« 溜まる、溜まる | Main | 微笑ましくて照れるぜ »

角界は大揺れですが

芝田山親方(元・横綱大乃国ね)もたいへんなんでしょうね。
最近は“スイーツ親方”としてテレビやなんかによく出ていますが。
スイーツを抱えてニコニコと登場する芝田山親方を見るとなんだか和みますね(私だけか?)。
この間は女子レスリングのメダリストの皆さんに親方特選スイーツを振舞っていたし。
浜口とうさんもワハワハ言って食べてましたけどね。

*****

豪胆なバルサが
「子を産んだんですか?!」
とビックリしていたのには笑いました。
いや、確かにトロガイ師に子供が3人もいたとはビックリしましたが。
子供よりもトロガイ師の旦那って・・・・・こっちのほうが知りたい・・・・・
トロガイ師もバルサとタンダのことが(タンダが不憫ってだけかもしれないが)気になっているようです。
「最近よく同じ夢を見ます」
とチャグムの姿(と、ついでにタンダも・・・と思いたい)を穏やかな表情で見つめるバルサ。
狩穴での暮らしは修羅を生きるバルサにとって心休まる大切な時間だったのでしょう。

と女傑二人がそんな話をしている時に
「タンダ、バルサから返事貰った?」
とチャグムはタンダに聞いてますよ。
えーーーっ?!俺のプロポーズ聞いてたのっ?!(視聴者も聞いたぞ)
って感じのタンダに同情(??)の涙を禁じ得ません。
挙句
「サッサッと娶ちゃえばいいのに」
とチャグム・・・そんな言いにくい事を・・・さ、さすが皇子さまだ・・・
そんなチャグムの言葉に
「夏の日のように燃え上がったことも・・・・それが過ぎ去って穏やかな秋に・・・・」
などとタンダは結構ポエムな聞いてるこっちが恥ずかしいわ!と思うようなことを言っていましたが
タンダ、タンダ、タンダーっ!夏が来て秋になったら、次に来るのは“冬”ですよ!!待ってりゃ“春”もやってくるけどさ、どれだけ待つきなんでしょうね~。
狩穴での暮らしはタンダにとっても心穏やかな日々だったのでしょう。
バルサとチャグムのために、干し肉干したり、二人の槍の稽古を見守って傷を作れば薬を塗ってやったり、ご飯作ったり、お茶を入れたり・・・・(笑)

ま、それはともかく(長くなっちゃった)、“宴の地”へ向かうチャグムがバルサとタンダの手をキュッと握ったのを見て、この子を死なせるわけにはいかないとつくづく思いました。
「もし死んでも何か残せると分かったから」
チャグムはそう言ったけど、しっかり生きて生きて生き抜いたほうがたくさんの何かを残せるのだから。
それにしても、最初の頃バルサに手を引かれて眠そうにしていた男の子がこんなに立派になるとはね・・・・本当に死なせちゃダメです。

一方、シュガたちも宴の地にやってきて・・・・いよいよ“卵喰い”の姿が!

本当に盛り上がってきましたね。
続きが楽しみです。

ガカイが水に飛び込んだのには驚きましたよ!
そんなの若いもんにやらせればいいのに・・・(涙)
もう、出てくるキャラがみんな良くて泣けますよ。

次回は「タンダの勇気が・・・」ってナレーションが言っていたけど、大丈夫なんでしょうか?タンダ・・・心配だ・・・タンダ(“春”を迎えるまでがんばれタンダ)

あと、公式の人物相関図を見たらトーヤとタンダを結ぶ線に“ともだち”と書かれていて笑ってしまいました。“ともだち”か。

|

« 溜まる、溜まる | Main | 微笑ましくて照れるぜ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79912/42417380

Listed below are links to weblogs that reference 角界は大揺れですが:

« 溜まる、溜まる | Main | 微笑ましくて照れるぜ »