« February 2009 | Main | April 2009 »

花より団子♪

土曜日に友人達と中目黒に行きました。
お目当ての桜は勿論

咲いていなかった・・・・

あ〜、気象庁の開花宣言を信じて予定を組んだ私が馬鹿でしたよ〜
ぶぅぶぅ〜っ!!
挙げ句、結構寒いしさ!!
3週間前から予定立てて、お店も予約したのにさっ!!

でも、まぁ、目黒川沿いのお洒落なお店をぶらぶら見て歩いたり、
ちょっとしたものを買ったり、お茶したりして楽しかったです。

晩ご飯を予約していたお店も美味しかったし。

「今日はさ〜、デジカメ持って来たんだ♪」

と、友人達に手柄顔で言っていたくせに、
目の前に食べ物が出て来た途端
デジカメのことは宇宙の彼方へ・・・・

うはーーっ!!生ハム〜♡、ぐはっ!マグロの頬肉♪鶏肉も素敵♪

と、せっかくデジカメ持って行ったのに、
友人達の写真を撮る事も、美味しい食事を撮る事もしませんでした・・・・

食い気のみですね、私は・・・・とほほ・・・

これでは桜も咲いてくれないですよね。

ま、楽しかったし美味しかったからいいか(笑)

って、わけで今回も写真は無し・・・寂しい〜(涙)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

睡眠、睡眠、睡眠、睡眠

睡眠不足♪
になるので、もう寝ます。

で、明日もガンガン仕事をしよう♪
お弁当も作らなきゃなんないし。

では、これにてドロン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お疲れさまでした

フィギュアスケート世界選手権が終わりました。

日本のリード組は15位でオリンピックの出場権を獲得!
良かったです。

ペアでは川口&スミルノフ組が3位でこれまた良かった!

シングルは男子、女子共に3枠獲得できました。
(男子はちょっとハラハラしちゃったけど・・笑)

1位のキム・ヨナ選手は良い演技でした。
それにしても、とんでもない点数ですね。

2位のロシェット選手は相変わらずエレガント。
素敵でした。

そして、嬉しかったのが3位の安藤選手の演技!
SPもFSも素晴らしかった!!
本当に3位に入賞出来て良かったです。
まぁ、あの演技だったら当然か(笑)

村主選手は少し残念なところがあったけど、
素敵な演技でした。ベテラン選手を見てると安心しますね。

浅田選手は残念な結果になりました。
でも、世界女王の重圧から解放されたのは
そう悪くないことかもしれませんね。
勿論、“勝つ事”は大切なことだけど
今回の結果は新たな気持ちで来シーズンを迎えるための
きっかけになればいいと思います。
強い浅田選手ですから、きっと大丈夫。

相変わらず、色々と周囲の雑音がうるさくてウンザリですけど。
無神経なインタビューやつまらない煽りを見てると
「なんて事云うんだろう」
と、ガッカリします。

まぁ、その雑音もはね除ける事が出来る選手が
本当に強い選手なんでしょうけどね。
でも、やっぱり如何なものかと思いますよ。

何はともあれ、選手の皆さんお疲れ様でした。
今シーズンも素敵な演技で楽しませてくれてありがとうございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

三枠!!

日本男子、三枠とれた〜!!
あぁ、良かったです。

無良選手の勝負強い落ち着いた演技を見て
「おおっ!!素晴らしい!!」
と喜び、

織田選手の4ー3のコンビネーション・ジャンプに拍手したのもつかの間、
「あぁ〜、またザヤック〜っ!!ノーカウントになる〜(涙)」
と身悶えして、

小塚選手の演技で
「落ち着いて、落ち着いて」
とハラハラした

世界フィギュアスケート選手権、男子の演技。

いや、三枠確保おめでとうございます。
良かった〜。

無良選手は気持ちの強い選手だなとつくづく思いました。
この大きな舞台は彼にとって素晴らしい経験になりますね。
来シーズン彼の成長がとても楽しみです。

織田選手はザヤックは残念でしたが、
試合で4回転のコンビネーションを決めたのは素晴らしかったです!
演技そのものは素晴らしかった!!
スタンディングオベーションを貰ったのも当然の演技でした。

小塚選手は三枠確保のプレッシャーの中で
きちんと自分のやるべき演技を手堅く出来て素晴らしかったです。
あまり調子が良いようではなかったけど、
去年より順位を上げたのは本当に立派でした。

今回はライサチェック選手が優勝!
SPもFSも素晴らしい演技でした。
地元での優勝は嬉しかったことと思います。
本当におめでとうございます。

2位のチャン選手は彼らしい演技で良かった。
足元の美しさはさすが。

3位のジュベール選手。
私は彼が2位だと思ったんですけど・・
転倒があったりしたのは本当に残念。
でも、力強い4回転は本当に素敵です。

あと、ベルネル選手が良かったですね。
素晴らしく美しい4回転のコンビネーションでした。
彼の演技はとても魅力的なのでいつ見ても楽しい!
今回こそ台にのぼって欲しかったです。
残念・・・

カザフスタンのテン選手は凄かったですね。
末恐ろしい選手が出て来たものです。
彼がどんな選手になるか楽しみ。

ペアの川口&スミルノフ組は3位!
凄いですね。
おめでとうございます!

後は、ダンスと女子ですね〜♪
明日は出かけるから忘れないように録画の準備しておかないと。
録画は勿論、Jスポで(笑)
いや〜、Jスポだとストレスフリーなので幸せです♡

それにしても、やっぱり氷上の演技が全てですね。
どーでもいいような雑音に耳を貸す必要なし!!
フェアで美しい心に残る演技を楽しみしています。
それぞれの選手がベストを尽くせますように。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

反省

昨晩、友人から電話を貰い、
つい長話をしてしまいました。
反省・・・

友人の話によると「インファナル・アフェア」
のⅡもⅢもお勧めだそうで、
あぁ、やっぱり録っておけば良かったと
これまた反省(涙)

そう教えてくれた友人は
Ⅰを見損なったそうです。
も、もったいない〜。
Ⅰ、見なきゃ勿体ないよ〜。

その友人に「ハゲタカ」を貸したのですが、
やっぱり1話と2話が一番面白いとのこと。
「1話と2話だけだったら『神ドラマ』だったのに!」
と、同じ意見。
あと、「栗山千明の役はいらん」というのも一緒。
(彼女曰く「人殺しっ!」のシーンだけ出れば充分だとか・・正論だ)

あ〜、「フェイク」を見たいな〜。
マイケル・マドセンがメチャクチャ怖いけど(笑)
この人、怖いんですよ(笑)
「フェイク」でも怖かったけど(マドセン笑うな〜、怖い〜)
マドセンの怖さが一番出ていたのが
「レザボア・ドックス」
警官を拷問する場面で恐怖のあまりウチの家族は皆、
ずっと笑っていました(笑)・・・怖くて(笑)・・・
(「レザボア」は家族で見るものではないな〜、「パルプ〜」もね)

おっと、アル・パチーノもジョニー・デップも出ていたのに
なぜかマイケル・マドセンの話に・・・
これも反省です。

反省ついでに、四月からはもっとちゃんとした人になります。
いや、このところ弛んでいましたので。
大反省

| | Comments (0) | TrackBack (0)

インファナル・アフェア

無間地獄に死はない
永遠に終わる事の無い苦しみに責め苛まれ続ける
それが無間地獄なのだ

*****

ヤンは警察学校を強制退学になった。
が、それは表向きの理由で彼はその優秀な能力を
ウォン警視に認められて潜入捜査官に任命されたのだ。
10年にわたる長いマフィアでの潜入捜査は
ヤンの心を蝕んでいった。
ウォン警視以外、本当の自分の身分を知らない、
常に神経を研ぎすましていなければならない・・・
10年という長い潜入捜査はヤンの心を蝕んでいく・・・

ラウはマフィアの幹部サムの支持で警察学校に入る。
警察の内部からマフィアに情報を流すために。
彼はいつしか内部調査課の課長に昇進していた・・・

ヤンの流した情報により警察は大きな覚せい剤の取引があると知り
マフィアを一網打尽にしようとしていた。
その取引の追跡の最中にマフィア、警察の双方に内通者がいることに気付き、
それぞれが内通者を探し出すことになったが・・・・

生き残るのは、ヤンかそれともラウなのか?

*****

とにかく無駄の無い映画だと思った。
警察(ヤン)側、マフィア(ラウ)側の双方を描きながら
1時間40分程の間にこの物語を充分に描き出したのは見事だと思う。

このような映画を見ていて私が最もウンザリのは
過剰なメロドラマなのだが、
そういったものをキッパリと捨てているクールさはとてもいい。
かと云って、ただクールなだけはなく、
自分の本来の姿を失った哀しみや
正しい生き方をしたいと願う切なさが
ウエットになりすぎず描かれている。
ヤンやラウに関わる女性達の描き方も
抑制が効いていて物語を上手く彩っている。

映画全体に散りばめられた伏線もしっかり回収し
ラストになんとも云えない遣る瀬なさを感じさせてくれるのもいい。

このような潜入捜査物は“本来在るべき自分”が
全く正反対の環境の中で“本来の自分と違う自分”に
なっていくことに葛藤するところ
が興味深いのだが、
この映画においてはそれが
“警察側”と“マフィア側”の両方で描かれているのが面白い。

勿論、出演者達も素晴らしかった。
トニー・レオンは哀しさを演じさせると実に上手い役者だと思うので
このヤン役は実に良かったし、
ラウ役のアンディ・ラウも良かった。
今までちゃんと彼の演技を見てなかったので改めて上手い人だなと思った。

ウォン警視役のアンソニー・ウォンも良かったし、
なんと云ってもマフィアの幹部サムを演じた
エリック・ツァンも素晴らしかった。時折見せる凄みが実に怖かった。

語るべき事を語り、余計な物が一切無い映画を見るのは楽しい。

優れた脚本と演出の勝利だと思った。

*****

この作品、好きです。
続編も見たいけど、これ一本でも充分って気もしますね(笑)
「蛇足だな」って思ってしまったら悲しいし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

休みなのに・・・

なんだかバタバタしていました。
う〜む。

あ〜、「インファナル・アフェア」のレビューしたい〜。
と云うか、だんだんやる気が・・・。
いや、でもやる!(書きかけの「劇場版 じゃりン子チエ」もやりたい)

それにしても、4月から放送のNHKの「花咲ける〜」のHPを見ましたが、
・・・う〜ん・・・

楽しみにしている友人のために録ろうかと思ったけど、
どうなるんでしょう・・・
ノイタミナの枠の方が面白そうな気が・・・

4月の楽しみは夕方に再放送が始まる「夏目友人帳」ですかね。
「夏目」はHPを見た時から期待出来ると思えて良かったな〜(イイナ〜)

今週末から始まるフィギュアスケート世界選手権も始まる前から、
なんなんでしょうね。
ガッカリです。
他に何も云いたくないですね。

WBCは第1回大会に比べて盛り上がってますね。
前回優勝した上にオリンピックがあの結果だからでしょうが。
それにしても、同じ相手と5回も戦うって・・・
あちらさんも同じ気持ちだと思いますけどね。
(カストロ元・議長の「アメリカの陰謀だ!」
という発言には笑ったけど・・・元気そうですな)

知り合いがいるから見ていますが、
そうじゃなかったら恐らくニュースで結果を見るくらいでした。
勝ち進んでいるのはいいけど、ね・・・

スポーツ(いや、スポーツ・エンターテイメントか)の話題で
手放しで喜べたのは
ドラゲーの国技館大会が盛況だったことですね(笑)
あと新日の春のG1で後藤が優勝した事(笑)
結局、プロレスか(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

レオン多くない??

昨日、前から見たかった「インファナル・アフェア」を見ました。

いや〜、なかなか面白かった!!
評判が良かったので、是非見たいと思っていたけど
これは面白かったです。

テンションが高いうちにレビューをしたいのですが、いかんせん時間が無い。
早くレビューしたいのにな〜(涙)

まだ「何がジェーンに起こったか?」と「水の中のナイフ」も見られませんし。
あぁ、こっちも早く見たい(涙)

時間が無いのはともかく「インファナル・アフェア」は面白かったです。
まず脚本がいいんでしょうね。
無駄が無かったし。
イイヨ〜、イイヨ〜♪
ⅡもⅢも録っておけば良かったと後悔。

それにしても、香港映画界にはレオンが3人いるから、
「えーっと、カーファイじゃなくて、ライじゃなくて・・・トニー・レオンだ!」
とトニー・レオンの顔を見る度に
レオン・カーファイとレオン・ライの名前が
頭の中をチラつくのでした。

ちょっと、レオン多くない?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

楽しけりゃいいんですよ(笑)

最近、杉浦さんの情報が無くて・・・不満だ!!
でも、ま、気長に待ちますか。

先週の週プロのDDTの“煎餅屋プロレス”の記事は面白かったけど。
屋外でジャーマンなんてしたら、普通死にます
良い子は勿論だけど、悪い子も真似しないでね。
まず死にますから。
飯伏・・・、本当にトンパチだわ(笑)
飯伏を見てると生きる勇気が湧いてきます(笑)
いや、ホント。

*****
最近、近所にケーキ屋さんが出来ました♪
嬉しい。
たまにはケーキも食べたいんですよ。
買ってみたらこれが非常に美味しくて♡

Pb300002

たまにケーキでも食べて元気をだそう!!

*****

このところ、北斗晶のブログを見るのが楽しみです。
北斗さんのブログ読んでると暖かい気分になれます。
ユーモアがあって暖かい人柄で大好きだ。
まぁ、色々とたいへんだけど今日も北斗ブログを読んで頑張るぞ!!

*****

生きる喜び三連発でした(笑)
と、えらい単純ですが・・・
しゃーない、だってバカですから(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

僕はテレビっ子

友人が勧めてくれた「修羅の刻」をネットで見ました。
(「ネットで見てね」と云われていたので)
面白かったです。
最初、絵を見た時は「高橋留美子?」と思ったけど、作者は違う人でした。

私は「御前試合」のエピソードが一番好きかな?
八雲や出海のエピソードも面白かったけど。
まぁ、草むらで小用中に襲撃されるってのには驚きましたが(いや、パソコンの前でムンクみたいになっちゃった・・・笑)。
圓もいくら動きやすいからってあの格好はないですよ(笑)
水戸黄門のお銀にしろ女の忍者の格好って奇天烈で困る(笑)

あと、陸奥の連中はみな大食漢でしかも何気に女たらしです(笑)
お嬢さん方、あの程度でたらされてはいけませんよ〜(笑)
それと陸奥の皆さんは遺伝的(??)に、デリカシーに欠けるよ(笑)
出海なんて、龍馬とおりょうの新婚旅行に一緒に行ってるし(笑)
“用心棒”をしてるんでしょうけど、少しは気を使おうよ〜(笑)
あんた何一緒に風呂まで入ってるのさ?(おりょうさんと龍馬と出海で混浴だーーっ!!)

ま、それはともかく熱い戦いに結構燃えました。

友人は私に「攻殻機動隊」や「蟲師」を勧めてくれた人なのですが
話のついでに
「今度、NHK BS(デジタルhiだったかな?)で『花咲ける青少年』をアニメでやるよ〜」と教えるとメッチャ見たがってました。
彼女は少女漫画を読まない人ですが樹なつみは好きだというので、見ないつもりだったけど録画して友人に渡そうかな?と考えています。
逆ハーレム漫画っぽいけど実際そんな漫画じゃないし、大風呂敷を広げていたけど上手く回収できてた作品だったし。

土曜日はひたすら「修羅の刻」を見て、日曜は「探偵ナイトスクープ!ゴールデン」を見ました。

懐かしい!!

京都にいる頃、よく見てましたからね〜♪
これと「テレビの壷」と「なにわ友あれ赤井英和」を見てたな〜。

「ゾンビと戦いたい姉弟」も凄く笑ったけど、私は小ネタの「山田さんインコ」が好きだわ♪
インコ、最高!!

おかげで、録画していた「何がジェーンに起こったか?」をまだ見ていません。
今日は「インファナル・アフェア」と「水の中のナイフ」を録画しているので映画が溜まる〜(笑)
あと今週は「LAコンフィデンシャル」も録画するつもりです。
ま、これは何度も見てるからDVDにすればいいだけだけど。
あと、いつか「フェイク」を放送して欲しい〜!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

全部、魚だった

先週の木曜日に届いた宅配便の箱を開けてみると魚でした。

なんだかつい最近同じような光景を見たような(笑)

で、感謝しつつ生モノなのでその日のうちに料理しました。

魚の群れ↓

P3120006

「お前ら、全員『南蛮漬け』にしてやるぜ!!」

と叫び(←夜なので小声で)、小ぶりのアジは南蛮漬けにしました。

でも、まぁ、全て南蛮漬けにするのも勿体ない。

良いホゴ(カサゴ)がいたので、黒メバルと一緒にアクアパッツァにしました。
料理後の写真が無いのは、出来た途端に食べてしまったからです(笑)
アクアパッツァは簡単で美味しいよ〜♪
南蛮漬けは大量だったので金曜日と土曜日に食べましたね。

で、大きめのアジは刺身にしました。
不器用なので、やたらと時間がかかったけど(笑)
正直、辛かった(笑)

で、ツレが
「これで終わり?」
と聞いてきたので
「まだだ、まだ終わらせない。勝負食事の後は骨も残さない」(「アカギ」ファンのツレのためにサービスした台詞。ツレは喜んで座布団をくれた・・・って、ウチの座布団じゃないかよ!いらん!相変わらず不毛な会話だけど最近楽しくなってきた)
と云って、残った骨を揚げて「骨センベイ」にしました。

木曜日は魚に疲れた日でしたね(笑)

これだけ魚を食べたら相当カルシウムを摂取しているはず!
牛乳もしっかり飲んでるし!
だが、また足の骨が太くなったりして(笑)

ちなみに「骨も残さない・・」って云いましたが、頭とシッポは残しました。
アレはさすがに食べれなかった(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スッキリ

久しぶりに友人とオタ話をしました。
なんだかスッキリしました(笑)
いい年してるのに本当なんだかな〜って感じですが、

まぁいいや

あとで友人お勧めのアニメをyoutubeで見てみようと思います。
この友人はフィギュアスケートも好きなので嬉しいですね。
アニメも漫画もフィギュアスケートの話も出来ると楽しい♪
会社じゃそんな話できませんからね。
それはそれで悪くないけど。

あぁ、スッキリしました♪

《私信》
になになさん、お体を大切にしてくださいね。
お元気になられたみたいで良かったですけど。
ジャン・レノには悪い事をしたと思っています(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

母はマサイ族のように目が良かった

「ネットサーフィンしてると楽しくて何時間もネットを見てしまうのよ〜♪目が悪くなっちゃって♪」

と、母。
いい年して、ネット中毒ですか(笑)
ま、いいけどさ。
でも、老眼鏡は自分で新調してくださいね。

私もニコ動とか結構長時間見てしまう可能性があるので、気を付けたいですね。
せっかく裸眼で過ごせてるのにメガネを買うのは嫌なので。

昔、布団の中に懐中電灯を持ち込んで本を読んだりしてたのに未だメガネをしないで済んでいるのはありがたいことですが、
きっと老眼になるのは早いんでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日出処の天子

先に申し上げておきますが、私がこの作品を最後に読んだのは二十年くらい前でそれから一度も読み返していません(実家に行けばこの漫画があるはず)。
また、人様のレビューを読んで影響されてはいけないと考えて殆ど作品に関しての情報に目を通していないので、思い違いや記憶違いがあると思いますがご容赦下さい。

*****

山岸凉子の「日出処の天子」の連載を途中からリアルタイムで読んでいたが、主人公の厩戸はホモだし(男同士のラブシーンなんざぁ〜見たくもないし、今でもかなり嫌である)性格が悪くて「あー、こんな奴大嫌い」と常々思っていて好きな作品ではなかった。

友達の中には「ウマ(厩戸王子のこと)最高♡」と云って憚らない人がいたが、全く理解できなかったし、今もハッキリ言って嫌いだ。

ただ、物語自体は不思議に面白く「ウマ、最低」とブーブー文句を云いながらも読み続けていた。

やがて物語が終盤に差し掛かる頃には
「これはどうやって終わるのだろうか?」
と気になり、かなり真面目に読んでいた。
そして最終回を読み終えて呆然とした。

「皮肉な怖い話なんだろう」
と。

今も“成熟した大人”とは云い難いが、その頃は本当にガキだったので「怖い」と感じてもそれがどんな怖さかよく分からなかった。

連載が終わって何年かしてから「日出処の天子」の豪華版が出たのを機に初めて全部通して読んだ。
そして、改めて「皮肉な怖い話」だと思った。

*****

ここで描かれる厩戸王子は天才で超能力らしきものを持っており、それ故に孤独だ。
厩戸の孤独の大元は、母親との関係である。

彼の母は厩戸の“力”が自分から受け継いだものと分かっているにもかかわらず(分かっているからこそかもしれないが)、厩戸を恐れている。
他の兄弟は母から溢れんばかりの愛情を受けているのに、厩戸が母から得たのは自分に対する恐怖ばかり。彼が母を・・・女性を憎むのは仕方の無いことではある。

母親の愛情さえ受ける事が出来なかった厩戸が孤独から逃れるために得ようとしたのが蘇我毛人だった。

毛人は厩戸と同じ“力”を持っているのだがその“力”に全く気付いていない。
そして、厩戸の不思議な“力”を目にしても毛人は多少恐怖を感じても厩戸を恐れ嫌悪しない。
しかも、毛人自身気付いていないが厩戸と同質の力を持っている。

*****

「日出処の天子」は厩戸王子が孤独から逃れるために蘇我毛人の愛情を得ようとあらゆる手段を尽くすが、結局どこにも出口の無い孤独に陥ってしまう物語だ。

物語の終わり近くで愛を乞う厩戸に毛人はこのような事を云う。
「貴方は私を愛していると云いながら本当は自分自身を愛しているのです。そこから抜け出さない限り孤独から逃れることは出来ない」
と。

毛人の云うように厩戸の求めるものは人が対等に愛し合うといったものではなく一方的な、子供が親の愛を求めるようなものだ。

毛人のような人間が対等でない愛情に応えられないと告げるのは当然だ。
厩戸の願いが切実であればあるほど、真摯な気持ちでそう伝えるだろう。
それが相手をどうしようもない孤独に落とすことになると分かっていても偽ることは出来ない。

厩戸は毛人の愛を得ることが出来ず孤独の道を歩む事となる。
それは毛人の云う“黄泉に似た道”で、厩戸とその道を供にするのは厩戸の母の面影を持つ白痴の少女だ。

厩戸の妻たちは彼の孤独と虚しさにつき合わされ、妻として女として・・・人としてまともに扱われることはないだろう。(ただ刀自古とはなんらかのまともな関係を築ける予感があったのだが、厩戸はその機会を自ら潰してしまった。彼はまぎれも無く天才だが、まともに愛されたことがないためか人として未熟である。)

*****

そして、この物語の中で孤独なのは厩戸だけではない。
ごくごく僅かな例外を除いて登場人物たちは権力や物欲・・・さまざまな欲望を満たすために行動し、自分たちが孤独であるという自覚すら無い。

*****

厩戸は摂政となり政治的な実権を手にし、しかも彼は不可能を可能にするような“力”まで持っている。その彼が随の皇帝に手紙を書く。

日出処の天子、書を日没処の天子にいたす。つつがなきや・・・・と。

そこで物語は終わる。

なんと皮肉で恐ろしい終わり方だろう。

自分の子供達が将来非業の死を遂げる事も、政権争いで多くの命が失われる事も、隋との貿易の中でたくさんの命が波間に消えることも予見しながら、悲しみも嘆きも絶望さえも乾ききった孤独の中で厩戸はこの手紙を書いたのだから。

あらゆるものあらゆる力を手にしながら、黄泉に似た孤独な道を進むしかない厩戸。

山岸凉子の描いた皮肉で無惨なラストに言葉を失い、同時にゾッとした。

これは他人事ではない?自分の周りは、自分自身はどうだろう?と思ったからだ。

*****

「日出処の天子」と同じくらい、恐ろしい作品と云えば岡崎京子の「ヘルタースケルター」がありますが、lこれは友人から借りて一度だけ読んだ作品だし(ヘナチョコなので読み返すのが辛かった)、未完だというので“タイガー・リリィ”の話はまたいつか別に機会に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハリウッドはネタ切れ?

スコセッシ監督が遠藤周作の「沈黙」を撮るらしいですね。

スコセッシ監督は確か聖職者になろうとしていたらしいので、この作品に興味を持ったのでしょう。
かなり前から構想を練っていたそうです。

で、主人公の司祭をベニシオ・デル・トロが演じると知ってビックリ!
主人公ってことは・・・ロドリゴですよね?
他のキャストを見ると、ダニエル・デイ・ルイス(フェレイラ役?)とガエル・ガルシア・ベルナル(ガルペ役?)とかなり豪華。

でも、デル・トロがロドリゴって・・・なんか、イメージと違う気がしますが・・・
もう少し若くて細いイメージで読んでいたので。
「えっらいデカくて、ごつくて、やや太りの司祭」になりそう・・・

まぁ、ジェームス・ボンドに殺られたり(ミンチになった〜)、奥さんを寝取られた挙げ句に殺られたり(気の毒〜)、サウナで殺られたり(タオル一枚巻いた状態で死んだ〜)といった“殺られ役”(あとジャンキーね、これも多かった)ばかりしてた頃を思えば、苦悩する司祭を演じると思うと楽しみでしかたありません。“チェ”を演じた時も嬉しかったもんな〜、目が澄んでなかったけどさ。

楽しみだけど・・・・演技力になんら不安も無いけど・・・・
とにかく痩せていただきたい

ダニエル・デイ・ルイスやガエル・ガルシア・ベルナルの二人も楽しみですよ。体型の不安も感じないし、上手い役者だし。

あと、日本人俳優さんのキャスティングもある(そりゃ、当たり前だ)のでそれも楽しみですね。
スコセッシ監督はきちんと作ってくれそうですよね。

この頃つくづく思うけれど、最近のアメリカ映画はネタ切れなんでしょうか?
ドラゴンボールの実写(「チェ」を見に行ったとき予告を見たけど、あれはもう別物だ)や、カウボーイ・ビバップの実写をやるらしいし。

楽しみな時もあるけど、微妙〜と思う事も多いですね。
キアヌ・リーブスがスパイクか・・・どうなんだろう・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

続編をお願い♪

ツレが
「今月から小遣い倍プッシュだ!」
と言ってきたので即座に
「断る(フザケルナー!!)」
と答えると
ツレは
「今の会話『アカギ』みたい♪」
と喜んでいました。
〜っん?!あぁ、「倍プッシュ」のところか・・・(云われるまで気づかなかったよ)

「『アカギ』の続きが見たい」
と何かと云うと騒ぐツレ・・・
私が1話も漏らさずに録画して、CMカットまでして(そのせいで腱鞘炎になった・・)DVDに焼いたのにまだ足りないらしい・・・・

どうかいつか(出来たら近いうちに)「アカギ」の続編が作られますように(笑)
そうしたら

私「ウチのライフポイント(←家計)を奪い取りたかったら実力(←給料を上げて)で奪い取るんだな」
ツレ「サービスしてくれるかと思ったら、案外ケチだな」
私「へへっ、調子がでてきたじゃねーか」

などと云った馬鹿げた会話をしなくてすむかも(笑)
つき合うのが結構面倒なんですよね(笑)

やたら「体言止め」を使って会話するようになる前に、続編を放送して頂きたいものです(笑)

それにしても、ツレは鷲巣さま役でいいのだろうか?
私はどれをやってもいいですけどね。(もうどーでもいい気持ち)

*****

〈私信〉
になになさん、私も酒を殆ど飲まないので気持ちは分かります。
ジャン・レノは離婚したから慰謝料が欲しかったのかもしれませんね(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

燃える〜♪

いや〜、楽しかったですね(笑)
NOAHの武道館大会。

第一試合の小橋さんと井上さんの試合でいい感じで温まって、特別試合でウハウハ

NOAHの会場に中邑の入場曲が流れる日が来るとは・・・と、興奮。
先にミラノが透明犬ミケーレを連れての入場。
いい感じでブーイングが飛んでるようです。
ミラノの後を中邑がセコンドの後藤とニセ棚橋石狩を従えて花道を歩き、会場のブーイングも大きくなったよう。
NOAHファンのほうを見てニヤリとした中邑はふてぶてしい態度でNOAHファンを煽る煽る♪

いいね〜♡対抗戦だもん、こうでなくちゃ♪

それにしても、ミラノと中邑が並ぶと見栄えがしますね。
二人とも長身で足が長いからかな?

次に、潮崎が入場。
アメリカ修行に行く前よりグッと顔つきが良くなりました。
精悍な顔になりましたね。イイヨー!
そして、杉浦さんが最後に入場。
なんだかいつもより緊張していたようです。

試合は、潮崎が頑張りましたね。
良いレスラーになってきたな〜。
ミラノも彼らしい動きを充分見せてくれたし、見せ場が結構あり良かった。
杉浦さんも中邑も良かったですね。

タッグとしてよく機能していたのは、中邑&ミラノ組だったかな。
対抗戦らしい緊張感のある試合内容でした。
贅沢を云うと、もっと杉浦さんの活躍が見たかったですね。
潮崎を前面に出して来た感じの試合だったから。

ま、それはまた次の機会ってことかな?

実況席に丸藤が座っていたから、
「おっ!?次は丸藤&杉浦組と中邑&後藤組か?!」
と気の早い事を考えてしまいました(笑)

中嶋 対 KENTAの試合も良かったです。
ファイトスタイルが近いから手が合うんでしょうね(蹴りに関しては中嶋が上だと思うけど)。
中嶋くんは本当に良いレスラーになりましたね。
あの年齢であんな試合が出来るなんてたいしたものです。
顔つきも少年の顔から青年の顔になりました。
対するKENTAも高校生みたいだったのに、今や立派な大人の男の顔ですね。
今回はKENTAがベルトを取り返して、花道から引き上げる時になぜか覆面&ジャージのレスラーに襲われていました(笑)

あれは誰?!
金丸くんや鼓太郎だったら覆面する必要はないし(笑)
ここで、まさかの石森ってことはないですよね〜(笑)

メインは佐々木健介 対 秋山さんのタイトルマッチ。
相変わらずゴツゴツした痛そうな試合でした。
ここでしっかり秋山さんがベルトを取り返しました。

めでたくGHCのベルトはジュニアもヘビーもNOAHに戻って来てハッピーエンドです。

いつものことですがNOAHは大きな会場で他団体とやるときは本当に負けませんね。

面白かったです。
やっぱり対抗戦は燃えるわ♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

放送時間が重なるのは勘弁だ

今日はケーブルでNOAH武道館大会とフィギュアスケート四大陸選手権の放送時間が重なってしまいました・・・

四大陸は再放送があるから、プロレスの録画を優先しました。
で、プロレスが終わったので四大陸を見ています。

丁度、南里選手の演技から見たのですが、コンディションが悪い中で精一杯演技をしていて本当に立派でした。
ちょっぴり辛口の解説の杉田さんも
「私も経験がありますけど、体調が悪い中で演技をして転んだ後に立ち上がってまた滑るのは本当に辛い。よく最後まで演技しました」
といった事をおしゃってました。
本当に途中で棄権したいくらいだったでしょうが、本当に立派でした。

精一杯の演技をしている選手達を見ていると、全員が怪我をしないでベストな演技をして欲しいと心から思います。
本当にね。

さて、これから録画したプロレスを見ながらご飯を食べますか♪

今日はメチャクチャ燃えるぜっ!!

なぜなら、NOAHの会場に新日本の中邑とミラノが乗り込んでくるんですから♪
会場はきっとブーイングの嵐だ!!(イイヨー、イイヨー♡)
その二人を迎え撃つのは杉浦さん(あぁ、名前の前に所有格をつけたいわ♡)と潮崎(未来のエースだ!)ですよ!!
なんつー燃えるシチュエーションなんでしょう。
楽しみ♪
ふふふふ♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もう三月・・・でも、寒いので塩鍋&特性ペースト

このところ天気が悪いのでお布団が干せないので非常に不満です。
天気予報で晴れのマークを見ると
あぁ、布団が干せる♡
と、わくわくするのですが、この一週間ロクに干せてないのが不満。
寒いし。

****

Pc130003

以前ブログに乗せた塩鍋ですが、今回は隠し味を投入。
それがこれ

Pc130004_2

特性ペースト。
このペーストは週プロ冬の恒例企画「ちゃんこ鍋特集」の全日本プロレスの浜ちゃんのレシピを参考にしました。
みじん切りにした大葉とスプーン大盛り2杯半のおろしニンニクと胡麻油少々で作ったペースト。

塩鍋をある程度楽しんだら、お好みでこのペーストを入れるとまた違った味が楽しめます。

週プロと全日の浜ちゃんに感謝です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »