« 理不尽な夢の中へ行ってみたいと思いませんか~♪(断る!!) | Main | 縁があって良かった♪ »

ツレに「ハゲタカ・ブーム」がやってきた・・・今更?

日曜日はグローバル・タッグ戦の決勝なのにどうしてG+の放送が無いのでしょう!!
思わずテレビの前で「杉浦さん・・・」と呟いてしまいました。悲しい・・・・
しかも日テレのNOAHの録画を失敗しちゃうし・・・(テレ朝が入っていたよ・・・なぜだ??って、まぁ単なるミスだけどさ・・・あぁ・・ガッカリ)
優勝は斉藤さん&スミス組ですね。
良い試合だったのかな?気になる・・・・(久々ですね斉藤さん、スミス選手もおめでとう!!)
斉藤さん&スミス組と丸藤&杉浦組でタイトルマッチになるんでしょうね。楽しみ♪

新日は武藤さんが久々のIWGP奪取!!
中邑・・・・・やっぱり武藤さんに喰われちゃったかな?
ここがキャリアの差&じーにあすの怖さですね。
早く試合が見たい!!(武藤さんの入場は好きだし)

*****

最近、ツレに「ハゲタカ・ブーム」がやってきているようです。(見たの去年の暮れじゃないか・・・・)

なにかと言うと
「腐った○○○(←ツレの会社)を買い叩く!!」
とウルサイ。

イチイチ言わんでも、いっそ半紙に「買い叩く!」と筆で書いて貼っておけばいいのに。

まぁ、色々とあるんでしょう。

そんなツレが「コレ、やってみて」と言ってきたのがネットに出ている

「ハゲタカさんからのラブレター(女性限定)」

でした。(よくこんなの見つけてくるよな~、仕事しなよ)

「まぁ、これも付き合いだから」
と、とりあえずやってみました。

「あ~、中延さん(友人に曰く“無駄に美声のホライズンの番頭さん”・・・これを聞いた時、笑った)あたりで、お願いします」

と思っていると私にラブレターをくれたのは鷲津だった・・・・

恥ずかしいけど正直にいいます、ごめんなさい・・・・結構、嬉しかった・・・いや、本当にすいません。

しかもパソコンの前でコッソリ喜んでいる所をツレに見られるし・・・不覚・・・

「喜んでるの(笑)?」

と言われたので

「ミーハーですよ、そーですよ。でも、このドラマの中でラブレター貰ってもいいなと思う人が少ないじゃないか!柴田恭平はあぶ刑事だし、なにより元気になってねって感じだし(一番の理由はタイプじゃないってことだが)、捻りマフラーさんもまぁ論外だし、島田久作さんは魔人加藤で“帝都は貰った!!”だし、松田龍平は“ご法度”だし、消去法でいったら残りは中延さんか、鷲津でしょう?(サンデー・トイズの息子とかいたけど論外だ)私だって肌は“オイリー”だけど心はカサカサだからチョットばかし潤いが欲しいんだよ!どーせラブレターなんて誰からも貰わんのだから。ほっといてくれ!」

とアホな言い訳をしました。

ツレはオッチャン・ドラマだからと一応、納得していましたが(もっとも一番ツレが納得していたのが“肌はオイリー”のところと“誰からも貰えないラブレター”だったけど・・・・(別にラブレターが欲しいわけじゃないよ!)。

ちなみにラブレターの内容は後ろ向きな感じでしたね(・・・どーせならさぁ~、もっと前向きなの欲しいよな~)。
あと、プレゼントに「手作りのサスペンダー」を送ったとあったのですが・・・気持ちは嬉しいけど芋洗坂係長じゃないんだからサスペンダーは使わんよ、確実に・・・と思いました(笑)。
結構、可笑しい内容でしたね。

まぁ、ツレのおかげで「ハゲタカ」見たくなってきましたね。(現在、友人に貸し出し中)

やっぱり面白いドラマだったなと思います。

身震いがする程、面白かったのは最初の1、2話だったけど(全話、食事しながら見ていて、1、2話の時は何度も食事をする手が止まった。後半になるとスムーズに食事が出来るようになった)、充分だったなと。

必殺技のように経済用語を派手に連発したりとか、芝野の電話をいきなり無言で切る非常に失礼な鷲津とか、サンデートイズの女社長に「私が担保よ!」と言われ(これ聞いたときご飯が口から出そうになった・・・)目を逸らし聞かなかったことにしている鷲津とか(まぁ“熟女王子”なら喜びそうだが)、飯島の関西弁がなんだか怪しかったりとか・・時々、楽しいこともありましたし。

「ちょっと物足りないな~」

と思う終わり方でしたが、あれはあれで良かったと思います。

一度だけ見たので細かいところが間違っているかもしれませんが(最近とみに記憶力が無くなってるし)

本業の旅館をひたすら守っていたらこんなことにはならなかったと西之屋の主人に告げ、
サンデートイズでは社長室にある木製のオモチャを訪問する度に手に取り「この会社の原点は息子の伸彰さんの口に入らない大きさのオモチャからだった」と最後に瑞恵に言い、
まっとうな仕事をしてほしかったと治に語った鷲津の想いは三島製作所のネジを拾った頃から変わる事はなかったのだと思います。

「君はなんの為にこの仕事をしているんだ?」

大木会長のその問いに対する答を鷲津は持っていたから決断をしたのでしょう。

ハゲタカやバナナ野郎と罵られても揺るがないのは、断罪し斬り捨てなければならないものがあるから。

でも、そのためにたくさんの犠牲が出ることになるわけですが、それでも溜まった澱を洗い流さなくてはならない。

結末は良い話ってことであれで良かったけれど、「ハゲタカは最後までハゲタカの遣り方で」と言うのならもっと屍を喰らっている姿を見せてもらえればもっと良かったかもしれません。

死臭にまみれているからこそ、レンズを通して見る空は確かに綺麗で守った価値があるものになるでしょう。

上手くボカしたところがあるけれど、久々に良いドラマでした。

とりあえず、スポンサーのいる民放では出来ないドラマでしょうね。(そういったところこそ鷲津が断罪したいところかもしれませんね)

友人に貸したDVDが戻ってきたら、チョロチョロと楽しもうっと♪

それにしても、早く本と漫画とCDをAmazonで注文したいな~。

来月くらいは出来るだろうか・・・・・。(色々と出費が続くので・・・)

|

« 理不尽な夢の中へ行ってみたいと思いませんか~♪(断る!!) | Main | 縁があって良かった♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 理不尽な夢の中へ行ってみたいと思いませんか~♪(断る!!) | Main | 縁があって良かった♪ »