« 残すはNHK杯とファイナル | Main | ブレードランナー »

2009年はチェとチェで始まる・・・?どうしようかな。

ボヘっとネットを見ていたら、「チェ28歳の革命」と「チェ39歳別れの手紙」の公開が決まっていました。

スティーブン・ソダーバーグ監督の「チェ28歳の革命」が来春1月10日から公開で、続けざまに「チェ39歳別れの手紙」が公開されるそうです。

来年のゴールデンウィークあたりの公開だろうと思っていたので、以外と早く公開するんだな〜と思いました。カンヌ効果かな?

タイトルロールを演じるのはお気に入りの俳優ベニシオ・デル・トロだし見に行きたいなと思っています・・・が、
実際どうなんでしょうね。
2作合わせて4時間以上の大作。
ソダーバーグ監督って良くも悪くも秀才監督ってイメージだからな〜。

公式サイト(音が出るから見る時はご注意下さい)もあって覗いてみたら、なかなか真面目な感じの映画でそれなりに面白そうです。

で、なにより久々にデル・トロが“良いデル・トロ”ですよ。多分。
演説シーンがチラっと出るけど、一瞬ニュース映像かと思いましたよ。

「トラフィック」以来、ずっと“イっちゃってる役”ばかりで、演技も似たり寄ったりのばかりだったような気がしてましたので(どんどんジャック・ニコルソン路線に向かってる感じで・・・いや、まそれも悪くないけどさ)。
7年間リサーチして、体重を25キロ落として(あまりそう見えないが・・・)、言葉もバッチリなんでしょうね(英語を話すゲバラってのは如何なものかと思いますからね)。

相当頑張ったみたいで、カンヌでも賞を貰ったし。
まぁ、賞を貰ったからどうのっては無いんですが審査員満場一致で決まり、スタンディングオベーションがずっと続いたから良い演技だったのでしょう。
そう言えば。デル・トロ本人もアカデミー賞を貰った時に「こういった賞を貰うのは光栄であると同時に屈辱的でもある。なぜなら、賞を貰っていなくても素晴らしい役者がたくさんいるから。でも、評価されたってのはありがたいことだね」と言ってましたな。この時のデル・トロはチャーミングでしたよ。今ほどムサくなかったし。

う〜ん、久々の“良いデル・トロ”が見れるならいいか〜。
迷うところです。

|

« 残すはNHK杯とファイナル | Main | ブレードランナー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79912/43222497

Listed below are links to weblogs that reference 2009年はチェとチェで始まる・・・?どうしようかな。:

« 残すはNHK杯とファイナル | Main | ブレードランナー »