« ライオンと爺ちゃん | Main | 忘れてたけど、そういや誕生日が近いな »

白いカーネション

今回のプラネテスは・・・・良かったです。
凄く。

第1話で出てきた女性はユーリの奥さんだったんですね。
ユーリが最後に見た奥さんの表情は不安そうなもので・・・・ユーリの心情を考えると言葉も無いよ。

「仲間なのにみずくさい」
と言うハチマキの言葉に困ったな・・・と。

考え方は人それぞれだし「仲間だから言えない」と言うのもわかるけど、
ひっそりと心の中にしまっておきたいこともあるしね。
なんでも曝け出すのが仲間ってわけじゃないでしょう。

私でさえ、自分の中である程度整理出来てない事は一切口にしませんよ。
文句や愚痴も自分の中でそこそこ消化出来ていて「もう平気」と思えることしか表に出さない。
心の奥に巣食うどうしようもない感情や思いには幾重にも鎖をかけ一人向き合うしかないこともありますから。

「みずくさい」と言うハチマキはまだ青臭いのかな。

デブリの中からあのコンパスが出て来るというのはお約束だと分かっているけど、やっぱり胸が震えましたね。

「ユーリを守って」

確かに奥さんの愛は生きている。そして、ユーリの愛も。

悲しみは消えることは無い。悲しみが常にあるのが当たり前になって、自分の一部になっていくのかもしれない。
でも、ユーリの心には白いカーネーションが咲き続けるはず。

「私の愛は生きています」

とても良い話でした。
悲しいけれど。

それにしても愛って言葉使うのは恥ずかしいですね(笑)
出来るだけ使わないようにしてるけど(恥ずかしいから)、今回はま、仕方ないってことで(笑)

|

« ライオンと爺ちゃん | Main | 忘れてたけど、そういや誕生日が近いな »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79912/46161512

Listed below are links to weblogs that reference 白いカーネション:

« ライオンと爺ちゃん | Main | 忘れてたけど、そういや誕生日が近いな »