« あまりに寒いと腹が立つ(笑) | Main | どーせ浄瑠璃顔 »

一番贅沢で楽しくて無駄な時間

流れて行く景色を見るのが好きだ

自転車から見た景色でも
車から見た景色でも
電車から見た景色でも
飛行機から見た景色でも

長時間の乗り物での移動は退屈で本を読んだりして時間を潰す人がいるけれど
せっかく景色が楽しめるのに目線を下げてしまうのは勿体なくて出来ない
窓に顔を寄せ何時間でも流れてゆく景色を見ることが出来るのに

雨に濡れる街も
風に揺れる林も
日の光を受けて輝く稲穂も
明かりを灯した家々も
時を忘れて見入ってしまう

一時間ほど陸を走り、一時間半ほど空を飛んだ

行きは曇り空の下の街を抜けて、海を横目に眺めていた
灰色に沈む景色は寂しく切なかった

空は行った事の無い、これから行く事も無いであろう南極の大地のように果てしなく白かった
それでも白一色ではなく目をこらすと様々な色を白の中に見つけることが出来た
どこまでも続く雪原の向こうに雪で閉ざされた異国の街のようなものが見えた
よくよく目を眇めて眺めているとそれも雲で出来ている
雲で出来た白い大地と雲で出来た白い街が空に浮かんでいるのを見るのは楽しかった

帰りは薄い雲の層が幾重にも重なる中を飛んだ

様々な色合いの雲が重なり、海と陸と雲の境目が溶け合っていた
水平に揺れる陽の光が複雑な色を結んでいた

バスから見る景色は暗闇の中にあって工場や街の明かりが地上を照らしていた
窓の外の明かりが流れて行くのを見知らぬ人たちの暮らしを想像すると
切なく暖かく寂しかった

流れて行く景色を見るのが好きだ
私にとって一番贅沢で楽しくて無駄な時間だからだろう

*****

と言うわけで帰宅しました。
今回も甥っ子くん達と遊びましたね。
かなり生意気になってきおった(笑)

ついでに松山城にも行きましたよ。
しかも相変わらず写真は撮ってないし(笑)

旅のお供には音楽があれがいいかな。
今回のヘビィ・ローテーションはミシェル・ブランチの“Everywhere”でございます。

|

« あまりに寒いと腹が立つ(笑) | Main | どーせ浄瑠璃顔 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79912/46790297

Listed below are links to weblogs that reference 一番贅沢で楽しくて無駄な時間:

« あまりに寒いと腹が立つ(笑) | Main | どーせ浄瑠璃顔 »