« 悲しい時 | Main | 氷上の一瞬一瞬の時間を愛している »

ゴリマッチョな家康でございます

プロレスとゲームが合体する(??)「戦国武将祭り」なるイベントがあるそうです。
本当に戦国が流行ってるのね〜。
武藤さんが武田信玄ってのは、まぁ出身地だから分かるけど、蝶野さんの信長はようわからんです。ハイ。
あと、杉浦さんは家康なのね〜。
えっらいゴリマッチョな家康でございます。
しかし、お客さん入るかな?

*****

母がえっらい剣幕で電話して来ました。
「安藤選手の点数がどうしてあんなに低いのよ!!」
と。
私に言われてもな〜。
あと、まぁ色々お怒りだったのですが、私だって前から怒っているのよ。
本当に怒っているのよ。
心底ね。

で、フィギュアスケートの最後を飾る女子FSが始まる前にチョット言っておきたいです。

本当に素晴らしい選手が、世界の強豪と互角に戦える選手がたくさんいることがとても嬉しいですね。
ジャッジのさじ加減で点数が猫の目のように変わる競技だけど、素晴らしい選手が素晴らしいことに変わりはない。
メダルの色が何色であろうと、入賞してもしなくても、誇らしい気持ちですね。

今までの努力が“形”として残って欲しいですが、明日はそれぞれが会心の演技が出来たらそれでいいです。

浅田選手は2回のトリプルアクセルとパーフェクトな演技を。
安藤選手は魂のこもった美しい演技を。
鈴木選手は観客を魅了する演技を。
そして、観客から惜しみない拍手を贈ってもらえらばそれでいいです。
もちろん、他の国の選手達もそれぞれに悔いの無い演技をしてもらいたい。

でも、やっぱり「“ウチの子”が一番!!」なのは仕方ないです(笑)

FSが終わる頃は恐らく貝のように口を閉ざしているから今のうちに。

男子も女子も本当に誇らしい世界一のチームだと思っています。
いつも素敵な演技をありがとう。

|

« 悲しい時 | Main | 氷上の一瞬一瞬の時間を愛している »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79912/47656800

Listed below are links to weblogs that reference ゴリマッチョな家康でございます:

« 悲しい時 | Main | 氷上の一瞬一瞬の時間を愛している »