« August 2010 | Main | October 2010 »

ため息のでるような

録画していたNOAHの武道館を今日見るつもりだったのに、うっかりキヨスクの週プロの表紙を見てメインの結果を知ってしまいました。
迂闊
杉浦さんベルトを守ったんですね。
おめでとうございます。
で、録画していた武道館を見たのですがなんとも切ない気分になりました。

ここまでお客が少ないとは。
これは厳しい。

今のNOAHはバチバチ戦えるヘビー級のレスラーが少ない。
力皇、森嶋、秋山さん、小橋さんは欠場中。
ジュニアですが客を呼べて他所の団体に行ける丸藤も無期限欠場中。
(丸藤の怪我に関してはNOAHだけでなくプロレス界全体の損失である)
これから団体を背負って立つ潮崎も成長途中。
お客さんは入ってないだろうなと思っていましたがまさかここまでとは。

私は杉浦さんが非常に好きですが、正直云って団体の看板になれる華のあるレスラーだとは思っていません。
一挙手一投足で客を沸かすことの出来るレスラーではないでしょう。
将来そうなってくれたら嬉しくて仕方ないけれど、現時点で彼はそういったタイプのレスラーではないと思います。
しかも対戦相手となるヘビー級のレスラーがいないとなると本当に厳しい。

メイン以外でもお客を呼べるレスラーが不在というのは痛い。

試合後の杉浦さんのインタビューを見てたら辛くなりました。
ちょっと見てられない感じでした。
本当に難しい辛い時にチャンピオンになったものです。

あと、ちょっと言わせてもらいたいのですがNOAHのサイトは駄目ですよ!
私も何度か覗いたけど、今時あれは無いと思いますよ。
なんでこういうところにきちんとお金をかけないかな!!
一度見たらもう二度と見る必要ないと思いますよ。
スポーツサイト見たほうがいいくらいと思うもの。

あと、他団体との交流戦ももっとしたほうがいいのではと思います。
今もしていますが他団体で良い試合をしたら新規のお客がついてくると思いますが。
それをしていたのが丸藤ですが今は怪我で欠場中ですから・・・・KENTAなどももっと外に出てもいいと思うんですけどね。
はぁ〜。

なんと言うか切ないな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アニキ不足

最終回だってぇ〜のに!!アニキ〜っ!!出番がほとんど無かった〜!!
とチョットがっかりだったけど、毛利と幸村が面白かったので、まぁいいかと思ったBASARA最終回。

「これぞ捨て駒の中の捨て駒。理想の捨て駒よ。」
と、毛利に最高の捨て駒と褒められた幸村は一人で富嶽もとい日輪を一人で止めてしまいましたよ・・・って、ハイっ??!!
もうここが最高の見せ場だぜっ!!って感じで喚きまくるお馬鹿幸村(ウルサイよ〜)。作画も力が入っておりました。

日輪VS自然発火の男の勝敗は自然発火の男の勝利に終わり、毛利はよくある“ドさんぴん”な敵の最後でありがちの「我が破れるとは〜」とか言いながら光の中で消えてしまいました。
勿論、死んでないでしょうね。
黒こげにになりながら無表情で「我の煤を払え」とか偉そうに家臣に命じてるんですよ、きっと。
あ〜、毛利の手下にはなりたくね〜。いや、アニキ以外はどれもですけどね。

毛利と幸村があまりに可笑しかったので、筆頭とか巨大サルとか吐血仮面とかヘタレ男とかもうどうでも良くなってしまいました。

いつの間にやら豊臣軍総崩れでまた日の本には愉快痛快な戦国が戻ってきましたよ!!
とナレーションが説明してくれて大団円を迎えました。
・・・・随分テキトーな終わり方ですね。ま、いいやBASARAですから。

あー最後はまた筆頭の巻き巻き英語の台詞で終わったな〜と思ったら、映画化ですって。
映画、映画ね〜、行かないな、きっと。
アニキが主人公ならチト考えてもいいけど。
アニキ、裏表が無くてホント良い男です。センスに難ありだが、そんな細けぇ〜事はどーでもいいのよ。
アニキと毛利が出てきて俄然馬鹿になった面白くなったしね。
アニキがいなかったら見るのやめてたかもしれません。

ところで話が変わりまして、仕事柄全国市町村のHPを見ているのですが白石市のHPを開いたところ「片倉小十郎煮麺」なるものが出てきてビックリしました。
パッケージのイラストは勿論アニメの片倉さんでした。
ゲゲッ!!仕事中に勘弁してしてよと思いましたが、まぁ地方の活性化に役立ってると思えばね。

しかし、個人的にはあの煮麺は買えんわ〜。あと、政宗タクシーとか小十郎タクシーとか乗りたくないわ〜。

ともあれ、BASARA可笑しかったです。
アニキ不足だけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おっとアニキもまだ見てないや

祝日だらけの週だったというのに何処も行けず何も出来なかったです。
あぁ〜、前売りを買った展覧会にも行きたかったし、「インセプション」も終わってしまいそう(って言うかもう終わってる??)だし、「瞳の中の秘密」も終わってしまうのでは・・・・
あぁっ!もう!!

ま、るりさんとは毎日ネットリと遊んでいますが。
朝イチで私の顔見た時、ケージから出て私の鼻に軽くクチバシを当てた時、おやつを貰って満足な時など私の顔を見ながら尾羽をワンコのように振る るりさんは正直・・・・可愛い・・・・

いかん、いかん冷静になれ。と思いつつ・・・
う〜ん、なんでしょうねこのワンコのような愛らしさ。
トイレにまでついて来たがりますよ。あんたは犬ですか。
“お鼻にタッチ♡”なんて半兵衛(実家のワンコ)としてるみたい(犬の濡れた鼻・・・たまらん♡)。
るりさん、卑劣技炸裂!!です。

相変わらず、ティラノでストーカーなんですが最近は飛ぶのが楽しくて仕方ないらしく部屋中を飛び回り一番高いところで“ラドンのポーズ”(エラソーな感じ)をとっています。

と、言った感じでるりさんとは遊んでいますが、他は何も出来ませんでした。
これが10月になったらなんだかんだとバタバタするので・・・映画行けるかな(展覧会も)??

10月は松山に帰省したりしますしね。
ぬ〜ん。
松山に行ってる間は母が泊まりに来てるりさんの世話をしてくれるそうです。
これは本当にありがたい。
人間には厳しい母ですが、動物と子供には優しいので安心です。
るりさんが多少噛みついても我慢してくれるでしょう。

母もやる気マンマンで
「アンタ達がいなくなる(いや、この世から消えるわけじゃないから・・・飛行機落ちたりして)2、3日前から“インコ合宿”しなくちゃ!!
となどと言っています。
“インコ合宿”って・・・インコやインコの世話に慣れるための合宿ですね。

「あと、水浴びもさせてあげたいし(いや、水浴びは週に2回くらいで充分なんで、毎日じゃないんで)、私の服の中にも入れたい(いや、あれは入れてるわけじゃなくて自主的に入ってくるんですよ・・・ま、単に“入って欲しい♡”のね)から!!」
とも言っておりました。

二泊三日留守するだけなんですが・・・母に頼んだら安心だと思うのですが・・・でも、なんだか不安です・・・

夫は
「おかあさん、きっと一日中るりさんとネットリするつもりだよ〜!!」
と笑っておりました。
うん、絶対そうだ。私もそう思う。

そんな母は実家で犬といる時、二頭の犬をはべらして四六時中ネットリ、イチャイチャしています。
犬達は嬉しそうですが。
特に女子の風ちゃんはね。ウットリしてはります。
にしても・・・なんか留守するの不安だわ〜(笑)

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

るりさん、チュン太郎になる

休日の放鳥タイム。
この日、るりさんは私に対していつも以上にストーカー・インコかつティラノになっておりました。

私のTシャツの中に入ってギャッギャッと縦ノリになって大興奮。
挙げ句、耳に爪をたててぶら下がり噛みつく有様

そのくらいはいつもの事なのですが、今回はチト噛みつきかたが酷くどんどんきつくなっておりました。
で、しかたなく酷く噛んだ時にるりさんを叱ったのです。

まぁ“叱る”と言っても相手は小鳥なので犬の時のように“しつける”わけにはいきません(もっとも犬のしつけの時も殴ったりは絶対しませんが)。
私が“噛まれることが嫌だ”ということが分かってもらえたらいいので、るりさんが噛んだ時に犬が怒った時のように低い声で唸り(高い声を上げて叱ると“喜んでる♪”と勘違いするから)、耳を床に近づけるりさんの背が軽く床にあたるようにして離れてもらい、るりさんがこちらを見た時に低い声で「駄目」と言って睨んだだけです。

すると私に睨まれたるりさんはそれまで全く無視していた夫のほうに飛んでゆき、肩に乗ると
ビルル〜っ、ビルル〜っ!!
と鳴きながら何度も夫の首に頭をこすりつけ甘えました。

「おぉ〜、叱られたのが辛かったのか〜♡可哀想に♡こんなに甘えて♡」
と、ぴったりと首筋に寄り添うるりさんに頬ずりする夫。
非常に嬉しそうなので結構な事でと思いましたが・・・

ちょっと待て私が叱ったから夫に甘えているのか???
確かにこんなに夫に甘える るりさんを見るのは初めだし・・・
いつもは顔を踏んだり、どついたりしているだけ(それはそれで酷いが)なのに・・・
一応、“自分が叱られた”事が分かったのでしょうか?
ん〜、わからん。

その後、るりさんはまた私のところにやって来ましたがチョットだけ大人しくしていました。

るりさんもチュン太郎になる事があるみたいです。

まぁ、翌日はいつものストーカー&ティラノるりさんに戻っておりましたが。
ぬ〜ん。

ま、こうやって大人になっていくんでしょうかね。

P8260002

見た目はかなり大人の顔になったんですけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夢吉ってテトだったのね〜

甘い顔をしていたらつけ込まれる、強硬な態度に出れば脅してくる。
足元を見られてるなと思いますが、さてどうなるんでしょうか?
良くも悪くもしたたかな相手ですから、日本ももっとしたたかにならなくちゃいけないと思いますが。
出来てる?

*****

あと残すところ一話だけになったBASARA。

今回の見所はなんと言っても移動遊園地要塞“日輪”でしょう。
どっかで見た事あるようなソーラーシステムの威力よ!!
これさえあればクリーンなエネルギーが使いたい放題!!
敵の軍勢もアッと言う間に溶けちゃうよ♡
戦国時代(たぶん)だと言うのになんと言う科学力!!
大枚はたいて作ったデコトラ富嶽の変わり果てた姿をアニキに見せたくないものです。
アニキ〜っ!!

目の覚めない慶次(この人なんのためにいるの?)だの、わめきならがら馬に乗ってちゃ舌噛むよと忠告したくなる幸村だの、何のかんの言っても暇そうな松永さんだの相変わらずと言えば相変わらずだけど、サッサと話が進むので結構、結構。

あと一話で決着がつくかな〜とも思うけど、まあサッサとまとめちゃうでしょう。
で、来週の5時27分頃に
「戦国BASARA“参”制作決定!!ひぁ うぃ ごぅ!!」
とか筆頭が言っちゃいそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

るりさん友人帳

P8270004
おやつを楽しんでいる るりさんに近づくニャンコ先生。
極力無視しておやつに集中する るりさん。

P8270005
少しだけ近づくニャンコ先生。
それでもおやつに集中する るりさん。
とは言え気になって仕方ないご様子。

P8270006
ニャンコ先生だけでは無く宿敵ゴーゴーまで加わったけど
ひたすら無視する るりさん。
が、その後

P8280010
結構なストレスだったのか鏡に八つ当たり。
るりさんの動きが早過ぎてこんな写真になっちゃった。

P8280012
この直後、プチはんの背に飛び乗りゴーゴーにヤキを入れていました・・・

P8290001
ゴーゴーをノシて満足げなるりさん。
P8290003
満足ついでに私に顔を掻くように強要する るりさん。
勿論、私はるりさんの言いなりです。
しかし10分も掻かせるとは横暴だぞ!!
お金を寄越せや!!
そうは言ってもるりさんは文無し。
ニャンコ先生の腹には小銭が少々あるんですけどね〜。
P6130039
しかし、それは夫の小銭なのであります。
ぬ〜ん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

漢を上げるアニキ講座は見とうございます

“参”を作る気マンマンですね。
私もアニキが出るなら見る気マンマンですよ。

「野郎共!!飛ぶぞ!!」
そんな無茶なと尻込みする野郎共(私もぎょえーーっ!!となった)に
「やってみなきゃ分かんねぇだろうがよ!!」
と言い切るアニキ・・・・筆頭も「ざっつ、らい♪」とか言うな!!
アニキの馬まで舌出してやる気マンマンだし。

アニキ、素敵過ぎます♡

松永さんはアチラコチラで因縁作りまくってるのね〜。
日本は狭いわ〜。
とくにBASARAだと。

筆頭と一緒に(野郎共はどうした??)崖下に爆弾で吹っ飛ばされたアニキですが、
「アニキ、死なないで〜(涙)」
と思った視聴者は誰もいません
当然のようにかすり傷ひとつ無く崖下から出没してきましたよ。

何話もかけて悩みまくっていた幸村は島津のじっちゃんにバカはなんも考えんでもよか、じゃなくて迷わず行けよ行けば分かるさと言った感じのアントニオ猪木的なアドバイス(確かそんな感じだったよね?)をもらい復活。
やでやで。
なんだったんでしょう今まで。

で、毛利め!!アニキのデコトラじゃなかった富嶽を日輪仕様に変えておりました。
富嶽のデザインも如何なものかと言った感じですが日輪仕様もなんつーかね。
豊臣方の策を看破している毛利ですが、これからどうするのか?
赤川(だったかな?)は毛利側なのか豊臣側なのか?

に、しても幸村の来週の予告がウルサイ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

例えて言うなら西方十万億土の彼方にある極楽浄土のような

酷暑もひとやすみ。
けど、また暑くなるようですね。
やでやで。

ちょっと前の話ですけど、浅田選手のコーチが佐藤信夫コーチに決まりましたね。
これは予想しなかったのでビックリ。

でも、中野さんが引退してしまったから(実に中野さんの引退は残念ですけど)、別に問題ない選択か。
これは結構楽しみかも。

で、なんと言っても佐藤コーチとのキスクラが楽しみですよ!
凄くありがたいキスクラになると思います。
ご存知のとおり浅田選手は“菩薩さま”のような容姿をしてるし、佐藤コーチはこう色々と解脱なさったような穏やかな風貌ですから。
あの二人が並んだらつい拝んでしまうかも。
なんだかご利益がありそう。

さて、気分良く寝ますか。
私の極楽浄土は布団の中ですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

るりさん、恒例のヤキを入れるの巻

邪魔する奴はクチバシひとつでダウンさ〜♪

を、しっかり実行している るりさん。
血が出るほど噛むわけじゃないんですけどね・・・・手加減してるみたい・・・・
でも、痛いもんは痛い

ムサい男の足をお見せして申し訳ありません。

P8210015
放鳥中、夫の携帯にお仕事メールが・・・
P8210014
興味津々のるりさん。
P8210016
「おんどれ!ながら放鳥は許さん言うとるじゃろが!!」
と、すかさず夫にヤキを入れる るりさん。
我が家では日常的な光景でございます。

《次回予告》
戦慄!!!るりさんに迫るニャンコ先生の影!!
悪夢のプレッシャーおやつタイム!!
P6130038
ドドンと首チョンパ。
ふんがっふふ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

四の五の言わず

よしっ!!結婚するぞ!!アニキ!
アニキが死んだらニッコリ笑って瀬戸海に流してやるぜ!安心しな!!
だから、四の五の言わずに結婚しろや!アニキ!

と、アニキを見てるとついプロポーズしたくなりました。
うだうだしてる連中を尻目に片倉さんに嫌がらせをしている骨董マニアだって言ってるじゃん。
「欲しがればいいのだよ」
って♪

珍走団とかバカ野郎共の応援合戦とかあり得ない軌道を描く空中戦とかね。
アニキが出てきた途端なんだか爽やかな気分になるわ♪
流れ流れて瀬戸海から大阪目指してるはずなのにどうやって尾張の山の中に着いたのか私にはサッパリ分かりません、アニキ。
アニキ方向音痴??

めでたく筆頭と一緒に大阪に向かった山賊もとい海賊集団ですが馬が足りなくてタンデム。
まさにこれこそ珍走団。
「アニキもまさか筆頭とタンデム??」
と心配したけどさすがにそれはなかった。
筆頭の愛馬(ハンドル&マフラー付き)に筆頭とタンデムなんてあまりにも愉快バカ過ぎます。

我以外我が捨て駒の毛利の奴め、しっかり富嶽をがめてるし。
それにしても毛利、あんた自分の馬とか鎧とか持ち物全部に“日輪”って名前つけてるだろう!

瀬戸内連中は楽しいな。
猿に心配かけてるニートも見習うように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おとこのむすめ???

秋葉を特集していたアド街を見ていたら“男の娘”とスーパー(字幕)が出たので
「おとこのむすめ??」
と読んでしまったのですが正しくは“おとこのこ”らしいですね。
なんでも“可愛い女の子の格好をする男子”だそうで。

女装が好きだったりするのは別に個人の自由なんで構わないけど、
正直云って女装の似合う男性ってあまりいないと思います。

女性が男性っぽい格好をするのと似た心理なんでしょうか。
マニッシュというのは男性の服装のエッセンスを取り入れることにより“女性らしさ”が強調されるものですが、男の娘さん達はひたすら“可愛い♡”を目指してるわけですよね。
ごく一部の例外を除くと男性が可愛い格好をすればするほど“男”が出てしまう気がするのですが・・・・杉浦太陽とか小池徹平みたいな小作りな顔立ちに華奢な体じゃないと“可愛い男の娘”になるのは厳しいのでは?

どんな格好をしようがその人に似合っていたら素敵と思うけど(ユニセックスな服装とかは嫌いでは無いし)、ただ似合ってなかったらガッカリかな。
ま、きっと“男の娘”さん達にとってはソコは重要じゃないんでしょうけど。

個人的には男の人は“男らしい”ほうがいいですね。
天龍さんとか杉浦さんとかデル・トロとかアニキとかアニキとかアニキとか・・・・

それにしても日本は“自由の国”だなって思います。
ある意味アメリカなんかよりもずっと自由なんじゃないでしょうか?

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちょっとは“ながら遊び”を許して欲しい

今週はブログを書く時間も殆ど取れません。
ま、たいした事を書くわけじゃないからいいけど。

それでもるりさんと遊ぶ時間はしっかり確保してます。
私は楽しいけど(どつかれるけどね)るりさんも楽しいかな?
ただ願わくば、時間に余裕の無い私たちのために少しは“ながら遊び”を許して欲しい(笑)
新聞を片付けてても激怒するんだもんな〜。
そのくらい許していただきたいです。

とりあえず今日はこれで閉店ガラガラ。
ようやく寝れます。
疲れるのは暑さのせいもありますね。

くたくたでございます。

P8280008

ブリる るりさん。
この仕草に騙されるんですよね〜。
夫が。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2010 | Main | October 2010 »