« 3時10分、決断のとき | Main | 特に何と言う事も無い日々 »

言いたい事を言わずにいるとお腹が膨れるよね

あんまり時間取れないな(笑)

たびたび書いているように今年は映画の当たり年です。
と言ってもあまり映画館に行ってないけど(笑)

今年見た映画(TVで見た作品は除く)でベスト3を挙げるなら、「3時10分、決断のとき」「スラムドック$ミリオネラ」「扉をたたく人」ですね。
この3作品はどれも好き。

映画のレビューをするにあたって私はかなり甘めに書いています。
特に最初の頃は生クリームの上に砂糖をかけたくらい甘い。

どんな人が見に来るか分からないし、絵や音楽と一緒でそれぞれ好みがあるので読んだ相手が不快になるような事は書きたくないし、他人様がお金や時間をかけて作った物をボロカスに言うのも嫌だしな〜、頭から否定するのもな~と思っているのでついつい甘くなります。

ま、最近はブログにアクセス解析がつき「なんだあまり人が来ないじゃん♪」と分かったのと、「あまり甘いのもなんだよな・・・」と思ったので、とりあえず砂糖をかけるのは止めてます・・・ま、生クリームはつけちゃうんですけどね。

実は及第点のつく映画って以外と少ないんですよ

今年くらいから映画館で見た映画に関して及第点をつけてもいいなと思う作品にはレビューに「良作」「佳作」「秀作」と言った言葉を入れるようにしています(たまに入れ忘れることもある、意味ないな)。
出来たら「傑作」も使えるといいなと思いますけどね。あぁ、あと「快作」という言葉も入れたいですね。

最後に・・・言いたい事を言わずにいるとお腹が膨らむので・・・

映画には色々な表現の仕方があるし、出演してる俳優の容姿や演技が楽しみだったりすることもあるし(あと豪華競演とかね)、物語重視だったり芸術性が大事だったりと好みは人それぞれですが・・・・どうしても我慢ならない監督がいます。

《注》ここから下はラース・フォン・トリアーのファンの方は読まないで下さい。ハッキリ言って悪口です。

トリアーの映画は私は本当に駄目ですね。
見ててウンザリなんですよ。もう、本当にね。

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」はね、ミュージカル部分だけは素晴らしく美しかったですよ。あそこはいいですよ。あそこだけは何度見てもいいなと思いますよ。

でも、あとはあの単純な展開に、「何もここまで・・・」と思うえげつないラストに本当にウンザリ。あそこまで見せなくても、さ、いいでしょう?

あの話で女性の持つ母性愛がどーのとか言われても「アホか!考え方が単純なアホな母親の話じゃないか!」と思ってしまう私が悪いんでしょうかね?ちょっと調べれば分かるじゃんとか思っちゃいけないんでしょうね?

単純な話でしたよ。色々と。

アカデミー賞の授賞式に主演のビョークがドリフのコントのような衣装で登場したというオチまでついて。いや、ビョークに罪は無い。うん。

で、「ダンサー」の悪夢は一作だけの過ちでは無い!と確信したのが「ドッグウィル」。

ケーブルでウッカリ見て開いた口が塞がらなかったですね。

まず、セットを作らずに床にチョークで「誰それの家」って書くだけなんて・・・映画にする必要があるんでしょうか?舞台でやってよ!!と思いましたね。何の意味があるのでしょうか?芸術は爆発なんでしょうか?

で、ヒロインも相変わらず酷く、どう考えても「アホだろう」と思うようなヒロインでした。
女をバカにしているんじゃないんでしょうか?そして、あの扱い・・・不愉快で仕方ないですね。

「アンタは映画を芸術というものを分かってない」
とか言われても
「だったら分からんで良いわい」
と答えます。
どーでもいいわい、んなこと。別に芸術家でも無いしさ。

大抵、あまり好みでない映画で多少ウンザリしても
「ま、こう言った考え方もあるよな。私は分からんが頭から否定は出来んよ」
と思う、適当な人間ですがトリアーの映画は我慢できないですね。
あのヒロインの扱いは一体なんなんだ!!と(怒)

加虐趣味があるんじゃないの、この監督・・・

「奇跡の海はいいんですよ〜」
と言われましたが、チョットあらすじを見ただけで「あぁ、やっぱトリアーだよ」と思ってしまったので見る気がしません。申し訳ないけど(勧められたら出来る限り見るようにしているが、トリアーは無理。ついでに言うとグリナウェイもあかん)。

もう、トリアーの映画を見る事はないと思います。
彼の映画を見るくらいなら「日本映画の息の根を止めた」と言われる「北京原人」でも見ますよ。

はぁ〜、言いたい事を言ったらスッキリした(笑)

|

« 3時10分、決断のとき | Main | 特に何と言う事も無い日々 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

「ダンサー」は好きな方は好きみたいですね。
絵や映画は好きだけど、芸術って時々分からない・・・
私はあの監督の作品は駄目です(笑)
色々とえげつなくて・・・

「スラム〜」も「3時〜」も良い映画でしたものね。
「扉をたたくひと」はDVD待ちでしょうか?
まず、お母様に先に見て頂いてからでもいいですよね。
ちなみに地味映画の大嫌いなツレでさえ事あるごとに「あれはしみじみ良かった」と言っていますので、お母様にも気に入ってもらえるかと。

確かにお金貰えないですね(笑)
あの人は死んじゃ駄目だ!

Posted by: とも | September 18, 2009 at 01:13 AM

連続コメントになりますが…ごめんなさい(汗)

ダンサーインザダーク!!あれは…私最後まで見られませんでした(>_<)うーん、苦手だなぁ…って思っていたら、演劇系の先生がガイダンスでものすごーく絶賛してて見るべき映画だ!っていってまして…。どうもそっち系の方々にはうけるみたいですよね。
にしても今年見た映画ランク上位2つ被ってます!!(笑)後は扉をたたく人だけですが、みに行けるか物凄く微妙…(涙)とりあえず母に行ってもらおうかしら…(笑)

3時10分〜ですが、鉄道会社の人が生きてたのは確かにびっくりでした!でも確かにあの人死んだらお金もらえないですよね(笑)

Posted by: ショーン | September 17, 2009 at 12:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79912/46221487

Listed below are links to weblogs that reference 言いたい事を言わずにいるとお腹が膨れるよね:

« 3時10分、決断のとき | Main | 特に何と言う事も無い日々 »