« 微笑ましくて照れるぜ | Main | だけど心なんてお天気で変るのさ♪ »

主席判事の言うとおり

「君は騙されているんだ!!」

そうだ、そうだ!ヴィルフォール主席判事はいけ好かない奴だけど言っている事は正しいぞ!!アルベール、君は伯爵に騙されているんだよーーーーっ!!
と、視聴者のほとんどが呟いたはずです。
ま、アルベールは気付かないだろうけどね。

前回、伯爵を逮捕しようとしたヴィルフォールですが結局、エロイーズを伯爵側の証人としてとられ失敗。
主席判事殿、詰めが甘いです。
群集からヤンヤの喝采を受けた伯爵ですが、主席判事殿はよっぽど民衆の皆さんに反感を買っていたんでしょうね(もっともアレじゃ仕方ないな)。

この件で、ヴィルフォールは失脚
モルセールはダングラールから大統領選のための融資を受けられずアップアップ
当のダングラールも今は景気良くやっていますが、所詮それも伯爵の手の上で踊らされているだけ。
どうせ落とすならより高いところへ引き上げてから一気に引き摺り落とすほうがいい・・・
「たっぷり太らせてやれ」

「承知!」
復讐の悦楽はこの上も無く甘美なものなんでしょうか?
ニヤリと笑う伯爵にゾクゾクします。

一方、フランツは“巌窟王”の秘密に近づこうと内務省一等書記官のリュシアンに協力を求めることに。
それでも“巌窟王”の秘密には手が届かず・・・・
リュシアン曰く
「ノワルティエ老人なら知っているかも知れない・・・」
と・・・・・

同じ頃、伯爵に会いに行ったアルベールはエデから彼女の悲しい過去を聞くことに・・・自分が辛い過去を作り出した男の息子だと知らず、夢にも思わず・・・・

*****

伯爵の残酷な復讐を止めさせたいと思ってパリに来た・・・でも、あの男を見た瞬間に自分の中に潜む復讐心が目を覚ました・・・そんな私が貴方を止めることは出来ない・・・・

エデの悲痛な叫び

人の心はままならない・・・たとえ自分の心でも・・・・
心の中に潜む化け物に鎖をかけ押さえ込むことは難しい・・・哀しみや怒りや絶望を多く知った者であればなおさら。
化け物を解き放ち思うがまま貪らせるのは、このうえもなく甘美なことかも知れません。
けれど、全てが終わった時に自分の中の血まみれの化け物を見てどう思うかは・・・・・
心の中の化け物が啼き止むことはけして無いでしょう、問題はその声に耐えていけるかどうかなのかもしれません。

家庭も地位も名誉も失い自暴自棄になったヴィルフォール選んだものは一丁の銃。
銃声が響き・・・・そして、続きは次回までのお楽しみ♪
伯爵~っ、本当に焦らしてくれますね。

*****

「エデさんも琴、お上手ですよね♪」
とカヴァルカンティのアルベール物真似が楽しかったです。
必要以上に能天気な喋り方にしてたし。
カヴァルカンティにもまだまだ活躍してもらなくちゃいけません。

|

« 微笑ましくて照れるぜ | Main | だけど心なんてお天気で変るのさ♪ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79912/42439518

Listed below are links to weblogs that reference 主席判事の言うとおり:

« 微笑ましくて照れるぜ | Main | だけど心なんてお天気で変るのさ♪ »