« July 2009 | Main | September 2009 »

絵にどっぷり浸かる

土曜日に知人の個展を見に吉祥寺に行きました。

とても素敵な絵でしたし、彼女の絵を展示していたカフェも素敵なお店でしたね。
招待してくれたご本人もいらしたので一緒に行った友人達と暫くお茶をしながらお喋りをさせて頂きました。

その後、吉祥寺の駅まで皆でぶらぶらしながら途中にあるお店に立ち寄ったり、パンを買ったり。
で、またまたお茶をしたり(笑)

とても楽しい1日でした。
素敵な絵が見れたしね。

日曜は選挙に行きその足でゴーギャン展へ。
随分前にチケットを買っていたので、展覧会が終わる前に行かないと!と思いまして。

思っていたよりは混んでいなかったですね。

タヒチに行く前までのゴーギャンはセザンヌの作品に似た絵を描いていたけどタヒチに行った後の作品はぐっと力強さを増していて、やっぱり凄かったです。

ゴーギャンの絵はオルセーや大原美術館で結構見たけれど、こうしてまとめて見ると圧巻ですね。
版画なども展示されていたのも興味深かった。

せっかくなので常設展も見てきました。
見てみたかった作品が結構あったので嬉しかったです。

なかでも村山槐多、佐伯祐三、藤田嗣治の作品が良かったですね。
とにかく強い!!

この三人に比べたらインパクトがなく上品すぎるかもしれないけど、私は山口華楊の作品も好きなんですよ。
以前から見たかった「洋犬図」が見れて大満足!!
意外と大きな作品だったんですね。

千円で(以前に購入したペアチケットは二枚組で二千円だったのだ)これだけ楽しめたのは本当にお得でした(笑)

この二日間は素敵な絵をたくさん見れて幸せ(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ようやく溜まっていたプラネテスを見ました。

あぁ、今回も良かった。

こういった話、好きです。

生き物って自分が生きている環境に適応するために進化していくものだから、地球外で生まれた子たちも代を重ねるごとに体も強くなっていくのではと思いますが。
もっとも、そうなると地球の環境が彼等にとって過酷なものになるんでしょうね。
(あと、進化出来なきゃ絶滅するだけって〜のも大前提だが)

それでも、胸を張って月が故郷だと言うノノを見てると人の持つ力を信じたくなります。

今は立場も働いてる部署も違うけれど、志は昔の仲間と同じところにある。
ひとりは辛いけど、心の拠り所があればきっと闘える。

フィーの今の居場所は半課でそこには仲間もいるけど、
もうひとつ大切な場所がある。

見終わった時にいつもとても清々しい気持ちになれるのが嬉しいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

少し泣いてもいいですか?(笑)

先週の週プロのG1、杉浦さんの記事。

「良い夏でした」

にグッとした。

・・・そうか、直前まで入院して全く練習も出来ずにG1に出場したんだ。そうか、ボロボロだったのか。そうか、それでも良い夏だったんだ・・・

*****

雨が酷かったので、本屋に入ると「ピアノの森」と「チェザーレ」の最新刊が。
二冊同時に買えるとはラッキー。

雨が止むまで喫茶店でコーヒーを飲み、ついでに「ピアノの森」を読む事に。
ある意味、恵みの雨かな?
「チェザーレ」は今回は非常に内容が濃いようなので後日じっくりと読もう。

「カイ 逆境はお前の後押しをしてくれる」

阿字野先生の言葉に心が震えた。
でも、カイを後押ししたのは逆境だけじゃない。

体を張ってカイを守ったレイちゃんや全ての力をカイに与えようとした阿字野先生がいたからだ。
親は、大人は子供が飛び立つために力を尽くさなくてはいけない。

「私がカイの傍にいられる間に  私の全ての力を・・・与えたい」

心に沁みた。

少し泣いてもいいですか(笑)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

そろそろ考えておこう

最近、以前より頻繁に実家に顔を出しています。
と言うわけでこの週末も。

片道二時間、電車に揺られ多摩川、荒川、江戸川を越えてゆく小旅行。
今の家から柏は遠いのよ(笑)
柏と言ってもぼぼ我孫子なんですけどね(そして、すぐ隣が茨城だ)。

数年ぶりに従姉妹と会ったりしました。
夫の転勤で九州から千葉へ引っ越してきたので。

今回は以前から気になっていた親の死後の話を両親とじっくり出来たので良かったです(ま、父は相変わらず「ワシ、よーわからんから適当にしとけ」だったが)。
まぁ、まだ父も母もピンピンしていて死にそうにないのですが(私のほうが早く死ぬかもしれないとツレに言われるくらい元気である)、両親とも頭がしっかりしているうちに本人達の希望を聞いておいたほうがいいので。

二人とも財産も無く、借金も無く、子供は私ひとりなので割と気楽な感じです。

「私達はあんたがいるけど、あんたは子供いないしね〜。どーするの?」
と母に聞かれ、
「ツレのほうの墓に入ることになるだろうけど、私なんか死んでもただの迷惑な生ゴミだもんね。ま、考えとくよ」
と答えておきました。
ま、あんまり他人様の迷惑にならないようにしたいものです。

歳をとってくると、死後の事も多少考えておかなくてはならないものですね(笑)

*****

週末が丸々潰れたのでプラネテスが見れなかったな〜。
あと、G1の決勝も見れませんでしたよ(涙)
つーか、なんでワープロで30分しか放送しないんですか!!
結局、放送されたのは中邑 VS  真壁の決勝だけなんて(号泣)
あ〜、杉浦さんが見れない〜(涙)
頭にきたので時間があるときに動画サイトでDDTのヨシヒコでも見ようと思いました。
ぐぞーーーっ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うたた寝

食事をした後に少し横になったらいつの間にか寝てしまいました。
ややお疲れモードですね。

今週末も予定してた事が出来そうに無いのがチト辛い今日この頃。

ま、仕方ないか。

お金と時間が欲しいです(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もう終わっちゃった感のある

世界陸上(笑)
ま、100mが一番の見物でしたからね。
我々が生きている間に8秒台が出たりして(笑)

さて、G1は大穴の真壁が優勝!!
おおっ!!刀義団も喜んでるぜ!
大マカベ・コールも起きたようで(ついでにホンマ・コールもあったそうな。前の日に血ダルマになったかいがありました。しかし土曜の血ダルマは衝撃でしたよ、いつの間に流血しとるん!?つーか流血する必要あるん!?)、今回もハッピーエンドで幕を閉じたようですね。
良かった、良かった。
IWGPに挑戦するのかな?頑張れ!

中邑はヒールになっちゃったんですね。
15日の放送でもかなりブーイングされてましたね。
もう、さ、とことんヒールになっちゃえ。

タナは怪我で次期シリーズは欠場。
しっかり治してリングの中心で愛を叫んで欲しいです。
復帰したあかつきには私も家で一緒にこっそり愛を叫ぼう。
チャラいタナは好きだ。

杉浦さんは真壁に負けて敗退。
コンディションが悪そうだったのが残念。
とりあえず、真壁を流血させヒートを買ったのはさすが外敵と言うべきか。
あー、中邑とやった大阪府立を放送しないかな〜。
週プロで見るかぎりこの試合はメチャクチャ面白そうです。
紙面を読んでるだけで燃える!!
あと、念願のストロングマシン(お前、平田だろう!!)と対戦出来て良かったですね♪
平田、平田言い過ぎでしょう?杉浦さん♡
いや〜、やっぱりマジで好きだわ♡
あと、青木の「九分九厘」発言に吹きました。

《私信》
になになさん、一言投票所 楽しかったです。
お疲れさまでした。
気がついたら終了していたので、こちらでご挨拶させていだだきます。
終了時間に気がつかなかったなんてウッカリしていました(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

扉をたたく人

誇らしげに掲げられた星条旗。

自由の女神。

そして、「移民は国の力」と書かれたポスター。

ウォルターやモーナはこれらをどんな思いで見つめたのだろうか?
個人の良心の声は、あまりにか細く無力だ。

*****

妻を亡くした老教授のウォルターは無気力に毎日を過ごしていた。
ただ、何年も同じ内容の講義をし、形だけの“共著”という論文・・・・

そんなウォルターが論文の発表のために久々に訪れたニューヨークの別宅にはシリア系の青年タリクとタリクの恋人ナイジェリア系のゼイナブが住んでいた。

彼らは不法滞在者で性質の悪い仲介業者に空き家だと騙されてウォルターの家に住んでいたのだ。

ウォルターに詫び、荷物を抱え部屋を出て行くタリク達。
そんな彼らに新しい住まいが見つかるまで自分の家に住まないかと提案するウォルター。

やがて、ウォルターはタリクが演奏しているアフリカン・ドラムの“ジャンベ”に魅せられ、タリクにジャンベを教わるようになるのだが・・・・

*****

正直、私だったらいつの間にか住んでいた人間を自分の部屋に住まわせることは出来ないと思った。
退っ引きならない事情があるにせよ、それとこれとは別問題と考える。
下手をしたら自分の身に危害が及ぶ場合があるからだ。

けれどウォルターは人として困っている人間をそのままにしておけなかったのだろう。
それは頭の下がる行為だと思う。

それはさておき、この映画は押し付けがましいところが少なく自然で控えめでとても好ましかった。

人と人の心の交流や優しさ思いやりを中心に淡々と進んで行く物語の中に散りばめられたエピソードの一つ一つがアメリカという国が持つ建前と矛盾とジレンマを我々に垣間見せていく。

人種、職業、年齢など関係なくジャンベを演奏出来れば知らない者同士でも受け入れる寛容さ。

「移民は国の力」と書かれたポスター。

すれ違う人、公園のベンチの隣の人、どこに行っても東洋人、アフリカ系、様々な人が暮らす人種のるつぼニューヨーク。
そこには誇らしげに自由の女神が立っている。

タリクの身を案じやって来たタリクの母モーナにニューヨークを案内していたゼイナブが「あそこにツインタワーがあったの!」と言う場面がなんとも皮肉だった。

9.11がなければ、今もツインタワーがあったらならタリクは無賃乗車をしたと疑われることはなかっただろう。
アメリカの学校を卒業してるタリクがほんの些細な書類の不備(9.11が起きる前までは見逃されていた)で不法滞在者として自由を奪われることはなかっただろう。

タリクが入れられた入国管理局の拘留所に足繁く通うウォルター。
タリクを救うべく弁護士を雇い、タリクの母モーナを家に泊め、なんとかタリクの力になろうした。
タリクと関わったウォルターは彼をそのままに出来なかった。
ずっと辛抱強く事に対処していた穏やかなウォルターが声を荒げる姿を見て遣る瀬なかった。

「彼が何をしたと言うんだ!これが人に対してする仕打ちか?!あんな善良な人間なのに・・・・」

確かに書類の不備はあっただろう、国民の安全を守るために厳しい処置をするもの理解出来る。
けれど、ひとりの人間としてウォルターの気持ちは痛い程よく分かる。
タリクは朗らかで人好きのする本当に善良な好青年だと映画を見ている我々も知っているからだ。

別れ際、ウォルターに対してモーナは言った。
“ハビティ”
と。
“ハビティ”それは、タリクがゼイナブに対して使う言葉。モーナが息子タリクに対して使う言葉。意味は“愛する人”

確かにウォルターとモーナは異性として惹かれあってもいただろう。
けれど、家族に対する“情愛”のほうが強かったのではないだろうか?
だからこそ恋人だけでなく家族にも使う“ハビティ”をウォルターに対して使ったのだと思っている。

心の赴くままタリクに教えてもらったジャンベを叩くウォルター。
個人の良心の声はか細く、無力だ。
けれど、その声は
暖かく優しい
本当に。

*****

地味な作品でしたが、なかなかの佳作だったと思います。
地味な映画が嫌いなツレでさえ「いや〜、良かったよ」と言ってましたね(笑)
(あとツレが言う地味映画で良かったのは「モーターサイクル・ダイヤリーズ」だそうで。あれは私も大好きだ。しかし生涯のベストテンに「ムトゥ〜踊るマハラジャ〜」が入るところはよーわからん)

演出もきめ細やかで良かったし、なんといっても俳優さんが実に上手いんですよ!

見に行って良かったと思いました。

蛇足ですが、この映画の英語はもの凄く分かりやすかったですね。
そこらへんも良かった(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明日の大会もテレビで見たい・・・けど、見れない

夕方から新日本プロレスのG1両国大会を視聴しました。

正直、メイン以外の試合の内容がいまひとつでしたね。
もし、両国に見に行っていたら
「・・・・」
となっていたかも。

楽しみにしていたミスティコもコンディションが悪いのかタイガーと合わないのかあまり動けてなかったですね。
本格的なルチャが出来る選手がいないのも原因のひとつかも。
残念。

決勝に残ったのは中邑、杉浦さん、真壁、タナの四人。
残るべき人が残ったって感じです。

杉浦さんを一目見た時
「あちゃ〜、コンディション悪そう・・・・」
と思いましたね。
実際、試合の時も動きにキレが無かった・・・
大阪府立で中邑とした試合までは良さそうだったのに。

中邑はしっかり全勝で明日の試合に臨む事になりましたが、
アバラを痛めたようで明日はどうなるんでしょうね。
正直、ここでG1を獲っておかないといけないんですけどね。

真壁はいつの間にやら「刀義団」とやらが出来ていて、すっかりベビーフェイスに(笑)
因縁深き矢野との対戦だから「ここで流血でしょう」と思っていたら案の定、流血(笑)
この後に控えているのはメインだけだから何も気にせず、思いっきり流血(笑)
それはいいけど、なぜかセコンドの本間まで流血しておりました(笑)
「アンタ、いつの間に流血してねん。アンタが流血する必要がどこにあんねん」
とツッコミを入れつつ、血ダルマで控え室に戻る真壁と本間を見ながら
大穴真壁のG1制覇で大ハッピーエンドもありかなと思いました。

メインのタナと田中の試合は良かったですね。
いや〜、他の試合が残念な内容だっただけに良い内容の試合でメインをしっかり締めたタナは本当に良いチャンピオンだなと思いました。
タナの試合は安心して見れますもんね。
あの髪型もあのガウンもタナ・テイストだと思えば輝いて見えます!!
タナがいて良かった!

中西さんと大森さんのアドリブの効かなさに涙し(ワイチャイ・コンビは外人レスラーとゴツゴツした試合をしたほうが輝くよな〜)、岡田かずちかの大プッシュに唸った(時代のエース候補ですな、いいよ彼は)ひとときでございます。

明日はテレビで見れないのか〜。
一週間待つのは辛いわ〜。
プロレス冬の時代は続く・・・・(涙)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メシならおごらん!!

昨日は映画にご飯でした。

前からチョット気になる映画があってようやく行けました。
上映期間終了間近だったのでギリギリセーフでしたね(笑)

一人で気兼ねなく見るつもりだったのですがツレに映画に行くんだと告げると
「ワシ(ツレの一人称はワシである)も行く」
と言い出したので一緒に行く事に。

とりあえず仕事後に恵比寿で待ち合わせしたんですが私に会った途端
「凄く面白くなさそうな映画」
といきなり不満をぶちまけるツレ。
どうも私を待ってる間に駅に貼られた見る予定の映画のポスターを見たらしい。

だからさ、前から何度も言ったじゃん
「好きなタイプの映画じゃないと思うよ」
って。
それでも行くと言ったくせに。

映画館に向かう最中も映画館に入ってからもブーブー言うのでいささかゲンナリしました。

で、映画を見終わってツレにどうだった?と尋ねると
「いや〜、良い映画だったね」
と満足していました。

見る前はあれ程、ブーブー言っていたくせに(笑)

見た映画は「扉をたたく人」

私もほぼ予備知識無しで、なんとなく気になっていたから見たのですが良作だったと思います。
地味な映画でしたが、良かったです。
苦いラストも心に沁みました。

このところ映画館で見る映画はほぼ良作ばかりで嬉しい限り(「チェ」は第一部はまぁね、だったけど、第二部は結構面白かった。が、どうも秀才監督ソダーバーグとは相性が悪い)。

映画の後に食事をして帰りました。
ご飯も美味しくて満足。
ここのお店は美味しいんですよね。席もあっという間に埋まってしまうし。
待たずに座れてラッキー♪
特にナシゴレンは実に美味しい。
どれも美味しいけど(笑)

ただ、フォーと生春巻きは渋谷のヴェトナム料理の店が今のところ一番かな?
渋谷の店はすごく胡散臭い店なんですけどね(笑)
結構サービスしてくれるし、私はよく一人でフラッと立ち寄りますね。

あと、昨日行ったお店に対する不満はちょっと量が少ないってことかな~。
帰りにラーメン食べようかと思いましたもん。
“ソフトシェルクラブとアボガドのサラダ”、“若鶏のオーブン焼き”、“ナシゴレン”じゃ到底お腹いっぱいにはならない。
帰ってからお腹が空いちゃって、寝付けませんでした。
(あー、帰宅後に麩まんじゅうとか食べたんですけどね~、ラーメン食べりゃ良かった)

090813_192601

ところで食事は私のおごりですよ。
映画を見る前はブーブー言われ、ご飯もおごるってどうよ?
とツレに言うと
「映画もご飯も良かったから気にしない、気にない」
とのこと。

まったくさ、チャッカリしてるな〜(笑)

あと、見たい映画が2本あるんですよね〜。
ウォレスとグルミットの最新作と男臭い西部劇♪
少なくとも西部劇は見たいな~。

今度は一人で(笑)
飯ならおごらん!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

YOU ARE SHOCK

地震に豪雨って、最悪のパターンですよね。
被災された方たちが早くもとの生活に戻れるといいのですが。

*****

メゾンで屋敷って・・・ギャグですか?
と思ったらギャグ回だったプラネテス(笑)

北斗の拳の主題歌が
「YOU は SHOCK」
だと知った時以来の衝撃ですよ。“メゾンで屋敷”って(笑)。
つい半年前まで「YOU ARE SHOCK」だと思ってたもん。
あれ結構ショックだったわ〜

それはともかく、タナベの気持ち分かりますね〜。
あのくらいの重力って絶対楽しいと思うもん。
体験してみたい〜♪

ま、さ、ニンジャおたくのリーダーと元・嫁はやっぱりお似合いですね。
いいじゃん、もうモトサヤで(笑)

でもさ、メチャクチャ胡散臭いニンジャ文化を広めるのはやめて頂きたい(笑)
ニンジャ・コールが起きた時、
「いや、ニンジャ違いますから!!」
って思いましたから(笑)

ハチマキが少し「冒険野郎マクガイバー」みたいで笑いましたよ。

どーでもいいけど、どーして男女病室が一緒なわけ?
あ〜、ギャグ回だからいいのか(笑)

*****

《注》ここからはやや絶叫調でお読み下さい(笑)

あーーーーーっ!!
ケーブルでやってたG1を録り損ねました!!
もう、本当にショック!!
リピート放送も録れなかった・・・・。
あーーーーーっ!!

いや、いいんだG1の初戦は今ひとつなカードが多い・・・・って、今回はそうでもないんですよ!!
特に中邑 VS 後藤は見たかったですね。
ううっ、杉浦さんと天山さんの試合も見たかったよ〜(号泣)

生で試合を見に行けそうにないので(両国に行きてーーーーっ!!)、せめてせめて15日の放送はちゃんとケーブルで見ようと思います。
ミスティコーっ!!

つーか、放送が8日と15日の大会だけってどーよ!!
決勝は血の涙を流して(←嘘)一週間遅れの放送を待つけど、
昨日の横浜の試合も放送してよ!!

ところで、私の今回のG1優勝者は大本命は中邑。大穴は真壁でございます。
もういい加減に中邑はここでG1を獲っとかなあかんでしょう。
真壁はこのところすごくいいしね。
(が、最終戦とかで矢野とかに足を引っ張られる可能性がある・・・これぞ新日
プオタのツレの本命も中邑だそうです。

そして、ツレと私の意見がもう一つ一致したのは
週プロのG1優勝者の予想は当たらない
ということでした(笑)

でも、勿論タナが獲ってもいいんですよ。
思う存分、両国で愛を叫んで下さい。
私も一週遅れでテレビの前で叫ぶから。
タナが優勝したらね。

それにしても、生き生きしている杉浦さんを見ると本当に嬉しいですね。
あ〜、嫌なことがあったら生き生きしてる杉浦さんを思い出そう(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

布団干したい!!

暑いのは仕方ないけど、布団が干せないのが本当にイヤ。

毎日、部屋干しをしていますが、やっぱりお日様にあてるのが一番なんですよね。

あ〜、布団を干したい(怒)

*****

金曜日に友人のグループ展に行ってきました。
良い作品が多く楽しみました。

その後、友人二人と友人のお嬢さんと食事。
いつもの鹿児島豚しゃぶのお店へ。

ここのお店は何を食べても美味しい♪
大好きなキビナゴのフライも食べ、肉も食べ満足。
肉食系なんで(でも、鴨肉は嫌い)。
私はキビナゴが大好きなのですが、このあたりでは売っていないので残念。
甘辛く煮ても、フライにしても、唐揚げにしても美味しいのに。
ま、南の魚だから仕方ないか(笑)

展覧会に行く前に恵比寿で映画を見ようかと思ったんですが、
ちょっと体調が思わしくなかったのでこちらは中止しました。
もし、行ってたら食事どころではなかったかもしれませんね(笑)
映画はやめて良かった。
自分の体の調子をコントロールするのは本当に大事なことです。

*****

ようやく(笑)、プラネテス。
典型的バカ息子を殴るのは、きっとハチマキじゃなくてプッツンしたタナベだろうな〜と思っていたら案の定そうでした。

「私はあのデブリを放っておけない!!」

いや、本当にね。
このバカ息子のためじゃない、あれは危険なデブリだからデブリ屋として放っておくわけにはいかない。
熱血突っ走りヒヨッ子タナベとなんのかんの言ってもまだ青いハチマキを上手くフォローするフィーとユーリ。
なかなかバランスの良いチームですね。

バカ息子の言うように確かに親から貰ったもの(環境とか才能とかね)で人生は大きく左右されるけど、ボンボンやお嬢だって真っ当な人はちゃんと努力しますよ。
もともと持っているものに更に磨きをかけるようにね。

親が与えてくれたモノだけで世の中を渡って行っても、途中で“貯金(親の力や財産や生まれながらの才能)”を使い果たしてしまうと思いますけどね。

要は考え方がアンポンタンじゃ、どーしよーもないって事で。

それにしてもハチマキがやたら「親の力に頼って情けないと思わないのか!」って拘っていたけど、ハチマキも良いところのボンボンだったりして(笑)

で、もう1話。

スリにも無理心中(予定)親にも(あと無許可撮影隊も)困ったもんだ、と。

あー、出た。世の中が悪い、どーせオレなんて(笑)
他人様のせいにしてりゃ〜楽ですからね(笑)

でも、やっぱり自分が悪いんですよ。
努力が足りない。
何処かで妥協してた。
自分に言い訳してるだけ。

あと、本当の挫折やスランプは血反吐を吐くくらい努力した人にしか訪れません。
そして、その挫折やスランプを克服した時に飛躍的に進歩する。
そこそこの努力しかしてない人はそこそこの挫折しかしないんです。

困ったヘナチョコなスリですね。

心中もね、いかんよ。
暴言だと思うけど、大人が死ぬのは勝手にすればいいですよ自分で選んでいるんですから。
でも、選択権の無い子供を巻き込むのはいけませんよ。
何より子供がいるならどんなことがあっても子供を守り育てるのが親の役目でしょう。
こちらもヘナチョコ親です。

あー、重力(遠心力=重力だもんね)を一時的に作り出すんだな〜と思たら、やっぱりそうでした。
これも半課の連中がいたから出来た事。
下手したら子供が怪我をしかねないですから。

それにしても、ハチマキは本当に宇宙が好きなんだなと思ったエピソードでした。

確かに世の中は不公平で、思うように人生は進まないけど・・・・
でも、それでも望みを叶えるためにちゃんと前を向いていなくてはいけない。
大人はそんな姿を子供に見せなくてはいけないし、子供がしっかり生きて行けるように育てることが大人の役目でしょう。

月に連れて行く事は出来なくても、月へ行くための知恵や力のつけかたを教える事は出来る・・・きっと

小さな女の子も、ハチマキもハチマキの宙船に乗って宇宙へ行ける日が来るといいなと思いました。
いつかきっとね。

そういや、私の中でタナベは正拳突きの女ってイメージになりつつあります。
ごめんよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

丸儲けしたのは私

明日は友人のグループ展に行ったりするので
今日は家の用事を全て済ませました。
晩ご飯も一緒に食べるしね。
仕事も休みだし、ついでに映画にも行こう!!

*****

今日、上司に
「課のみんなでお昼を食べよう」
と誘われました。

「いや〜、お弁当持ってきているんですけど・・・」
と言うと
「お弁当なんて帰ってから食べればいいじゃん、それか今ここで早弁していいよ」
と、無茶なことを言う上司・・・・

体育会高校男子じゃあるまいし無理!!
第一、仕事中じゃん!!
あと家に帰ってからだと確実に腐ってしまうよ〜
う〜ん、しゃーないな捨てるか

と思っていると上司もさすがにもったいないと思ったのか

「○○さん(いつも一緒に昼食を食べている他の課の女性)にあげればいい!!」

と言い出しました。

何言い出すんだよーーーーーっ!!
と心の中で叫びつつ
「いや、それはチョット・・・、家に帰ってから弁当食べます(捨てます)から」
と言ったのですが上司は
「名案♪名案♪」
とばかりに電話をかけて、かくかくしかじかなんで今日はすいさんの弁当食べてあげてと○○さんにお願いしてしまいました。

それにしても、五メートルくらい先にいる○○さんになぜ電話をするんだろう???
歩いていけばいいじゃないか・・・
とヘコみながら○○さんの方を見ると彼女はニッコリ笑顔で

「ありがとう♡いただきます♡」

と言ってくれました・・・・

大体、私の弁当なんて他人様に食べさせて良いシロモノでは無いんですよ!
「どーせ、私(と、ツレ)の弁当なんだから腹が膨れたらそれでいい」
って感じで適当に作っているものですから。

ううっ、○○さん、こんな弁当食べさせて本当にごめんなさい(号泣)

しかも、彼女はしっかりお弁当箱を洗ってくれて、
可愛い付箋に
「お肉とピーマンの炒め物が特に美味しかったです」
と感想まで書いてチョコまでお弁当箱に入れてくれていたのでした。

彼女は性格もとても良く(ウチの会社の女性はみな気立てが良いんですよ)、
しかもお洒落でこんな風に気遣いのある人なので
私が男だったら惚れていたと思います(笑)

いや、ウチのツレが彼女に惚れて
「離婚してくれ」
と言っても、
「それは、まぁ、しょうがないよな」
とノシをつけてツレを送り出すでしょう。
いや、本当にかなわんよ、可愛いもん。

こんな人を女性らしい人って言うんですよね、きっと。

ちなみに上司がおごってくれたお昼はとても美味しかったです。
実にありがたい。
でも、お昼を食べる時は前もって言って欲しいです(笑)

結局、丸儲けしたのは私でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

忙中閑あり

あれやこれやしたい事があるのですが、時間が全然とれないのが悩みのタネ。

自分のことだけにかまけるわけにいかないですからね。
自分のことだけで手がいっぱいってのは、ごく若い頃だけの特権でしょうね。
自分のこともいっぱいいっぱいだし、他にも山ほどやらねばならないことがあるのが社会人でございます。

が、そうは言っても少しガス抜きをしないとやっとれん時もあります。

今週、映画でも行こうかな。
まだ公開されてたら(笑)

それにしても、週に三回の長電話はさすがにキツいですね(笑)
それ言うと怒るしな〜。
家を留守にするのがいいか。
やっぱ、映画行こう、映画(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新しいテレビはまだ馴染まなくて〜♪

慣れるまで2、3日かかりそう♪

この一週間はずっと緑色の画面でしたからね。
大体、半年以上前から色も悪かったし(笑)
画面がやたら眩しいぜ。

テレビの納品があるまで、日テレの「THE ICE」の放送を見てたんですが、
別に録る必要は無かったですね(笑)
それにしても、もう少ししたらフィギュアスケートのシーズンに入りますね。
楽しみだ〜♪

仕事は楽しいし順調なんですけど、背後に上司が立つとドキッとします(笑)
背後に上司が立ってる時って間違いなく
やっかいな仕事を持ち込んで来るので(笑)

仕事だから別にいいんですけど、
なんだかやたら嬉しそうに立ってるんですよね。
あのにこやかな表情を見ると
「あ〜、手に負えないやつ(仕事)なんだな〜」
と分かってしまう(笑)
もっとも辛気くさい表情されたほうがイヤですけどね(笑)

私のやってる仕事は根気勝負でございます。
もう4年以上かけて調べてる件がいくつかありますからね。
ひたすら根気が必要。
頭いらんけど(笑)

よし、明日も頑張ろう!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

全てが緑になる日

総統のファンじゃないけど、私の携帯の着メロは「威風堂々」(高田総統の入場曲である)です。
四月に新しい携帯に替えて、そこに入っている着メロの中で一番良かったのが「威風堂々」だったってだけなんですけどね〜。

正直、以前使っていた携帯のほうがデザインも着メロも気に入っていたんですよ。
電話の着信音は「ロンドンデリーの歌」でメールの着信音は「小鳥のさえずり」で凄く好きでした。
(しかし、どちらの着信音もつい聞き逃してしまいがちだったけど)

新しい携帯の中には「ロンドンデリーの歌」が無くて(涙)、仕方ないので「威風堂々」にしてメールの着信音は「小鳥のさえずり」のままだけど、以前と同じ爽やかな朝を迎えた小鳥の声ではなくて「カッコウ」の声なんですよね。

メールが来ると携帯が
カッコウ!カッコウ!
と鳴きます。
静かな湖畔の森の影じゃないんだからさ〜とメールが来る度カッコウが鳴く。

いや、カッコウが悪いわけじゃないんですが、以前の
チチッ、チッ、チッ、チッ♪
に比べると好きではないってだけで。

ちと、不本意だな〜。

ただ歴代の携帯は二つとも“赤”だったので、今回の携帯も勿論“赤”。
ここは外せない!!

*****

先日、テレビをつけるとアナウンサーの顔色がすこぶる悪い事に気がつきました。

・・・・・まさか、悪い病気???

と、画面をマジマジと見つめていると顔だけではなく画面全体が緑色ということに気がつきました。

あー、あかん。もう、テレビ新しいの買わなきゃ・・・・

去年の暮れくらいからテレビの調子が明らかに悪かったんですが、買い替えるのは嫌だったので
「あー、機嫌直してくれよ〜。いい子だよ〜。」
と言った感じで、なだめすかして使っていたんですけど
画面全体が緑になり
「もう、もう限界なんだ、もう楽にして〜!!」
とあからさまに訴えかけている状態になってしまったので
さすがにもう買い替えるしかないかと・・・・

で、今日そのテレビが来るんですが(ウチもとうとう液晶テレビになるのか〜)、

録画しよう♡と思っていた、「THE ICE」の放映時間に納品に来るというではないですか!!

よりによって、なぜ三時にっ!?
なんてこったい(涙)

トホホ。

ちなみに唯一録画しているアニメ「プラネテス」はテレビが緑になった先週から見てません。
どうせならさ、少しでも綺麗なモニターで見たいじゃないですか。

一週間ずっと緑に染まったモニターを見ていたので、
アナウンサーも芸人さんもタレントさんも皆
宇宙人にしか見えず(或は謎の緑人か、ふくよかな人はシュレックか)
新しいテレビになったらあまりの情報量の多さに目が潰れるんじゃないかと心配です(笑)

に、しても浅田選手の今年初のプログラム・・・・見たいよ〜(号泣)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2009 | Main | September 2009 »