« 楽しいけれど神経をつかう | Main | ドブ落ち »

ロクデナシでも

特に信じる宗教などありません。

でも、道端のお地蔵さんに手を合わせたり、教会で熱心に祈りを捧げている人を見ると
「心を込めて祈る姿は尊いものだな」
と思います(どんな事を祈っているかは知りませんが・・・まさか世界征服したいとか願ってるわけじゃないだろう)。

こういった姿を見ると、考え方や宗教や人種・・・自分と違うといった理由で人間の尊厳や存在を否定し踏みにじることは非常に傲慢なことだと思います。

誰だってより良く幸せに生きたいと願うものだと思いますから。

ルーブル美術館のルーベンスの間(っていうのかな?あそこは)で
「また、宗教画か・・・。こんなにルーベンス(私はルーベンスは好きではない)ばっかりあったら、ネロとパトラッシュが何回死ななくちゃいけないんだ・・・」
などと思ったロクデナシの私ですが
教会で跪き祈る女性の姿を見たときは
「人は尊く美しいものだな」
と心動かされました。
それは道端のお地蔵さんに祈る人を見ても同じです。

神様や仏様がいるかどうか知りませんし、興味もありませんが。

|

« 楽しいけれど神経をつかう | Main | ドブ落ち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79912/42854165

Listed below are links to weblogs that reference ロクデナシでも:

« 楽しいけれど神経をつかう | Main | ドブ落ち »