« February 2011 | Main | April 2011 »

犬バカ

震災のあった翌日に実家にいる半兵衛が息を引き取りました。
巨大地震が原因というわけでなく、老衰による死です。

彼は本当に立派で良く出来た奴です。
一度寝たきりになりお医者さんにも「もう覚悟して下さい」と言われたのに、もう一度立ち上がり歩きそして一年半も生きてくれたのですから。
「寝たきりになった大型の老犬がこんなふうに歩けるようになるなんて奇跡ですよ」
とお医者さん言われました。

犬バカだと笑われても仕方ないけど、本当に立派な偉い奴だと思っています。
本当に立派で偉くて良く出来た奴です。
母がいつも
「半兵衛ほどの犬はそういない!!」
と口癖のように言っているけど、私もそう思います。

私たちにとって本当に自慢の犬です。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

無題

職場に警察官のご主人を持つ女性がいます。
彼女のご主人は計画停電の時に信号がつかない交差点に立ち交通整理をしているそうです。
「昼もだけど、夜は特に危ないから心配なんです」
と彼女。
うん、確かに心配だよね。怖いよね。と、頷いていると一人の女性が
「心配ですよね!排気ガスたくさん吸いますもんね!!
と一言。
「いや、排気ガスじゃなくて体スレスレで通る車が多いので心配なんです」
「えっ?!そっちですか?!」
いや、それ我々が言いたい台詞ですよ(笑)

*****

日本人は冷静だとか海外メディアに言われておりますが、どうでしょうね。
良くも悪くも皆と同じことをしてると安心な国民ってだけではないかと思っています。

皆が大人しく並んでいるから同じように並ぶ。
皆がカップ麺とかを買い占めるから同じように買い占める。

そんなに立派な人が日本に多かったら、電車でお年寄りとかに席を譲らない格好悪い人がもっと減ってもいいと思うんですけどね。
そう悪くない国民性だと思っていますが、内から見てると歯痒い事も多いです。

*****

マスクが売り切れるかな〜と思っていたら今度は水でした。
お子さんがいる家庭はミネラルウォーターが必要ですが、うちみたいに人生の折り返し地点を過ぎた大人だけの家庭には必要ないので関係ない話です。
マックだってカップ麺だって結構毒物だと考えているので(「スーパー・サイズ・ミー」とか見てたらファースト・フードはヤバいと思うよ。カップ麺は高校の時に論文を書くのに調査して、その後殆ど口にするのを止めたくらいだった)いまさら慌てても・・・・
 
それに原発に電力を頼る選択をした時点でリスクは覚悟の上だったはずでしょうから。
スリーマイル、チェルノブイリがあったのに電力を原子力に頼む事を選択し、便利な生活を手に入れながらリスクは嫌なんて如何なものかと思います。
ただ気の毒なのは選択することが出来なかった子供や動物達です。
これは本当に申し訳ない。
自分が選択した事、人任せにして考えなかった事はキッチリ自分、そして自分の子供達などに返ってきます(子供や動物はいい迷惑)。
それは肝に銘じておかなくてはいけない事だと思います。私自身も含めて。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

死のグループ?

計画停電で私の住んでいる地区は第五グループに入れられています。
で、このグループは毎回ちゃんと停電します。
あっ、今日だけは停電しなかったようですが(昼は仕事に行っているのでわからん)。
しかも、日に2度も停電したこともあります。

別名「死のグループ」と言うらしい(笑)

ウチは子供もいないし、心配なのはるりさんの保温くらいなんで停電も我慢出来るけど、お子さんのいる家庭だったりするとたいへんでしょうね。
確かに朝6時20分〜とか夕方6時20分〜夜10時までの停電は厳しいと思います。
なかなか難しいですね。

明日も夕方6時20分〜夜10時までの停電予定になっております。
しっかり携帯とiPotを充電しておこうと思います。

るりさんは寒くても我慢して下さい。
P3200005_2
ぼふっ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

結構いいんじゃないの?

昨日、私の住んでいる地区は6時20分〜10時(予定)まで停電でした。
早めに短めの放鳥をして、停電を待っておりました。
停電が始まると同時にiPodでFMを聞きました。

これが、なんか良い感じ♡

カーテンを開けて隣の地区の灯りを見ながら、ラジオから流れて来る音楽とお喋りに耳を傾けるなんて・・・・ちょっと贅沢なんじゃないの?

音だけに集中して薄暗闇の中にいると不思議な事に落ち着きます。
テレビだと仰々しい音楽と映像で震災を衝撃的に表現しようとするけど、ラジオは映像に頼らず丁寧に言葉を使って伝えようとするからかもしれません。
インスタントだけど、いつもにも増してコーヒーも美味しい気がしました。

計画停電・・・・そう悪くないかも。
要は気持ち次第という事でしょうね。

寒いのはチョット嫌だけどせいぜい3時間だし、夏の猛暑だと冷蔵庫の中のものが少し心配なくらいですね。それも別に対策が無いってわけじゃないし。

申し訳ないくらい停電の時間を楽しんでしまいました。

灯りの消えた街から見る冬の星座は綺麗です。
もっと灯りを控えめにしたら、地上を照らすほどの流れ星も見えるかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とりとめもない事

あ〜、次に買い占められるのはマスクかな〜?

今はまだあるけど。
やでやで。

義援金詐欺とか本当に恥知らずですね。
やでやで。

*****

突然ですが心に残った名言??

「ウチの会社では“鬱(病)”は禁止だ!!」
あ〜、スッキリいたします。
勿論、最近の新型鬱ですね。

「馬鹿は犯罪だ!!」
思わず爆笑したけど、私も馬鹿だから犯罪者です。
いかん、いかん。

*****

「僕たちは君たちと一緒にいるよ!」
とZARDみたいな事を言ってくれる気持ちは本当にありがたいけど、
そのすぐ後に日本への荷物は送れないと連絡があったそうで(原発が怖いから)。
ぬ〜ん。
義援金もありがたいけど、復興の為には日本の経済がまわっていかなきゃいけないんですが・・・・
でも、立場が逆だったら日本も同じ事をしているでしょうからお互い様か。
まぁ、仕方ない。
サブプライムローン、リーマン・・・ボロボロになった夫の会社にさらなる困難がっ!!
って、毎度の事です。

*****

池上氏の番組を見てると、しっかり考えて作っているなと感心します。
原発の話もここが一番分かりやすかったし。
視聴者が疑問に思うであろう言葉ひとつひとつを丁寧に解説するので、説明がストンと頭に入ってきていいですね。夫は大学院でそこそこ放射線について勉強したから、煽りまくるニュースにイライラしておりましたが、池上氏の番組を見て「そうそう」と納得しておりました。

*****

夫は相変わらずるりさんに振り回されております。
るりさんがこのところ夫にベタベタしてくれてたので
「今日もるりさんとイチャイチャするんだ♡」
とウキウキ帰って来たのに
全く無視された夫・・・・あぁ・・・・

「昨日まではあんなにイチャイチャしてくれたのに〜」
と嘆く夫に
「仕方ない。るりさんは気まぐれだからさ」
と慰めました。
会社は困難続き、インコ心も掴めない夫に良い事がありますように。

Img_0541
父ちゃん!るりが導いてあげるよ!!この光を見て!!

って、るりさんが気まぐれなのが悪いんですよ。
しかし、なんかありがたい感じの写真ですね(たぶん気のせい)。

Img_0543
うむ。信じる者は救われる!!

いや、どうでしょうね〜。
でも、ま、元気出していこう!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

停電の顛末

テレビ局も避難所にカメラを持って行ってるのだから、避難されている人に一人一人写ってもらって「○山○夫です。」と親族や知人に無事を伝える事は出来ないのでしょうか?
教育テレビだけでも出来ないものでしょうか?
個人情報にかかわるから駄目なんでしょうか?
ん〜、やっぱりそれはしてはいけないのかな?
なんとか安否が分かるようにできるといいけど。

*****

地震直後に停電になり人間の私は着込めばいいけれど、うちにはインコがいます。
ケージにインコベットは入れているけれど、日が落ち夜になり明け方になる頃は寒さに耐えられるかどうか・・・・しばらくはカイロでなんとか出来そうだけど・・・・夕方の時点で気温が15度しかないし。

午後11時頃に帰宅難民だった夫が帰宅しました。
電気もまだ来ないし寒いし後は寝るしか無いし、るりさん(インコ)の保温もなんとかしなくてはいけないので、
死ぬ程嫌がるプラスチックケースに寝ぼけている隙にベットごと入ってもらいました。
そして、プラケースを私の布団の中に入れました。
少なくともいつものケージに入っているよりはずっと暖かいはず。
夫のほうが体温が高いのですが、寝相が悪いので私のほうの布団にしました。
最初、不安そうにゴソゴソしていましたが、暗くて暖かいせいかすぐに静かになりました。

うつらうつらしながら布団の中で過ごしていると明け方になり、窓の外を見ると街灯がついていることに気付きました。
電気がきている!
すぐにるりさんのケージのヒーターを入れて、暖まったところでプラケースからるりさんに出てもらい(暑かったのかインコベットから出て寝ていた)、インコベットもケージのいつもの場所に設置しました。

ケージに入ってもらおうとすると、ぐっすり寝て元気一杯のるりさんは遊んでもらえると勘違いしたようで、私と夫の肩に代わる代わる飛び移りながら耳を咬んだり鼻をつついたり大騒ぎしておりました。

るりさんに耳を咬まれた夫は
「あぁ、るりさんに咬まれると帰って来たって感じがする〜」
と目を細めておりました。
なんとなくホッとしたそうです。
元気一杯なるりさんを見て地震後初めて笑いました。

本当にありがたいことです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

地震

たいへんな事態になりました。
被災された方達のご無事と一日も早い復興そして犠牲になられた方のご冥福をお祈りいたします。

*****

金曜日、幸いにも私は家にいました。
地震の直後、停電になり水道が出にくくなりましたが、
落ちたり壊れたものは何一つありませんでした。
夫は品川から歩いて帰ってきましたが、元気です。

ウチの両親に連絡をとったら、二人とも妙にハイテンション(子供かっ!)で呆れました。
こちらは停電で寒い、暗いで疲れているというのに・・・・
いつでもタフかつ前向きってのは良いこととは思いますが。

寝る時、停電でヒータが使えないのでるりさんにプラスチックケースに入ってもらいプラケースごと私の布団に入れて寝ました。
もっとカイロを買っておかねば。

今は通常の生活に戻っています。
ありがたい事です。

*****

まだ揺れが続く可能性がありますので、くれぐれも慎重に怪我などしないようにお気を付けください。







| | Comments (0) | TrackBack (0)

Finally, The Great One has back to Raw!

久々にロック様の妙技を味わってしまいました。
やっぱWWEにはロック様とストーンコールドがいないと物足りないわ〜。
20分間はロック様の独壇場!!
思わず小声でロッキー・コールをしてしまいました。
最後の台詞をためにためにためにためまくって吐き出し、眉毛を吊り上げキメるロック様♡
“ドヤ顔”とはこーゆー顔のことを言うんですよ!
他は認めん!!

If you smeeeeeeeeeeeell  what The Rock is cookin'!

最近、全日本の諏訪魔がチャンピオンらしい良い顔になりましたね。
全日本は試合内容もいいんですよね。
選手達もちゃんと育っているし。

新日も充実していますね。
迷走していた時期はどうなることやらって感じでしたが、今は安心して見れます。
で、最近一番笑ったのがG1クライマックス 3D映画版の見所について聞かれた中邑が
「中西学につきますね!!」
と答えたこと(笑)素敵。
いや、マジそうだと思いますよ。ええ!!

NOAHはやっぱり厳しいですね。
杉浦さん、頑張ってるし良い試合してるけど・・・・若手がこのところ育ってないのが(デビューも無い)のがキツイ。
ヘビーが寂しすぎるのがね、ホント。
あっ、青木はいいですよ!彼は良い選手です。

と、久々に少しだけプロレスでした。

しかし、やっぱロック様に尽きるわ〜♡

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無駄と知りつつ

今年に入ってから映画を見に行って無いです。
そろそろ見に行きたいけど、ここに
「○○を見に行きたい」
と書くとその作品を見ること無く終わってしまうことが殆ど。
なぜ???
なので見たい映画があっても書かないほうが無難かも(笑)

「英国王のスピーチ」など面白そうだけど
アカデミー作品賞をとったから混んでそうだし
ん〜、やっぱりアレがいいかな?行くなら・・・・

去年と一昨年は劇場で見た映画は良作が多かったです。
「トイ・ストーリー3」「第9地区」「ぼくのエリ」「リトル・ランボーズ」が良かった。
「トイ・ストーリー3」と「第9地区」は勿論だけど、後の二作品はミニシアターでしか上演しなかったけれどこちらも良かった。

「リトル・ランボーズ」は後味の良い、胸がホッコリと温まる映画で気持ちよく映画館を出れました。
でも、「ぼくのエリ」の方が私は好きです。

あまり吸血鬼映画は見ていないんですが印象に残っている作品はというと「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」ですね(悪い意味ではコッポラの「ドラキュラ」が強烈だった。なんだか呆然としてしまった・・・・)。
原作の「夜明けのヴァンパイア(映画化が決まる前だったのでこのタイトル。今は『インタビュー 〜』というタイトルになっているはず)」を少し前に読んでいましたが、映画のほうも面白かったです。

まぁ、多少キャストに納得いかないところはあり、「ルイは黒髪だからブラピはどうかな〜?ジョニー・デップのほうがいいんじゃない?(もっとも当時の彼だったらこのオファーは受けなかったと思うけど)」とか思いましたが概ね良かったと思います。
ラストのトム・クルーズには「おおっ!♡」と思いましたし。
あやうく惚れそうになりました(笑)
あっ!でも、バンデラスは無いですよ〜。彼はミス・キャストだと思う。パリの闇と白塗りが似合わないもの〜。
それはともかく「血を喰らわずには生きられない罪と絶望と恍惚」などが上手く描かれていたと思います。

吸血鬼映画と言えば「インタビュー〜」がまず頭に浮かんでいましたが、今は孤独な鳥のようにジャングルジムの上に佇むエリの姿が最初に浮かびます。
ハリウッドでリメイクされたようですが、エリのあの恐ろしさと醜さと美しさをないまぜにした存在感は出せないと思います。ハリウッド版の予告編を見ましたが、「小綺麗すぎるな〜」といった印象です。
見るなら是非オリジナルを!!

ということで3月26日〜4月1日まで早稲田松竹 で公開されるので是非。
しかも4月30日〜5月6日には「リトル・ランボーズ」もここで公開されます。
こちらも良い作品なので是非。

ま、こんな訪問者の少ないブログで宣伝しても無駄とは分かっているんですけどね〜。
虚しい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »