« やっぱり関係ない | Main | スケールの大きいことよ »

チョイと良い話

全日本フィギュアスケート選手権を見ました。
男子は織田選手、女子は中野選手がSP一位。
二人とも良い演技だったのでFSも楽しみ。

この大会は世界選手権の出場が決まる本当に大切な大会です。
しかも、今度の世界選手権でバンクーバーの出場枠の数が決まります。
今の日本の選手層の厚さを考えるとオリンピックでは女子も男子も3枠は必要ですよね。
みなさんが怪我をしないで素晴らしい演技が出来ることを願います。

年が明ければ、プロレス好きには東京ドームが待っています。
(年末にハッスルがあるけど、ハッスルは肝心のプロレスが・・・)

私はとにかくセミで杉浦さんが大暴れしてくれることを期待しています。
メインの武藤 VS 棚橋 はタナがたいへんだな・・・と。
タナが負けて会場がハッピーエンドになるのも新日本的にはどうかと思うし、
かと云ってタナが勝って会場がアンハッピーエンドになるのも・・・ね。
お客さんが納得する勝ち方でタナが勝って、ハッピーエンドになるのが一番なんで、頑張って欲しいです。

武藤さんに食われない相手ってロック様とか、ストーンコールドとかアンダーテイカーくらいじゃないとダメじゃないかと思いますよ。

週プロで一番驚いた記事はドラゴンゲートがいよいよ両国国技館興行に打って出ることでした。
この不況の中、堅実で慎重な岡村社長が大きなハコで興行を行うというのは相当な自信があるからでしょう。

ドラゲーは闘龍門の頃から見ていますが、どの会場でも第一試合からメインまで面白い興行をしているなと云った印象があります。
最近は以前ほど見なくなりましたが、やっぱり「これだったらお客はいるだろうな」と思うような興行をしていると思います。
特にこの団体は“地方”を大切にしていてるところが素晴らしいですね。

地方巡業はプロレスの基本だと思います。
年に一度くらいしか生のプロレスを見る事がないお客さんにとって、行った興行が“ガッカリ”なものだったら、次から足を運んでもらえませんよ。

安く楽しめる娯楽がたくさんある中、チケットを買ってくれるお客さんを満足させるような興行しない団体に未来は無いと思います。
反対にたまたま行った興行が素晴らしく面白いものだったとしたら、当然お客さんは「また行こう!誰か誘って!」と思うものでしょう。
点を線に変えるためには興行する側の努力が必要ですよね。
ドラゲーはそれをちゃんと実行している気がします。

「一枚のチケットのありがたみを知れ、と。このご時勢にチケットがどれだけのものかと初心にかえってやりたい」

岡村社長のこの言葉は実に重たいですね。
本当に前に行った団体の後楽園での興行なんて
「ふざけるなっ!!!」
って思いましたから。
“試合内容でみせる”
で定評があるところだったけど、本当に面白くなかったですね。
唯一面白かったのがドラゲーの選手がゲストで来た試合だけでしたから・・・・。

あっ、この間の全日本の国技館は素晴らしかったけど。
第一試合から盛り上がったし、丸藤V近藤の試合は今年のベストバウトでしたし(ベストバウトを生で見れるなんてそうそう無いですしね♪)。

それにしてもドラゲーの岡本社長(および一丸となってチケットを売っているレスラーのみなさん)の仕事を見てると、背中がピッと伸びます。
ドラゲーの興行は是非とも成功して欲しいですね。

私信 
になにな様、遅くなりましたが喉お大事に。
お正月休みはゆっくりお休みください。

|

« やっぱり関係ない | Main | スケールの大きいことよ »

プロレス」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79912/43538543

Listed below are links to weblogs that reference チョイと良い話:

« やっぱり関係ない | Main | スケールの大きいことよ »