« 話が食い違う事もあるけど同じ穴のムジナ | Main | Life is desire not meaning. »

東のエデン 劇場版I The King of Eden

《注意》一応、ネタバレはあまり無いと思いますが・・・・
見る前に情報を一切知りたくない方はご覧にならないでください。

*****

ATO商会は秘密結社MIB(メン・イン・ブラック)にシュバッを横流ししてもらってるんじゃないの
と思いました。ええ。

とりあえず今回は前編のみで後編のⅡの公開はまだ先なので何とも言えないものがありますが、物語の進行が三歩進んで二歩下がるって感じでもどかしい。

テレビで見てから時間が経っているので結構忘れているところがあったけど(セレソンの名前とNo.が一致しないとことか)、東のエデンのメンバーの(と言うかパンツ君の)作ったセレソンの相関図と説明のおかげで思い出しました。ご親切にどうも。

ジュイスにも個性や好き嫌いがあったり、テレビ・シリーズのラストで滝沢が言っていた“ゴールデン・リング”ってこれなのね〜と思ったり、消されるにしても色々あるんだとと思ったり・・・今回、初めて分かったこともありましたが・・・ね。あんまり進んでないのが不満。

で、一番の不満は今回出てきたNo.6のセレソンですよ!!
この人必要だったのでしょうか?
最初に出てきた駄目刑事だけで充分じゃないかなと思いました。
このままフェード・アウトになったら何のために出てきたのか・・・・う〜む。

「ニート、ニート」と口にするパンツ君にもオバちゃんな私は言いたい事もあるけど、これも全部見てからですね。三月まで覚えていたらいいけど(笑)
オバちゃん、忘れっぽくって。

あ、咲ちゃんと滝沢くんを見てると「青春っていいですね」と思いましたよ。
この二人がチョット良い感じになったシーンで前に座っていたカップルがそっと自分たちも距離を縮めていたのが見えてしまったので。やぁ、もう困っちゃうな(笑)

で、エデンのメンバーのおネエは本当に“オネエ”なんでしょうか?予告見てたら、疑問が・・・・

ま、全てはⅡを見てからですね。

*****

レビューしようにも全部見なきゃ如何ともしがたいので“ヘナチョコ編”でした。

|

« 話が食い違う事もあるけど同じ穴のムジナ | Main | Life is desire not meaning. »

映画の感想(ヘナチョコ編)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79912/47258560

Listed below are links to weblogs that reference 東のエデン 劇場版I The King of Eden:

« 話が食い違う事もあるけど同じ穴のムジナ | Main | Life is desire not meaning. »