« 寝床にて | Main | 祭りは明日まで(たぶんね) »

遠い空の下、僕は世界がめざめる音を聞いた

「モーターサイクル・ダイヤリーズ」を録画し損ねました。
あぁ、早めに録画セットするべきでしたね。
残念無念!!
NHKだからCMが無くて良かったのに(涙)。

淡々とした映画ですが私はこの作品が好きで、見るたびに思い出すたびに心が浄化されるような気がします(ま、すぐにドロリと汚れた心に戻ってしまうが)。

この映画を見たときにチェ・ゲバラが自分の子供達に送った別れの手紙の言葉を思い出しました(正確ではありませんが)、

おまえたちの父は、自分が信じたように行動した人間だったし、また、自分の信念に忠実だったとおもいます。
世界のどこかで誰かが不正な目にあっていたら、いつでも強く感ずるようになりなさい。

エルネストは青年の頃に見て感じたことを忘れなかったのでしょう、そしてこの世界には彼のように自分の信念に忠実に人のために生きている名も無き人たちが他にもいるのだと思いました。

エルネストの姿を通して、人の気高さと尊さを感じる事が出来る。だから私はこの映画が、“チェ・ゲバラ”でなく正義感が強く呆れるほど頑固で優しい青年エルネストがとても好きなのです。

“遠い空の下、僕は世界がめざめる音を聞いた ”は当時この映画につけられたキャッチコピーです。作品に合っているなと感心しました。

|

« 寝床にて | Main | 祭りは明日まで(たぶんね) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79912/43947514

Listed below are links to weblogs that reference 遠い空の下、僕は世界がめざめる音を聞いた:

« 寝床にて | Main | 祭りは明日まで(たぶんね) »