など)をしているからと言って無闇に相手を見下したりすることはとても愚かな事だ」と学びました。

それは「バンボが白い顔になる」ことよりも私とって心に残ったことでした。

見てくれの美しさや口当たりの良い表現が物事の本質を表しているとは限りません。

教壇の段差を無くしたり、蛙の解剖を止めたり、言葉狩りのようなことをするよりもっと大切なことがあると思いますが。

*****
アメリカの「ひずみ」はこの「清く正しい」を目指したうえで生まれたものかもしれませんね。「清く正しく健全であるべき」か・・・・
ところで「近所に知的障害がある人の為の施設が出来るのが嫌だ」なんて惚けた事を仰る人も「清く正しい地域社会」のためだと思ってそう発言されているんですよね~

| | Comments (0)

あまり携帯を持ちたくない

時々、自分の描いたイラストもどきをブログに載せていますがアレって

「下手くそだろ~、練習せいやっ!」

と自分に喝っ!を入れるためです。

正直、イラストを載せた日のブログを読み返すのは辛い・・・・

ぼやぼやしてると、7月(毎年グループ展がある)が来てしまう・・・・

練習して上手くなりたい。

*****

最近、携帯のバッテリーがもたなくなってきています。

買い替え時期なんでしょうが、正直

あまり携帯を持ちたくない

ですね。

携帯を購入したきっかけは派遣をやっている時に「必要ですから持ってください!」と言われてだったし。

大体、最近の携帯は値段が高い!!

通話と留守電とメールだけでいいのに、なんだかんだと余計な機能が付き過ぎ。(で、高価になる・・・)

正直(今回、こればっか)、メールも出来たら要らない・・・・ことにしたかった・・・・(これは「携帯からのメールじゃないとメールを読まない」って人がいるのでシブシブ・・・・)

携帯で写真など撮らないし、ゲームもしないし(家庭用ゲームを持った事が無い。ゲームに興味がない)、携帯で音楽も聴かないし、メールはパソコンで打ちたいし(両手打ちじゃないと鬱陶しくてしかたない)、ネットもパソコンで見れれば充分だし、外出中にテレビなんて見たくない(家のテレビだってブラウン管なのにさ)。

「家電話の子機みたいな携帯で充分だから(楽々ホンか?)、安くして♪」

と気分です。

しかも最近、「携帯に連絡入れればいいや~」と少々ルーズになってる気がします。

携帯は人(私)をルーズにする

気をつけないと・・・・(これはイカン!!)

以前は携帯の呼び出し音が嫌いで嫌いで仕方なかったですね。

最近は、小さい音量の「ロンドンデリーの歌(オルゴール風)」に着信音を変えたので、以前よりマシになりましたが。

アナログな人間なんですよね。きっと。

そういえば、山崎まさよしは携帯を持っていないそうで(デル・トロも持ってないそうだ)・・・・

あ~、いいな。それ。いらんよな。携帯。約束は時間厳守で守ればいいんだし(ここらへんがルーズになりがち・・・・)。

そんな私が携帯で一番使っている機能は「アラーム」(目覚まし)ですね。

これは便利だ。(目覚まし時計だけじゃ起きないので・・・・)
*******

私は殆ど絵文字は使わないのですが、ふと思いついて「モグラ獣人」の絵文字を作って送ったらツレはやたら喜んでいました。結構、似ていたらしい・・・・バカだなホント。チチュー!

| | Comments (2)

“スガ鹿男”ねぇ~(笑)

久々にYoutubeを見ていてSakuSakuの“スガ鹿男”を発見。

飲んでた牛乳が鼻に来ましたよ。(イタイ、イタイ)

ご丁寧にスガシカオがSakuSakuに出演しているところもありましたよ(笑)。

*****

さて、偶然「のらみみ」を見たのですが楽しかった。

ホノボノと切なくていいですね。

狸のキャラがまるっきりオッチャンで名刺を持っていて、そこには

「シガラキ」

と、書かれていました。たまりませんな~(笑)。

もう「秘密」はやめて(原作も友人が続きを貸してくれたらってことでいいし)、「のらみみ」を見ることにしよう。

初回からアドレナリン全開になったルルーシュもとても楽しみです。

*****

中邑VS棚橋を見ましたが良かった。

面白い試合でした。

チャラいタナは凄く魅力的ですね~。

今なら「セクスィ~部長」も出来そう♪

「ビジネスと色恋を一緒になさらぬよう!」

中邑VS武藤の試合が決定しました!

結構、楽しみだ。

でも、放送は翌週、翌々週ってなるんでしょうね。しかも、深夜で・・・・

ちぇっ。

*****

「とことん!石ノ森章太郎」の続きで「仮面ライダー、ストロンガー」を見ました。

「ストロンガー」の最終回なのに「V3」の曲が流れて子供心に呆れたことを思い出しました。

あと、あまりの事に(ライダーそれぞれのラスボスが同一人物だったことに気付かない間抜けさとか・・・・今は「だから納谷悟郎だって言ってるじゃん!」とツッコミを入れられるが)子供のくせに

「もうこんな子供っぽいものを見るのはやめよう!」

と誓ったことまで思い出してしまいました・・・・って、今見ているんだから世話ないや(笑)

ま、それはともかく横で一緒に見ているツレが煩くてしかたないですね(笑)。

とにかく、主題歌を歌いまくる。

V3とズバァット!の決めポーズをしまくる。(ズバァット!ファンの知人とやってよ、そんなことは・・・)

「石ノ森特撮とタツノコのアニメで大きくなったんだ!!」と力説しまくる。

・・・一緒に見るんじゃなかった・・・・

色々と消耗してしまいました。

ところで、ゲストの半田さんの

「仕事で555になって家でアマゾンになっていたました」

と言う発言が可笑しかったですね。

この人はライダー俳優=若手イケメン俳優なのに時々「タモリ倶楽部」に出て、建築物について熱く語ったり、得意の昭和歌謡について熱く語ったりしていますね。(そのイメージが強い)

沢村一樹さんの

二枚目俳優→エロ男爵(エロ大好き♪)→セクシィー部長

のように

イケメン仮面ライダー俳優→昭和オタク→とりあえず未定(想像がつかない)

と華麗なる変身を遂げるのでしょうか?

| | Comments (0)

悲しみが乾くまで

主演のデル・トロがオードリーとジュリーの関係を

「目が見えない人が、目の見えない人の手を引いているような関係」

とインタビューで答えてたのを何処かで読んだ。

実際、この映画を見て「なるほど」と思った。

*****

緑が溢れる美しい家。なんの不自由も無い生活。可愛い二人の子供・・・そして、優しい夫。

オードリーの日常はとてもとても幸せだった。

不満があるとしたら、それはたった一つ。

夫、ブライアンの親友であるジュリーのこと。

オードリーはジュリーを嫌っていた。

元・弁護士で麻薬中毒者の彼を皆が見捨てているのに、夫だけは親友として昔と変らずにずっと付き合いを続けていた。

時にオードリーと口論になることさえあっても。

けれど、それは些細なことだった。

幸せだった。

ある日突然、夫が死んでしまうまでは。

オードリーはジュリーに

「私たちと一緒に暮らさないか」

と持ちかける。

オードリーと子供たちは夫と父親を、ジュリーは親友を。

大切な人を亡くした人達が一緒に暮らし始めた。

*****

オードリーにとってジュリーは夫の代わりでは無い。

夫が死んだことを受け入れられない彼女にとってジュリーは同じ大切な人を亡くした仲間であり、夫の存在を感じるための手段だったのではないか・・・

ジュリーを家に住まわせておきながら、時に「あなたが死ぬべきだった」と言い放つ。

そうかと思えば、かつて夫がしてくれたことをジュリーにするように頼む。

そして、ジュリーに懐いていく子供を見て苛立つ。

オードリーの心は揺れ動く。

夫の代わりが欲しいわけでは無い。ジュリーに子供たちの父親代わりになって欲しいわけでは無い。

ただ自分が夫の死を受け入れ、立ち向かうための“何か”が必要なだけだ。

対するジュリーは麻薬に溺れてしまうような弱さがあるが、オードリーが彼に向ける親近感や苛立ちを受け止める姿や子供たちに対する態度を見ていれば本来は繊細で優しい人だったことが分かる。

けれど彼もオードリーと同じように立ち向かわなくてはならないものがある。

断ち切ることが非常に困難な麻薬というもの・・・・

*****

この映画の良いところは安易に恋愛関係にしなかったことだと思う。

もし、そうなっていたら随分と安っぽくなってしまっただろう。

物語の中のエピソードの積み重ねが実に効果的だ。

そして、何度も瞳をクローズアップで映し出す映像によりオードリーとジュリーの心情を見ている我々に想像させる。

文章で言えば「行間を読ませるような」感じか。

繊細で丁寧な映画の作りが安易に恋愛にならない人間の豊かで複雑な関係を表現していると思った。

これを下手な役者が演じるとどうにもならないけれど、ハル・ベリーもデル・トロもとても良かったと思う。

「なんだか、ハー○クイン・ロマンスっぽいタイトルだな・・・・」

と少々警戒していけれど、繊細な人間ドラマで面白かった。

*****

デル・トロの演技は相変わらず素晴らしいのですが・・・・

「また、麻薬中毒!」

ですか・・・・。

最近、ますます外見が色々アレ(ハッキリ言えないな~泣)なので、禁断症状を演じられたりすると本当に凄いことに・・・・。

子供たちと接したり見つめる時の(見た目はアレだが)、ごく自然に押えた穏やかで繊細な演技なんて良いのに・・・・・(涙)

別にルックスが好き(いや、好きだがもう少し痩せて欲しい・・・・今はクマみたいだ)というわけでは無く、彼の演技を見るのが楽しいからいいんですが・・・・

たまには「ヤク中」でもなく「バイオレンス野郎」でもなく「人殺し」でもなく「殺される人」でもないデル・トロの演技が見たいな。

今回は結構見れたほうだけど・・・・「麻薬中毒」とは言え良い役だったと思います。

そうそう、それにしても邦題がチョット恥ずかしかったですね。

原題は確か「火事で私たちが失くしたもの」だったかな・・・・

これじゃ分かり難いか・・・タイトルをつけるのは難しいから仕方ないか。(でも、チケット買う時なんだか恥ずかしい・・・笑)

| | Comments (0)

ファンじゃないけど

「秘密」を見て・・・・いかがなものかと思いました。

原作のファンが見たら怒るでしょうね。

私は原作と別物になってもいいと思うし(原作の華麗すぎる絵が苦手なので別に薪さんが超絶タレ目でもいいし、青木が30代に見えても構わない・・・・実際、警察庁の知り合いは若い頃から老けていた)、基本設定だけ同じで全くのオリジナルになっていいのではと思っていたけど、これはチョットどうかと思いました。

大体、あんなに簡単に脳を持ち出していいのかと。(原作では、大量殺人または迷宮入りしそうな猟奇殺人といった特殊な事件かつ家族の了承を得なくてはMRI捜査は出来ないことになっている)

なによりもあの事件だったら、別にわざわざMRI捜査をする必要はないのではと思ったのですが。(第9のメンバー間抜けすぎるし・・・警官辞めてしまえ!!

個人的な意見ですが「秘密」で見たいのは、殺害された人間の脳の記憶を見ることによって垣間見える「心の闇の深さ」「人間の業」そして「ささやかな願望」やその人の目を通して見える「世界の美しさ、残酷さ」です。

そして、他人の脳を見ることによって捜査官の葛藤や苦しみや希望が浮かび上がってくる・・・そんなドラマが見たいと思うのですが。

別にやたらアップになる薪さんの唇とか(こーゆートコだけ原作に忠実・・・・)、薪さんと青木の目と目が合ったらミ~ラクル~♪みたいな、ホモホモしい演出が見たいわけでは無いので。

う~ん。

これで平井少年の話とかは見たくないです。(天地のエピソードも天地が青木より先輩という設定となって時点でダメでしょうね)

一応、大統領のエピソードともう一話を見てから考えますが、このまま2クールは正直辛いですね。(オリジナルの話とは言え穴だらけだった)

*****

さて、

先程、JapanOpenのサイトを覗いたら、安藤選手の代わりに中野選手が出場することになっていました。

安藤選手が見れないのは残念だけど、中野選手大好きだからこれはこれで嬉しい♪中野選手の滑りを生で見るのは初めてだ!

安藤選手はちゃんと怪我を治して元気な姿を次のシーズンで見せて欲しいです。

で、夜のガラになんと小塚選手と羽生選手の名前が!

おおっ!嬉しいぞっ!!

高かったけどコンペとガラ両方チケットを買って本当に良かった♪

小塚選手、綺麗なイーグルを見せてくれるといいな~♪

今度は足元もちゃんと見えそうだし♪(モリコロでは段差があまりなくて見えないことも多かった・・・・)

本当に凄く楽しみになってきました♪

高熱が出ても、行くぞーーーっ!(もっとも熱なんか出すものか)

| | Comments (0)

気分転換

で、「GO!GO!マッスル!!」

陰影を付けずに、線だけで描きました。

De2 ツレは一目見て

「あっ、杉浦!!」

と言っておりました。

あ~良かった。ちゃんと分かって貰えて。

高岩さんとかと間違われるかと思ったよ。

あ~、間違っても「筋肉ダルマ」とか言わないでくださいね(笑)。

確かに否定出来ないけど。

杉浦さんのガッチリした脹脛と丸っこい指を描くのが楽しかったです。

描いた時間は10分くらい。

結構手間取ったのは足上げポーズのバランスが少し難しかったので。

本当は右足で潮崎の顔を蹴飛ばしているんですよね~。

潮崎まで描くのは面倒なので(ごめん)、潮崎は省略。すいません。あんまり時間取れないから。

De3 ついでにKENTA(GHCジュニアのベルトを獲った頃、髪がチョット長くてて茶色だったな~)。

似てるかどうかは、別にどうでもいいです(コラコラ)。

と言うのも、単にプロレスラーの格好良い体を描きたかったので。

個人的には杉浦さんの体は格好良いと思うけど、客観的に見たら・・・・KENTAやCIMAのほうが格好良いので、筋肉ダ・・・じゃなくて、中年の星を見たお口直しに・・・なってないか・・・・。力不足ですいません。本物のKENTAはもっと格好良いですよ~!!(木村カエラみたいな可愛い女の子のプロレス・ファンが増えたらいいな・・・)

どうでもいい事だけど、私がプロレスラーのコスチュームで一番好きなのはこのショートタイツ(ビキニパンツではなく短パンですよ)にレガースです。

これだと、鍛え上げた上半身と太ももが良いバランスで見れてあまり「はだか、はだか」してなくて良いです。

描くのはとっても楽でした。だって立ってるだけだから(笑)。6分くらいかな。

腕を描くのが楽しかった♪特に肘♪

De1 男ばっかりじゃ、つまらないので女子も。

私は「ボンっ!キュッ♪ボンっ!」な女性よりもスレンダーな女性が好きです。(でもマリリン・モンローも小池栄子も好きだ)

理想的な体形はシャルロット・ゲンズブールですね。

長い手足、しっかりした骨格に薄くついた肉、なによりも長い首・・・・良いですね~。

あの細いうなじは素晴らしい。たまりませんね。私は女性なので「いいねぇ~、たまらんね」と思うだけだけど、男性だったら、そりゃぁ~我を忘れてしまいそうになるでしょう(笑)。

ゲンズブールの夫、イヴァン・アタルが妻を撮ると必ず「うなじを強調した画」が入るのですが、それを見るたびに

「嫁自慢かーーーっ!この~っ!」

と思ってしまうのは私だけでしょうか(笑)。

それはともかく似ていないのですが、なんとなくシャルロット・ゲンズブールの雰囲気を描きたかったので。

顎から首のラインを描くのが楽しかった♪あと服のシワ。あぁ、幸福♪(駄洒落じゃないよ)

それにしても、スキャナーでもデジカメでも鉛筆で描いたままの絵が出ないものですね。

必要以上に濃くなるか薄くなってしまう。修正しても無理。

ま、ちょっとした気分転換なのでいいんですが・・・・・

やっぱり鉛筆でデッサンしてる時が一番楽しいですね。

まだまだ下手くそなので、本当に上手くなりたいな~。

| | Comments (0)

寝ます

昨日は少々怒っていたので、文章が変になっていました。

怒るのって良くないな~。

久々にサクサクを見たら、「小田原の歌」をやっていて嬉しかったですね♪

オダワラ~♪オダワラ~♪オダワラァ~♪

カエラちゃんがいなくなってから見なくなりましたね・・・・

さて、予定どうり録画したNOAHの試合を見ました。

満足。

| | Comments (0)

杉浦さんがいて良かった

昨日の日記に書いたことと同じことが今日も起きて

非常に不愉快ですね~

あ~、もう暴れていいですか?!

と言った気分ですね。

ほんの数時間の為に一週間、色々と調整してきたことが

全部パーになる

って・・・・本当にガッカリですね。

しかも、一週間の間に2日もあるとさすがに腹立たしいです。

ふざけるなー!ふざけるなー!ふざけるなー!(エコー)

*****

さて、気を取り直して(いつまでも怒っていても仕方ない)

コードギアスを見ました(このくらいは自由にさせてもらう!!)。前半は

「あれ?どうなってるの??」

と言った感じでしたが、後半に入って少し納得。

これから色々と明かになっていくのが楽しみです。

カレンのバニーちゃん姿に「これはいかがわしい・・」と目のやり場に困りドキドキ。

お久しぶりの紅蓮にドキドキ。

ラストのルルーシュの俺様っぷりニヤリ。

来週も楽しみです。

明日も仕事なのでサッサと寝ます。

そうそう、深夜に丸藤&杉浦組 対 健介&中嶋組を放送するので録画しなくちゃ♪

私の心のリポ○タンDは「中年の星!杉浦さん」ですよ~。

明日はこの試合を見ながら晩御飯を食べよう。

| | Comments (0)

したいことを始めた途端、邪魔が入る

こっちは数日前から予定をたてて、それに合わせて行動しているんですから。

仕事して、家のこと色々して・・・他にも細々あって時間が無いんですから~。

いつも私の予定を邪魔してくれるじゃないか!こっちが愚痴りたいですよ。

むむむ。

明日は公園掃除です。

花見客めっ!ゴミをちゃんと始末しろーーーっ!!(余計な仕事増やしてくれることよ・・・)

*****

さて、知人が出演している舞台を見に行きました。

ついでに映画も見ようかと思ったのですが(したいことは出来る時に全部しておきたい)、さすがに時間がありませんでした。

お芝居の時間と映画の時間が重なったので・・・・残念。

ま、映画は来週なんとか時間を作って見に行こう。

来週くらいに見に行かないと終わってしまいそうなので。

前売り買っちゃったし・・・・

お芝居は、知人夫妻に誘われる「動物電気」と知人が出演している舞台くらいしか行かないのですが、

「動物電気」は中野や下北沢で上演するせいか、カジュアルな若者が多いけど、今回のお芝居は新宿(以前は文化村だった)のせいか、なんだかマダムな感じでしたね。

お着物とかドレスみたいなので来てるマダムが多かったです。

映画館だと岩波ホールみたいな客層かな?

ジーンズ(バギー)なんて格好の人はあまり見かけませんでした(それは私)・・・・みんなジュリーを見に来てるマダムって感じですね。

それにしても、こういったお芝居をする役者さんは声がいいですね。

「頑張って声出してます!!」

といった感じでは無く、普通に喋っているのにとても聞き取りやすい。

素晴らしい。

出演者の方は基本的に和装なんですが、所作が凄く美しい!!

舞台は船場なんですが、船場の商人の心意気や柔らかい関西弁が実に心地良かったです。(うるさいのが関西弁と思っては大間違いですよ)

江戸の「意気、通」という理念はもともと上方の「粋」という理念が江戸に移って出来たもの。

江戸には江戸の「意気」や「通」があり、上方には上方の「粋」があります。

自分たち以外の理念や心意気ってものを、認めなかったり理解しようとしないコチコチな連中こそ「野暮」だと思いますけどね。(ホントにどうかと思うよ)

それはさておき

それから1週間くらい前に「太陽を盗んだ男」を少しだけ見て、今回ジュリーのお芝居を拝見したのですが、声に衰えが全く無いのは凄かったです。プロだなって思いました。若い頃より良いのではないかと思いました。本当に素晴らしい。

色々と面白かったです。

| | Comments (0)

恋の予感

は、たいへん結構だし

ウチのベランダで甘~く囁くのもいいけど

風でベランダに落ちた洗濯物の上に乗るのは如何なものかと思います

猫足跡がしっかり洗濯物についてるよ(笑)

ま、ベランダも猫の足跡だらけなんですけどね

あぁ、春だな~

前に住んでいた人が餌でもあげていたのでしょうか(私はあげない 猫嫌いじゃいけど飼えないのに中途半端に面倒を見るのは嫌だ)、なんだかやたらとベランダにいるんですよね。

別にいいけど。

で、目があうと固まるのがおかしい(笑)。

なにもしないよ~。餌もあげないけどね。

*****

と言うわけで、昨晩はイカ刺しを食べながらの

V3ナイト

でした。

死神博士のお姿を拝見できなかったのは残念でしたが、楽しかった。

覚悟していた宮内洋も思ったよりクドクなかったです。(ズバァァット!のイメージしか無くて申し訳ない・・・・)

しかし、デストロンって普通に求人広告を出してそう。

「制服、交通費全額支給。世界征服に興味のある若人、求ム!」

みたいな。

しかも勤務は通いOK(きっと寮もあるんだろうな)で、8時間シフト制なんだ!

下っ端が相変わらず弱いのでどうしても涙を禁じえません(鍛えろ~)。

初っ端から伏線無しの怒涛の展開(まどろっこしい事はやってられんのよ!)でビックリだし・・・・(ズバット!もそうだったな)

OPの「あ~かい、あか~い、赤い仮面のV3~♪」の歌があまり上手では無いなと思ったら、V3自らが歌っておいででした。今回初めて知りました・・・・

それにしても、何度も変身ポーズが見れてお得でした♪

そう言えば漫画版の仮面ライダーの絵作りについて島本さんが熱く語っていたのが非常に面白かったです。(プロだな~と思った)

あのデフォルメされた人物が好きかどうかは別にして、石ノ森章太郎の絵は見ていて凄く面白いと思っていたので。

構図なども余白を効果的に使っているし、一コマ一コマに迫力があった気がしました。

純度を高めた感情をそのまま乗せた絵と言ったような・・・(適切な表現が浮かばない・・・)

私はたいして彼の作品を読んでいないけど、「石ノ森章太郎」と言う言葉を聞くと無条件に脳裏に数枚の彼の描いた漫画の一コマがランダムに浮かんできます。(他の漫画家だと1ページそのままか見開きが浮かぶ)

そのくらい一コマ一コマの印象が強かったですね。

だから今回の島本さんの解説は凄く面白かった。

島本さん、面白いな~。是非「BS漫画夜話」に出てほしいな。

色々と楽しかったですね。

| | Comments (0)

酔生夢死

歳をとるたびに一年を短く感じるのですが、若い頃はもっと一年が長かった気がしますね。

2歳の子供にとっての一年がその子供の人生において半分にあたり、40歳の大人にとっての一年がその人生において40分の1になるので、2歳の子供にとっての一年のほうがより長く感じられるのは当然なのかもしれません。

本当は残り時間の少ない大人のほうが一年一年がより重要で、長く感じられるほうがいいと思うけど。

桜は毎年、春がくれば咲くけれど人生の春は一度きりです。

なんだか、いたずらに時が経っていくな~

*****

さて、つくづく思うのですがジャパン・オープンのHPのデザインはもう少しなんとかならないんでしょうか?

あれ見ると切なくなります・・・・私だけかな?

なんだか辛い~(泣)。

もう少し垢抜けたデザインにして欲しい~(泣)。

あんまりだ~(泣)。

外国のアイスショーのHPとか凄く素敵なのに・・・・やっぱり見た目って大事だと思うんですけどね・・・・

見に行こう!!って気がしなくなっちゃいますよ~(泣く)。

プロレスのポスターと被るんですよね~。あの感じ。

そうそう、プロレスもね、昭和テイストのあのポスターもカッコイイものにならないのかなって思います。

そりゃ、まぁ味があるって言えばそうかもしれませんけど・・・でも、

もっと格好良くないと嫌だ!ダサダサなのは嫌だ!

とにかく「なんだか垢抜けない昭和の遺物」みたいな古臭いイメージを一掃してほしい。

で、選手の皆さんはキャラ以外で寸胴、太めは禁止にしてこれぞプロフェッショナルといった感じのカッコイイ体になっていただきたい。(若者が寸胴な体を見て「プロレスラーって格好いい♪」と思うだろうか?私でさえ杉浦さん以外ではそう思わないよ)

で、コスチュームや髪型もスマートなものしていただきたい。

少なくともこれでかなりイメージが変ると思うんですけど。

KENTAだったら、世間でイケメンと呼ばれているハンドボールの宮崎選手などに比べても遜色ないと思うんですけどね。

試合だって、スピードがあって殺気があって凄く面白くて格好いいのに。

丸藤とKENTAの試合なら大晦日のゴールデンで流しても総合格闘技に負けないくらいだと思うのですが。(知名度が無いのが本当にイタイし、勿体無い)

プロレスが深夜に放送されるようになったのは、泥臭いイメージだからじゃないかな?

とにかく格好悪いのはダメだ!ダメだ!

| | Comments (0)

せんせい~、あの頃に僕らが描いていた未来はどうなっちゃったんでしょう

私が子供の頃(小六だった)、担任の先生が

「石油には限りがある!これからは風力や太陽熱が新しいエネルギーになる!」

などと言っていたのですが・・・

今はエコ燃料としてトウモロコシが作られているそうですが、森林伐採をしてトウモロコシ畑を作っているわけで・・・

風力、太陽熱の利用があまり進まないのはやっぱり儲からないから・・・でしょうね。

*****

昨日、「とことん!石ノ森章太郎」の仮面ライダーを一話だけ見ました。

ごく幼い頃に再放送で見た覚えがあるけど(歌は歌える)、楽しかったです。

貴重な(??)雪男を改造人間にしてしまうショッカーって凄いや!・・・・って、雪男っていることになっていたのかーーーっ!!と思ったり

「(日本侵略の為の)計画書を盗まれました!」と全く緊張感を感じさせない感じで報告にくるショッカー(下っ端)の詰めの甘さにビックリしたり

あっさり女の子の助手にやっつけられるヘナチョコなショッカーに泣いたり(君ら本当に改造してもらったのか?)

あ~、石ノ森先生、スイス好きなんですね~!チロ~リア~ン♪と思ったり

ヒョロヒョロした下っ端ショッカーのベルトがなぜかプロレスのチャンピオンベルトのように大きくて驚いたり

と、楽しかったです。

久々に見る藤岡弘=仮面ライダーに

「あぁ、やっぱり濃ゆいや~」と思い、いけないいけないと思いつつ「細かすぎて伝わらないモノマネ」の樹にエルボーする藤岡弘を脳裏に浮かべ、ついつい笑っちゃいました。

それにしても、天本さんが見れたのが嬉しかったな。(あの格好でフェリーに乗るなんて、目立って仕方ないだろうとかは言いっこ無しで、お約束ですから)

一度、日本橋三越でご本人のお姿を拝見したことがあるのですが、180cmくらいの長身の老紳士で骨格が日本人とは思えないくらいガッチリしていて、黒いロングコートとごっついブーツをお召しになっていました。

いや、本当に格好良かった!!!!

その時は母と一緒だったんですが、母はやたら興奮してしまい事あるごとに

「天本さんほど個性的で素敵なおじいさんはいない」

と言っておりました。(でも、私もそう思う~)

ちなみに、数年後に母は三軒茶屋で天本さんと偶然すれ違ったそうです。

その時も母は嬉しかったそうです。

いや、死神博士が見れて良かったですよ。

で、次はV3かな?(あぁトキメキの宮内洋のお時間)

| | Comments (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »